告 白

2010-06-06 | か行


満足度★★★★☆  
中島監督作品とは相性がいいみたいなんですよね-!私。
とは言え何をどうコメントするべきか・・途方に暮れてしまう・・。
衝撃的とは聞いてたけどまさかこれほどとは!!
久々に・・胸をえぐられた--!
気持ちは晴れないけど・・。
 間違いなく忘れられない作品といえそうだ 
  

先生の話など聞く耳も持たずざわつく生徒達に淡々と話を続ける先生。
「わたしの娘が死にました。娘は事故で死んだのではなく
このクラスの生徒に殺されたのです・・」


犯人2人の殺人を暴き その罪と向かい合わせ
ある方法で・・。彼らに「死の恐怖を与え」学校を去る先生。
強烈〜

彼らに贖罪の心なんて・・うまれるはずもない・・。
でも彼女は 彼らの更正など 願ってはいなかった・・。
それは「少年法によって守られ裁かれることのない犯人」への
母としての復讐だっだからだ・・・。

先生が去った後・・まるで彼女の憎しみが生徒に乗り移ったかのように
「殺人者」への制裁が始まる。
それは彼女の予測範囲内の出来事だったようだ。
その醜悪な姿は--世の中には・死んでもいい人間がいるのだと。
殺してもいい人間がいるのだ!--
ときこえてきそうだ。
この「善意の欠落や残酷さは集団心理のなせるわざなのだろうか・・?
それとも彼女が彼らにの残した思いの残片なんでしょうか・・?

そして始まる・・登場人物たちの告白からは。
現代にある様々な闇が見え隠れしていてヘビーだ!!
加害者の母(木村)の思いも私には・・キツかった−−(涙)
後任として頑張っていた熱血先生の思いが空回りするように
登場人物たちにかける言葉がみつからなず虚しさが充満していく。

人はちょっとした悪意で簡単に死んでしまう・・。
そのもろさを-人の命なんて軽い!と答えるカレに
 
どか〜ん!・・なんてね・・。
彼女は再び罰を与えることになる。
(わたしはやってない派ですが・・どうなのかな--?・・)

母に捨てられてカレは寂しかっただけなんです。
はははは!!だったら自分の母を殺せばよかったのに!
そんなことは殺人の言い訳にはならない!と言いたげな彼女が
実は自分の憎しみで2人が死に2人の子供を闇に落としたことが
辛くないわけはない。
彼女は否定したけれど・・。
私はこの涙に 彼女の心を見た気はしました・・・。

誰が許そうとも 私はあなたを許さない--
そう叫ぶ・・彼女に案外後悔は無いのかもしれない。
「私もきっと同じ・・」そういいたい衝動に駆られてしまう(涙)
彼女の嘆きや叫びが・彼らに届く日がきてほしい。そして
今後の自分本位の殺人をとめる理由になってほしいと願うばかりだ。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまにはひとりごと・・ | トップ | 「アイアンマン2」 »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-06-07 02:27:55
>実は自分の憎しみで2人が死に2人の子供を闇に落としたことが辛くないわけはない。

その通りだと思います。私はここがこの作品のポイントかなって思ってます。つまり現行の少年法では、被害者の悠子だけでなく加害者の修哉や直樹まで不幸のどん底に陥れられるって意味で。
これって殺人シーンがあるからR15なんですかね?内容がショッキングだからって理由ならナンセンスかなって思うんですよね…。
な〜んてね (にゃむばなな)
2010-06-07 17:34:59
最後の「な〜んてね」という一言が凄く重く感じましたよ。
あの言葉の先にあるのは救いなのか、更なる地獄なのか。
とんでもない映画でしたね。
こんばんわ〜 (くう)
2010-06-08 01:11:32
本当に胸を剔られる作品でした。。。
勝手に涙が出てきました。
命の重さはここまでしないと解らない
残酷な子ども達が悲しい。。。

久々に凄い物を見たって気がしますわ〜。

ちなみに私も「やってない」派(^・^)b
KLYさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-09 00:54:14
彼女の復讐劇には恐ろしさと悲しさを感じさせられてしまいましたよ--!
私にも彼女と同じ思いがありますからね〜。
とはいえラストの彼女の涙に感じる「晴れない思い」に涙がこぼれました。
4人もの命を闇に落とした彼女・
--殺人に言い訳は通らない--それは自分が
1番しっているはずですからね〜(涙)
R15,私もカレラにこそ考えてほしいとは思うんですけど。
中にはいるだろう『短絡的な子供』にはやっぱ危険な作品かもですね〜
にゃむばななさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-09 01:08:44
本当にとんでもない作品でしたね--!
どこにも誰にも救いがないだけに
私は彼女の「な〜んてね」に救いを求めちゃいましたけど・
どっちにしても復讐に救いなんてないことを
彼女の涙が・・語ってましたよね。
でも!泣きね入りしかない現状は許せないし--
どうすりゃいいんですかね-!
「命の重さ」なんてことをなぜ教えないとわからないのか・・不思議ですから〜
くうさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-09 01:30:55
「罰せられないカレラ」に自分の罪にむき合わせるためには、ほんと・。ここまでしなきゃ
「解らないのか〜!」ですよね(涙)
とはいえ彼らに先生のどんな思いが伝わったのかもわからずじまいだし・・。
負の連鎖は母親のような描かれ方だし〜。
松さんや木村さんの辛さもとびこんでくるし〜
で・キツかった--!もうぐったり!
彼らも先生も・・グレアムのように
罪悪感に苦しむことになるんでしょうかね-
Unknown (mig)
2010-06-09 23:36:42
こんばんは、いつもTBアリガトです★
おはようございます。 (BROOK)
2010-06-10 06:02:44
心がチクチクする作品でした。

復讐は虚しいもの・・・と言われていますが、
ここまで復讐に徹底する作品は、
それはそれで面白かったです。
どのように犯人を追い詰めていくのか・・・
先生が語るシーンは凄味がありました。

最後の●●ですが・・・
私も“やってない派”です。
こんにちは〜♪ (由香)
2010-06-10 10:13:22
お邪魔します♪
私にとっても忘れられない作品になりそうです。
とにかくスゴイ映画でした!!
初っ端から「何?これ?」って感じで引きつけられて、そのまま怒涛の展開に慄きながら観ましたよ。
いや〜〜〜恐ろしい・・・教師も生徒も母親も。
原作者はよくこんな話を考えましたよね〜
原作も読んでみたいけど、ちょっと勇気がないわん。
こんにちは (たいむ)
2010-06-10 19:45:35
なんだかトラウマになりそうな作品でした〜。
「誰だれのケース」とかで同じ事件をいろいろな視点から検証する作品はたまにあるけれど、この「告白」は衝撃ありすぎ!

日本は戦後が長くなってのきたのかも、とか思ったり。人間ってむちゃくちゃ出来損ないの生き物だってつくづく思うところです。なまじ知恵があるからろくな事しないのよね(><)

復讐する方の心の分裂具合が凄かったです。松さんに拍手!
migさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-10 20:59:04
こちらこそアリガトです!同じ時間
migさんのとこに行っていたみたいです〜(笑)コメントおいてきましたのでよろくです〜!!
BROOKさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-10 21:07:14
ほんと今もチクチクしてますよ〜!
彼らの告白に見える身勝手という悪意に心が凍りましたよ。
『復讐は虚しいもの』先生は充分解っててやってる。その思いに胸が抉られるのかもですね-!
水やナイフ、殴っただけで人は死ぬ。そして悪意だけでも死ぬのだと彼らは知ったかな?
彼女の復讐に何を思ったでしょうかね--?
先生・ほんと凄味ありましたね〜

由香さんへ♪ (くろねこ)
2010-06-10 22:29:46
ほんとすごい作品でしたね〜!
教師・生徒・母親。皆どこかわかるその苦しみの感情に煽られながらも心がフリーズしていく自分を感じました〜!
誰にも同情したくはないんだけど色紙の文字に叫ぶ木村さんには一緒に「ギャー」と叫んじゃった--(涙)
人の痛み(死)に知らん顔の生徒たち。
先生の復讐は結局カレラや犯人たちに残したものはなにもなかったんじゃないか・(涙)
そう思えちゃう・・。この救いのなさ=凄いなのかもですね--
たいむさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-10 22:38:22
ほんと。人間はむちゃくちゃできそこないです(涙)
この作品は見事にそれを教えてくれたかな。
自分の罪を誰かのせいにしたり、辛さから逃げだしたり、みないふりしたり。覚悟してやったくせに後悔して苦しんだりね-(涙)
その負の連鎖はなぜかちっとも断ち切れないんだもんね〜
唯一投げ込まれた岡田君の明るさや熱血ぶりも
こんな風に色あせて見えることにもびっくり。先生の涙もますます救いを消してるし・
私も凄いエンタメ作品を見たって思いがしましたね--!
中島監督作品とは相性がいいみたいで。
毎回やられちゃってます--


