台湾に渡った日本の神々---今なお残る神社の遺跡

日本統治時代に数多くの神社が建立されました。これらの神社を探索し神社遺跡を紹介するものです
by 金子展也

神奈川大学 公開研究会「台湾の社と祠」

2017-02-09 16:48:27 | 海外神社研究会

「植民地期、台湾の社・祠vs朝鮮の神祠・神明神祠ー村落レベルにおける海外神社の比較」と題した公開研究会が開かれます。

【日時】2017年2月25日(土)13:00~ 17:30
【会場】神奈川大学横浜キャンパス 1号館804会議室

講演内容は
(1) 蔡錦堂〔国立台湾師範大学〕(講演 日本語) 
 「植民地期台湾に建てられた社・祠について」
(2) 青野正明〔桃山学院大学〕 
 「植民地朝鮮における公認神祠、無願神祠、在来の村祭り—村落レベルでの[神社]とは 」
補足報告  
金子展也(非文字資料研究センター研究協力者)
「写真で見る台湾の社・祠」

となっています。私も、「写真で見る台湾の社と祠」と題して、数多くの絵葉書や写真の紹介と現在の跡地の変容について

説明いたします。時間のある方は是非参加してみてください。詳しくは下記Websiteを参照ください。

 

http://himoji.kanagawa-u.ac.jp/news/index.html#201702001

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃園神社での桜 植樹会開催

2017-01-19 18:46:29 | 新竹州

桃園神社にてNPO法人「育桜会」による桜の植樹会が開催されます。ご興味のある方は是非参加してみてください。

私も参加します。

植樹される桜は河津桜といい、日本で最も早く開花する桜です。当日は「台湾之友会」のご協力により100本の

桜の苗木が植樹されます。

過去、台湾では2008年 高雄(登清湖)と阿里山(奮起湖)と2013年 台中(林家花園)で植樹がされています。

今回が3回目の植樹会です。

 

日時:2017年2月18日 10:00~12:00

場所:桃園忠烈祠(旧桃園神社)

育桜会ホームページ http://www.ikuoukai.org/

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阿緱神社の社号碑

2016-10-04 15:07:47 | 高雄州

久しぶりに投稿します。

阿緱神社のあった屏東公園の体育館裏の順利路側にまわると鐘塔がある。この鐘塔は阿緱神社の社号碑である。以前の場所は、この位置から少し移ったようである。その奥に拝殿や本殿があった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

澎湖島 遥拝所

2016-04-07 20:02:23 | 澎湖廳

澎湖島には、馬公市、七美郷および澎安郷にそれぞれ遥拝所があったようである。その中の馬公市の陸軍官舎内にあったと思われる遥拝所を紹介する。

場所は、ちょうど天后宮裏ということで、色々探し回ったが見つからなかった。最終的に澎湖警察文物館の職員よりの情報から、天后宮の道を挟んだ、澎湖縣歴史建築(旧澎湖庁憲兵隊)の構内に造営されたものではないかと推定している。どなたか、詳しい情報をもっておられたらご提供していただきたく思います。

中には、日本統治時代の官舎も残っており、当時の「陸軍官舎」であろう。

遥拝所の石段と思われる。階段右側に防空壕がある 

廃墟となった官舎

外側から見る澎湖縣歴史建築(旧澎湖庁憲兵隊)

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

神奈川大学 海外神社研究会 「台湾における日本時代の建築物を見る眼差し」

2016-03-02 21:49:24 | 海外神社研究会

3/26行われました公開研究会には大変多くの参加者があり、熱の入った研究会でした。特に、台湾では神社の再建の持つ意味について活発な意見交換がありました。また、南京神社の社務所がまだ残っていることと、南京神社のそばに護国神社も造営されたことについては、参加者から驚きの声が上がっていました。コメンテータの蔡先生からは、台湾における台湾神社(後の台湾神宮)と台湾護国神社と同じパターンであることが大変興味深いとのコメントでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加