C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。桜早くさかないかな~

海街diary

2015-10-25 20:43:35 | CINEMA(日本)
海街diary
'15:日本


海街diary Blu-rayスペシャル・エディション


◆監督:是枝裕和「そして父になる」「奇跡」
◆出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴志、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、風吹ジュン、リリー・フランキー、堤真一、大竹しのぶ

◆STORY◆長女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)は、鎌倉で三人一緒に住んでいた。そんな彼女らのもとに、ある日、15年前に家を出て疎遠になっていた父の訃報が届く。三人は父の葬儀が行われる山形に向かい、母親違いの妹・すず(広瀬すず)と初めて対面する。身寄りをなくしたすずはどうしようもない大人たちに囲まれながらも、一人毅然とした態度を見せていた。そんなすずに幸は、鎌倉に来ないかと言う。こうして、すずを入れた四姉妹の暮らしが始まった……

ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマです。
鎌倉に暮らす3姉妹と父親がほかの女性ともうけた異母妹が共同生活を送る中、さまざまな出来事を経て家族の絆を深めていく姿を追います。

Nakajiはこの漫画は読んだことはありません。映画館でおいてあった冊子の漫画のみみたかな~
やっぱり大好きな是枝作品!この映画もよかったな~

三姉妹はお父さんが家をでていった不倫相手の娘と一緒に暮らすようになります。
それぞれに複雑な感情があると思うけど、表面的には仲良くくらしているように見えるんだよね~
でも実際は、すずちゃんも、三姉妹もお互いに気を使っている部分もあり、
すずちゃんもすべて心をひらいているわけじゃないんだよね~
まあ、それよりもお互いがお互いに悩んでいることもあり、
なんかこの映画みてたら、家族だからってすべて話せるわけじゃないし、それぞれに悩んでいることもある。
でも家族だから心配するし、家族だからおせっかいになるんだよね~

みてたらすずちゃんに対しても、姉妹が家族にどんどんなっていく姿が、
なんとも言えずとっても感動してしまいました。なんかこの姉妹がいいんだよね~
長女の幸はいろんなことを我慢して、そしてしっかり者のお姉さんでいようと努力しているんだよね。
次女の佳乃ちゃんは、男運は最悪のようにわるい。見る目がないというか・・・
でもいつもお姉ちゃんのことを思い、そして前向きにしてくれることも言うんだよね~
三女の千佳ちゃんはとってもよく見ているんだよな。お姉ちゃんたちのこと、すずちゃんのこと。
だから冷静なことも言えるんだろうな~
姉妹ほんとに素敵だったわ~
幸に言い過ぎたって謝る次女の姿見てたら、あーーーー女の兄弟ほしかったな~って思いました。

血のつながりわだかまりいろんなことを乗り越えて、この四姉妹が最後にはキラキラして見えたな~
とにかくねえ、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずちゃんの4人がいるだけで
画面が華やかなんだよね~それにきれいな鎌倉の四季が入ってこれば映像的にとっても満足してしまいました(笑)
長澤まさみちゃんがすごくよかったな~なんか色っぽさもさっぱりしていて、
素敵な女性になったよな~って思いながら見てました。
またこの四姉妹に会いたいな~

そして鎌倉行きたいな~
なんかのんびりとゆったりと過ごしてみたいな~って思う土地かも!

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5) 8/1  劇場鑑賞 60 作
海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス)
吉田 秋生
小学館

海街diary Blu-rayスタンダード・エディション
綾瀬はるか,長澤まさみ,夏帆,広瀬すず
ポニーキャニオン

海街diary DVDスタンダード・エディション
綾瀬はるか,長澤まさみ,夏帆,広瀬すず
ポニーキャニオン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニオンズ 吹き替え | トップ | 飲茶酒家 譚譚(タンタン)... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良かった~ (NAO)
2015-10-28 10:31:10
この映画、ほんとに良かったですよね!