どっか〜ん (ノルウェーまだ〜む)
2010-06-17 17:13:29
くろねこさん、こんにちは☆
「告白」すごく気になる映画で、ゼッタイ観たいと思っているのですが…
そこで原作を読んでみました。
どっか〜んでした。
これをどんな風に映像化したのか、ますます気になってしまいました。
心がざわざわしてしまった本でした。
どの登場人物も、普通に本音だったと思います。そういう点で、R15かなと思いました。
ノルウェーまだ〜むさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-18 22:22:56
こんばんは〜!
やっぱり原作・どか〜んときましたか・。
映画も・・きましたよ--!!
概ね原作通りの展開らしいですが
挿入される監督ならではの映像。松さんの淡々とした演技・生徒たちの熱演も・・
素晴らしかったと思います--。
彼らの告白にみえる「悲しみ&身勝手さ」に
言葉を失いましたよ--。
私は子供の良心をもう少し信じてますけどもね-R15にはなんかやっぱほっとする自分がいましたです-

凄かったね。 (オリーブリー)
2010-06-21 17:29:32
こんにちは。

アイドル映画やお涙頂戴ばかりじゃなくて、こんな邦画がこれからもっと作られることを望みます。
じゃないと、このクラスのように「馬鹿ですか」な日本人が増えちゃいます(苦笑)
賛否はあるでしょうが、徹底的な森口像が良かったです。

「アイアンマン2」のTBに、くろねこさんの「告白」が来ていました(笑)
私も何をどう書いていいのやら、記事が遅れてしまったので、一応ご報告で〜す!
オリーブリーさんへ♪ (くろねこ)
2010-06-25 00:31:46
ぎゃ--。申し訳ありません--!
そのTBは削除お願いしま--す
全く凄い作品でしたね--!!
この救いのなさに、どこか真実みを感じさせるところが怖いですよね。
先生の復讐の中に・人の心にある様々な闇を
私は1度に見た気がしましたデス

おはようございます^^ (みすず)
2010-06-29 08:48:26
凄い映画でしたねー(>_
すみません^^; (みすず)
2010-06-29 08:50:36
顔文字入れたら切れてしまいました^^;

もう一度。

凄い映画でしたねー
全身鳥肌モノでした!
わたしも忘れられない映画になりそうです。

>私はこの涙に 彼女の心を見た気はしました・・・。
わたしもそう思います。
辛くないと思います。
しかし、ここまでしないと罪の意識を持てない子供って一体・・・って感じです。
みすずさんへ♪ (くろねこ)
2010-07-04 15:42:45
親として考えさせられましたよ。
案外人なんて「誰にもばれなきゃ」この子供同様平気で生きていけるのかもだし--(涙)
先生も罪の意識なんてこの涙とともに消し去ったと思うのよね。
だって2人を許せるはずないしね--。
人にあるこの「負の心の闇」ど*-んときましたね--!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
告白 (LOVE Cinemas 調布)
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・...
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
「告白」娘を殺され復讐した先にみた少年法に守られた犯人の簡単に軽く考えた許されない難しく重い凶悪事件 (オールマイティにコメンテート)
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 この映画は2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの 同名ベストセラー小説を映画化した作品で、 シングルマザーの女性教師が教え子に娘を殺され、 1年の終業式で衝撃的な告白をし、 犯人はこの中にいますと告げて教壇...
劇場鑑賞「告白」 (日々“是”精進!)
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
映画「告白」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。    映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わ...
映画「告白」(ネタバレ注意) (MAGI☆の日記)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
『告白』 (めでぃあみっくす)
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な〜んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような...
愛情から生まれた欲望の数々。『告白』 (水曜日のシネマ日記)
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
映画「告白」 (FREE TIME)
映画「告白」を鑑賞しました。
【告白】悪夢の教室 (映画@見取り八段)
告白 監督: 中島哲也    出演: 松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛、西井幸人 公開: 2010年6月 中島哲也監督は、日本が世界...
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
これが私の復讐です〜『告白』 (真紅のthinkingdays)
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、この...
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
告白 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 去年、本屋大賞受賞した、湊かなえの同名ベストセラー小説の映画化{/ee_3/} 本は読んでないんだけど、 娘を殺された教師が教室で、犯人はこの中に二人いる。と告白。 それだけでもう既に面白...
告白 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...
「告白」みた。 (たいむのひとりごと)
「殺 人 は ん の し ヨ う た い は 誰 」”寄せ書き”の隠されたメッセージにも戦慄を覚えたけれど、劇場チラシの裏面にもこんな仕掛けがあるとはね。映画を観て初めて気がついた。原作は未読。だから
「告白」:白河バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
告白 (ぷち てんてん)
これはすごい・・・中島監督!まあもちろん原作もすごかったからね〜。それにしてもそれをこういう形で映像化できたのは、中島監督だからでしょう。☆告白☆(2010)中島哲也監督湊...
告白 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 106分 映倫 R15+ 原作 湊かなえ 脚本 中島哲也 監督 中島哲也 出演 松たか子//岡田将生/木村佳乃 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを中島哲也監督が映画化。...
映画レビュー「告白」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
告白 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆淡々としたモノローグに戦慄を覚える異色ミステリー。レディオヘッドの音楽がレクイエムに聞こえる。 【70点】 とある中学校の終業式の日。1年B組の教室で担任の森口悠子は「私の娘・愛美が死にました。警察は事故...
「告白」 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
自分の3歳になる娘を担任する中学生に殺されたシングルマザーである教師の命の授業は、あまりにも冷酷に計算された復讐だった。緊張感溢れる映像から感じる興奮を日本映画では久しぶりに味わった。世界配給も可能な出来栄えだ。
『告白』・・・“なーんてね” (SOARのパストラーレ♪)
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。
告白 (勝手に映画評)
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました...
「告白」 (みんなシネマいいのに!)
 最近観た2本の東宝の映画。 これからその2本をAとBと呼ぶことにします。 Aは
告白 13歳ってこえ〜っノォオオオオオ!! な〜んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
映画「告白」 (Thanksgiving Day)
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作...
映画「告白」 (Thanksgiving Day)
話題の映画「告白」を観てきました。 映画館に置いてあるリーフレットや予告編を観てから、ずっと気になってたんですよ。 テーマからしてちょっと重くて怖そうですし。 原作も話題になってましたしね。 2009年本屋大賞に輝いた、湊かなえのベストセラー小説が原作...
強烈なインパクト「告白」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編−)
ホームルームで、教師の森口悠子がし始めた告白。それは「私の娘はこの1年B組の生徒二人に殺されたのです」という衝撃的なものだった…… 監...
「告白」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
「告白」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 作家・湊かなえのデビュー作にして、2009年第6回本屋大賞に選ばれた傑作ミステリー小説を映画化。 自分の生徒に一人娘を殺された中学教師の復讐劇を、様々な視点から淡々と...
告白 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  少年犯罪の法的限界、母親と子供との在り方を、告白と復讐で紡いでゆく、暗く重いテーマを扱った作品である。だがスピーディーな映像とテンポの良いミュージックを使い、その重苦しさを軽快なイメージに見せかける手法は、なかなか斬新で見事であった。従来の...
『告白』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ...
告白 (心のままに映画の風景)
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故...
「告白」えげつない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...
「告白」は一つだけではなかった (美容師は見た…)
最後まで引き込まれ、あっと言う間の106分。エンドロール中は放心状態でした。これが『告白』なのかぁ。。。「これが私の復讐です」想像も出来なかったラスト。強烈でしたわぁ。。。多くの方の感想が、「考えさせられる」、「言葉では伝えられない」など、衝撃を受けた感...
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...
告白 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...
告白 (みすずりんりん放送局)
 『告白』を観た。  【ストーリー】  とある中学校、1年B組。  終業式のホームルーム。  担任・森口悠子(松たか子)が“あの事...
告白 (ぷち てんてん)
これはすごい・・・中島監督!まあもちろん原作もすごかったからね〜。それにしてもそれをこういう形で映像化できたのは、中島監督だからでしょう。☆告白☆(2010)中島哲也監督湊...
「告白」 人間の本質は自己中心性 (はらやんの映画徒然草)
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
告白 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
物語は【告白】で始まり、【告白】で繋がり、【告白】で終わる。 09年本屋大賞に輝き、上半期単行本フィクション部門第1位(日販調べ)を記録したベストセラー、『告白』(湊かなえ/双葉社)。「生徒に娘を殺された」という女教師の告白からはじまり、殺人事件に関わっ...
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
「告白」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
13歳の殺人犯。 3歳の被害者。
映画「告白」 (itchy1976の日記)
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...
告白 (銀幕大帝α)
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 <ストーリー> 「生徒に娘を殺され....
告白 (のほほん便り)
「(いい意味で)2度と見たくない作品」って評価、とてもよく分かる気がしました。結末も「やはり、そうきたか」と予測が当たり、思わずドキドキ。 ミタで松嶋菜々子が「大切な人を失い、無表情になってしまった」怖い役を演じる前に、松たか子が、こういう役(鬼気迫...