■花冠月例句会■

俳句雑誌「花冠」の月例ネット句会のためのブログ 管理 高橋信之

■4月月例ネット句会/入賞発表■

2017-04-10 11:31:24 | 日記

■2017年4月月例ネット句会■
■入賞発表/2017年4月10日

【金賞】
★摘み置かる花束橋に花祭り/柳原美知子
中七の花束の「花」に続き下五の花祭りの「花」と畳み掛けた『花』がいい。橋に置かれたのは野の花束であろう。それは、作者の心にしっかと捉えられ、読み手の心に伝わる。(高橋信之)

【銀賞】
★ステップで花のトンネル駆けゆける/祝恵子
上五に置いた「ステップ」がいい。快く駆けて行く「花の風景」がいい。(高橋信之)

★鶯の声透き通る野の雨よ/柳原美知子
鶯は雨の中、野原で、聞きほれるほどの美声を聞かしてくれているのでしょう。 (祝恵子)

【銅賞/2句】
★シャガの花夜道一面白い影/高橋句美子
心に残った風景を素直に表現した。写生句の良さであり、写実の句であると言ってよい。(高橋信之)

★シャボン玉追い掛けている姉いもと/祝恵子
虹色のシャボン玉が風にゆらゆらと飛んでいくのを追いかける仲良しの姉妹の微笑ましい景は、絵本を見るようです。(柳原美知子)

【高橋信之特選/5句】
★口笛に鶯応え我はも鳥/高橋正子
「鶯と我」がいい。「応えあう」のがいいので、それを俳句の心と言ってよい。自然との関わりを詠めば、人間の心は深くなる。(高橋信之)

★シャガの花夜道一面白い影/高橋句美子
★摘み置かる花束橋に花祭り/柳原美知子
★桜満つ空へ瀬音の吸い込まれ/柳原美知子
★ステップで花のトンネル駆けゆける/祝恵子

【高橋正子特選/5句】
★桜散る斜面にもまた桜色/高橋句美子
空に満ちる桜と斜面をも桜色に埋め尽くす落花、桜色に染まる季節の感動が生き生きと伝わってきます。
(柳原美知子)

★桜散る空に吹きあぐ花びらも/高橋信之
一陣の風に今散ったばかりの桜の花びらが青空へと舞い上がる美しい情景が目に浮かび、花の季節に名残を惜しまれるお気持ちが伝わってきます。(柳原美知子)

★摘み置かる花束橋に花祭り/柳原美知子
★桜満つ空へ瀬音の吸い込まれ/柳原美知子
★シャボン玉追い掛けている姉いもと/祝恵子

【入選/6句】
★まだ満ちぬ月が朧に花のなか/高橋正子
爛漫の桜を灯すように淡い光を放つ朧月。幻想的な美しい情景が広がり、桜の季節ならではの喜びが感じられます。(柳原美知子)

★花筏の渦ゆらゆらと目黒川/高橋句美子
★卒業歌学生バスの声深く/高橋正子
★すみれ咲く地に低く咲く濃き色に/高橋信之
★仰ぎ見る青一枚の春天を/高橋信之
★すでにさくら落とす先客の鳥あり/祝恵子
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

4月月例ネット句会清記

2017-04-09 19:06:48 | 日記

■4月月例ネット句会清記
2017年4月9日
5名15句 

01.花筏の渦ゆらゆらと目黒川
02.シャガの花夜道一面白い影
03.桜散る斜面にもまた桜色
04.まだ満ちぬ月が朧に花のなか
05.卒業歌学生バスの声深く
06.口笛に鶯応え我はも鳥
07.すみれ咲く地に低く咲く濃き色に
08.桜散る空に吹きあぐ花びらも
09.仰ぎ見る青一枚の春天を
10.摘み置かる花束橋に花祭り

11.鶯の声透き通る野の雨よ
12.桜満つ空へ瀬音の吸い込まれ
13.すでにさくら落とす先客の鳥あり
14.ステップで花のトンネル駆けゆける
15.シャボン玉追い掛けている姉いもと

※選句を始めてください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

●4月月例ネット句会ご案内●

2017-04-08 14:58:10 | 日記

●4月月例ネット句会投句案内●
①投句:当季雑詠(春の句)3句
②投句期間:2017年4月8日(土)午後1時~2017年4月9日(日)午後7時→午後11時
                    ※投句時間を午後11時までに延長します。

