C’est joli ここちいい毎日を♪

セジョリ♪
映画三昧・ドラマ三昧・食などなど自分の好きなことを!映画はネタバレありです。遅レスですいません。。。

ブリッジ・オブ・スパイ

2016-01-19 21:28:02 | CINEMA(は)
ブリッジ・オブ・スパイ
'15:米


Bridge Of Spies



◆原題:BRIDGE OF SPIES
◆監督:スティーヴン・スピルバーグ「リンカーン」「戦火の馬」
◆主演: トム・ハンクス、ピーター・マクロビー、アラン・アルダ、イヴ・ヒューソン、エイミー・ライアン、オースティン・ストウェル、マーク・ライランス、ゼバスチャン・コッホ

◆STORY◆アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950~60年代。ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)は、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。彼は、米国が身柄を拘束したソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右しかねない重大な任務を託される。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイを交換することだった。良き夫、良き父、良き市民として平凡な人生を歩んできたジェームズは、米ソの全面核戦争を阻止するため、全力で不可能に立ち向かってゆく……『ターミナル』以来のタッグとなる、スティーヴン・スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスによるサスペンス大作です。
西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件“U-2撃墜事件”の舞台裏に迫ります。

いやーーーーさすがスピルバーグっていうよりは、さすがにコウエン兄弟の脚本だったな~って思ってしまいました。
最後まで緊張感もっているのに、ちょっと皮肉ったり感動したりってなんかうまいな~って思ってしまいました。

初めにルドルフ・アベルがソ連のスパイであることは、冒頭の怪しい行動によってわかるんだけど、
で、逮捕されることになるアベルが、政府の指示によって国選弁護人として、
彼を弁護しなくてはならないのがジェームズ・ドノヴァン。
スパイを弁護するってことは、闘う前から負ける弁護であり、スパイなんて死刑に!っていう意見がおおく、
彼を擁護することで危険な目にあうこともあったんだよね~
でも、彼はその中でもベストを尽くして、死刑判決から禁固刑への減刑を成功させるんだよね。すごいよ。
偏見の目を持たずに彼に接して、余計なことは語らずお互いに趣味の話や何がほしいかって話をしてるところなんて、
二人になんか信頼関係ができているようにも見えました。
自らの信念に反せず、国に忠実なアベルはドノヴァンからしても好印象に見えるところがあるんだろうな~
ドノヴァンからすると彼は芸術家って言ったところがとても印象的でした。
そしてアベルがドノヴァンに気を付けれって言ったところもなんか印象的だったな~

舞台はソ連で捕虜となったアメリカ人パイロットとアメリカ人学生の二人と、
前述のソ連スパイアベルを交換させる困難なミッションに変更!
ソ連とアメリカってやっぱり全然違うんだな~って同じ捕まったスパイに対しての尋問がね~
だからなおさら、アベルを返しても大丈夫なの?って思ってしまいました。
なんか生き残っているスパイはなぜ死なない!って感じの空気がとっても流れるんだよな~
無事に今後も生きて生活してもらいたいドノヴァンは、アベルを必死に擁護するんだよね。
なんかすごく二人の結びつきに感動してしまった。。。
それを感じるのは、東ドイツにとらわれた学生との交換にしたとき、
CIAは行けと言うがソ連のスパイも待つと言うんだよね。
なんか彼らの結びつきがすごく強くて、アベルにしても、何も聞かず全力で助けてくれたドノヴァンに対して、
敬意もっているんだな~って思いました。

スパイがソ連に帰ったあとどうなるかは抱擁するか車の後ろに座らせられるかで分かると言っていた後、
車の後ろに座らせられたから、彼はどうなったの?って思ったけど、
家族と暮らせたって流れてホッとしました。
でも、交換したアメリカ人のパイロットに対して、アメリカ人の冷たいこと・・・
どっちが幸せだったんだろうって思いたくなる感じだったよね~

しかし、この人ってすごいよね。その後キューバでしょ~すごいな。。。

Nakajiの満足度 ★★★★(4.5) 1/14  劇場鑑賞 2 作
ブリッジ・オブ・スパイ【DVD化お知らせメール】 [Blu-ray]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

【映画パンフレット】ブリッジ・オブ・スパイ 監督:スティーヴン・スピルバーグ 主演:トム・ハンクス
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新年会  吟魚&口福ダイニ... | トップ | アルパカ珈琲@富山市 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2016-01-20 06:44:05
ほんとさすがスピルバーグ監督とコーエン兄弟の脚本だけはありましたね。
緊迫感溢れる展開で最後まで見入ってしまいました。

