宇宙のこっくり亭

意識の覚醒に向かって、精神世界を縦横無尽に語る本格派ブログ!!

UFOに愛されたパイロット 〜 その4

2014年07月20日 | UFO
  
東京の地上で暮らしていたのでは、UFOどころか、星もポツンポツンとまばらにしか見えないのが普通だ。もっと宇宙を感じられる場所で生活したいものだけど、個人的に、まだその時期じゃないみたい。
   
山奥で生活するのもいいけど、頻繁に空を見上げる生活をしないと、あまり意味はないだろう。
 
もっとも、長くパイロットをやっている人でも、誰もがUFOと遭遇するわけではない。よく遭遇する人と、そうでない人がいる。
  
不思議なことに、東北の三沢基地とか松島基地あたりが、妙に多いらしい。なぜ、東北の上空に、よくUFOが出るのか。通常、日本でUFOの聖地とされているのは、長野の八ヶ岳だけど、微妙に修正すべきかもしれない・・・。

「レーダーに、ナゾの物体が映った」というケースが多い。でも、スクランブル発進したところ、何もいなかったり・・・とか。

「空中に、黒い点が見えた。ずっと見えているので、『なんだろう、あれは?』と不審に思いながら近づいたところ、その黒い点が急に動き出した。最初はゆっくりした動きだったが、4〜5秒には急に速度が速くなり、あっというまに、薄く煙ったような三沢の上空付近に消えてしまった」というケースもそうだ。

どこかの国の新兵器なんてことは、ありえない。そんな動きのできる飛行機など、地球には存在しないからだ。

「光る雲や、光の玉がついてきた」というようなエピソードも、いくつかある。そういうものだけでなく、「名古屋近辺の上空で、信じられないほど巨大な飛行物体を見た」というような証言もある。

また、小さな飛行機に乗って飛んでいるのは、命をかけた特殊な状況だけに、UFOに限らず、さまざまな神秘体験も起きるようだ。

「分厚い雲から、急に明るい光がさしてきた。そのとき、『早く帰れ』という声が耳元で聞こえた。翌日、その飛行機は故障して爆発事故が起きた」というエピソードなどが、それだ。

佐藤守氏が取材したなかで、UFO遭遇回数が最も多かったのは、「船附昇・元三佐」という人だ。この人は、「UFOに愛された三佐」として、特別に実名で紹介されている。
 
船附三佐は、パイロット練習生の頃からUFOと遭遇していたらしい。練習機で編隊を組んで飛んでいたところ、真っ白く光った球状の者が現れ、ものすごい速さで飛んでいるのに気づいた。

それは、ありえないほどの速さで飛び去ったため、他の人は誰も気がつかなかった。

でも、しばらく経ってから、それは再び姿を現した。今度は、後部座席にいた教官も、「船附、お前がさっき見つけたのは、あれか?」と聞いてきたという。球状の飛行物体は、異常な速さで横切り、急旋回して飛び去った。

実は、教官は、以前にもナゾの飛行物体を見たことがあった。「以前、三沢基地勤務時代に、F−86Fの四機編隊で飛行中に、UFOが同高度でわれわれの編隊の前方を横切っていったのを見た経験がある」と、船附三佐は教えられたという。

船附三佐は、他にも、白くて丸い点がジッと動かずに止まっているのを、仲間とともに目撃したりしている。これまた、「雲をUFOと見間違えた」というような、よくあるケースではありえない。というのも、高い上空では、ジェット気流が常に吹き続けているからだ。「今日は、風がないですね」というのは、地上ならではの話。

風に流されずに一時間以上も止まっているというのは、それが何であれ、きわめて異常なことだった。

この人は、本当によくUFOと遭遇する人で、後に退官して民間の航空会社に就職し、海外で宿泊したホテルからもUFOを目撃したんだそうな。

まさしく、「UFOに愛されたパイロット」と呼ぶにふさわしい・・・。

いずれにしても、UFOの正体が何なのかはともかく、地球の上空には、自然現象や、地球人類の科学技術ではあり得ない飛行物体が、けっこう飛んでいるのだけは間違いない。

 
(いつの日か、続く)
コメント (1) |  トラックバック (0) | 

UFO発見と同時に、機体に異常発生 〜 その3

2014年07月19日 | UFO

航空自衛隊によるUFO目撃情報が信頼できる理由のひとつに、「自衛官はリアリストだから」というのがある。不思議な現象に遭遇しても、「あれは、何かの気象現象ではないか?」というような、合理的かつ科学的な解釈を、真っ先に考える習慣がついている。
 
