goo

よこすかYYのりものフェスタに「カイジ」が・・・舞い降りる・・・!

こんばんは

国会図書館に行ったら
図書館前にチンドン屋がいて困ったKボーイです

さて
今週の土日(6月10・11日)は
「よこすかYY(わいわい)のりものフェスタ2017」の開催日

今年の目玉は
「三大カイジ」の共演

漫画「カイジ」仕様の189系特急「かいじ」で
「横須賀海自カレー」を食べよう!
が趣旨

土曜日は用事があったので、日曜日に出向きました

まずは田浦駅で送り込み回送を撮りました

車両自体は豊田電車区の189系国鉄色M51編成
青梅―鎌倉間の快速「鎌倉あじさい号」の間合いです

この時点では普通の回送幕

後続の電車で横須賀駅に向かうと

急行「ぶらり横浜・鎌倉号」の651系も留置中

さて肝心の189系は

通常の特急「かいじ」マークを表示

しばらくすると係員がやってきて

まずは余計な油分やごみの取り除いて


上からシートを貼ります


上手く貼れたら


印刷面保護のシールを剥がして全体を整えたら

ククク、逃すなよ・・・刹那のシャッターチャンス・・・!

新たなる「かいじ」伝説・・・舞い降りるっ・・・!


しかし、これだけでは足りません

「海自カレー」を買いに行きましょう

外に出てヴェルニー公園に向かいます

圧倒的・・・行列っ・・・!

と言っても進みは比較的早い

カレーは500円で2種類用意されていました


船越基地分遣隊の「船基分カレー」と潜水艦うずしおの「チキンカレー」

チキンカレーの方が人気のようでしたが
私はあえて「船基分カレー」をチョイス

カレーを購入後は改札口ではなく、業務用の通路から駅構内に入ります

入り口にもこんなイラストが

食わせてもらうぜ・・・・・!
限界を超えてっ・・・!

うん、ラーメン二郎で言ってみたい



車内に入ります

車内はカレーの匂いが立ち込める
車内全員がカレーを食べている光景なんてそうない


この後、営業運転に入るけど良いのかと心配になりました

中にもイラストが


使い込まれたテーブルに乗るカレー


これが「船基分カレー」

さっそく頂きます

うん!?

なんだ、カレーにありがちなスパイスの刺激の代わりに
口いっぱいに広がるコク、そして酸味・・・


カレーというよりハヤシライスを想起させる味


ここでメニュー表を思い出す

焼肉のタレを隠し味に、パイン缶の汁をルーに混ぜ、
甘みとコクのあるフルーティーなポークカレー

なるほど、焼肉のタレも果実を使用しているし
パイン缶の汁を使うので甘みと酸味が増すわけだ

量はそれほど多くはありません
両方買っても余裕で食べられたと思うので少し後悔

三大「カイジ」の共演!

ごちそうさまでした

そのあとは海上自衛隊横須賀地方総監部の方へ

横須賀基地音楽隊が演奏をはじめたので見物

ベース担当に隊長がアンコール2回の無茶振り

隊員の方々を含めて全員の注目が集まる


「残酷な天使のテーゼ」を演奏中

楽しませていただきました



護衛艦「いかづち」と潜水艦「ずいりゅう」が公開されていました

もちろん、潜水艦の内部まで公開されていません


さて

横須賀駅に戻りましたが次に来るのは下りの久里浜行

上りは逗子行4両で15分待たされる上に混雑しそう

そこで久里浜行に乗車


向かいの京急久里浜駅から

京急で横浜まで帰りました

以上です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

文字通り草生える

こんばんは

突然繁忙期になったKボーイです

たまには根岸線日記らしく
京浜東北線を撮りますか

ということで大森駅から蒲田方に向かったところにある
新井宿第一児童公園に行ってみた

児童公園でカメラを向ける…犯罪臭がしますね

児童よりも、カドヤの従業員が休んでいることが多いけど

さあ、公園に着いたのでさっそく撮ろう…

草が伸びすぎて撮れません

文字通り草生える

どこぞのプロカメラマンみたいに
伐採する訳にはいかないし

4月ぐらいに来たときは

ギリギリ撮れるレベルだったけど
この時期は成長著しいですね

保線さんが刈ってくれないかな…

以上です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

伊豆箱根鉄道駿豆線を訪問~2017年版

(6月3日投稿・6月4日画像追加)

こんばんは

住民税の納付通知が来たので封を開けたら
笑うしかなかったKボーイです

さて今日は思いつきでお出かけ

横浜から東海道線に乗り

熱海で静岡行に乗り換えて二駅目の三島で下車

三島と言えば

そう、伊豆箱根鉄道駿豆線です

なんか、煽られた気がするので来ちゃいました

ここに初めて来たのは約6年前、2011年2月のこと→コチラ

さっそく、駿豆線ホームに向かいます

右はいつもの3000系電車
左は…うーむ


「ラブライブ!サンシャイン!!」とコラボした
伊豆箱根鉄道初のフルラッピング電車「HAPPY PARTY TRAIN」

同作品の主人公たちによるスクールアイドル「Aqours」の
3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」の発売に伴い
新しくデザインされ、4月8日から運行開始したラッピング電車

「HAPPY PARTY TRAIN」の衣装でポーズを決めているらしい

ふーん

駅にも等身大?パネルがある

もっとも伊豆箱根鉄道には

鉄道むすめ「修善寺まきの」がいるよ

こんな可愛い駅員さんがいるわけ…何でもありません

趣味は自転車(静かで速い)らしい
自転車に乗ると性格変わりそう

皆様はどっちがお好み?

