百聞百見

ふじもと百男の政治活動日記

台風被害加東にも-床上浸水や倒木

2017年10月24日 05時53分15秒 | 日記
         
       ▲闘流橋東詰めから見た加古川上流

         
       ▲闘流灘の激流

         
       ▲内橋自動車では床上浸水 泥の洗い流し作業

         
       ▲この高さまで水位があった(内橋自動車)

         
       ▲河高住吉神社境内で倒木

 23日(月)、台風21号が東海、関東に去ったあと、加東市内を回ってみると、加古川の増水や強風で床上浸水や田圃の冠水、倒木などの被害が出ていた。
 加古川の上滝野、闘流灘の上流、闘流橋東詰の民家ではガラスが割れ朝早くから破片の片付けをされていた。また、畳屋さんの階下、周囲の田圃も水位が少し下がった朝でも冠水したままだった。
 上滝野の闘流スクエアでは心配そうに増水して激流となっている加古川を見つめる人もあった。
 下滝野から河高に通じる旧道、油谷川が加古川に合流する地点にある内橋自動車さんでは工場、住宅内の泥を洗い流す作業をしておられた。深夜に床上浸水し、周囲の田圃や道路も冠水したということだった。加古川の水位は深夜に4メートルを超え、午前3時過ぎには5メートル20センチに達したという。すぐ上流の地点では築堤工事が始まっており、また、合流地点辺りはすでに河床掘削工事も行われたものの、加古川は大雨が降れば洪水、氾濫が繰り返している。一日も早く安心して暮らせるように築堤工事を早めてほしいという切実な願いを聞いた。ちょうど地区内を調査中の藤本河高区長さんらと出会い、昨夜の避難所開設のこと、田圃の持ち主からもまだ稲刈りが済んでいない冠水した田圃の心配なども聞いた。
 河高の住吉神社では、境内の大木が根こそぎ倒れ、本殿北側の小宮の屋根に倒れかかっていた。以前には文化財の石鳥居が倒壊したこともあり、今回も強風の猛威をまざまざと見ることになった。
 下流の大門橋では晴れて日が射しはじめ、激流が橋脚にぶつかっていた。出勤時刻だったこともあり、多くの車が大門橋を通過していった。
 午前中は事務所の周囲で強風に飛ばされたものを片付けたり清掃をした。すぐ近所の介護施設の庭の大木も倒れる寸前の状態になっていた。ここまでの強い風は久しぶりだたように思う。
 
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

台風最接近の一日、藤井ひさゆき氏当選 

2017年10月23日 05時47分46秒 | 日記
 22日(日)、朝から雨。外で子供の声が聞こえるので出てみると、小学生が登校していた。そうだった、今日はオープンスクールだった、と思い慌てて見守りに。台風接近で警報発令も考えられるなか、学校も大変だ。2時間目で引き取り下校になった。
 8時頃、社小学校講堂へ。衆院選の投票をする。雨も降っているがまだそんなに強くはなかった。その足で、中止になった河高コスモスまつり会場へ。雨でもせめて強風が吹く前に100万本のコスモスを見たかった。こんなことなら、天気の良い日に見ておけばよかったと悔いながら。
 事務所で昨日の新聞スクラップ整理作業の続きをやる。昼前に来客あり。昼には告別式に参列した。大正11年生まれの95歳の方だった。田圃を1町余り耕作し、酪農、野菜作り、和裁と仕事をしながら子供を育て、家を守った。晩年は身近なお仲間との旅行などを楽しまれたとのこと、大正生まれの亡き母や叔母と同世代で、戦前、戦中、戦後と、きびしい時代を生きてこられた、そのご苦労にただただ頭が下がりご冥福を祈る。
 午後、激しくなる風雨の中、事務所で夕方まで作業を続ける。3時頃から音をたて強い風が吹き始めた。事務所の周りの飛びそうな物を片付ける。
 夜7時30分には、西脇市の藤井ひさゆき事務所へ。途中、道路には倒木もあり、消防が出動していた。8時とともに当確が出る。事務所の建物内で駆けつけた支持者の方と一緒に当選を祝った。災害対応を優先にという候補者の意向で万歳は行われず、ささやかなくす玉割りで祝った。帰り道はパトカーが出て一部通行止めになっているなど風雨が激しくなっていた。
 

