労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・

2010-06-23 | いい映画観てますか?
=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方が映画そのものを表しているので、邦題はミスだと思う。

 核戦争により文明が崩壊した未来。世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ。しかし、彼はその目的地を知らない。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らない。ひたすら西へ向かう――それだけを手掛かりに歩き続けている。ある日、とある小さな町に立ち寄ったイーライ。そこは、本を探し続ける独裁者カーネギーという男が独裁者として君臨する町だった……。



 デンゼルワシントンが大好きやから、どんな映画なのかまったく理解せずに観に行ってしまったが、彼を愛でるという意味ではいい映画だった。モノトーンチックな映像と、鮮やかに描ききる青空の対比が物語の時空間の流れを巧みに表現しながら、主人公が不可解な孤高のカリスマ性を発揮しながら、こちらも不明な使命を帯びて黙々と西に向かって歩くというストーリーを、俯瞰的に淡々と・・・近未来な話ながら、西部劇や時代劇のスタイルを取り入れているので、感情移入は容易な演出、しかし。「世界で一冊だけ残る本とは何か」、「なぜ彼は強いのか」、「なぜ彼が選ばれたのか」、「30年間も歩いていったいぜんたいどれだけ歩いたのか」、「彼女はどこに行ったのか」、「ガソリンはあるのか?」、「あのエキセントリックな老夫婦はいままでどうやって生きながらえてきたのか」、「奴はどうやって統治してきたのか」、「でイーライってそもそもどうなん」 さっぱりわからん。


 ジェニファー・ビールスが出ていた、痛い役で。その娘役のミラ・クニス、きっと彼女は次世代のアンジーになる!って確信した。宗教感が違うから、ごめん、まったく共感できなかった、そもそもアメリカって国家は、あの本を実践していないと思う。後味悪い映画だったなあ~しかしデンゼルワシントンはヤバイほどかっこよかった!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美波美裸美裸煩 | トップ | 参議院選挙がはじまった~ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-06-28 15:16:18
中身はかっこいいんですが、
ちょっと設定に無理がありましたね。
オチは意外でしたけど。

英仏の魔法学校の校長同士が老夫婦ってのは、
面白いキャスティングでした。
  ほんとうにかっこいいのに (  KGRさんへ)
2010-06-29 10:59:43
  あの老夫婦はエキセントリックでした!
  今までの戦歴をみたら、最後はあっけなかったなあ。

