C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。TBが廃止になりました・・・

人生の約束

2016-01-10 23:50:07 | CINEMA(日本)
人生の約束
'16:日本


人生の約束 (幻冬舎文庫)


◆監督:石橋冠
◆主演:竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、優香、小池栄子、美保純、市川実日子、高橋ひかる、立川志の輔、室井滋、柄本明、北野武、西田敏行

◆STORY◆IT関連企業のCEO中原祐馬は、共に会社を興し決別したかつての親友・塩谷航平の死を知らされる。 航平の最期の望みは、故郷・富山県新湊の曳山祭で、曳山(山車)を曳くことだった。 しかし航平の地元・四十物町(あいものちょう)の曳山は、維持費や曳き手不足のため、近隣の西町に既に譲渡されていた。 航平の娘・瞳に頼まれ、祐馬は曳山を四十物町に取り戻そうとするが、会社で一大事が起こってしまう…。

富山県射水市で江戸時代から続く「新湊曳山まつり」を題材に、テレビドラマ「池中玄太」シリーズなどの石橋冠が映画初監督を果たしたドラマです。

曳山を曳くことは「つながる」ということ!故郷で続く祭の継続を何よりも大事にしていた亡き親友の思いを知った男が、親友の娘の願いを叶えようとする姿を描いています。

Nakajiの2016年1作目は富山が舞台の人生の約束です。
とにかく富山は大入り満員。映画館はすごいことになっていました。

石橋監督の奥様の実家がありる“第2の故郷”といっておられる新湊が舞台です。
新湊出身といえば志の輔さんなんだけど、ご出身もあの舞台の近所だったんじゃなかったかな?
だからってわけではないけど、出ておられましたね(笑)

物語は、約360年前から続くといわれている、放生津八幡宮の例大祭として行われる曳山まつり!
その曳山の譲渡で揺れる新湊を描かれています。
東京でIT会社をやっている祐馬は、一緒に会社を作った親友の航平の死をしり新湊へ行き、
そこで、四十物町の町民に出会います。
そして祭りに一喜一憂する町民をみて、狂ってるって言うんだよね~
まあ、普通にみたらそう思うわな・・・
でも、その曳山にかかわっていってやっと人間らしい彼を取り戻していくんだよね~

Nakajiの地元には、こういったお祭りがないけど、
曳山とかを持っている地区の出身者は人ごとじゃないって感じで見てたんじゃないかな?
運営にはお金がかかり町内が火の車になっているんだけど、継いでくれる若い世代も少ないんだよね~
どの町も運営に大変だと思います。でもお祭りって大切だなって思いました。
曳山の「つながった」って人もつながるし、曳山にもつながるし、未来の子供たちにもつながるし、
そんなつながりをもったお祭りなんだろうね。

脚本とか突っ込みどころあるんかもしれないけど、
Nakajiはとにかく、西田さん演じる玄さんのセリフに泣けたな~
「無くしてから気づくことばっかりやな、人生は」とか、
「40代が人生の 踊り場で、過去も未来も見える」とかなるほどな~って思いながら見てました。
過去をみてもまだ前をむける年だし、未来が見えるんであれば、
そんなに時間もないから前に進むしかないんだって言われているようだな~って思いました。

竹野内君と江口さんの演技は本当に素敵だったな~

竹野内君のとってもやり手で人の意見もまったく耳にしないワンマン社長も素敵だったな~(笑)
彼を見てると、やっぱり、他人の言葉に耳を傾けることをしないと、
自分がつぶれていくんだなって思いました。彼はまだ踊り場の年で気が付いてよかったよって思いました。
江口さんはもう漁師になっていたね(笑)

西田さんと柄本さんはすごかったね。なんかセリフの間とかいろんなことすごいな~って思いました。
まあみんな富山弁頑張っていたね。不自然すぎるわっていうのはあんまりなかったような気がします。
その中でも富山出身の室井滋さんのネイティブすぎる富山弁(笑)
お父さん、なーん、つけんが~って言うところなんて自然すぎて・・・これみんなわかるのかな?
って思うくらいだったな~(笑)