ただし、いつも個人的な体験ですませられるわけではない。中には、UFOが出現したのと同時に、機体にも異常が発見されたことがあった。このときは、さすがに「原因を究明せよ」ということになり、かなりの騒ぎになったという。

このときは、東北の三陸沖を、教官2人が練習機で飛んでいたところ、後部座席にすわっていた教官が、不思議な「葉巻型」の飛行物体を発見した。

翼がなく、高高度で変則的な飛行をしているだけに、民間航空機とは考えられない。しかも、発見すると同時に、機体の電気系統と操縦系統に異常が発生した。パイロットと2人で、必死で対応しているうちに、ナゾの飛行物体は見えなくなり、機体も正常に戻った。

飛行中にトラブルが発生したときは、点検のため、確認飛行をすることになっている。このときも、もう一度、同じように飛ぶことになった。

すると今度は、もう一人の教官が、まったく同じ「葉巻型」の飛行物体を発見した。しかも、それと同時に、また同じトラブルが機体に発生したという。
 
さすがに騒ぎになって、調査されたのだが、結局は、「パイロットの証言に問題があった」ということにされた。このときにUFOを目撃したパイロット2人は、よほど嫌な思いをしたらしく、後々まで、この事件のことを語りたがらなかったという。

広々とした空をいつも飛んでいるパイロットは、UFOを目撃する機会も多くなる。いつも下を向いて歩き、滅多に空を見上げないような人が、頭上にUFOがいても気がつかないのとは、まさに正反対(笑)。

ひとつには、「目の機能が、どれだけ発達しているか」というのも、あるだろう。

「犬笛」というのがある。犬笛を吹いても、人間の耳には聞こえない。でも、犬は、耳がピクッと動いて反応する。人間の耳には聞こえないが、犬には聞こえる波長なのだ。

それと同じように、一般人には見えない波長の光が見えるという、特異体質の持ち主がいても不思議はない。世の中には、いろんな人がいるからだ。UFOをちょくちょく目撃する人というのは、そういう目を持っているとも考えられる。

その点、航空自衛隊のパイロットは、特に、日頃から視覚を鍛えている。日本の領空に不法侵入した中国やロシアの軍用機を、いち早く発見するのが仕事だからだ。

つまり、パイロットにも、UFOを見ない人もいれば、よく見る人もいる・・・ということ。

しかも、なぜか、UFO目撃談は、東北の基地の周辺に多いらしい。

(続く)
 
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

なかなか表に出ない、パイロットのUFO目撃情報 〜 その2

2014年07月16日 | UFO
 
飛行機のパイロットがUFOを目撃することは、民間の航空でもよくある。
 
でも、週刊誌にUFO目撃談を語ったおかげで、「精神状態がおかしいのではないか」と疑われ、飛行停止になってしまった人も、実際にいた。このため、パイロットはなかなか語りたがらない。
 
自衛隊でも、「UFOを見た」という話は、長いこと、表に出てこなかった。
 
だが、「日本の上空で、未確認飛行物体を見た」というのは、それ自体が大きな問題のはずだ。どこかの国が飛ばしたものかもしれないし、軍事的にも無視できない。
 
ご存知のとおり、日本近海の上空では、北朝鮮がミサイルをちょくちょく飛ばしている。中国の無人偵察機も飛んでいる。つまり、「未確認飛行物体」は、増える一方。
 
そのためにも、こういう目撃情報は、やはりチェックしておかなければいけない。米軍にUFO資料の蓄積があるのも、ひとつには、そのせい。
 
もちろん、自衛隊は日夜、レーダー管制に取り組んでいる。レーダーに探知されるのは、航空機の他にも、渡り鳥とか、気象観測用のバルーンとか。そういえば、あの有名なロズウェル事件でも、アメリカ政府の発表では、「真相は、気象観測用のバルーンでした」ということになった。

