笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

幻の花をめぐり

2015年03月16日 | 小説
小説「夢幻花」を読みました。

著者は 東野 圭吾

いや~ 毎回 東野圭吾の作品の時には言ってると思うけど・・・
読みやすさは逸品だなぁと

面白いのは もちろんだけど スラスラ読んでしまうというか

今作は黄色いアサガオをめぐる謎、そして殺人事件 等々と
割と正当派なミステリーといったところか

やはり 本作でも引き込まれるし、ミステリとしても読ませますね

驚きの事実やトリック、感動はなかったけど
しっかりと読ませてくれるし、読書感は良くて

安定のというか、良いミステリ小説を読んだなぁと

私的評価:4
    なんか 久々に正統派なミステリを読んだというか
    過度な期待をしなければ アリかと

やっぱり 東野圭吾作品は読み続けたいですね


それでは、また


『小説』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もう1つの おとぎ話 | トップ | 衝撃の相棒! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (りゅうちゃん)
2015-05-01 20:16:36
こんにちは。

「りゅうちゃん別館」の管理人です。
先日は、トラックバックありがとうございました。

こちらのブログは、現在休止中です。
そちらからのトラックバックは反映されております。

その一方、こちらからは送信できない状況です。
ご了承願います。
りゅうちゃんさんへ (リバー)
2015-05-01 23:34:05
コメント ありがとうございます。

そうでしたか
了解しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
(書評)夢幻花 (新・たこの感想文)
著者:東野圭吾 夢幻花(むげんばな)(2013/04/18)東野 圭吾商品詳細を見る 一人暮らしをしていた老人・秋山周吾が殺害された。流しの犯行ではないか、という見方が広まる中、第一発見者である孫の梨乃は、周吾が育てていた黄色い花の鉢が消えていることに気付く。そ...
「夢幻花」 東野圭吾 (“寝湖世NOINU”のクタクタ、でも云いたい放題、やりたい放題)
夢幻花(むげんばな) 著者 : 東野圭吾 PHP研究所 発売日 : 2013-04-18 ブクログでレビューを見る»    *** 内容紹介(Amazonより) *** 黄色いアサガオだけは...
『夢幻花』 (観・読・聴・験 備忘録)
東野圭吾 『夢幻花』(PHP研究所)、読了。 鑑賞以外のアサガオの価値・・・・となると想像されるのはやはりアレであり、 本作の真相も、やっぱりアレ方面のお話でした。 しかも、そこに価値を見出していた人々も予想の範囲内。 読みやすいので、どんどん先に進め...
夢幻花  東野圭吾 (花ごよみ)
夢幻花(むげんばな) 蒼太、蒼太の家族、梨乃… 登場人物、それぞれが、 お互いに繋がりを見せながら、 ストーリーの方向性、 広がり方に無理がなく、 物語は進行していきます。 張り巡らされた伏線は、 チェーンの絡みを解くように 色々な謎が解明されていき、 一つの...