老いて楽しく

その時々の出来事

梅雨の花三題

2017-07-12 18:53:27 | 日記
梅  雨  時  の 
 

 小生花の事は疎いが6月初旬から7月初旬に掛けて咲く、花菖蒲 紫陽花 百合くらいは分かる、中でも一番早く咲き始める花菖蒲、東村山市の北山公園に菖蒲園が有るのは知らなかった.

 10年程前迄は狭山市の智光山公園の菖蒲園へ鑑賞に行っていた、その後北山公園の菖蒲園が綺麗だと聞き、行って見た、我が家から駅数にして3つ目、近くて便利で智光山まで行く必要はない。

 菖蒲を鑑賞するには、朝露が残る早朝か雨の日が良い菖蒲の花弁は薄くて繊細なので、炎天下10時頃になると、花が少しクテッとした感じになる、早朝露が有る時は花がしゃっきとしている。、

 雨の菖蒲園を和服姿の女性が、蛇の目傘(蛇の目傘と云っても分からない人が多くなったか)を差してそぞろ歩く姿は、絵になりそうだ。

 
 
もう10年近く前になるか、元ユネスコ村が、「西武百合園」として開園した、緑豊かな丘陵地帯の木立の中に数10万本の百合が、色とりどりに咲き競い、中々の景観である。
この百合園便利な所に有り、我が家から一度乗り換えが有るが、3駅で行ける近い所、(西武ドームの直ぐ近く)何回か鑑賞に行った、百合の花は確りしているので、好天の日でも、花が弱る事は無い、木立の日陰も有り、元気な花を見られる,  西武百合園も7月9日に閉園した。
 
 女性を評して曰く「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花」と言われる
 

  我が家の近くに紫陽花の群生地が無く、新聞広告に東京サマーランド紫陽花園の広告が入った、行ったことがない所、ふと行って見る気になった。

 もう8年程前になるだろうか、この紫陽花園、山の中腹木立の中に各種紫陽花が群生している、点在する紫陽花を愛でつつ、一番上にある、新品種「アナベル」純白で盛り上がった花で、広範囲に山形に咲いていて雪山」と看板が出ていた、中々見事だった、雪山まで登ったら少し息が切れた。

 木立や紫陽花の間から、あきる野市が眼下に見下ろせた、

 
 
 
 
少し上に盛り上がり尖った花で、新品種と書かれていた、広範囲に山形に咲き見応えが有る、8年も経った今では、新品種ではなくなったか。
この紫陽花園も7月9日に閉園している、やはり梅雨の花だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禁を破る | トップ | 来週待たるるその答弁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。