家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

エアコン室外機用の架台

2018-02-21 20:04:58 | 雑記

今度トレーラーハウスにエアコンを付けることになり、室外機を地面置きに出来ないために
既製品を少し加工して取り付けることにしました。

工事はまだ暫く先になる予定ですが、架台だけとりあえず用意しておこうかと。 

 

平地置き台というものを使い、アングルと組み合わせまして・・

 

完成は大体こんな風になりますが、現地に行って現物合わせしてみますか。

 

こんなところに置く予定です。

駐車ブレーキのレバーハンドルにちょっと干渉してしまうので、もう少し加工するようですかね。

あと全体を黒く塗ったりするので、この程度の金物の加工でも意外と時間と手間が掛かりますね。。。

 

あとはどうやって固定しようかな・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナ工事の助っ人へ

2018-02-19 22:29:02 | アンテナ工事

仲間の電気屋さんが足を負傷してしまったいうことで、アンテナ工事の助っ人にお邪魔してきました。

先日都内のハウジングエアコン工事にもお邪魔しています。

 

現場は埼玉県でしたが、圏央道を使えばアクセスし易いエリアでした。

 

作業車の出発時の距離計がもうすぐゾロ目になりそうに。。。

高速道路を走っているときだと写真に収められそうにないのですが・・・

 

桶川北本ICを下りた直後に揃いました。^^

乗り換えするまでにどれくらい距離を伸ばせられますかね。。

 

 

現在デザインアンテナが付いています。

某通信系の会社さんが取り付けてくれたものだそうですが、反射波を狙っていて夕方くらいから
映りが不安定になってしまうそうです。

 

現在はまあまあな数値ですが、平坦な土地の住宅地でデザインアンテナでは少々無理があるのかもしれませんね。

実際、目の前に隣家があるので、当店では怖くてデザインアンテナは取り付けできないです。

 

マストを曲げて軒を交わしての壁面取り付けです。

曲げ寸法を少なくするために、特殊な金物が用意されていました。

既に施工方法を打ち合わせされている案件なので、できるだけ要望に沿う形で進めていきます。

 

金具を取り付ける位置の寸法を出していきまして・・・

 

こんな風に取り付けていきます。

 

左右の揺れに対処するために、金具は横向きで取付けました。

 

デザインアンテナを外した跡がなるべく隠れるように混合器を取り付けて・・・

 

 

曲がり具合もちょうど良く収まってくれました。^^

 

完了時の測定値を備忘録代わりに上げておくことにします。

 

 

電波の品質はとても良好になりましたので、これでもし映らなくなる様であれば妨害波が
発生しているのかもしれないですね。

 

 このあと、急遽入ったブレーカー交換と・・・

 夕方からエアコン室外機の基盤交換もお手伝いして本日の作業は完了となりました。

 

怪我が治るまで大変でしょうけれど、手が必要なときはまたお邪魔しますね。

 

またよろしくお願いします。

 

 

ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ケーブルテレビからの切り替えでアンテナ工事

2018-02-17 22:25:59 | アンテナ工事:藤沢市

CATVを解約されるご予定だそうで、デザインアンテナで受信できるかどうかのお見積りをご依頼いただきました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

できれば屋根裏で受信できるかについても調べてみたかったのですが、建物の構造的に設置が厳しそうなため、
デザインアンテナでの受信を確認するところから始めます。

 

そのほかBSアンテナの設置や、リビングにテレビ端子を新設するご希望も頂いているので、
順番に調べていきます。

 

 

立地的にスカイツリー波受信です。

MX、TVKも含めて比較的良好に受信できていました。^^

 

地デジのアンテナのみであれば難易度はそれほど高くありません。

BSもアンテナを設置することも特に問題はないですが・・・

 

分配器とCATVブースターは中2階の収納部屋の中に。

屋根裏、天井裏、壁裏、床下などを拝見しましたが、BSアンテナ用の同軸もテレビ端子新設用の同軸も
隠蔽配線をする隙が全く有りませんでした。。

 

床下は防湿のためであろうシートがキッチリ張られていて、配線するために切ってしまうわけにも行かず・・

 

パネル工法ということで余分な隙間は一切ないため、収納部屋内を露出配線して屋外に出し、
屋外も露出配線で仕上げさせて頂くことになりました。

 

裏手の目立たないところと、収納部屋の中のみ露出となります。

 

