C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

エール!

2016-02-28 21:45:54 | CINEMA(あ)
エール!
'14:フランス


エール! 【Blu-ray】



◆原題:LA FAMILLE BELIER
◆監督:エリック・ラルティゴー
◆主演:ルアンヌ・エメラ、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ

◆STORY◆フランスの田舎町に住むベリエ一家は、仲睦まじく暮らしている。両親と弟が聴覚に障害を持っており、高校生の長女ポーラは通訳のように外部とのコミュニケーションの橋渡しをしていた。ある日、ポーラの歌声に才能を感じた音楽教師トマソンは、彼女にパリにある音楽学校のオーディションを勧める。しかしポーラの歌を聴けず才能を知ることができない家族の大反対に遭い、また一家にとってポーラは不可欠な存在であるため、彼女は葛藤の末に夢を諦めようとしてしまう。そんな中、彼女の歌の力が家族にも伝わる出来事が起こる

歌の才能を認められパリの音楽学校のオーディションを勧められた少女と、聴覚障害のある家族との絆を描いた感動作です。
最愛の家族を支える役目と自らの夢の間で揺れ動くヒロインを、新人ルアンヌ・エメラが好演し、セザール賞最優秀新人女優賞に輝きました。

やっと富山で公開になりました。昨年、映画のブロガーさんたちの評判もよく楽しみにしてました。

もーーーNakajiはとっても好きな映画でした。
障がい者も一人の人間!精一杯に生活して、生きている。
そしてかわいそうって言ってくる人には、手話がわからないってわかって皮肉たっぷりに話をする。
その言葉はストレートすぎて、歯に衣着せない感じとか、なんかフランスらしい映画だな~って思いました。

家族の中で一人だけ健常者だと大変だよなって冒頭からよくわかる。
本当に彼女が中心で、彼女がいないと病院行っても大変!商売も大変って大変続き。。。
彼女の人生、好きなことさせてあげたらいいのにって思っても、自分でもなかなかできないんだろうな~
家族を思い、自分がやれることをすべてやってあげている。
そんな中、歌の才能があるといわれて、パリの音楽学校にいこうとするんだよね。
家族は自分の生活を考えると反対するんだよね。
確かに、歌をきいたことなければ彼女の素晴らしさなんてわからないし、
この生活にいやになったから出ていくんだくらいにしか思えないんだろうな~
家族はこの子がいないとどうやって生きていくのって思ってしまう。。。

なんか歌をあきらめかけたとき、彼女のコンサートへ家族で行ったとき、
彼女の歌に周りが泣いていて、感動している姿をみて、
お父さんがのどに手をあててうたってって言ったところから泣けたな~
彼女が才能あるんであれば、それを伸ばしてやらなくてはいけないって感じでさあ。。家族っていいな~って感じでした。
試験でうたった歌もよかったね。選曲が本当によかったな~
自分は逃げるんじゃない飛び立つんだって。。。
本当に前向きにみんなが考えたラストになっていたのは本当に感動しました。

フランスの音楽学校って、試験の歌は自由なんだね。びっくりした。
この映画かなり好きだな~

Nakajiの満足度 ★★★★★(5.0) 2/8  劇場鑑賞 7 作
エール!-オリジナル・サウンドトラック
ユニバーサル ミュージック
ユニバーサル ミュージック

エール! 【DVD】
ヴィクトリア・ベドス,ヴィクトリア・ベドス
アルバトロス
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本酒の会@キッチン花水木 | トップ | 2016年3月度みたい映画 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほのぼの (ノルウェーまだ~む)
2016-02-29 23:42:56
この映画好きってかんじ、良く判ります~~
家族の絆が爽やかで、日本だったらじめっとしそうな話なのに、ほのぼのしてて。
ラストは本当に愛しくて素敵でしたね♪
こんにちは (たいむ)
2016-03-01 15:32:02
なんか好きってありますよね。
家族の絆ものって、悲惨な現実に直面とかが多くて苦手なことも多いのだけど、この映画は障害はあるけどちょっと違う感じ。
お国柄もあるのかもだけど、素敵な映画ですよね。
>ノルウェーまだ~むさん (Nakaji)
2016-03-03 20:40:31
こんにちは。
本当にフランス映画だな~って思いました。
なんかじめってした感じもなくて、ブラックなことも言ってたり、本当に好きな感じでした。
本当にラスト愛しくなりました。
>たいむさん (Nakaji)
2016-03-03 20:45:00
そうなんですよ!私こういった映画すごく好きです。
なんか悲惨な感じもさらっと、トークもブラックな感じで、なんか素敵だな~って思いました。
お国柄ですよね~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
エール! / La famille Bélier (勝手に映画評)
ネタバレあり。 フランス映画祭2015(日本)観客賞<最高賞>、2015年セザール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)、2015年リュミエール賞最優秀新人女優賞(ルアンヌ・エメラ)・最優秀主演女優賞(カリン・ビアール)をそれぞれ受賞。 父も母も弟も耳が聞こえない...
エール! 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
大手シネコン「TOHOシネマズ」が発行するポイント カード「シネマイレージカード」、映画を観ると マイレージが貯まり、各種景品と交換することが 出来ますが、その中でも最上位に位置するのが 「1ヶ月フリーパスポート」、その名のとおり1ヶ月 映画観放題という太っ腹な...
エール! (だらだら無気力ブログ!)
素敵な作品やった。
「エール!」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La famille Bélier」…aka「The Bélier Family」2014 フランス/ベルギー フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家。家族の中で話せるのは娘のポーラただ一人で、両親と弟は耳が不自由。高校に通うポーラは両親の仕事上の耳ともなり忙しい日々を過ごしている。そん...
エール! (心のままに映画の風景)
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外全員が聴覚障害者。 ポーラが通訳をすることで、特段の不便も感じることなく、明るく楽しい家庭を築いていた。 そんな中、音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に歌の才...
『エール!』 2015年9月18日 京橋テアトル試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『エール!』 を試写会で鑑賞しました。 初潮が高校生とはずいぶん遅い・・・そんな映画ではないですよ(笑) 【ストーリー】  フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、全員が聴覚障害者。ある日音楽教師トマソン(エリ...
エール!~生きる喜びを叫ぶ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。フランス映画。原題:La famille Belier。エリック・ラルティゴ監督。ルアンヌ・エメラ 、カリン・ヴィアール、フランソワ・ダミアン、エリック・エルモスニーノ。フランス期 ...
映画「エール!」 (FREE TIME)
映画「エール!」を鑑賞しました。
エール! (映画好きパパの鑑賞日記)
 フランスで大ヒットした音楽タップリのハートフルコメディ。非常に分かりやすい説明と、主演のルアンヌ・エメラの歌唱力で、難しいこと考えずにすむのが本国でヒットした理由なのでしょう。日本人にとっても分かりやすい作品でした。  作品情報 2014年フランス映画 ...
『エール!』 (こねたみっくす)
飛び立つ親離れ、見守る子離れ。 聴覚障碍者の両親や弟にどうすれば自分の歌を届けることが出来るだろうか。どうすれば自分の夢を、想いを伝えることが出来るだろうか。 フランス ...
「エール!」、聾唖一家に育った健常者の娘、魅惑の歌声でデビュー (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ フランス、片田舎の酪農一家。父、母、弟、彼女以外は聾唖者。 一家は、皆、音が聞こえないので、家庭はかまびすしい。 彼女は、高校生、思春期真っ盛り。聾唖者の一家の通訳でもある。 お蔭で一日は忙しい。 そんな一家を描いたハートフルコメ...
エール! (風に吹かれて)
青春の翼 公式サイト http://air-cinema.net 監督: エリック・ラルティゴ  「プレイヤー」 フランスの田舎町で酪農を営むベリエ家は、高校生のポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、両親も
『エール!』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「エール!」□監督 エリック・ラルティゴ□脚本・原作 ビクトリア・ベドス□キャスト ルアンヌ・エメラ、カリン・ビアール、フランソワ・ダミアン、        エリック・エルモスニーノ、ロクサーヌ・デュラン■鑑賞日 11月3...
映画感想『エール!』(試写会)2015年公開フラ... (見取り八段・実0段)
娘に頼って生きてきた音の聞こえない両親が自分たちの世界にはない「歌」に才能を見出された娘にエールを送ることが出来るか。子離れ親離れの物語。★★★.5(5点満点)詳しい感想記事...
エール! (そーれりぽーと)
なんかフランスで大ヒットした感動作と言うことだけを頼りに『エール!』を観てきました。 ★★★★ 両親と弟の自分以外の家族が全員聴覚障がい者と言う女子高生が主人公。 家は農家で、商売上で言葉が必要になることは全部彼女が引き受けていて、特にそれを苦と思う事は...
「エール!」☆察することの大切さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
実は予告編以上のお話は無い。 というよりも、予告編のほうが上手に言葉をつなげて、お話を分かりやすくしているくらいだ。 必要以上に盛った部分がないのに、なぜにこんなに泣けるのだろう?
「エール!」みた。 (たいむのひとりごと)
聴覚障害の家族の中の唯一健聴者としての育ってきた少女が、歌手になりたいという夢に向かって進みだすまでの物語。現実的なのか非現実的なのかやや微妙なお話ではあったけれど、ハンディは個性とマイペースながらも
エール! (シネマ日記)
フランスの田舎町で酪農を営むベリエ一家。長女で高校生のポーラルアンヌエメラ以外は父ロドルフフランソワダミアン、母ジジカリンヴィアール、弟の3人全員が聾唖者。牛のエサの業者とのやりとりや、青空市でのお客とのコミュニケーション、家族の医者通いなどにポーラは...
歌が聴こえる/ベリエ家の人々~『エール!』 (真紅のthinkingdays)
 LA FAMILLE BELIER  フランスの小さな村で酪農を営むベリエ家は、娘のポーラ(ルアンヌ・エメラ) 以外、両親と弟は耳が聞こえない。家族に手話通訳をするポーラは、音楽教 師に歌の才能を見い出され、国営ラジオのオーディションを受けることに...
「エール!」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2014年・フランス/Jerico, Mars Films配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム 原題:La famille Belier 監督:エリック・ラルティゴ原作:ビクトリア・ベドス脚
エール! (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2014年 フランス 上映時間:105分 監督:エリック・ラルティゴ  聴覚障害のある家族4人の中で、一人だけ障害のない長女のポーラは、家族の仕事や医者などに行くときの通訳として役に立っていた。もちろん彼女は家族を愛しているのだが、障害者の
『エール!』 (ラムの大通り)
(原題:La famille Belier) たとえば観てから何十年も後にある映画のタイトルを耳にして 「あっ、それぼくも観たよ。よかったなあ」と 記憶の底から手繰り寄せてくることがある。 そしてぼくの場合、いまそれが #1日1本オススメ映画 に。 昨日試写で観た『エール!』は...
『エール!』 (sweetmagicのブログ)
あまり上映している映画館がなかったので錦糸町で見ました。 ストリーは・・・ フランスの片田舎の農家であるベリエ家は、高校生の長女ポーラ(ルアンヌ・エメラ)以外、 全員が聴覚障害者。コーラス部に入ったポーラは音楽教師トマソン(エリック・エルモスニーノ)に ...
「エール!」 (或る日の出来事)
最後の歌に、盛り上がりを集めて持ってきたよね~!