笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

何処に消えたのか?

2012年10月03日 | 小説
小説「消失グラデーション」を読みました。

著者は 長沢 樹

少女が屋上から落下、しかし 彼女は消えていて・・・

学園ミステリー
殺人というより何処に行ったのか? という

いわいる本格モノで
最後までしっかりと読めました

全体として割と軽めというか
キャラに味があって良かったです

まぁ 文章的に弱く
ライトノベルぽく感じたのはアレだが・・・

トリックはなるほどなぁと
まぁ 悪くはないけど普通だったかな

それぞれが抱える問題、秘密

わかりにくさや
それは都合良すぎ感はなくはないが

しかし 最後にわかるある事実
これは・・・

驚いた、唖然、

ちょっと特殊な人物が多すぎだろうと思ったけど
あまりにね・・・

しかし やはり ヤラレマした

私的評価:4
    なかなか読みやすくて
    久々の本格モノを堪能

第31回横溝正史ミステリ大賞受賞作
著者の今後の作品も楽しみ


それでは、また



    
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 脚本力なり | トップ | 1人旅 ~ 広島編 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
(書評)消失グラデーション (新・たこの感想文)
著者:長沢樹 消失グラデーション(2011/09/26)長沢 樹商品詳細を見る 男子バスケ部に所属する椎名。女子バスケ部のエース、網川緑に心惹かれながら、その思いを伝えられず、代わりに女子との関係を持つ...