③投句は、下の<コメント欄>にお書き込みください。
※どなたでも投句が許されます。

▼互選・入賞・伝言
①互選期間:4月9日(日)午後7時~午後10時 →(変更します。)4月9日午後11時~10日午前9時
②入賞発表:4月10日(月)正午
③伝言・お礼等の投稿は、4月10日(土)正午~4月12日(水)午後6時

○句会主宰:高橋正子
○句会管理:高橋信之
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

■雛祭りネット句会/入賞発表■

2017-03-06 13:24:05 | 日記

■2017年雛祭りネット句会■
■入賞発表/2017年3月6日

【金賞】
★乗換えて船場のひいなに会い嬉し/祝恵子
船場は大阪の江戸時代からの商業の中心地。財をなした商家もあって、由緒ある雛人形が保存されているのであろう。はるばると乗り継いできてあった雛のゆかしさ。作者の嬉しさが伝わる。(高橋正子)

【銀賞2句】
★春立ちぬ朝のサラダの鮮やかに/古田敬二
寒い冬から抜けて春立つ朝を迎えた。朝食のサラダも色鮮やかで、フレッシュだ。春の軽やかさがいい。(高橋正子)

★駅中に園児の描いた雛並ぶ/高橋秀之
駅中はいろんな人が忙しく通る。園児の描いた雛人形を、微笑ましく見て通ったことだろう。駅中が雛の絵に和む。(高橋正子)

【銅賞2句】
和服着し子等かたまりて雛巡り/佃 康水
雛祭の日に和服を着せてもらって嬉しい女の子たち。かたまって家々の雛を見て巡る。振る舞いもおのずとしとやかに。雛の日の華やぎが微笑ましく思われる。(高橋正子)

全快を祈り飾らる雛人形/多田有花
雛人形に託した祈りは、全快。女の児の健やかな成長を願って飾られるひな祭りの原義そのもの。(高橋正子)

【高橋信之特選/5句】
★乗換えて船場のひいなに会い嬉し/祝恵子
「会い嬉し」と下五を終え、読み手も嬉しくなる。「船場のひいな」に会いたくなるのだ。(高橋信之)

★春立ちぬ朝のサラダの鮮やかに/古田敬二
上五の季題「春立ちぬ」がいい。季節の嬉しさ、生活の喜びがまさに「鮮やかに」伝わってくる。(高橋信之)

★駅中に園児の描いた雛並ぶ/高橋秀之
上五の「駅中に」がいい。日常生活の中での俳句で、生活のリアルを表現した。(高橋信之)

★全快を祈り飾らる雛人形/多田有花
「全快を祈り」と言い切って、嬉しい俳句だ。下五の「雛人形」が優しい。(高橋信之)

★和服着し子等かたまりて雛巡り/佃 康水
中七の「かたまりて」がいい。いい言葉だ。(高橋信之)

【高橋正子特選/5句】
★乗換えて船場のひいなに会い嬉し/祝恵子
★春立ちぬ朝のサラダの鮮やかに/古田敬二
★駅中に園児の描いた雛並ぶ/高橋秀之
★春風が遠くの海の香運びくる/高橋秀之
★和服着し子等かたまりて雛巡り/佃 康水

【入選/5句】
★雛祭それぞれ話す幼き日/高橋句美子
★改札を出てチューリップを過る/高橋句美子
★雨あがりの日差し明るし雛祭/多田有花
★巣箱あり作りし子の名はっきり/祝恵子
★古民家の床艶やかや御殿雛/佃 康水

■選者詠/高橋信之
★今日立春と独り言を言う
★立春の朝よ胸いっぱいの息吸う
★立春の一日が静かに過ぎる

■選者詠/高橋正子
★春立てりマジックショーの人だかり
★赤き芽を白く弾かせ猫柳
★飛び移る笹音させて笹鳴きす

※コメントのない句にコメントをお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

●雛祭りネット句会ご案内●

2017-02-13 14:53:54 | 日記

●雛祭りネット句会投句案内●
①投句:当季雑詠(春の句)3句
②投句期間:2017年3月1日(水)午前0時~2017年3月3日(金)午後7時
③投句は、下の<コメント欄>にお書き込みください。
※どなたでも投句が許されます。

▼互選・入賞・伝言
①互選期間:3月3日(金)午後7時~午後10時
②入賞発表:3月4日(土)正午
③伝言・お礼等の投稿は、3月4日(土)正午~3月6日(日)午後6時

○句会主宰:高橋正子
○句会管理:高橋信之
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加