当初の予定では今日はお見積りのみということでしたが、急遽施工に取り掛からせていただくことになりました。

幸い、今日なら時間に余裕がありますし、部材も揃っているので。^^

 

ではまずはデザインアンテナから。

 

ベース金具から付けていきます。

接着力が強く、上から塗装も出来る系のコーキングを使って防水してあります。

 

同軸には目立たないようにアイボリー系のビニテを巻いてあります。

 

まずはデザインアンテナが決まりました。

続いてBSアンテナに移りますが、同軸ケーブルの処理を先にしておかないと。。

 

既設のCATVブースターと分配器。

分配器には空きがあるので、分配器交換は不要です。

先にここに手を付けてしまうと、もうすぐ始まる男子フィギュアスケートが見られなくなってしまうので、
仮接続でCATVを生かしておきます。^^

 

外壁に向かって穴あけをしまして・・・

 

こんな感じに処理しておきます。

そしたら外に出てBSアンテナを付けていきましょう。

 

さっきと同じように接着力が強い系のコーキングを使用しています。

 

アンテナを付けて向きを合わせて・・・

 

これでBSアンテナも完了です。

一旦収納部屋に戻って・・・

 

ブースター周りを仕上げておきます。

MXのレベルが弱いので、キー局は少し強めに出すようにしてあります。

 

このように仕上がりました。

 

そしてまた外に出て配線を仕上げたりしまして・・・

 

室内から見る分には、最初からここに有ったかのようにテレビ端子が付きました。

 

地デジ、BS110CS共に安定受信にて完了となりました。

 

110CSに良くご覧になるチャンネルが有ると伺っていたので、リモコンボタンで簡単に呼び出せるように
設定も済ませたり、MXが映るようにチャンネルの設定も再度行なっておきました。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

横浜市旭区 エアコン取付けにお伺いしてきました。

2018-02-15 22:37:08 | エアコン・電気工事

お得意さまのグループ会社の営業所長さまのご自宅のエアコン工事にお邪魔してきました。

いつも懇意にしていただきありがとうございます。^^

 

点在する営業所や、こちらのエアコン工事などいろいろお任せいただいています。

 

今回取り付けるのは既に購入済みのパナソニック製のスタンダードモデルです。

 

筋交いが入っていますが避けられそうです。

 

一応計算どおりに避けられました。^^

 

スリーブを入れておきます。

 

半地下のお部屋なので冬は相当寒いでしょうね。

室内機を引っ掛けたら外で配管作業に取り掛かりますが・・・

 

この時点で配管化粧カバーを付けたいというお話になり。

今日は持参していないので、後から取り付けることにしました。

お客様に仕事を抜けて立会いに来ていただいているので、とりあえず試運転までは済ませてしまい、
お仕事に戻っていただこうと。


外作業は留守中でも出来るので。

 

配管は後でカバーを付けられるように曲げていきます。

ゆったりと曲げてしまうと、後からカバーが付けられない事になったりしますから。。

 

真空引き後試運転し、ひとまず完了とさせて頂きました。

このあと、お客様が所長を勤める営業所のエアコン工事の下見にもお邪魔して、部材を揃えてから
化粧カバー工事に。

 

ちょこちょこっと細工などをして・・・

 

この雨樋かわしも難所ですが・・・

 

出口カバーから・・

 

先ほどあけた穴からドレンホースを出して・・・

 

向こう側に持って行って・・・

 

雨樋を内側で交わしました。

いつものようにカバーは削り加工です。

 

 室外機の後ろまで持っていって完了しました。

配管したあとからカバーを被せるのは結構手間が掛かりますね。

 

でもまあ当日中に完了できて良かったです。

 

またよろしくお願いします。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナ取り外しにお伺いしてきました。

2018-02-13 23:59:12 | アンテナ工事

屋根上のアンテナが不要ということで、取り外しにお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

現在はテレビをご覧になることはないそうで、屋根上に立つアンテナは不要だということです。

ですがいずれ必要になるかもしれないので、腐食していなければ保管されるということで、
支線や同軸ケーブルなどは切らずに丁寧に外しておきます。

 

こんな風に分解してお客様にお渡ししました。

 

同軸ケーブルは給電部のところで外して、軒下にまとめてあります。

 

鉄製で被覆付きの支線でしたが割りと程度が良いので、保管状況がよければ数年後でも再使用できると思います。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加