逆にいえば、そんな鳥や風船でさえ、レーダーには探知される。そのくらい、現代のレーダーの精度は高い。

そんなレーダーに、「未確認飛行物体」が映ることが、ときどきある。逆に、「レーダーには探知されないけど、パイロットには飛行物体が見えている」というナゾの現象も起きることがある。

そんな体験談を集めたのが、佐藤守氏の著書、「実録・自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」。米軍による長年の調査研究と比べたら、ささやかな内容だけど、日本では画期的な本だ。
 
この本に登場する自衛官OBによると、民間航空に勤めた同期の元機長が、UFOを見たとして新聞で報道されたことがあった。その機長には、誇大妄想狂だというウワサが立って、長いこと、飛行停止になってしまったという。

他にも、元機長のエピソードとして、「未明のホノルル便で、真っ暗な中、ハワイ方面の空中に白い輪ができていたのを見た。その白い輪は、まったく動かなかった。コックピットにいた3人全員が確認したので、会社に報告したところ、翌日に回答があり、『米軍がレーザー兵器の実験をしたのだ』ということだった」と語っている。その機長は、「そんな問題には、深入りしないほうがいい」とも言われたんだそうな。

これこそ、この手の話がなかなか表に出てこない、2つの大きな理由だろう。ひとつには、「パイロットとしての信用にかかわる」と懸念して、語りたがらないケース。もうひとつは、「軍事機密にかかわるから話すな」というケース。
 
それでも、不可解な現象はしばしば起きる。

F14の優秀なパイロットも、そういう体験談を語っている。

夜間の東シナ海上空で、二機編隊で飛んでいたところ、ほぼ同じ高度で、同じ方向に向かって飛んでいる、白い光が見えたという。

それも、蛍光灯に近い青白い光で、点滅せずに、ずっと光り続けている。そんな飛行物体は、自衛隊や米軍にも、中国軍にも存在しない。

まるで、幽霊船ならぬ、幽霊飛行機みたい。サン・テグジュペリの小説、「夜間飛行」には、真っ暗な中を小さな飛行機で飛んでいるうちに、どっちが上で、どっちが下なのかも分からなくなり、気がつけば逆さに飛んでいたパイロットの話が出てくる。そんな真っ暗闇の中の飛行で「幽霊機」に遭遇したら、さぞかし、ゾッとすることだろう。
 
二番機が自分の横を飛んでいるわけもないし、もしそうだとしても、ライトは点滅しているはずだ。

無線でストレンジャー(正体不明機)情報を聞いても、「ユーハブ・ノーストレンジャー」(周辺に他機はいない)という答が返ってきた。念のため、飛行諸元(高度、速度、針路)を伝えて確認してもらったが、それでも、他機はいなかった。

二番機に、「私の右横方向に、何か見えるか?」と聞いてみても、「何も見えない」という。

この事件以来、優秀なパイロット氏は、すっかりUFOの存在を信じるようになった。そして、「もしも、UFOが飛来する目的が地球侵攻なら、遥かに進んだ技術を持つ彼らに、とても勝ち目はない。できれば、友好的に飛来してもらいたい」と考えるようになったという。

こういう話は、なかなか表に出てこないが、気心の知れたパイロット同士では話題になる。やがて、「自分も見た」という話が、続々と出てきた。


(続く)

コメント (0) |  トラックバック (0) | 

自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO 〜 その1

2014年07月15日 | UFO
 
航空自衛官OBが断言!! 「UFOは日本上空にウヨウヨいます」 というのは、3年前に書いたものだけど、いまだにアクセスが多いブログ記事のひとつだ。
 
当時、話題になった一冊の本。それは、「実録 自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」。 

著者の佐藤守氏は、いまや、軍事評論家としてもオナジミになった。航空自衛隊ひとすじで、元・空将だった人。この本では、佐藤守氏が集めた、現役当時の多くの同僚や部下からの情報が集まっており、何人かは実名で遭遇体験を明かしている。
 