ほんとの四姉妹に見えてしようがなかったです♪♪
不倫・離婚と複雑な事情がありますが、そこを淡々と
客観的に描いているのも良かったです。

脇を固めた俳優さんたちも良かったですよね~。

鎌倉は車で20分ぐらいのとこですが、ほんとに
良いところですよ~^^

余韻の残る映画って好きだな~。
>NAOさん (Nakaji)
2015-10-30 18:00:44
鎌倉にすっかり行きたくなってます!
来年は絶対にいこうって心に誓っております(笑)

そうそう淡々と描いているのがとってもよくて、
なんかこの監督の空気感がすごい好きなんですよ~
美しい景色と4姉妹 (ミス・マープル)
2016-01-27 08:57:00
鎌倉というだけであこがれますね。
そこに住まう美人3姉妹と可愛いすずちゃん。
どれをとっても絵になります。
樹木希林のセリフの絶妙なタイミングがすごくよかったし、
大竹しのぶの母親役も似合っていました。
静かだけれど心に染み入る映画でした。
>ミス・マープルさん (Nakaji)
2016-01-28 21:15:26
こんにちは。
鎌倉っていったことないから憧れの土地です。
本当にすずちゃんかわいかったですね~♪
樹木希林さんが本当に絶妙で!感動しました。