また富山の風景が本当にきれいに映ってたね。内川は日本のベニスって言われているところなんだけど、
西田さんが内川に来て、これはセット?って言ったとか・・・・なんか港町って味があっていいよね。
そこから見える立山連峰のきれいなこときれいなこと・・・

曳山13本に灯がともったところも圧巻だったな~曳山ってきれいだよね。映像みて思ったけど、
富山の工芸がふんだんにされていたよね。井波の彫刻とかさあ、素敵だった。
曳山、今年すごい人かな~1度は見てみたいな。

この監督はホームドラマとか作っておられた人だからか、
あったかくて、笑って、泣けるそんな映画でしたね。この映画、たくさんの人に見てもらいな~

Nakajiの満足度 ★★★★(4.0) 1/9  劇場鑑賞 1 作
人生の約束 (幻冬舎文庫)
山川 健一
幻冬舎
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『とりあえず、お父さん』@... | トップ | 今日のランチ 電気ビルレス... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (yukarin)
2016-01-14 13:06:51
物語もいいけど富山の景色が本当に素敵たった!!
やっぱり先に観といて実際に行って感動したくて観てきたよ。
お祭りも迫力あったし、特に夜に灯がともるシーンは良かったね。今年はすごい人なんじゃない?
一度生で見てみたいわー
>yukarinちゃん (Nakaji)
2016-01-19 13:38:38
やっぱり映像でみるときれいだよね~(笑)
見て現地にいくのはとってもいいかも!
私もお祭りって見たことないんだよね~
一度は見てみたいものだわ~
お祭り。 (BC)
2016-02-04 22:18:06
Nakajiさん、こんばんは。
私もこの作品、先月に観ました。

江口さんは長髪のイメージだったので短髪にビックリでした。^^
徹底した役作りでしたね。
人生観を階段で例えた西田さんの台詞も印象的でしたね。

私は実家に帰ると富山出身の父が富山のお祭りの写真を自室の壁にいっぱい貼ってあるんだけど、
この作品を観て、その気持ちがわかるような気がしました。

町のお祭りに情熱を注ぐ人達の姿を見て、風習文化の尊さを感じました。
>BCさん (Nakaji)
2016-02-07 22:30:56
こんにちは。

江口さんは本当にすごく漁師になってたね~
びっくりしました。とにかく西田さんのセリフにやられてしまっておりました。

そうでしたね~お父様富山でしたね。
わたしはこのお祭りいったことないんですよね~
でも、ロケ地めぐりととかしてたら、喫茶店のおばさんが、寄っていかれ~って声かけてくれたりと、あったかさを感じました。
富山は風習文化がおおいような気がします。地域柄ってあるんでしょうね。

BCさんもぜひぜひいらっしゃってください♪
こんにちは (ここなつ)
2016-03-01 12:50:28
こんにちは。
この作品では随所に沁み入るセリフ(教訓?)が挿入されていましたね。
でも私きっと、この作品をもっと若い時に観たらその点が辟易としたのではないかと思うのです。説経臭せーんだよ!言われなくてもわかっとるわい!みたいな。
ある程度年を重ねて、沁み渡るものとしてこの作品を鑑賞で来て、素直に良かったな、と思えたのでした。
>ここなつさん (Nakaji)
2016-03-03 20:48:59
こんにちは。
自分も年をとったから、このセリフがしみてくることってありますよね。若い子みても感じてほしいな~って思いました。
会社でも話題になってて、ぜひぜひ富山以外の人にも、見てほしい映画だな~って思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CINEMA(日本)」カテゴリの最新記事

16 トラックバック

人生の約束  (Break Time)
今朝は、北風が冷たく・・・
映画「人生の約束」を観ました!!(2016-01) (馬球1964)
映画「人生の約束」を観ました!!
人生の約束 (試写会) (風に吹かれて)
つながれ~~~ 公式サイト http://www.jinsei-no-yakusoku.jp1月9日公開 IT関連企業のCEO中原祐馬(竹野内豊)の携帯に、共に起業しながらも会社を追い出す形で3年前に
『人生の約束』 (こねたみっくす)
人生は失くしてから気付くことばかり。 何と素晴らしい作品なのか。ただその素晴らしさを脚本と演出が全く理解し切れていないのが何とも残念で勿体無いこと。 日本人が大切にして ...
人生の約束 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
「池中玄太80キロ」「菊次郎とさき」をはじめ数々のTVドラマを手がけてきたベテラン演出家・石橋冠が初めて撮り上げた映画作品。主演の竹野内豊、江口洋介のほか、西田敏行、ビートたけし、柄本明はじめ豪華キャストが結集。 あらすじ:会社の拡大にしか興味のないI...
<「人生の約束」試写会> (夢色)
先日、友達に誘ってもらって、行って来ましたあまり予習せずに行ったのですが、最初始まった当初の江口洋介が渋かった(`・ω・´)そんなにファンって訳じゃなかったんだけど、こないだのオトナ女子でなかなか良いなぁと思って観てたので、萌えもえ(笑)四十物...
「人生の約束」:富山のご当地スペシャルドラマ (大江戸時夫の東京温度)
映画『人生の約束』は、TVドラマの超ベテラン演出家である石橋冠監督が「生涯1本の
杉原千畝 スギハラチウネ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2015/12/05公開 日本 139分監督:チェリン・グラック出演:唐沢寿明、小雪、ボリス・シッツ、アグニェシュカ・グロホフスカ、ミハウ・ジュラフスキ、ツェザリ・ウカシェヴィチ、塚本高史、濱田岳、小日向文世 ひとりの日本人が、世界を変えた――。 Story:1935年、満洲...
「人生の約束」友人の事情を知った先にみた自らの過ちに気づけたからこそ知る約束を果たすには人を動かすための言葉と行動が必要だと... (オールマイティにコメンテート)
「人生の約束 」は共に会社を立ち上げながら意見の食い違いから会社を去った友人が突然亡くなった事で亡くなった友人の故郷を訪れた男がそこで友人がやろうとしていた事を知りその ...
人生の約束(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[人生の約束] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2016年1本目です。 【あらすじ】 IT企業で社長をしている中原祐馬(竹野内豊)は、かつての親友・航平からの度重なる着信に不安を覚え、彼の故郷・四十物(あいもの)町...
人生の約束 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人生の約束』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ニシノユキヒコの恋と冒険』の竹野内豊が主演の作品だというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、富山県射水市新湊地区の四十物町(あいものちょう)の町内会長・西村(西田敏行)の声で、「...
人生の約束~色々な曳き (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。石橋冠監督。竹野内豊、江口洋介、優香、高橋ひかる、西田敏行、柄本明、松坂桃李、ビートたけし、小池栄子、美保純、市川実日子、室井滋、立川志の輔。富山県射水市 ...
映画『人生の約束』★人生は”思いやり”と”つながり”と”祭り”☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/167547/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 「新湊曳山まつり」 の富山県射水市が舞台です。 昨年、新湊に行ったので、懐かしい気持ちで鑑賞...
人生の約束 (映画と本の『たんぽぽ館』)
立山連峰、曳山まつりの光景はピカイチ * * * * * * * * * * 富山県射水市新港の曳山祭りを背景とした人間ドラマ。 中原祐馬(竹野内豊)は、新興IT企業のCEO。 会社拡大のことしか頭になく、ワンマンで冷酷、逆らうものは容赦なくクビ。 そんなあ...
映画「人生の約束」 (FREE TIME)
映画「人生の約束」を鑑賞しました。
「人生の約束」 (ここなつ映画レビュー)
このままでは今年は一本も邦画を観ないことになる…!と、2月にして早危機感を覚えたので、選んだのがこの「人生の約束」。あれ…邦画ってこんなに良いものだっけ…?凄くいい。凄く染みる。いや、恐らくこれは、私が年をとったせいなのだろう。否、年相応の作品を選んだ...