なんといっても、航空自衛隊員による目撃談であるというところに、この本の意義がある。
 
というのも、UFOの目撃談というのは、見まちがいがとても多いからだ。飛行機や、雲の反射を誤認するケースが多い。なかでも多いのは、航空自衛隊や米軍の飛行機・ヘリコプターを見て、UFOだと思うケース。
 
その点、当の航空自衛隊員なら、その道のプロだから、誤認するケースが格段に少なくなるのは当たり前と言えるだろう。もともと、飛行機をよく知っている上に、視覚を強化する訓練も積んでいる。だから、情報に信頼性が高い。

実際のところ、アメリカでも、UFO研究の専門家が一番アテにしているのは、米軍からの情報だ。アメリカではこの手の研究が盛んなだけに、資料も豊富で、日本とは比較にならない。
 
日本にも、やっと、こういう本が出てきたのだ。といっても、もう3年も前の話だけど・・・。
  
佐藤氏も、自身の乗る飛行機が、UFOと間違えられたケースを紹介している。

あるとき佐藤氏は、東シナ海を飛行したあと、九州の基地に向かっていた。すると、故障で酸素が漏れていたため、みるみる酸素不足になっていった。危険なので、基地の上空に到着してすぐに、左右ジグザグに振れながら急降下を開始した。

長くパイロットをやっていれば、こういう危険とは隣り合わせだろう。ところが、これが、地上で意外な騒ぎを引き起こしていた。いわく(抜粋)、

>当時、私は基地の剣道部長でした。そして、隊員たちとともに基地周辺の子供たちに剣道を教えていたので、その日も剣道着に着替えて道場に行くと、子供たちが、「先生! 今日、UFOが飛んでいるのを見た!」と、口々に騒ぎます。

>翌日の西日本新聞を見て、驚きました。

>新聞記事・・・夕日に染まった福岡市の西部上空に、キラキラ光る帯状の怪しげな物体。「UFOだ」、「巨大隕石ではないか」など、諸説紛々。新聞社や気象台には問い合わせの電話が殺到した。

>光は最初遠ざかり、下降し始めたかと思うと、鋭角的に右旋回。ジグザグに向きを変えるたびに赤くなったり、白くなったりしながら、午後五時半ごろから十数分間ほど飛び続けた。

>正体はすぐに判明した。「自衛隊の小型ジェット機の航跡が夕日に照らされて光って見えたのでしょう。こちらでも確認しました」(航空自衛隊の基地)。
 
 
UFOとまちがえられただけでなく、見まちがえた経験もあるらしい。当初は、空中に、真っ白な大きな点が見えた。それが、日が暮れるにつれて、オレンジ色の光に変わっていった。隊列の先頭を飛んでいた同僚も、「あれ、UFOじゃない?」と、興奮気味に通信してきたという。

そのときも、正体はすぐに判明した。やがて、薄ねずみ色の主翼が見えてきて、「ジャンボ機だ」と分かったんだそうな。
 
このように、たいていの場合、UFO騒ぎは、実につまらない結果に終わる。なんといっても、その道の専門家だけに、すぐ分かるのである。
 
それでも説明がつかない、ナゾの現象がある。それも、かなり多いらしい。
 
この本を出したところ、「自分もUFOを見ました」という声が、数多く出てきたという。


(続く)
 
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

プロティノスの、一なる神 〜 ギリシャ哲学 その5

2014年07月08日 | 精神世界を語る
    
ギリシャ哲学といえば、プラトンとアリストテレスが有名だ。でも、後世に大きな影響を残した人が、もう一人いる。それは、プロティノス。
 
プロティノスは、ちょっと後の時代の人で、古代ローマ帝国期のエジプトに住んでいた。
 
プロティノスこそは、「ワンネス思想の祖」と言える人。
 
ひとりの人間とは、コップの中の水のようなものだ。ただの水なのに、コップの中にいるおかげで、「俺は、オレだよ」という自我意識を持っている。
 
大いなる海に向けて、コップをひっくり返したら、どうなるか。コップの中の水は、膨大な海水の中に溶け込んで、すぐに見えなくなってしまう。でも、なくなったわけではない・・・。