キューバでカストロとどのような交渉をしたのか、
それも是非とも映画化して欲しいところです。
>BROOKさんへ (Nakaji)
2016-01-20 10:58:25
見応えたっぷりの映画でしたね。
たんたんと描いているけど緊張感があるというか、
うまいな~って思いました。

そうそう!カストロとの交渉見てみたい!
こんにちは (yukarin)
2016-01-20 13:03:28
地味で長かったけど見応えあったよね。
最後のどこの座席に座るかだけなのにドキドキするとは....
一番の緊張だったかも。でもその後にホッとしました。
ドノヴァンシリーズで他の仕事も映画で観てみたいと思ったわ。
>yukarinちゃん (Nakaji)
2016-01-20 14:21:11
長さ感じなかったんだよね~
そこが一番うまいというかすごいって思ったな。

最後本当にドキドキだったよ。。。
Unknown (えふ)
2016-01-20 20:51:24
最後の車に座る位置、
すごく気になたよねー!
心配したけど、ご無事でなによりでした。

しかし、次がキューバって・・・
凄いわ~(笑
こんにちは。 (みぃみ)
2016-01-21 11:45:49
アベル、私もとっても心配でした…。
彼の最後まで裏切らなかった事、
国に、理解してもらえたんですよね(ほっ)。

国と国の駆け引きに巻き込まれる人達、
大変だな…と思い、観ていました。

次は、ケネディ大統領から仕事を受けて、
しっかりこなしたドノバン氏、とっても有能なんだな~と思いました。

二人の結びつき (ノルウェーまだ~む)
2016-01-21 17:17:06
Nakajiさん☆
静かに信頼感で結ばれていく二人がとても良かったですよね~
ラストの後ろのシートに座ったときは、もうひえーっ!となっちゃいました。
コーエン兄弟らしさ、私はあまり感じられなかったんだけど、それを見つけたら眠くならずに済んだのかも…
こんにちは (たいむ)
2016-01-22 14:37:09
雪と闘ってますか(笑)
先週末に法事で実家に帰った時はあまりの雪の少なさに暖冬を感じていましたが、今週になっての日本海側大荒れぐあい。お疲れ様です。

まとまった時間が作れず、本日ようやく鑑賞です。(感想はまだ書いていないのだけど)。
まだまだ戦時中から冷戦時代の驚くべき実話があるんだなぁって感心してしまいました。

私も後部座席に乗せられた彼の安否が気になってましたが、ホッとしましたね~。

トムの安定感がジムの役にピッタリでした。
さすがのトム・ハンクスですね。
>えふちゃん (Nakaji)
2016-01-24 19:48:44
最後までひっぱったよね。
えーーー後ろにのったんだけど。。。って思ったもん。

本当にこの人次はキューバってすごすぎるわ。。。
>みぃみちゃん (Nakaji)
2016-01-24 19:53:39
アベル心配だったよね~えっ後ろ座らせられたんだけど・・・って思ったもん。
ドノバンって本当にすごいよね。この人でもう一本はとれるわ!!
>ノルウェーまだ~むさん (Nakaji)
2016-01-24 19:56:17
こんにちは。
担々と進みすぎるところもありますよね~
本当に後ろにのせられたとき、どうなの!やっぱりロシアは!!!って思いましたよね~

>たいむさん (Nakaji)
2016-01-24 19:58:17
こんにちは。
そうなんです。。。暖冬でうれしくなってたら、やっぱりドカってきちゃいました。はーーー雪と闘ってます(笑)

なんか戦争中の話っていろんなストーリーがまだまだ隠れているような気がしますね。
トムがあいわらずすごかった。器用な人なんだな~って本当に思っちゃいました。
童話のよう (iina)
2016-01-26 12:45:46
>最後まで緊張感もっているのに、ちょっと皮肉ったり感動したりってなんかうまいな~って思ってしまいました。
おとなの童話のようなストーリでした。^^

思えば、『ターミナル』もそんなハッピーエンドにほっこりする映画でした。


> iinaさん (Nakaji)
2016-01-28 21:12:25
ターミナルもそんな感じですね。確かに!!!