この記事をはてなブックマークに追加

雨天下-パラリンピック、敬老会、運動会

2017年10月22日 05時04分40秒 | 日記
 

 21日(土)、朝、雨が降ってくる前に歩いた。忠魂碑、佐保神社、大師殿のコースだった。戻って軽い筋トレを始めると雨が落ちてきた。
 雨の降る中、9時30分には、加東市河高の滝野総合運動公園スカイピアへ。第11回加東市ふれあいパラリンピックが行われ、10時からの開会式に出席した。加東市内の身体、知的、精神の3障害をもつ人が参加し、ボランティアの民生委員さんらとスポーツを楽しむ会だ。今日は例年より参加者数が少なかったようだが、よく知った人が多く、元気で参加されていた。
 雨の中、車で移動し10時30分には、上滝野公民館へ。約90名の高齢者が参加して敬老会が行われた。挨拶の機会をいただき、お祝いを申し上げた。教え子のお母さんの顔もあった。
 隣の体育館では、北播磨こども発達支援センター事務組合立わかあゆ園の運動会が行われており、途中から出席した。4番目の種目、アンパンマン運びに出場し、大豊議員とペアを組んでアンパンマンの新しい顔を運んだ。園長の上田先生は、スタッフも増え、内容も充実しつつある、と話されていた。
 12時から告別式に参列。出棺の頃には雨も強くなり始めていた。
 午後は事務所で、新聞スクラップの整理など資料整理をする。8月からのたまっていた大量の資料を分類整理した。
 衆院選最終日。行事などで出会った方との話題は選挙情勢がほとんど。期日前投票を済ませた人が多い。明日の河高コスモスまつりの中止連絡が入った。うらめしい雨、台風だ。

この記事をはてなブックマークに追加

今朝も登校見守りー通学の安全を守る

2017年10月21日 05時03分24秒 | 日記
 

 20日(金)、朝、雨が降りそうな中を歩く。登校見守りにも傘を持っていったが、雨は落ちてこなかった(写真)。着ている水色のウィンドブレーカは「東条川疏水ネットワーク博物館」のもの。子供達が珍しそうに見ながら通っていく。
 今日、午前は診療所へ。午後は、事務所で来客や電話、事務整理などにあたる。夜は三木市長仲田一彦氏のご尊父の通夜式に参列した。元同僚の県議会議員らも大勢参列した。
 天気は雨から晴れに変わり、午後には青空が広がり、日も射していた。週末には台風がやってくるとは思えないぐらい上天気になった。しかし、テレビでは、台風襲来に備え、繰り上げ投票などが行われたと報じている。いよいよ投票日が近づいた。私の周囲には期日前投票を済ませたという人が多い。私は22日の朝、投票所で投票することに決めている。

この記事をはてなブックマークに追加

加東事務所で

2017年10月20日 05時44分38秒 | 日記
 19日(木)、今朝はまた冷たい雨だった。傘をさして登校見守りに立つ。
 事務所に出て事務整理などを行った。政務活動費支出報告書の作成、メッセージの作成、通信物や書類の整理などが捗った。午後には雨は上がったが曇天で気温も上がらなかった。
 神鋼のデータ改竄、日産の無資格検査、福井県の中2の自殺、自殺した兵庫県警の警察官の遺族の提訴など、重大な問題が起きている。
 また、自動車運転トラブルによる死亡事故も。そんな中、昨日(18日)の朝、加東市社の市街で起きた車輌火災の状況を消防団員、交通指導員の友人から聞いた。子供の通学時間帯に起きた自損事故だったが、もし通学班が通過している時だったら大事故になっていた、との話だった。折しも大阪で登校中の子供の列に事故を起こした車が突っ込み負傷者が出た。毎朝、登校見守りに立っているが、交差点で一旦停止をしない車もある。気を引き締めて立たねば。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

地域安全県民大会「鍵と声忘れずかける心がけ」 

2017年10月19日 05時17分40秒 | 日記
 

 18日(水)、1週間ぶりの朝日の中を歩く。そして、登校見守りに立った。今朝は傘の列もない。久しぶりにワンちゃんの見守りに子供達も笑顔でタッチをしていった。
 事務所で通信物などをチェックしたあと、登庁。決算特別委員会の県立病院・企業庁の審査が行われていた。控室で同僚議員と情報交換などを行ったあと、県公館で行われた地域安全兵庫県民大会に出席した。
 県警音楽隊のさわやかステージでは、特殊詐欺被害防止啓発ソング「サギ犯にワンツーパンチ」が披露され、参加者も一緒に歌った。表彰式では、永年防犯活動に功労のあった方々や団体に栄誉賞や功労賞が贈られた。加東防犯協会から、長谷川勝己さん、黒崎重佳さんが受賞された。黒川県議会議長は挨拶の中で、防犯標語で全国最優秀賞を受賞した丹波市の防犯協会の村岡さんの標語、「鍵と声 忘れずかける 心がけ」を紹介し、地域防犯の大切さを述べた。
 県庁からの帰り道、田圃では一斉に稲刈りが行われていた。晴れも今日まで。コンバインがフル回転だった。夕方から地元の眼科で治療を受けた。