これこそ、典型的なワンネス思想のイメージだろう。
 
こういうのを言い始めたのが誰なのかといえば、それがプロティノスなのだ。
 
プロティノスといえば、流出論。

プロティノスは、神を、「一」とか「一者」と呼ぶ。英語でいえば、“the one”。そのままズバリ、数字の「1」のこと。

一からは、二が生まれる。三も、四も、五も・・・、すべては、一から流れ出す。

つまり、一から、多が生じる。すべてが流れ出してくるから、流出論。
 
イスラム教やキリスト教の信者は、しばしば、「全知全能の神さまが、この世界をお創りになったというのに、どうして、この世はこんなに不完全というか、ハッキリ言えば、ロクでもないのばっかりなんでしょうか?」という疑問を抱く。
 
聖書やコーランをどれだけ読んでも、その答は見つからない。「神さまには、わたしたち被造物には分からない、深いお考えがあるのでしょう」とでも言うしかない。

その点、この哲学者の流出論は、すべてを説明するスマートな世界解釈だ。
 
最上層には、「一」がある。その下には、「知性」(ヌース)がある。

さらに、そのヌースから、多くのものが流れ出す。本当は、そこからまた、いくつもの段階があって、九つの層に分かれているんだけど、細かい話をしたらキリがない。

とにかく、最上層は、一なる神。その次は、ヌース。そして、一番下の最下層にあるのは、物質界。そこがポイント。

 

 
 
世界は九層に分かれていて、物質界は、その最下層にある。

その物質界にいる、われわれ人間は、文字通り、シモジモの存在だ。だからといって、なんの希望もない絶望の日々をすごしているのかと言ったら、そうでもない。
 
なんと、最上層の「一」に向かって回帰するという、上昇運動への道が残されているのだ。

もしも、首尾よく最上層の「一」にまで到達し、そこで一なる神と合一することができたなら、最高にハッピーな気分になれる。それが、「エクスタシー」といって、哲学者にとって最高の境地。
 
流出論は、プラトンの思想をさらに一歩進めたものとはいえ、プロティノスならではのオリジナルな思想だった。
 
でも、どういうわけか、アラビア人もペルシャ人も、「ギリシャ哲学とは、こういうものだ。プラトンもアリストテレスも、こういう世界観だったのだ」と思い込んでいた。それが、中世ヨーロッパにも伝わった。

このため、プロティノスのワンネス思想は、西洋哲学の伝統的な世界観として、すっかり定着した。
 
でも、それは別におかしくない。
 
そもそも、なんで、プラトンが「イデア」なんてものを考えたのかといったら、それは、この世には個別でバラバラな存在がたくさんあるからだ。
 
「世界の本質は、こんなバラバラに分かれたものじゃない。普遍で全体的なのが、本来あるべき姿なのだ」というのが、その根底にある。

つまり、プラトンの世界観も、ワンネス思想か、その一歩手前にある。アリストテレスだと、そこから一歩か二歩ほど後退してるけど、やっぱり、基本は変わらない。
 
だから、プロティノスのワンネス思想を見て、「プラトンやアリストテレスもこういう世界観だった」と、後世の人たちが思い込んでいたのも、不思議ではない。
 
 
こういうワンネス思想を見て、ピンと来て共感できる人といったら、現代では、なんといっても精神世界マニアだろう。

現代の哲学マニアには、残念ながら、精神世界・スピリチュアル系にあまりにも弱い、というより、世間の一般人をもしのぐ疑いの目を向けている人が少なくない。

でも、それだと、昔の哲学者たちと同じ心になって、一緒に哲学するのはムリだ。
 
その点、精神世界マニアなら、とくに意識しなくても同じスタンスに立てるのが強み。
 
要するに、だから、ここは筆者の出番というわけなんだが・・・(笑)。
 
 
(いつの日か、続く)
 
(画像出典  
コメント (2) |  トラックバック (0) |