おとなの童話のようなってなるほどですね。
上手な脚本だな~って思いました。
ランナー (隆)
2016-01-28 21:21:45
アベルとの友情が芽生えるところが良かったですね。
されど、個の理解を引き裂く、巨大な国家の像、
今の時代であれば、ソーシャルネットワークがありますが、
ネットワークが機密であった時代、当時にすれば、
国境を越えた友情や愛というのは、繋がりを持ちようがない、と。

ドノヴァンの毀損というか、新聞の報道も全くフェアではないです。
だから、権力とは秘匿性、集権があって、先頭切って
走るランナーは、醜悪な権力者などとは言えないです。
闇に対する光、かと。
>隆さん (Nakaji)
2016-02-01 19:47:01
こんにちは。

二人の友情がとっても素敵でした。
なんか本当に感動しました。
闇に対する光って本当にそんな感じですね。
キューバも (NAO)
2016-02-07 16:39:14
ここ数年、映画などによって、埋もれた真実を知ることが出来、
教科書に載っていないことの方がどれだけ意味があるか・・と感じます。

国同士の立場を超えて、相手を思いやる二人に
思わず胸が熱くなりました。

で、ドノヴァン氏は、このあとキューバでも多くの命を
助けるんですよね。すごすぎです。
>NAOさん (Nakaji)
2016-02-07 22:36:46
教科書にのってない事実を映画でみるのは本当に感動します。
へーーーこんなことあったんだ~って。。。

