住んでよかったと思う町にしよう

観光旅行に行くのに自分の町を美しくすると考えません。よく考えると大半の時間を過ごす自分の町の美化が重要ですね。

東京電力は安全管理能力を欠いている

2016年10月13日 | Weblog
10月12日新座市の東京電力の地下送電ケーブルがショートし、火災と大規模停電を引きおこしたことは、東京電力が、原発だけでなく、いろいろな分野で安全管理能力を失っていることを示しています。
問題のケーブルは35年以上交換したことがないそうです。
東京電力は劣化ケーブルの発火に関する経験知識を持っています。
それなのに交換しないのはお金をけちり、安全を軽視するからです。

福島第一原発も津波で電源喪失する恐れがあることを東京電力は知っていました。
しかし津波は来ないと言ってお金をけちり、対策を行いませんでした。

東京電力は安全を軽視するほど利益がない会社だったのでしょうか。
それとも安全を軽視して利益を追求した会社だったのでしょうか。

東京電力は電力供給について豊富な経験知識を持っていると思いますが、現在も安全管理能力がないと思います。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆議院解散なら原発反対の政... | トップ | 新潟県民は健全であった »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL