自由の森日記

埼玉県飯能市にある自由の森学園の日常を校長をはじめ教員たちが紹介

モンベル×自由の森学園 ラフティング体験

2016年06月19日 | 自由の森のこんなこと


今年もmont-bell社の協力により、 ラフティング体験のイベントを開催します。
8名乗りのボートに乗って、力を合わせて長瀞の激流をクリアしていく 「ラフティング」。この夏、親子で参加しませんか?


■ 開催日 2016年8月5日(金) 
     11:20飯能駅南口集合 19時解散予定

■ 参加対象 自由の森学園中学校へ進学をお考えの小学4~6年生
      ※必ず保護者1名も一緒にご参加が必須となります。
       お子様のみの参加はできません。

■ 参加費用 小学生 ¥5,500 / 保護者 ¥6,000
      (お申込みされた方に振込用紙を郵送します)

■ お申込  こちらから


■ 申込締切日 7月1日(金) 

※定員に達し次第受付を終了いたします。

■持ち物等、詳しい内容につきましては、
 申込確認後、こちらからお知らせいたします。

■お申し込みを取り消す場合にはキャンセル料が発生する場合がございます。
詳しくはお問い合わせください。

詳しくはこちら

この記事をはてなブックマークに追加

田んぼに行ってきました。

2016年06月19日 | 自由の森のこんなこと


先週の8日(水)に田植えをしてから1週間。植えた苗もしっかり根付いて、すくすく伸びていました。


今日は、稲周辺の雑草を出なくさせたり、養分を補給させるために、米ぬかを蒔いてきました。


除草剤や化学肥料を使ったほうが手っ取り早いのだそうですが、そういう化学物質を使わず、米作りで従来やられてきた方法をとります。
先週、ひとりひとりが秋の実りを祈りながら植えた稲を、ていねいに見守っていきたいと思います。
なかの。




この記事をはてなブックマークに追加

ペットボトルロケットを飛ばすぞ!

2016年06月13日 | 自由の森のこんなこと
今年度1回目の「わくわくワーク①」は、理科で学び、カバディで交流をする1日。



午前中、理科の授業でロケットが飛ぶために必要なことなどを考え、実際にペットボトルを使って「ロケット」を作りました。



水を入れて空気入れで空気を充填。ロケットの形に加えて、水の量も飛距離に大きな影響を与えるらしい。



結構飛んだロケットもありました。不本意な結果に悔しがる子も。

午後は、在校生の人や卒業生で日本代表選手になっている人たちと交流。



また来てくださいね。

次回の「わくわくワーク②」は、7月24日(日)。
午前の授業は「社会」と「英語」、午後は「世界のいろいろなコマ」で遊びます。
申し込み受付は7月4日(月)からです。
なかの。

この記事をはてなブックマークに追加

田植えをしてきました。

2016年06月01日 | 自由の森のこんなこと

これから田植え

今日の青空はとてもきれいだし風も気持ちよくて、いい感じの田植え日和となりました。
先週の代かきのときは水はちょっと冷たかったけれど、田植えの今日はすこしぬるいところがあったり、すごくちっちゃいオタマジャクシが泳いでいたり。


両端から田植えをしはじめて真ん中あたりで出会うみたい


やわらかい田んぼの土に苗を挿していくなかで、いろいろな人たちや生きものの右往左往に出会います。

中2の人たちの「田んぼ実行委員会」が毎年やり方を工夫しているので、年に一度の田植えですが、毎回少しずつやり方が違っているように思いました。


田んぼ実行委員会の人たち



だいたい田植えが終わったところ


去年は台風が3連発でやってきたり、夏の天候が不順でした。収穫量も例年よりも少なくなってしまいました。
今年が豊作であることを祈りながら、ていねいに田植えをしたり、これからも田んぼのいろいろを気にしていきます。

なかの。




この記事をはてなブックマークに追加

体育祭

2016年05月31日 | 自由の森のこんなこと
毎年この時期に行われる体育祭。
1年生の人たちにとっては、「自分たち」が参加するはじめての行事です。
どんな1日だったんだろう?


青組優勝


朝から夕方まで、みんなたくさんの競技で勝負しました。
中1の人から高3の人まで、参加する競技ごとにすごく真剣な表情を見せつけてもらいました。「自由の森学園は点数による序列を廃し」などと公言していますが、この日ばかりは点数をつけ、得点の多いチームが勝ちます。反則行為は減点となって、その結果順位が入れ替わる競技もいくつか。ハラハラドキドキの1日でした。


体育祭の最後の種目「色別リレー」


今日は代休明けで片付けの日。ちょっと疲れが取れていない感じの人たちもちらほらいましたが、たくさんの実感を持てた体育祭だったんじゃないかなぁ。

実行委員会の人たち、係の人たち、競技に出たみんな、お疲れさま。

なかの。


この記事をはてなブックマークに追加

代かきをしてきました。

2016年05月26日 | 自由の森のこんなこと


中学校で、稲作を体験するようになってから、ずいぶん経ちました。
自分たちの育てたお米の収穫を祝う「収穫祭」や、こんなふうにお米を育てて収穫するのだという「自由の森へようこそ」での餅つきをしている光景を見ていると、新しく入ってきた1年生の人たちがこれからはじまる稲作に、どんなふうに向き合っていくのか、いろいろ楽しみです。