この記事をはてなブックマークに追加

期日前投票

2017年10月18日 05時40分20秒 | 日記


 17日(火)、今朝も雨が降っていた。傘をさし、長靴をはいて登校見守りに立った。今朝も傘の列が学校道に伸びた。
 事務所で事務整理をしたあと、西脇市へ。病気見舞いなど関係先を回る。市内は市長選が終わり、市議選の最中で、衆議院選とともに選挙一色。
 午後は事務所で来客や電話連絡。雨は上がって北の空は青空も見えた。かかりつけ医で定期診察を受ける。
 周囲に期日前投票を済ませたという人が多い。週末の農作業や行事、台風などの悪天候を考慮して、という理由が多いようだが、投票する人、政党は決めているので早く投票を済ませたという人が案外多い。
 今日も米韓合同訓練、北朝鮮のミサイル発射、中国の党大会など緊張の高まる東アジアの情勢が伝えられている。まさにリアルな軍事的緊張が高まっているなか、そうした情勢に対する危機感も期日前投票の高さにも影響しているのでないだろうか。
 

この記事をはてなブックマークに追加

藤井ひさゆき総決起集会 街宣

2017年10月17日 05時44分17秒 | 日記
 

 17日(月)、冷たい雨の一日になった。朝、傘をさしての登校見守りに立つ。一列になって色とりどりの傘が学校へと連なっている。
 午前は事務所で事務。10月前半の活動記録を作成する。11時、佐保神社拝殿で明神講の秋季例祭に参列する。
 午後3時過ぎ、加東市内に入った藤井ひさゆき候補の街宣車の先導を開始。午後5時30分まで福田小学校区から社地域を街宣して回った。雨の中、玄関先や店先まで出て藤井候補を応援して下さる方々の姿もあり、車を降りて候補者が握手をして回る。
 午後7時頃には加東市新定公民館へ。7時30分から藤井ひさゆき総決起集会が行われた。会場は雨にもかかわらず大勢の人で満席状態。自民党支部長としてトップバッターをつとめ、安田加東市長、吉田公明党県本部幹事長(西区市議会議員)が藤井候補の実績などを挙げながら、地元をよく知る候補への期待をこめて応援を述べた。続いて、自民党支部の女性部長、地元区長代表、後援会女性部代表が応援演説を行い、最後は全員でガンバローコールを行い、残る後半戦を戦い抜こうと声を挙げた。
 加東市内には、まだこれから刈り取りという田圃が多く残っている。本当にうらめしい雨だ。週末には台風が接近し、秋雨前線を刺激してさらに降るのではという予測もある。
晴れてほしい。
 北朝鮮ではミサイル発射の兆候が見られ、米韓合同訓練が始まるなか、軍事的緊張が極度に高まっている。

この記事をはてなブックマークに追加

黒川議長就任祝賀会 敬老会 家庭バレーボール

2017年10月16日 04時46分15秒 | 日記


 15日(日)、雨の一日だった。朝、8時30分過ぎ、加東市滝野総合運動公園スカイピアへ。第25回加東市家庭バレーボール連盟選手権大会の開会式に出席した。いつもユーモア一杯の会長挨拶と心づくしの家庭用品の賞品が並ぶ。女子の部のみだが、若い人の姿もあり、出場チームの健闘と親睦交流が深まることを祈念して祝辞を申し上げた。(写真右)
 9時20分頃、加東市北野地区公民館へ。今日は敬老会で、70歳以上の高齢者約40人が参加され、祝辞を申し上げた。また、県政資料Ⅳ集もお配りした。
 10時過ぎ、雨の中を尼崎市へ。市内のホテルで行われた第120代兵庫県議会議長、黒川治議長の就任祝賀会に出席した。途中、渋滞などで少し遅れたが、黒川議長の挨拶に間に合った。二元代表制の下、議会の役割をしっかりと果たしていきたいとの黒川議長の力強い決意を聞くことができた。会には、鴻池参議院議員、井戸知事はじめ県幹部職員、県議会議員、稲村尼崎市長、そして後援会の皆さんら大勢の人がお祝いに駆けつけ、議長就任を祝うとともに黒川議員のますますの飛躍を祈った。
 今日の雨は、刈り取り作業を予定していた農家にとっては、本当にうらめしい雨だったろう。昨日は少し濡れていても今後の天気を考えて刈り取りを急いだ農家も少なくなかったはず。濡れた穂は重くなり、稲は倒れる。天気だけはどうしようもないが、米農家にとっては気が重い。
 