派手なラッピング電車が出発したのち

1300系1301編成「イエローパラダイストレイン」がやってきました

1300系は元西武101系で、その登場時の塗装を復刻したものです


とりあえず電車に乗り田京駅へ

以前から目をつけていた撮影地に向かうつもりでしたが

すぐに特急「踊り子」105号(C1編成)がやってきてしまった

なんてこった…

田京駅の駅舎

また電車に乗りますか

三島行に乗り、三島二日市駅へ

そして前にも来た三島二日市~大場間の撮影地へ

今日はこの時期にしては珍しく富士山が良く見えていました

ところが

なんか雲が太陽にかかり始めたよ(富士山ではなく)

ああ、踏切が鳴り始めた

あーあ

特急「踊り子」109号 C6編成

曇り運発動…

まあ、でも
薄雲程度だったからフォトショップで補正すれば


このぐらいにはなるから
まだよい方かな

場所を変えよう

ということで大場よりの有名撮影地付近へ

この場所、狭い道の割に通学路指定なのに自動車が頻繁に通るから
有名だけど安全に配慮すべき所である


特急「踊り子」110号 C6編成

185系が気持ちよく撮れれば、それだけで良い

何が「ラブライブ!サンシャイン!!」だ
そんなことは山手線でやってろ(広告条例)

とか言いつつ


結局撮ってるじゃん

3000系3006編成「HAPPY PARTY TRAIN」
見れば見るほどすごいラッピングである

側面窓は開閉可能ですが、窓を開けると…首が!

窓を開けるだけなら合法ですが、止めましょう



1300系1301編成「イエローパラダイストレイン」


特急「踊り子」114号 C5編成

そのあと大場駅まで歩きます

駅近くの車庫にいたED31

本線を走るところ見てみたいな

このまま帰ると、1日フリー乗車券「旅助け」の元がとれないので

修善寺行に乗って伊豆長岡へ

三島行を待っていると、やってきた黄色

三島行に乗りましたが
あることに気づいて二駅目の原木駅で降りて

コイツに乗ってみました

車内も恥ずかしいぐらいラブライブだらけでした



一瞬コラージュか?
と思わせますが紛れもない現実です

そういえば

三島駅の東海道線1番線ホームには、このような凹みがあります

ホームの途中に伊豆箱根鉄道への分岐ポイントがあって
特急「踊り子」がこの分岐ポイントを使って修善寺に直通します

この凹みがないと、車体のオーバーハング
要は端部分がホームと接触するのでこのような状態になっています

実際の使用例

噂では特急「踊り子」にE257系を導入する場合
この切り欠きをもっと大きくしないといけないらしい

185系は近郊型と同じ車体長が20mには届きませんが
E257系は先頭車が21mに届きます



あとは家に帰りました
色々と課題が残ったなあ

以上です

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

伊豆箱根にきたけど曇り運が炸裂したらしい

こんにちは

Kボーイです

今こんな所にいるけど

固有能力の曇り運が炸裂して涙目です

もう嫌だ…

続き→コチラ 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

このところ急にE231系900番台に乗る機会が増えたから

こんばんは

どうも軽い風邪が長引いてるKボーイです

さて山手線E235系量産車が本格的に営業を開始したので
従来のE231系500番台は中央・総武線各駅停車へと転属予定ですね

どうもここ最近、仕事帰りとかに
中央・総武線各駅停車に乗ろうとすると
来るんですよ

E231系の試作車(900番台)、ミツ901編成が

1本だけの編成に頻繁に遭遇すると嫌な予感がしますね


E231系900番台のチャームポイントは

先頭車のJRマークの位置

他のE231系が帯の所に小さなJRマークが貼られているのに対して
209系500番台と同じく、運転台寄り側面扉脇にJRマークが貼られています

E231系ですが、元々は209系950番台だったことから
走行機器以外は209系500番台に準じていて
窓ガラスも緑色のガラスではなく
濃いグレーの熱線吸収ガラスであることも識別ポイントです

この編成に乗るなら千葉寄りの3・4号車がおススメ

というのも3・4号車は、1000番台(近郊タイプ)と同じ日立製モーターを搭載

到着と発車の際に1000番台と同じ音が聞こえてきます

ただし、加速度が1000番台よりも高いので
テンポの速い音が聞こえてきます

面白い車両ですが
三鷹~千葉間の長距離路線で本当は会うのが難しい

そんな車両に今までになくハイペースで乗る機会が増えると
なんか嫌な予感がしませんか?

そろそろ実車が消えるかor機器更新の可能性が…

そして、撮ろうとすると来ないのよね

以上です

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