スケートよた日記

やたぴいです。
趣味のスケート、アイスとインライン
そして私立女子校娘の生活日記です

町田ゼルビアvs大分トリニータ 初のサッカーボランティア

2017年05月21日 | スポーツいろいろ
町田市野津田公園でJ2の初ボランティア。担当はバックスタンドの入場管理。

・サッカー観戦。意外とスタンドは静かだった。もっと大騒ぎかと思い込んでいた。
・ボラ仲間で初参加はわたしだけ。みなさん手慣れていたけど、暑さには閉口してた。
・試合を想像以上に見ることが出来なかった。初ボランティアなので仕方ないか。他のボランティアも試合観戦はあまりしていなかった。
・競技場外のイベント会場は楽しそう。こんなに楽しそうなお祭り状態とは知らなかった。
・6月にもう一度ボランティアする。今度は休憩時間を生かして観戦に楽しみたいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早朝インライン 久しぶりの鶴間公園5/21

2017年05月21日 | インラインスケート
鶴間でインライン、7:00-8:30。涼しい木陰で地道に基礎トレ1時間強。暑さ次第だけどこの夏は玄海田と鶴間で半々かな。

・2008-2010が毎週土日、早朝6:00-8:00は鶴間でインラインだった。アイス指導員になったり、玄海田が出来たりして、いくらか足が遠のいていた。玄海田メンバーの鶴間見直し発言聴いて、久しぶりに行ってみたくなったのが大きなきっかけ。
・南町田駅に近い16号下の地下道、初めて入った。迷路かと思った。駅前ロータリーは一変していた。クランべりモールが無かった。鶴間公園も半分くらい工事で立ち入れなかった。でもスケートスポットは何も変わっていなかった。ああ、よかった。
・2輪系基礎に集中。ht、hh、ttでいろいろ。足つりそう。
・サッカー個人錬、テニス親子。犬散歩は若い人が増えた。ポケモンらしき人がいた。
・練習にはなるけど、ひとりはさびしい。こちらで新しいなかま作り、そして玄海田へ回帰とか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘が卒業しても!いまだ女子校二題

2017年05月20日 | 女子一貫校の生活
土曜日の朝。普段より早起き。家族は早朝にお出かけ。庭の草むしりと風呂掃除、室内掃除と主夫時間。今年は飛躍を誓ったばかりなので、家の前でインライン練習30分。

午前中、まずは我が母校に向かって体育祭を観戦。30年前と何ひとつ変わらない競技種目と生徒の気合。人は入れ替わっても伝統って変わらないことに心底驚く。


1.午後、娘の卒業した学校へ。
・早めの到着で、廊下をすれ違う先生方とご挨拶。みなさま相変わらず元気。子どもたちに囲まれていると大人は老けないね。
・卒業生親の会にて、今春卒業の親入会者をおもてなし。やはりパパ参加ゼロ。ここのママたちはコミュ能力高いし役員もすんなり決まるわ。
・今年度の行事打ち合わせ。話し合いするとおもろいアイデアも。話し合いは大事。

2.帰りがけ、音楽の先生にばったりお会いしたのでご挨拶。年度末のブラバンコンサート良かったと。
・数年前から娘の母校ブラスバンドのファン。以来、秋の文化祭や年度末定期演奏会に行っている。
・娘はブラスバンドと無縁な卒業生。ほぼ他人の私でも入場させてくれる懐の広さがありがたい。
・パンフレットには我が母校のブラバン定演のチラシ入り。いつの間に近しい間柄になったのか??
・演目は変拍子の難曲から明るいポップスまで。本当に上手。年々それも急激に上手くなってる。
・アンコール曲。曲中の卒業学年にソロそして最後の部長あいさつには毎度のことながら大泣き。
・お手伝いのOGの中には娘の同級生ら知った顔もチラホラ。みんな美しさ真っただ中。

帰り路、娘の帰宅とバッタリ。帰り道一緒に食事!元気はつらつ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男の100年ライフプロジェクト 5/11

2017年05月16日 | 市民講座
『男の100年ライフプロジェクト』というミーティングに参加しました。ファザーリングジャパンというイクメンやイクボスを推進する団体主催。定年前後からのパッとしない男性の生きがい支援をしていこうというもの。わたしもこの問題に直面中で・・・新しい生き方を開拓していこうと背中押された気がしました。