 

この記事をはてなブックマークに追加

加東で敬老会や運動会など

2017年10月15日 05時06分47秒 | 日記
 

 

 14日(土)、朝、雨がピリピリ(北播磨の方言)していたが、なんとか午前中はもつだろうと思いながら、ポンチョを着て歩く。
 9時には社小学校へ。社地域づくり協議会による長寿を祝う会が行われ、75歳以上の高齢者200名余りが出席し、子供達の演技や猿回し、歌謡ショーなどを楽しんだ。10時頃には東条体育館へ。東条こども園の運動会に出席した。保育士や園児の親の中には教員時代の教え子や、先週の秋祭りで警備でお世話になった駐在所の警察官とも出会えた。11時頃には兵庫教育大学附属幼稚園へ。親子演技やリレーなどを参観しながら、関係者と幼児教育や教員養成大学の状況などについて話すことができた。
 12時過ぎには東条湖おもちゃ王国へ。「はたらくくるま大集合!」が開催されており、大型クレーンや電気工事作業者、ミサイル積載車、パトカー、消防車等々、社会で活躍する「はたらくくるま」が展示され、乗車したり記念撮影をするなど家族連れで賑わっていた。大忙しの午前だったが、雨が降らず関係者はほっとしていた。
 午後1時、やしろ公民館で行われた、やしろ歴史民俗研究会の学習会に参加。播磨風土記に記された加東市の姿について、教育委員会の藤原氏による講演を聴いた。また、最新の発掘情報なども聞くことができた。
 事務所に戻り、藤井ひさゆき選挙事務所の担当者と打合せ。安倍首相が兵庫県入りをしている。選挙戦も中盤。テレビによれば、北朝鮮でミサイル発射台の移動が確認されるなど緊張が高まっている。

この記事をはてなブックマークに追加

県庁と加東事務所で

2017年10月14日 04時02分46秒 | 日記
 13日(金)、朝から雨が降っていた。登校見守りも傘を差しながら立った。
 10時前には登庁。一週間ぶりか。今日も決算特別委員会が開かれている。控室でその中継を見ながら、机上の書類整理や諸連絡、スポーツ振興課、登庁している同僚議員と情報交換をする。
 午後3時過ぎ、加東事務所へ戻る。来客があり、昨夜の藤井ひさゆき個人演説会のことなどを話題に話す。事務整理や週末のスケジュールを確認する。写真は、藤井ひさゆき候補の選挙カー(出陣式)。
 一日中どんより曇り、時折り雨が降る。田圃には刈り取りを待つ稲が濡れている。休耕田には、コスモスの花が風に揺れていた。晴れていれば週末は稲刈りで忙しいだろうにと思う。明日は幼稚園やこども園の運動会、敬老会、歴史の会などがある。
  

この記事をはてなブックマークに追加

藤井ひさゆき個人演説会

2017年10月13日 05時30分10秒 | 日記
 

 12日(木)、早朝、雨音に驚いた。歩く頃には雨も上がり、気温が下がったように感じる。登校見守りに立つ。今日は大きな水槽を持って行く子がいた。中にはカマキリやバッタなどが動いていた。毎朝、子供達は何かを学校へ持って行く。
 午前、午後とも事務所で来客や事務整理。秋は県、市、地域の行事が多く、毎日多くの案内が届く。日程調整しながら出欠の返事を書いたり、メッセージを作成する。合間に電話や調べ物も。
 夜、加東市上滝野公民館で行われた藤井ひさゆき個人演説会に出席する。会場には地元滝野後援会ら支持者で満員の盛況だった。地元選出県会議員、自民党加東市支部代表として藤井候補への応援、お願いを申し上げた。演説会では、安田加東市長、吉田神戸市議や地元加古川改修対策委員会の代表、後援会青年部の代表らが応援演説を行ったあと、藤井候補が加古川改修や神戸と直結する高速道路の必要性など加東、北播磨の安全と発展の仕事をこれからも続けたいと訴えた。最後は河高地区の皆さんによる応援歌、がんばろーコールで締めくくった。
 選挙序盤戦で「自民優勢」の情勢分析が報じられた。希望は伸び悩み、立憲民主に期待集まる、といった見出しが並んだ。まだ3日目。選挙情勢はこうした報道一つでも変化する。メディアは「政権選択選挙」「安倍政権の評価」が投票ポイントと繰り返し呼びかけている。まさにその通りだ。この危機的状況に置かれているわが国の安全と持続的な繁栄を如何にして実現していくか。どの政党が、政権が、そして議員がそれにふさわしい政策と実績を持っているのか、任せられるのか。安全保障環境の激変、世界経済の急速な変化の中で、失敗は取り返しがつかない。安倍政権、藤井ひさゆき候補に引き続き託したい。

