幸せの雲と整体師  

呉市広の整体、身体均整 木村です。
(腰痛、肩こり、骨盤矯正など)
とびしま街道の風景やランチなどの日記です

魚の骨

2006-01-31 14:02:08 | 家族
この魚は、この前の日曜日に釣ったものです。
小さかったので写真を写してすぐ海に帰しました。



瀬戸内で育つと小さいときから魚はわりと食べました。
都会の人からするとうらやましい話らしいです。
今よりももっと地魚が多かったです。

魚が苦手という人に骨が刺さった経験の人もいると思います。
小さい頃、骨が刺さると不思議な呪文がありました。

記憶では、魚の頭を頭に乗せ(このあたりがすでにあやしい)
呪文を三回唱えると骨がとれています。
実際にやってみて、すご~いと感心していた記憶があります。
幼稚園の頃だと思います。もう少し大きくなると骨じたいもっと
うまく処理できますから。

不思議なことに、ダメだった記憶はのこっていません。
両親とも同じことをすすめていたので地域に伝わる話だったのでしょうか。

その呪文とは

 いわやまの ござえもんさん

は??

 いわやまの ござえもんさん

これを三回続けていうと とれます!

 ひらがなではなく 
 当て字かもしれないけれど

  岩山の  五佐衛門さん

これを三回となえると 骨が見事にとれるんです。
実際にしゃべってみると本当にのどの辺りがうまくうごいてそうな
感じがしますよ。

残念なことは、信じてもらえないこと。
特に宴会で本当に魚の骨がささったひとがいると
「え~とっ、魚の頭をあたまにのせてですね・・・
  呪文を・・・いわやまの~ ござえもん  」

「冗談じゃなくて、大変なんだから」
となってしまいますので、できればなんでもないときに憶えておいてほしいです。
いちおう、今では魚の頭を頭にのせなくてもと思っていますが。

 
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫背の直し方 | トップ | 薬の副作用 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みっち~)
2006-01-31 19:54:03
金星さん☆

TBありがとうございます。

また、おまじないの紹介もありがとうございます。

「岩山の五右衛門さん」ですね。

今度、試してみますね(*^^)v
覚えておきます! (小太郎)
2006-01-31 22:28:25
いわやまのござえもんさん×3ですね!

覚えておきます。

オハズカシながら20代の終わりころ

魚の骨をつまらせて三日目に、耳鼻咽喉科を訪れたという

苦い思い出があります。

おまじないの一つも知らなかったものだから

検診ののち、

「あと2日ほどして取れなかったら、

他の病院に紹介状を書きます」といわれ

それがイヤだったのか、帰宅直後に取れました~。

あの不快感と、魚のかしらを頭に乗っけるのを天秤にかければ

迷わず、魚の頭をのっけます~。

Unknown (金星)
2006-01-31 23:48:35
なぜ、魚の頭を頭に乗せないといけないかわかりませんが、真面目に両親がすすめていたのでまんざらでもないのでしょうが、ためしにしゃべってみると、のどの空洞が大きくなっているというか、壁がやわらかくなってるような気がします。最初にそのままやってみて、だめなら頭を乗せるにしたらどうでしょう。

 実は、これ書いた時に、どこかちょっとはなれた地域の人が、あ、それ知ってるということも期待してるのですが。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL