goo

新・喫茶室@新発田 

 

 

  

この春から

新発田の名勝「清水園 」の中の

カフェ「喫茶室」が新メンバーで

新しくオープンしました!

名前は「たゆたう」。

カフェ経験のある素敵な女性2人のお店です。

 

 

 

 

コーヒーはもちろん、

その日その日内容が変わる焼き菓子も

こだわりが感じられ、とても美味しいです。

 

 

 

 

窓から眺める景色も四季折々楽しめ、

申し分なく何度でも訪れたくなります。

 

 

 

喫茶室たゆたう

open金・土10:30〜16:00(L.o.15:30)

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

親子肉まん教室

 

 

 

ゴールデンウィーク中に“肉まん”作りの親子教室を

開催しました。

生地を予備発酵させるところから始まり、

手捏ねして生地作り。

もちろん、中にいれる餡も

肉やたまねぎを細かくカットして作ります。

一番難しい、餡を生地で包む作業は

親と子が悪戦苦闘しながらも

一緒に取り組んで、無事完成させました!

 

 

 

 

発酵のあと、蒸し上がるのを待ち

時間はかかりますが、

出来立てのフカフカの“肉まん”は

格別に美味しかったようで

皆喜んでいました♪

 

 

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春彼岸法要 ’16

 

 

 

ちょうど1ヶ月前の3月21日、

長徳寺で春彼岸法要が営まれました。

まだ肌寒い日でしたが

多くの方々にご参拝いただきました。

 

 

勤行・住職のお話の後は

お斎(食事)があり、

今回は「キッチンココロ」のマネジャーや

管理栄養士として料理教室なども手掛けている

笠原恭子さんの精進料理を

4人のボランティアスタッフの方々と共に

作っていただきました。

恭子さんは子どもの時に

お家の方に連れられて

お寺のお斎料理の手伝いをされていたようで、

その時の想いがこの度の精進料理のヒントに

なったそうです。 

 

 

 

 

どの料理も懐かしい感じがあり、

一つ一つ丁寧に丸めて作られた“さくらもち”には

本当に感動しました。

お参りの皆さまにもとても喜んでいただき、

無事お勤めさせていただきました。

 

 


 

〜’16春彼岸法要お斎メニュー〜

 ・“蓮根団子のあんかけ”

 ・“粕汁”

 ・“塩麹和え”

 ・“三年番茶飯”

 ・“ごま豆腐”

 ・“さくらもち”



☆☆☆☆☆☆☆



instagsramでも

紹介させていただいています!

良かったら覗いてみてください。


  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

肉まん教室

 

 

 

1月雪降る中、

今年初めての料理教室を開催!

『肉まん教室』からスタートです。

以前より暖めてきた企画で、

ようやく実現。

今回は‘肉まん’と

同じ生地の餡なしの丸い‘まんとぅ’を

作りました。

 

 

 

 

ご紹介したのは

パン同様‘イースト’を使った生地作りから。

参加者の皆さんは

‘肉まん’を作ったことがないという方ばかりでしたが、

上手く餡を包み、

フカフカのキレイな‘饅頭’を完成。

試食の際は

‘まんとぅ’に“鶏肉のブランシール”と甜麺醤を挟んで♪

台湾の熱い‘烏龍茶’とともにいただきながら、

皆さん、生地の美味しさに驚いていられました。

 

 

 

 

 

まだまだ寒い日が続いています。

この冬の間、『肉まん教室』を

またご案内できたらと思います。

 

 

 

 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

菊水酒造の“さかすけ”を使って料理を作ろう

 

 

今月11日、

新しい試みとして

菊水酒造さんの乳酸菌入り酒粕“さかすけ”を使った

料理教室を開催しました!

まずは参加者の皆さん“さかすけ”に

興味津々。

それだけを味見してみて

酒粕の風味となんとも言えない酸味に

今まで味わったことのない印象を

お持ちでした。

 

 

 

 

その食材を用いて、

今回は

“鶏肉のブランシール”と“まぐろのソテー 白ごま風味”、

そして“さかすけと豆腐のピュレ”etc.をご紹介♪

鶏肉・まぐろはそれぞれ臭み無くしっとりと仕上がり、

その役割に頷いていただけたようです。

また、

手軽に作れる‘ピュレ’も

“さかすけ”の風味がほんのり香る感じで、

「いろいろアレンジ出来そう」「早速作ってみたい」

というお声をいただきました。

 

 

 

 

 

ワタシ自身も

“さかすけ”の魅力に惹かれ、もっともっと広がる予感。

また機会がありましたら

ご紹介したいと思います。 

     

 

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