○社会学者の古市憲寿さん基調講演、トークセッション(FJ安藤、川島ら)
・古市さんは「保育園義務教育化」で著名な若手社会学者。
・高齢者のからだは以前より向上していて(歩行速度や歯残留数)、今後の高齢化は一段と進行する。二人に一人は100歳でも死ねない時代。とくに東京では育児や介護に影響大。
・だけどこの人たちの仕事や社会保障は悲観的状況。定年年齢も伸びていくだろう。
・昔ばなし比率が高いほどおじいちゃん度高いと考えている。
・対人仕事は今後も生き残るだろうから、高齢でも笑顔が楽しく生きるキーワードになるだろう。
・高齢者でも、自分で自分の道を探せる人が良い。
・団塊世代、対等に会話できず、命令下服従のみの人が多い
・新橋のおじさんは、ビジネス書とお酒でグチが大好き。
・最近の20代、保守化しているらしい
・団塊世代への批判的発言が多かったけど、それだけ社会に影響ある世代ということ。

○男の100年ライフ 10か条
・長期目標 ・Work ・life ・Social ・次世代
・笑顔 ・柔軟 ・自立 ・真摯 ・現役

--以下主催者からのメール抜粋------------
ご来場いただいた150名の皆さん(見たとこ40~50代中心でしたが20~30代も。女性3割)、ありがとうございました!フォーラムの動画はこちら

参加者アンケートの感想を見ても満足度は概ね高く、まずまずのスタートがきれたかと思います。今後はメディアで「100年ライフ10ヶ条」が取り上げられたり、転職や定年後に笑顔でライフを楽しむ男性ロールモデルの可視化が進むと思われます。

【男の100年ライフ・キックオフフォーラム 参加者の声】
・変えたいものが中高年に限らずその周囲全体にあるということを知れてとても良かった。(男性)
・定義・10か条はぜひ参考にしたい。始まったばかりの事業を成熟させていきたいと思います。(女性)
・過去の成功体験は一つとして、とらわれすぎないこと。(男性)
・自分たちの父の世代がどう生きていくか など困っているということを聞いて悩みは共通だったと実感しました。(男性)
・長寿社会の本格的な到来を迎え、とても勉強になりました。次回は好きなことをライフワークにしていく秘訣みたいな技を教えてください。(男性)
・日本の未来を悲観論で語るのではなく、楽観論で立ち向かおうと思いました。その主体は一人として自分の人生をトライアルしようと思いました。(男性)
・飲めない(付き合い嫌い)おじさんが人生充実させるのは大変です。ここなんとかするアイデアをくれると嬉しいです。(男性)
・今の時代の常識に囚われて歩みを止めることはないということ
がとても分かりやすく理解できました。(女性)
・男性たちの呪縛を男性目線で話されていて新鮮な発見がありました(男性)
・信念を持つことかなと思いました(男性)
・旦那や周りに伝えていきたい(女性)
・色んな方の意見やご経験を聞いて女性でも男性に負けず100年生きていきたいと思うきっかけになりました(女性)
・愚痴はキライで言わないけど過去は語ってしまう最悪の飲み会をしていました。新橋での飲み会の会話、今日から変えます!(男性)
・パートナーに弱音を含めて素を見せて行った方がいいという発言に安心した。色々と素直に話していきたい。(男性)
・仕事のやりがいにモヤモヤしているところがあるのでやりがいをいかに引き出すかまたはやりがいのある仕事に転職するかなどの機会をよく考えたいと思った。(男性)
・働くことに関する常識は変わっている。大学を卒業してシームレスに働いているがかつての価値観は通用しない社会であると意識したい。(男性)
・超高齢化時代に自分が超高齢者になった時でも笑顔でいられる人生を!と思います(男性)
・今後老後という枠組みがなくなり生涯現役の人生を自分らしく生き生きと過ごすために今から考え実践する必要があると痛感しました。(男性)
・働き方改革は生き方改革。それにより生まれた時間を何に使うのか。男の100年ライフの定義と10か条を照らし合わせながら自分なりに考えていきたいと思います(男性)
・自分の行動に突き刺さる指摘意見が多く身につまされた。やはり70歳以上まで働くことを前提に色々考えないといけないと再認識した。(男性)
・否定せず、ポジティブな転換で道を示してあげることが大切だと気付いた。(女性)
・100年時代の具体的なアクションを考えていかなければならないと感じました(男性)
・仕事以外にやりたいことがない人が多すぎる!働き方改革が進まない要因の一つに「仕事以外」の居場所のなさを感じます。死ねない時代に何をするか?遊び上手な大人でありたいと思いました。(女性)
・死ねない社会の中でどう生きていくか長い人生をいかにハッピーになっていけるか考えさせられた(男性)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インラインいちから出直し 玄海田公園5/14

2017年05月14日 | インラインスケート
玄海田公園でインラインスケート、10:00-13:00。アイスシーズンが終わってインライン開始。今シーズンこそはワンウィール!

・半年ぶりの滑り込み。かなりの技術低下にしょんぼり。基礎滑走三昧の3時間。一から出直しです。片足スラロームできなくなってた。でも楽しいからいいか。
・広場はインラインほぼゼロ。Jボードとスケボーのこどもがたくさん。上手な子はパイロン入りして楽しそう。
・ちょうどよい曇り空。雨が降りそうだったけどこれくらいがちょうどよい。快晴は日焼けや熱中症怖いので。
・滑走技術も足りないけど、柔軟性の不足が深刻!家ではストレッチ頑張ろう。
・余力ありと思って帰宅。ところがここでどっと疲労噴出。くたびれたことすらわからなくなってる自分が
怖い。
・昼寝して体力やや回復。庭掃除。くたびれて二度目の昼寝。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スケート指導員でBBQ5/13

2017年05月14日 | アイススケート
相模原スケート協会の慰安BBQに参加しました!

・指導員になって7年目初参加。これまでなぜか別の用事と重なってしまって・・。
・場所は「いやしの湯」。相模原市青根とあったのですぐ近くと思っていたら山道のうえ遠い💦しかしとても立派なキャンプ場でした!
・あいにくの雨ながらBBQスペースを確保。焼き手も自然に決まり私はおしゃべり役で楽しみました。
・おなかいっぱいになって、併設の温泉浸かっていい気持!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀河スケーター辻くん

2017年05月14日 | アイススケート
銀河アリーナでよく練習してた辻選手。ネット記事を見つけたのでアップします。
彼の滑りは我々とは異次元の滑らかさでした。新しいとこで頑張ってるもよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛況の連休最終日! インラインスケート講習会@玄海田5/7

2017年05月08日 | インラインスケート
GW最終日の5月7日、玄海田公園でインラインスケート講習会のお手伝いをしてきました。初夏の快晴で腕が日焼けで真っ赤です!

9:30玄海田公園に到着。スタッフのみなさんが受付など準備済みです。
10:30初心者講習会。受講生10名弱。そのなかには銀河アイススケート教室の受講生も!メイン講師はひでGさん。集合写真、コケ立ち、歩行、ひょうたん・・・。わたしはひでGさんのアシスタントで活動しました。
スケートの教え方は指導者によって個性があるのですが、これがまた勉強になります。ひょうたんの入りで前傾する動きが特によかったと思いました。
11:30終了

13:30午後の部開始。受講生12名くらい。内容は前半と同じ。スタッフも増えて一段と盛況です。今回は年齢層がとても広かったのが印象的でした。下は4歳、上は65歳(推定)。その間の年代も適度に散らばって幅広い人の支持があるスポーツだと感じました。

その後のスタッフ懇親会は背中の違和感のため欠席。GW遊び過ぎだったので残り半日、しっかり静養に当てました。
さあ、インラインシーズンも本格化。腰痛やケガに気を付けて夏場を楽しみたいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

シーズン最終日 銀河アリーナ一般滑走5/6

2017年05月07日 | アイススケート
銀河アリーナ今シーズン最終日。9:00-14:00。ホッケー靴。

・今シーズンはあまりはかなかったホッケー靴で最終滑走。しっかり乗るためにコンパルやらターンやら。
・朝から滑走者続々。最終日らしい常連のあいさつも
・ホッケー靴ってスピンがこんなに難しかったかな?
・連休の遊び疲れと首寝違えで体調はいまひとつ。15分滑って5分休憩の繰り返し
・ここ2,3年の滑り込み不足は深刻。この夏はアイス・インライン併用でたくさん滑ろう

常連の皆さま、教室の皆さま、また来シーズン!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まちだこども☆フェスタ2017

2017年05月06日 | 町田相模原横浜
こどもの日の5月5日、まちだこども☆フェスタ2017で一日ボランティア活動を楽しみました!今回は大人向けの健康測定ゾーンを担当。

・このイベントボランティアは2014年から4年連続。これまでは子ども相手の活動でしたが今年は保護者高齢者がお客さん。それでも子どもたちの元気さが会場から伝わってきました♪
・今年の担当は骨密度測定。かかと骨での超音波伝動速度を測ります。約300名もの素足を拝見したのは人生初めて。こんなにも一人一人の足の形が違うものとは驚きました!
・測定値は伝動速度。それを表を見て年齢換算します。実年齢より若くて喜ぶ人あれば、高齢判定に肩を落とす人も。ご夫婦で勝負する姿が楽しそうでした。
・今年のボランティアは大原専門学校(19歳)と町田サポーターズ(平均65歳)。年齢差を越えたコミュニケーションが好印象でした。また来年もこの行事は参加したいと思います!

昨年のようすはこちら
コメント
この記事をはてなブックマークに追加