5年程前から、田んぼは2年生と1年生とが一緒になって、稲作の取り組みをしています。体験学習担当の堀内さんの提案で、ちょっと前から「田んぼ実行委員会」ができました。2年生の人たちが1年生の人たちに、これからはじまる「田んぼ」のいろいろを教えます。来年は、いまの1年生の人たちが、新しく入ってくる1年生の人たちに伝えるのです。




彼らに「田んぼ」を委ねて、大人の出番が無くなっていくのは、とてもいいことだと思います。とはいっても、出番は無くなることはありませんから、別のところで大人の支え方を考えます。

来週は田植え。

その前に、明後日の体育祭を、忙しい日程のなか、みんな頑張っています。

なかのー。

この記事をはてなブックマークに追加

自由の森へようこそ

2016年04月30日 | 自由の森のこんなこと
新入生に学校の日常を在校生が伝える場として、ここ数年いつもやってきている「ようこそ自由の森へ」。



入学してから2週間ちょっと。授業も一巡して、中1の人たちも自由の森学園というところがどんなところか、なんとなくのイメージが持てたのではないかと思います。



「授業」や「行事」とは、「学ぶ」とは、「評価」とは、などの少しむずかしい話を、在校生の人たちの何人かが新入生を目の前にして、ひとりひとり自分の経験を語ります。




みんなからの話のあとは、学校のあちこちを探検する企画。
「校長室」だとか「社研」だとか、あちこちの場所が書かれたメモをもらって、そこにいくといくつかの絵のピースがもらえるみたい。
持って帰ってた人たちが絵になるように並べ替えをします。




後半は、在校生の人たちによる「餅つき」。ついこの間 種籾を蒔いて経験した「森の時間」で取り組んでいる「たんぼ」を、つきたての餅を食べながら、イメージします。






今度は自分たちのつくる番。
こうやって、だんだんと ここの人になっていくのかなぁ。

なかの。

この記事をはてなブックマークに追加

キッズウィークエンド in 自由の森学園

2016年04月29日 | 自由の森のこんなこと
アースデイ東京の企画で、福島の子どもたちを受け入れるキッズウィークエンドが今年も行われ、

福島の小中学生42名が2泊3日で、自由の森学園にやってきました。






土曜日は、午前中に 林業 と 和太鼓 の授業、










午後は高校生たちとめいっぱいグランドで走り回りました。







日曜日は、朝からアースデイ東京の代々木公園の会場に行き、様々なブースで高校生とともに見たり体験したりします。






子どもたちの元気さに高校生もついていくのが大変で、

週明けの月曜日、高校生はみんなぐったりしていました。






2012年からスタートして、今年で5回目のキッズウィークエンド。

子どもたちの中にはリピーターも多く、受け入れは抽選になっているようです。





鬼沢 真之

この記事をはてなブックマークに追加

Earth Day Tokyo 2016

2016年04月25日 | 自由の森のこんなこと
たくさんの人と出会いました。



23・24日の両日に渡って代々木公園で開催されたEarth Day Tokyo 2016に出展してきました。今年で3回目になります。前年度の終業の会や新しい年度の始業の会での呼びかけに反応してくれた人たちと一緒に、2日間たっぷり楽しみました。





代々木の自由の森ブースとは別に、福島の子どもたちと思いっきり遊ぶ「キッズウィークエンド」のチームもそれぞれで準備をしてきました。こちらは22日〜24日の3日間。アースデイの2日目に代々木公園で合流。





ブースに立ち寄ってくれる人たちと話していると、なんだか考えていることや求めているものがおそらく同じなんだろうなぁと思うことがほとんど。






ここに集まっている人と自由の森学園のしてきたことは、とても親和性があるのだと、3回の経験で確信しています。




自由の森学園のブースは、3月に行った学習発表会を下敷きにして、学校でやっているいろいろな授業の紹介や展示などをしました。準備をしているときや当日の様子を見ていると、もう1回「ガクハツ」をしている感じ。



時間割を組んで、それぞれの時間で「発表」をしました。






自由の森に関心を持ってくれている人たちや
持ってなかったけれど見てみて興味が抱いてくれた人たち。
私が高校生だったときに出会っていた人からここ最近の卒業生の人たち。
在校生の人や、別の企画で出展している保護者の人たち。

ここは不思議な場所で、たくさんの人と出会います。
またどこかで、お会いしたいものです。

ではまた。

なかの。

この記事をはてなブックマークに追加

アースデイ東京 1日目始まりました。

2016年04月23日 | 自由の森のこんなこと
アースデイ東京2016

代々木公園で、始まりました。


今日は、1日目。






なんと、今年は原宿駅方面から公園入ってすぐです。



アースデイに関係する、領域をぐるっとまとめて持ってきました。






先ほどまで、人間生活科の選択授業から

「 発酵 」の授業を、生徒がやってくれました。






この後、午後も色々な「 授業 」が目白押しです。





今日のじかんわり。


ふたりがのぞき込んでいる、入り口には、アースデイはんこ。

はんこ部 の生徒の作品です。



ぜひ、押しに来てください。





今日は、夕方まで、

そして、明日、日曜日も朝から自由の森学園のブースやってますので、


ぜひ、代々木公園までお越しください。

お待ちしています。



すが かほ





この記事をはてなブックマークに追加