百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

日本スポーツマスターズ1年前イベント 稲刈り

2016年10月11日 04時20分43秒 | 日記
 

 

 10日(月)、祭り明けの朝はぐっと冷えた。体育の日、この日は「晴れる」。東京オリンピックの赤と白のユニフォームの日本選手団の入場を学校の校長室のカラーテレビで視たのは小学5年生だった。

 隣の専業農家の先輩に「うちの稲刈りはいつやろ」とたずねると「今日やろか」という返事。「えっ、今日?」。びっくりしつつも午前中に終えれば好都合と「わかった、今からすぐ隅刈りに行ってくるわ」と、そのまま田圃へ。まだ朝露がついている稲を手で刈る。
 30分ほどでコンバインが到着。さっそく刈り始めた。空は高く青く、空気は透明で、まさに黄金色に輝いている田圃。コンバインは快調に刈り続け、2時間ほどで終了した。私は軽トラでもみを運ぶ。あとは先輩に任せた。何かあっという間の稲刈りだったが、祭りの次の日に収穫が済んで何かありがたい気分に満たされた。もみは今日乾燥機にかけられ、明日の朝にはもみすりが行われ、新米(玄米)が袋詰めされる。さて、今年は平年並みということだが、何袋とれるのだろうか。

 午後、三木市志染町にある県立三木総合防災公園の屋内テニス場「ブルボンビーンズドーム」で行われる「日本スポーツマスターズ2017兵庫大会」の1年前イベント記念式典に出席した。
 オープニングでは、リトルエンジェルバトンチームのバトンダンスが披露された。実行委員会の会長である井戸知事の挨拶、来賓が行われた。このあと、ゲストの衣笠祥雄さん(広島東洋カープ、鉄人)のトークショー。会場には野球少年達も来ており、自身の野球との出会いや野球を通して身に付けた生き方などを語った。今もエネルギッシュな衣笠さんだった。続いてくす玉開花、県下各種目開催市(10市)のマスコットキャラクターが登場し、のぼり旗が贈られた。最後に競技者代表として、サッカー代表選手が力強く決意表明を行った。大会は、来年9月15日(金)から19日(火)の期間に開催される。
 今日は兵庫県ソフトボール協会の会長、県議会副議長としての出席だった。北播磨では三木市(ゴルフ、テニス、サッカー)、加西市(軟式野球)が開催市になっている。

 帰路、三木、加東の田圃では稲刈りが行われ、コンバイン、軽トラがあちこちで活躍していた。帰宅し、事務整理、柿とり、来客と夕方まで忙しく動く。日が落ちるのが早くなった。
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐保神社秋祭本宮-上組太鼓... | トップ | パラオ共和国から研修に  »