山はしろがね

ロシア文学/スキー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

数詞を訳すゲーム

2016-12-20 14:35:16 | ロシア

 1年生のロシア語の授業なのだが、少しダレてきたので、今日はゲーム形式で行った。

 まずはロシア語の数詞の勉強。100から1000までの数を学んだ。

 それから出席していた学生が21人だったので、2チームに分ける。ルールは

 (1)出題する側のチームは1人1問ずつ、全部で10問、「0~1999」のうちの何らかの数を日本語で提示する。

 (2)答える側のチームは、出題された数をロシア語に直す。

 (3)正解したら、交代せずに次の問題も答えることができる。

 (4)間違いの場合は、次の人に交代する。

 (5)分からなかったらパスして、次の人に交代しても良い。

 普段、授業でおとなしくしている学生が活躍したり、スマホに教えてもらうという反則プレーをする学生がいたり(そういうのもプロレス的で面白い)、けっこう盛り上がった。結果は10対9で「窓際チーム」の勝利。「窓際チーム」は最初の3人で10題解いてしまった。一方、開始前にはやる気を見せなかった「壁際チーム」も、かなり健闘してくれた。

 かなり前に、こういうゲーム形式の授業の試みを学会で発表された先生がいらして、その時はちょっと自分には無理だなあと思っていたのだけれど、今は余裕で場を仕切れるようになった。小学校の行事やスポーツ少年団で子供たちと触れ合う機会が増えたり、自分の子供と一緒にテレビのクイズ番組を見たりすることで、仕切りのツボが理解できたのだと思う。大学院で洋書を読んだり、アートな映画を見たり、研究会でディスカッションしたりしているだけでは、こういうリズムは身に付かない。

ジャンル:
学校
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇和島鯛めし | トップ | Bluetoothが消えた »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。