とっても印象がのこる映画でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
海街diary (勝手に映画評)
『そして父になる』の是枝裕和監督の最新作。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出展作品。 綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずと、これだけの美女が4姉妹を演じています。しかも、単に美女を揃えただけだとアイドル映画にもなりがちですが、そこは是...
海街diary (Break Time)
7月に 入ってから梅雨らしい日が続きます・・・
『海街diary』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「海街diary」□監督・脚本 是枝裕和□原作 吉田秋生□キャスト 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、樹木希林、風吹ジュン       堤 真一、大竹しのぶ、加瀬 亮、鈴木亮平、前田旺志郎■鑑賞日 6月14日(日)■劇場 ...
海街diary (Akira's VOICE)
親切で優しくて心地のいい世界観。好き!!  
「海街diary」4人で同居した先にみた家族になるためには時間と精神的な成長が必要だという現実 (オールマイティにコメンテート)
「海街diary」は離婚して離れた父が突然他界し、残された3姉妹と腹違いの妹が4人で同じ屋根の下に暮らして家族になるまでの1年間を描いたストーリーである。今の時代離婚して再 ...
海街diary (風に吹かれて)
けなげでええこや~ [E:crying] 公式サイト http://umimachi.gaga.ne.jp原作: 海街diary (吉田秋生作/小学館 月刊フラワーズ連載中)監督: 是枝裕和  「誰も
『海街diary』 2015年6月13日 イオンシネマ市川妙典 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『海街diary』 を鑑賞しました。 これは、今年ベストだね 長澤まさみ、綾瀬はるか、夏帆、広瀬すず もみんな良い! それに、最近出演多い鈴木亮平や樹木希林、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、 リリー・フランキー、前田旺志郎と脇も豪華である。 【ストーリ...
海街diary (花ごよみ)
鎌倉が舞台。 鎌倉の四季の景観が美しい。 3姉妹と異母妹が一緒に暮らす中 色々な出来事を経ながら 一つの家族になっていく。 監督は是枝裕和。 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、 広瀬すずが姉妹を演じます。 鎌倉で生活している 幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ...
海街diary (2015) 127分 (極私的映画論+α)
「歩いても歩いても」との姉妹編?(笑) いや、平成の「細雪」かも(笑)
海街diary (映画の話でコーヒーブレイク)
家族をテーマにした是枝監督話題の作品。 原作は吉田秋生さんの人気コミックスなんですね。 父とは?母とは?家族とは?「家庭の崩壊と再生」を問いかけ続ける是枝監督。 今回は父の死をきっかけに、残された娘たちの葛藤とそれぞれの成長を描く。    ******...
海街diary (うろうろ日記)
映画館で見ました。 【私の感覚あらすじ】 鎌倉で生活していた3姉妹のもとに腹違い
劇場鑑賞「海街diary」 (日々“是”精進! ver.F)
家族になるということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506130000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】海街diary オリジナルサウンドトラック [ 菅野よう子(音...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブッ...
海街diary (映画的・絵画的・音楽的)
 『海街diary』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本年のカンヌ国際映画祭に出品された作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭場面は、ベッドで眠っている若い男と女。  そこに電話が。  メッセージを読んだ女(次女の佳乃:長澤まさみ)....
奇蹟の四姉妹~『海街diary』 (真紅のthinkingdays)
 鎌倉の古い一軒家に住む三姉妹、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳 (夏帆)の元に、15年前に家を出た父の訃報がもたらされる。葬儀の席で彼女た ちを待っていたのは、初めて逢う異母妹・すず(広瀬すず)だった。  マンガ大賞受賞作である吉田秋生の...
海街diary/綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず (カノンな日々)
吉田秋生さんの同名コミックを原作に是枝裕和監督が映画化した海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流と家族の絆を描いていくヒューマンドラマです。 出演はその ...
『海街diary』舞台挨拶@TOHOシネマズ日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。登壇したのは、綾 ...
海街diary (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(11) 制作段階から絶対観たい映画だったその理由とは
映画「海街diary」 (FREE TIME)
映画「海街diary」を鑑賞しました。
血は争えない。『海街diary』 (水曜日のシネマ日記)
鎌倉で暮らす3姉妹と父親が他の女性との間に儲けた異母妹が共同生活を送る様子を描いた作品です。
『海街diary』 (こねたみっくす)
生きているものはみんな手間がかかる。でもその手間が愛おしい。 これは死を通して生きるということや家族というものを描いてきた是枝裕和監督の集大成ともいえる素晴らしい作品 ...
『海街diary』是枝裕和監督、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『海街diary』原作 : 吉田秋生監督・脚本・編集 : 是枝裕和出演 : 綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆広瀬すず、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮風吹ジュン、リリー・フランキー
「海街diary」 描写の余白 (はらやんの映画徒然草)
このところこの作品の番宣がとても多いので、少々食傷気味ではあったのですが、是枝監
海街diary・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
そして、姉妹になる。 吉田秋生の同名漫画を原作とした、リリカルなヒューマンドラマ。 鎌倉の古い家に暮らす三姉妹は、父が亡くなり身寄りがいなくなってしまった異母妹を迎え入れ、新たに四姉妹として生活をスタートする。 是枝裕和監督は、山と海の街、鎌倉・湘南...
海街diary (まてぃの徒然映画+雑記)
吉田秋生の有名漫画を是枝裕和監督が映画化。カンヌ国際映画祭コンペ部門正式出品作品だけど、この淡々として抑揚を抑えた演出がどれだけ海外の人の琴線に響くのかは疑問です。自分は好きなんだけどね。主演の四姉妹に綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。周りを樹....
No.506 海街diary (気ままな映画生活)
吉田秋生の人気コミックを実写映画化。湘南を舞台に、異母妹を迎えて4人となった姉妹の共同生活を通し、家族の絆を描く。鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の香田家3 ...
映画『海街diary』 (健康への長い道)
 是枝監督の最新作、カンヌ映画祭正式出品の『海街diary』をようやく鑑賞してきました。  僕が女優で作品を選ぶとしたら、宮崎あおいさんだけですので(それでも全部観るわけではない)、この作品も是枝監督作でなければ、スルーしていたことでしょう。  『歩いても...
海街diary (のほほん便り)
原作は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013受賞。の吉田秋生による漫画作品。 評判を聞いて、観てみたのですが、後で「是枝作品」と知り、大いに納得したのでした。 キャスティングが、とてもハマっていて、目の保養。そして、舞台となっ...
海街diary (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:邦画 「海街diary」 監督:是枝裕和 2015年 日本映画 128分 キャスト:綾瀬はるか      長澤まさみ      夏帆      広瀬すず 鎌倉に住む幸、佳乃、千佳は、家族を捨てた父の 葬儀へ出席する。そこには父の再婚相手...
「海街diary」 (或る日の出来事)
なんでもない、ひとときが、かけがえのない思い出。