この記事をはてなブックマークに追加

加東事務所で

2017年10月12日 06時03分20秒 | 日記
         

 11日(水)、朝、忠魂碑、佐保神社、大師殿のコースを歩き、棒振りや足振りなどをして登校見守りに立つ。写真は登校途中に地面を這うトカゲを見つけて捕まえた直後の写真。
 事務所に出て、スケジュール確認、メッセージ作成、電話連絡や書類作成など事務を行う。来客も続き、衆院選挙の話題になる。
 午後も事務所。4時過ぎには眼科へ。戻ってくると、事務所スタッフが6時過ぎまで作業をしてくれていた。
 衆院選2日目。「政権選択選挙」、「2代政党」、「3極」といった言葉がメディアから盛んに聞こえてくる。解散、総選挙で希望が出現。野党第一党の民進が保守と左翼に分裂し、左翼の立憲民主は共産党と共闘している。また、当選をめあてに希望になだれこんだ民進前議員の中には、とても「改革保守」とはいえない候補も大勢いる。何より、首相に指名する党首もいない不明な党だ。わが国が置かれている「国難」状況で、わが国の主権と独立、生存を如何に実現していくかが問われている選挙。国難を突破する、明解な政策を持ち、強いリーダーシップと安定こそ、今、わが国の政権に求められる条件だ。二度と失敗は繰り返してはならない。取り返しがつかない。

この記事をはてなブックマークに追加

衆院選スタート

2017年10月11日 05時10分09秒 | 日記
 10日(火)、朝、登校見守りに立つ。8時30分前には西脇市野村町の藤井ひさゆき候補の選挙事務所へ。9時から事務所開き、出陣式が行われ出席した。
事務所前には、北播磨各市町から多くの支援者が駆けつけた。また、北播磨の県会議員、市町長、市議会議員、商工会議所関係、友好団体代表らも出席し、藤井候補を激励した。藤井候補は、地元のことを一番よく知るのは自分と、手がけたインフラ整備などの成果を挙げながら、これからも一生懸命頑張ると決意を表明し、支援をお願いした。来賓を代表して、片山象三西脇市長、藤原昭一県議会議員(自民党県連選対委員長)が挨拶に立ち、藤井候補への支援を呼びかけた。22日の投開票に向けて選挙戦がスタートした。
 午後は事務所で来客対応。話題はやはり選挙。今日は北朝鮮の動向に注目が集まった。何とか記念日の度に軍事挑発を繰り返す隣国があり、その矛先が日本に向かっている。そして、米、中、露が北朝鮮の核を巡って際どい駆け引きをやっている。安倍首相が何度も言うように日本の安全保障をめぐる東アジアの環境が激変しているなかで、わが国がいかに平和と繁栄を確保していくのか、生存していくのか。自衛隊の憲法明記を提起しているのはそのためだ。各党の憲法改正への態度に注目しなければならない。

この記事をはてなブックマークに追加

稲刈り 

2017年10月10日 05時07分58秒 | 日記
 9日(月)体育の日。朝、玄関に国旗を揚げる。祭りの翌日は街も静かだ。その静寂を破る携帯電話の音。今日、稲刈りをしようという先輩からの連絡だった。
 身支度し、田圃へ。鎌で四隅を刈る。先日の雨で低いところに水が溜まっていた。天気が良すぎて気温が上がり汗がにじむ。
 10時過ぎからコンバインが動き出した。しかし、田圃がじゅるいのでコンバインは度々ストップ。それでも2時間余りで刈り取りが完了し、もみを軽トラで、わが家の隣の先輩農家の乾燥機に入れた。すべて作業が終わったのは午後2時を回っていた。祭り明けで体に疲労感が残ったままだったが、気分は稲刈りが終わったという安心感、充実感に満たされた。
 品種はキヌムスメ。今年は田植えが相当遅れたので心配したが、見た目は十分な実りだった。
 午後遅く、事務所で事務整理を行い、夜は自民党支部役員会に出席した。明日は衆議院議員選挙の公示。いよいよ選挙戦が始まる。

この記事をはてなブックマークに追加