キューバの本当に見たいですよね!!!
カストロとのやり取りみたいな~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ブリッジ・オブ・スパイ」世界を救った男の物語。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード  “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサン&ジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が集結した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 安定した面白さはむしろ地味な作品の方が多いのでは。
ブリッジ・オブ・スパイ~実はソ連側の大勝利 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (首都クロム)
 実はトム・ハンクスが好きなElieです。予告編に惹かれて観てきました。米ソが核爆弾やらの製造や保有を巡ってピリピリしていた時代、ブルックリンの弁護士ドノヴァン(トム)が両国の捕虜の解放のために奔走する物語。ドイツを東西に分断する壁が築かれた頃、「コードネ...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画のメモ帳+α)
ブリッジ・オブ・スパイ(2015 アメリカ) 原題   BRIDGE OF SPIES 監督   スティーヴン・スピルバーグ 脚本   マット・シャルマン イーサン・コーエン ジョエル・コーエン 撮影   ヤヌス・カミンスキー 音楽   トーマス・ニューマン 出演 ...
ブリッジ・オブ・スパイ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
その男、不屈につき。 スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、コーエン兄弟が脚本と聞けば、映画ファンならこの面子だけでワクワクしてしまうだろう。 現代アメリカ映画界最高の才能たちが挑むのは、米ソ冷戦下の1957年から62年にかけて実際に起こった...
ブリッジ・オブ・スパイ (あーうぃ だにぇっと)
ブリッジ・オブ・スパイ@20世紀フォックス
『ブリッジ・オブ・スパイ』をトーホーシネマズ渋谷6(B1F)で観て、ジェフ・ブリッジやないんかいふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★主演はトム・ハンクスだけど誰でもええわ】 脚本がしっかりできてて、演出がちゃんと脚本のまんまやってるから、よっぽど変な人を据えない限り、主役は年輪 ...
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市....
劇場鑑賞「ブリッジ・オブ・スパイ」 (日々“是”精進! ver.F)
信念を、持ち続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601090001/ ★トム・ハンクスのアップ!名優のオーラを感じよう!★【 数量限定グッズ 】インテリアに!DVD...価格:16,800円(税込、送料別)
「ブリッジ・オブ・スパイ」Bridge of Spies (2015 FOX=ドリームワークス) (事務職員へのこの1冊)
陶然とする。死ぬまでに、あと何本のスピルバーグ作品を見ることができるのか、とまで考える。いっしょに見ていた妻は「これを一年の最初に見ちゃったら、次に苦労するわね」まったくです。スピルバーグの映画は、いつも上手に撮ってあることは確かだけれど、妙にあざと...
「ブリッジ・オブ・スパイ」@20世紀フォックス試写室 (新・辛口映画館)
 今回私は「Yahoo!映画ユーザーレビュアー」試写会に招かれた。客席は満席だ。
ブリッジ・オブ・スパイ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BRIDGE OF SPIES】 2016/01/08公開 アメリカ 142分監督:スティーヴン・スピルバーグ出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ Story:世界が戦争勃発の恐怖に怯える中、世界平和の鍵を握っていたのはひとりの普通の男だった。...
ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞...
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (♪HAVE A NICE DAY♪)
あらすじ アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画と本の『たんぽぽ館』)
さすがの底力を見せつける、監督・脚本・俳優たち * * * * * * * * * * 1950~60年代、米ソ冷戦下に起こった実話を元にしています。 弁護士ジェームズ・ドノバン(トム・ハンクス)に、 ソ連のスパイとして逮捕されたルドルフ・アベル(マーク・ラ...
ブリッジ・オブ・スパイ (ハリウッド映画 LOVE)
今年の映画観始めは、BB-8恋しさに元旦にフォースを覚醒してきました。したがって今年2回目の映画鑑賞です。
ブリッジ・オブ・スパイ (そーれりぽーと)
『トゥルー・グリット』に続いて、コーエン兄弟とスティーヴン・スピルバーグがタッグを組んだ『ブリッジ・オブ・スパイ』を観てきました。 ★★★★★ 前回のタッグでスピルバーグはプロデュース業でのみ携わっていましたが、本作ではコーエン兄弟の脚本を使い、看板を...
『ブリッジ・オブ・スパイ』('16初鑑賞05・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月9日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン3にて 14:30の回を鑑賞。
同じ人を見ているのに・・・。『ブリッジ・オブ・スパイ』 (水曜日のシネマ日記)
東西冷戦下の1960年に実際に起きた、ソ連によるアメリカ偵察機撃墜事件「U-2撃墜事件」の舞台裏を描いた作品です。
『ブリッジ・オブ・スパイ』 (こねたみっくす)
愛国心が正義を踏みにじってもいいのか。 「20世紀を映像として残すことが監督としての使命」と語るスティーブン・スピルバーグが描く正義。それは常に愛国心を超えた世界に存在す ...
"Standing man"『ブリッジ・オブ・スパイ(Bridge of Spies)』スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、マーク・ライランス、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容・台詞に触れています。『ブリッジ・オブ・スパイ』Bridge of Spies監督 : スティーヴン・スピルバーグ脚本 : コーエン兄弟、マット・チャーマン出演 : トム・ハンクス、マーク・ラ
ブリッジ・オブ・スパイ (もののはじめblog)
アメリカとソ連が冷戦状態にあった1957年。 スティーヴン・スピルバーグ監督×コーエン兄弟(&マット・チャーマン)脚本による実話の映画化。 イギリス秘密情報部員ジェームズ・ボンドを主人公にした007が創られたのが1962年であり、スパイ合戦していた時...
ブリッジ・オブ・スパイ (風に吹かれて)
交渉術は大事です 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/bridgeofspy 事実を基にした映画 製作・監督: スティーヴン・スピルバーグ 米ソ冷戦下の1957年。ニュ
映画:「ブジッジ・オブ・スパイ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成28年1月21日(木)。 映画:「ブリッジ・オブ・スパイ」。 監督 スティーヴン・スピルバーグ 脚本 ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 音楽 トーマス・ニューマン ストーリー: アメリカとソ連が一触即発の状態にあった冷戦下の1950~60年代。 冷戦...
「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
コーエン兄弟がかかわったら面白いと思うはず。 確かにスリリングな話で、しかも実話を基にした物語なんだから・・・・ でも何だろう? スピルバーグの真面目さと、トム・ハンクスの誠実さが強すぎて、一触即発な話が何だか落ち着きと安定に負けちゃったような??
ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies (勝手に映画評)