  みんなのブログを読むまで、あのオチの意味がわからなかった、情けない俺です・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ザ・ウォーカー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、...
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、トム・ウェイツ...
「ザ・ウォーカー」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  デンゼル・ワシントン主演。廃墟となったアメリカの荒野を西に向かって歩きつづける男の話。ちょっと苦手なアクション&バイオレンス要素も多分にあったのですが、ストーリーのユニークさ、テーマの興味深さ、凝った撮影と構図…等々、見...
劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」 (日々“是”精進!)
 「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
ザ・ウォーカー (だめ男のだめ日記)
「ザ・ウォーカー」監督アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ出演*デンゼル・ワシントン(イーライ(“ウォーカー”))*ゲイリー・オールドマン(カーネギー)*ミラ・クニス(ソ...
ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
映画「ザ・ウォーカー」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ザ・ウォーカー』を本日鑑賞。本日初日1回目で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点。 ざっくりストーリー 世界が一度崩壊した(らしい)近未来。(なぜか)この世に一冊しかない『本』を持って、西に歩き続ける主人公イーライ...
映画「ザ・ウォーカー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/23 ユナイテッドシネマ豊洲。 ここは肘置きが各椅子の左右に一つずつついている。 つまり、椅子と椅子の間の肘置きが2つあるので、肘置きの取り合いにならなくて済む。 とはいっても、他の映画館に比べ椅子の間が10cmほど広いだけで、そんなに違和感はない。...
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩...
ザ・ウォーカー/デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
『ハリポタ』でのシリウス・ブラック役もお気に入りですが、やっぱりこの人には強烈な悪役を演じてほしいゲイリー・オールドマンと対照的に正義の味方が似合いそうなオスカー俳優デンゼル・ワシントンによる近未来サスペンス・アクション大作です。 出演はその他に、ミ...
「ザ・ウォーカー」みた。 (たいむのひとりごと)
原題は『The Book of Eli』。予告編によれば”世界に残されたたった一冊の大切な本”をめぐる攻防みたいな印象であり、なんで邦題が『ザ・ウォーカー』と”本”を守護する人間側になってしまったのか
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
“何らか”の原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですか...
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
映画「ザ・ウォーカー」 (今日の素敵さがし)
 我が愛する(?)ゲイリー・オールドマンと、デンゼル・ワシントンが競演ってことで、かなり楽しみにしてたSF。ゲイリーが“狙う男”で、デンゼルが“運ぶ男”なんだそう。
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
ザ・ウォーカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に (SOARのパストラーレ♪)
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント...
ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI (銅版画制作の日々)
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。 20日(日)は、MOVXディ。1000円で鑑賞出来るということで行って来ました。観たのは、19日より公開されたこの作品です。アカデミー賞受賞俳優、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの共演ということで、...
ザ・ウォーカー (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
川崎のチネチッタにて、毎月10日、14日、19日のうち土日祝日に行われる、ポイントカード提示1000円の日に鑑賞。(実施日を見ると何を狙っているかがよくわかりますが。)劇場入り口は...
★ザ・ウォーカー(2010)★ (CinemaCollection)
THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12...
ザ・ウォーカー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
文明が崩壊し、荒廃した世界で、一冊の本を運ぶ孤独な男の物語には、ラストに驚きが隠されている。すべてを失った近未来。イーライはこの世に一冊だけ残る本を運んでいる。彼自身、その旅の目的や到着地を知らないのだが、ひたすら西へと向かうことだけを手がかりに旅を続...
ザ・ウォーカー (ルナのシネマ缶)
う~~ん、今回はかなり ネタバレな内容になりそうなので これから、観られる方は どうかご注意ください! ・・・っていうか、 これ、ネタバレなしでは ちょっと何も書けない感じ なんですよねぇ~。 世界が崩壊した近未来、この世に一冊だけ残った本を運び、 ...
◆『ザ・ウォーカー』◆ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ出演。
「ザ・ウォーカー」(ネタバレ注意!) (映画鑑賞日記)
評価:★★★☆ ストーリー(Yahoo!映画より) 世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。 本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という 手掛かりだけを頼りに歩き続け...
ザ・ウォーカー (ぷち てんてん)
なに見る~?とダンナに聞かれ「アイアンマン2」かなって答えたら、意外にも「ザ・ウォーカー」の方がいいんじゃない?って言うんで、こっちにしてみた。私は単純明快アメコミの世界...
ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシ...
ザ・ウォーカー (5125年映画の旅)
終末戦争で文明が崩壊した世界。一人の旅人<ウォーカー>が、一冊の本を抱えて30年の長い旅を続けていた。旅の途中、ウォーカーはとある街を訪れ、街の支配者カーネギーに目を付けられる。カーネギーの狙いはウォーカーが持つ「世界を支配出来る本」だった。 デン...
ザ・ウォーカー (そーれりぽーと)
久々の極悪人役を演じたゲイリー・オールドマン目当てで『ザ・ウォーカー』を観てきました。 ★★★ すばらしい! ゲイリー・オールドマンだけが燦然と輝いてる映画でした。 子供が成長しちゃったんでしょうか、一番のはまり役な悪役を演じなくなって久しかったのが、突...
『ザ・ウォーカー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli) 「これはもう珍作。 そう呼ぶしかないね」 ----えっ。それはまた挑発的な…。 デンゼル・ワシントンの超大...
2010-17『ザ・ウォーカー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-17『ザ・ウォーカー』(更新:2010/06/19) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 今週の映画で期待度ナンバーワンとか。 デンゼル・ワシントンが主役なのだか、現役フットボール選手の息子共...
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
♯33 「ザ・ウォーカー」 (ここはここ)
映画 「ザ・ウォーカー」 THE BOOK OF ELI を観ました       アルバート・ヒューズ / アレン・ヒューズ監督 2010年 アメリカ いつもなら映画を観る前には、できるだけ避けてるネタバレ記事。今回は我慢できずに、ちらっと拾い読みしたのがドーンとネタバレ...
ザ・ウォーカー (りらの感想日記♪)
【ザ・ウォーカー】 ★★★★ 映画(34) ストーリー イーライ(デンゼル・ワシントン)という名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に
ザ・ウォーカー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
デンゼル・ワシントンにゲイリー・オールドマン舞台は近未来・・・人類は一度滅亡しかけ生き残った人々一人の男がひたすら西に向かって旅を続ける。Gyaoで冒頭7分くらいの映像公開してまして・・・あ、たぶん寝るかもという懸念抱きつつ鑑賞してました。あぁ、やっぱり途...
【映画レビュー】ザ・ウォーカー (Hisa-Bo's Walk)
2010年/アメリカ 監督:ザ・ヒューズ・ブラザーズ 製作:ジョエル・シルヴァー、ブロデリック・ジョンソン、アンドリュー・A・コソーヴ、デヴィッド・ヴァルデス、デンゼル・ワシントン 製作総指揮:スティーヴ・リチャーズ、スーザン・ダウニー、エリック...
「ザウォーカー」 (Con Gas, Sin Hielo)
心眼一刀流師範代が強いのなんの。 宗教観というのは語るのが非常に難しい。 宗教観が違う人とは、もはや次元が違うとしか言いようがないほど相互理解が進まないことがままある。 戦争や紛争の原因の多くが宗教という印象があるが、しかしその一方で、信仰心は時に自...
ザ・ウォーカー 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
★「ザ・ウォーカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みにTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 予告編を観て、30年間ひたすら西へ・・・なんて言ってたもんだから、 世界一周出来ちゃうぞ・・・と、ツイッターでツッコミを入れといたけど。
ザ・ウォーカー★★★+劇場93本目:セピア... (kaoritalyたる所以)
デンゼル・ワシントン主演のウォーカー‥一冊の本を西へ運ぶってだけの話しです(笑)だけじゃないけど、まぁそんなお話で、ネタバレ書いちゃいます。観ようと思う人は読まないで。そ...
西へ旅する者~『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
ザ・ウォーカー(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
なーんか気になる映画だったので「ザ・ウォーカー」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン 上映時間:118分  世界で1冊だけ残る本を運ぶため30年間も旅を...
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。...
「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI) (シネマ・ワンダーランド)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へ...
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...