事実に基づく作品。U-2撃墜事件でソ連に抑留されたフランシス・ゲイリー・パワーズの釈放にまつわる話を描いている。 U-2撃墜事件は、ちょうどベルリンの壁が構築されて時期にも近く、冷戦が最高潮の頃。それを理解しないと、アメリカでソ連のスパイを弁護するということ...
ブリッジ・オブ・スパイ  (to Heart)
BRIDGE OF SPIES 上映時間 142分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 出演 トム・ハンクス/マーク・ライランス/エイミー・ライアン/ビリー・マグヌッセン/アラン・アルダ/スコット・シェパード/オースティン・ストウェル/ウィル・ロジャース/ピーター・マクロビー 一触即....
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (FREE TIME)
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」を鑑賞しました。
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016年1月9日。 ユナイテッドシネマ豊洲、10番スクリーン。 やっとI列で鑑賞できた。 H列でも悪くはないがI列の方が高さはぴったり。 ** トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、スコット・シェパード。 * 1957年、東西冷戦の真....
映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2016年1月9日。 ユナイテッドシネマ豊洲、10番スクリーン。 やっとI列で鑑賞できた。 H列でも悪くはないがI列の方が高さはぴったり。 ** トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、スコット・シェパード。 * 1957年、東西冷戦の真....
ブリッジ・オブ・スパイ (E'S STREAM)
激しい謀略戦の代償は、責任ある国家が負う…。冷戦下、米ソ間のスパイを用いた謀略戦は、デッドヒートを繰り広げていた。核爆撃の機をうかがい、その準備として米国に潜伏するソ連スパイのルドルフ・アベル大佐。彼は、画家として悠々自適の生活を送りながら、水面下では...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブリッジ・オブ・スパイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)今度のアカデミー賞作品賞の候補に挙げられている作品というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「1957年 冷戦の高まり。 米国とソ連は、互いに相手の核の能力と意図を怖れていて、...
ブリッジ・オブ・スパイ (マープルのつぶやき)
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般 「ブリッジ・オブ・スパイ」 原題:Bridge of Spies 監督:スティーブン・スピルバーク 脚本:ジョエル・コーエン    イーサン・コーエン 2015年 アメリカ映画 142分 キャスト:トム・ハンクス      マー...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画好きパパの鑑賞日記)
 スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、脚本がコーエン兄弟と、鉄壁の布陣。コーエン兄弟の人をくった毒が少ないような気がしましたが、非常に上質の作品です。ただ、当時の知識がないと、よく意味が分からないかも知れません。  作品情報 2015年アメリカ映画 監督...
ブリッジ・オブ・スパイ (セレンディピティ ダイアリー)
スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、コーエン兄弟脚本の、米ソ冷戦時代を舞台にし
『ブリッジ・オブ・スパイ』 冷戦時代の知られざるヒーロー (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作。前作『リンカーン』と同じように歴史的な出来事を題材としている。また、脚本にはコーエン兄弟も名前を連ねている。  冷戦時代、アメリカとソ連は互いに核兵器で威嚇し合って身動きがとれない状態。そんなときに暗躍し...
『ブリッジ・オブ・スパイ』 冷戦時代の知られざるヒーロー (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作。前作『リンカーン』と同じように歴史的な出来事を題材としている。また、脚本にはコーエン兄弟も名前を連ねている。  冷戦時代、アメリカとソ連は互いに核兵器で威嚇し合って身動きがとれない状態。そんなときに暗躍し...
無冠詞~『ブリッジ・オブ・スパイ』 (真紅のthinkingdays)
 BRIDGE OF SPIES  1957年、東西冷戦の時代。保険が専門の弁護士、ジェームズ・ドノヴァン (ト ム・ハンクス)は、ブルックリンで諜報活動に従事していたソ連のスパイ、ルドル フ・アベル(マーク・ライランス)の弁護を命じられる。  一人の...
ブリッジ・オブ・スパイ (映画の話でコーヒーブレイク)
家の屋根・外壁の塗り替えをお願いし、家の周りに足場が組まれ、洗濯物も干せない状態が 続いています。強風に雪で、思ったより長引いています。 加えて、ベランダの支えの木の腐食が判明 早く気が付いてよかったねって、 洗濯物と共に落下なんてことになったら大変という...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:BRIDGE OF SPIES )呆れるほどつまらない。もとよりスピルバーグに登場人物の内面なんか描けるわけもないが、コーエン兄弟が脚本担当ということで少しはカバーされているのかと思っていた。しかしそれは大間違いだったのだ。とにかく、ドラマとして何の盛り上....
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (ここなつ映画レビュー)
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴す...
ブリッジ・オブ・スパイ(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年3本目です。 【あらすじ】 アメリカとソ連が冷戦下だった1950~60年代。 ソ連のスパイ・アベル(マーク・ライランス)の弁護人になったジェームズ・ド...
「ブリッジ・オブ・スパイ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~真実に基づく奇跡の物語~2015年  アメリカ映画    (2016.01.08公開)配給:20世紀フォックス映画     上映時間:2時間22分 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:マット・シャルマン / イーサン・コーエン / ジョエル・コーエン 衣装デザイナー...
ブリッジ・オブ・スパイ  監督/スティーヴン・スピルバーグ (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  マーク・ライランス  エイミー・ライアン  オースティン・ストウェル 【ストーリー】 アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァンは、ソ連のスパイであるアベルの弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、ア....
ブリッジ・オブ・スパイ (★ Shaberiba )
前半眠気との戦い・・。それがなければな~~。 
ブリッジ・オブ・スパイ (Bridge of Spies) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・スピルバーグ 主演 トム・ハンクス 2015年 アメリカ/ドイツ/インド映画 142分 ドラマ 採点★★★★ 私の世代的なものもあるのかも知れませんし、いつ見ても似たり寄ったりの服装にモジャモジャ髭と変わらない風貌のせいかも知れないんですけ...
ブリッジ・オブ・スパイ (タケヤと愉快な仲間達)
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライアン、セバスチャン・コッホ、アラン・アルダ、オースティ......
ブリッジ・オブ・スパイ 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ゲームにはまってしまい日記もそちらの記事に なってしまいましたが、久々に映画ネタをアップ したいと思います。 こちらは1月に観た映画、スピルバーグ監督の新作 で主演は『ター......