ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

陽徳院御霊屋「寶華殿」と瑞巌寺庫裡~愛姫の霊屋

2009年12月10日 19時51分27秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
陽徳院御霊屋 「寶華殿」(ほうげでん)

壮麗 愛姫の霊屋

天気が良かったので、チャンスとばかり、松島瑞巌寺へ

現在瑞巌寺本堂は、本堂修理の為、平成28年3月まで非公開となります。

 

今回の目的は、瑞巌寺本堂ではありませんのでパス!

しかし、庫裡では、特別公開で大書院では、政宗公などの大位牌を公開しています。
撮影禁止なので、パンフの写真で失敬!

庫裡
 

        
瑞巌寺御本尊              政宗公位牌              忠宗公位牌
聖観世音菩薩



ここまでは参考までに、ここから隣の陽徳院への通路は、松島独特の岩窟のように凝灰岩(ぎょうかいがん)砂岩(さがん)礫岩(れきがん)で出来ているため侵食されやすく、このように通り抜けできるように加工したのか・・・自然にできたのか?

 

 
陽徳院の境内と鬼瓦・・・瓦の家紋は伊達家の九曜紋



 

寶華殿 全景・・パンフから



伊達政宗公の正室、陽徳院愛姫の霊廟で万冶3年(1660)に孫にあたる綱宗によって造営されました。
創建当初の豪華絢爛な姿に復元するため平成18年から3年の歳月をかけて今年の公開となったのです。
黒漆で外面すべてを塗り浅唐戸や蟇股は金や極彩色に彩り、失われていた飾り金具も復元されました。





政宗公の瑞鵬殿より派手な模様かも?

宝形造、銅版葺、9尺四方の周囲に勾欄(手すり)付きの回廊を廻らし、正面の向拝と木階を備える。
内部は金箔を貼り、天井には、極彩色の花が描かれ須弥壇に念持仏と政宗・愛姫の位牌が安置されている。

陽徳院像

正室、田村氏愛姫(1568~1653)
落飾後の姿で眉目秀麗・才色兼備と称賛された夫人です。
慶安3年(1650)生前に製作されました。



霊廟の下に、三春の瀧桜が植えられてました。
愛姫(めごひめ)の田村家は三春ですからね。
あの有名な三春の瀧桜のようになるには、後千年待たなければいけませんね。
それまで、地球は存在してますでしょうか?


本日、転びまして膝をバックリ割ってしまい、かなり縫いました。
痛むので、今日は寝ます。
すみません。 

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 葬儀にて・・・ | トップ | 大事な掛かり付けの病院 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なにすやッ! (ぐずら)
2009-12-10 22:59:28
なんだべ!
今度ぁ膝割ったってぇ~?
腹痛だの怪我だの忙しねっちゃねぇ…
気ぃ付けでくないでばねぇ~~~
足元ヨロヨロ・・・ (クロンシュタット)
2009-12-11 05:19:10
極彩色の安土桃山文化。
昨今の真っ暗な世相をあざ笑っているかのようです。
愛姫の霊廟は、覆いとかがなくてもいいんでしょうかねー。
貧乏性にとっては風雨にさらされるのがもったいなくて。

我々の年齢になると、怪我の治りも遅いようで・・・
あらら・・・ (ぱるえ)
2009-12-11 08:16:45
大変でしたね。痛そう・・・
くれぐれもお大事に・・・
Unknown (ミー太郎)
2009-12-11 09:26:40
これは凄いですね!豪華絢爛!
紋様や色使いを見ているだけでも飽きません。
素晴らしい職人技ですね。

膝をバックリ?聞いているだけでも痛い・・
ひーさん、お大事に。。
ぐずらさんへ (ひー)
2009-12-11 11:14:11
いぎなりひっころんだんです。
それも理由はおしょすくてかだらんね。
今病院に来てました。
何針縫ったか聞いてみます。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-12-11 13:24:25
政宗の瑞鵬殿も覆いが無く、まさしく勿体無いと思いますが、やはり伊達なり、その素晴らしい桃山建築は隠す必要が無いのかも知れませんね。
いや~昨夜は苦痛でしたよ。
細胞の増殖が少ない年ですからね。
やたら走るのは、やめます。
ぱるえさんへ (ひー)
2009-12-11 13:26:56
怪我した時は痛く無かったのですが、夜になったら痛いのなんのって、キツカッタです。
ミー太郎さんへ (ひー)
2009-12-11 13:32:21
桃山様式の建物は、豪華絢爛ですね。

派手と言う言葉は伊達から変化したと言う説もあるくらいです。
仙台には、政宗公の廟所や大崎八幡宮もこのようにカラフルな桃山造りです。

足は夜になったら痛いのなんのって、後悔しましたよ。
やはり (あーさん)
2009-12-11 13:42:54
女性の廟所だから華やかですねぇ ♪

一昨年の三春滝桜見物行を思い出しています。



膝パックリ?

それはイカンなぁ   お大事にぃ
あーさんへ (ひー)
2009-12-11 21:28:01
初めて体を縫いました。

昨夜は、痛くて眠剤を倍飲んじゃいました。

許容範囲なので。
大丈夫ですか? (維真尽(^^))
2009-12-11 21:41:00
大事にしてくださいね


それにしても
撮影禁止の意味がわかりませんよね (^^ゞ
いーさんへ (ひー)
2009-12-11 22:45:46
この「寶華殿」も撮影禁止なのですが、チョットだけ失礼しました。クレームが付いたら消すかも。
でも、これを目玉に入場料を取り、観光名所にしているわけですからね。
それより、当主の政宗の廟所が撮影禁止じゃないのに、何で嫁さんが撮影禁止なのか?
その説明も書いて欲しいものです。
Unknown (桃源児)
2009-12-11 23:39:16
平成28年、かなり待たねばならないんですね。
瑞巌寺、行ってみたいと思いつつ、まだ果たせない場所の一つです。
鮮やかな色合いが美しいお堂ですね。
膝をですか、お大事になさって下さい。
アワ((゜゜дд゜゜ ))ワワ!! (ほでなすいっく)
2009-12-11 23:41:01
ヒザ、縫ったの!?
痛みますか?お大事にしてくださいね

ワタシも瑞巌寺行ってこなくちゃ
桃源児さんへ (ひー)
2009-12-12 07:56:24
瑞巌寺・・・お城の機能を持つ寺ですが、地震の影響もあったのかも知れませんね。
足は曲げるのが辛いです。
いっくさんへ (ひー)
2009-12-12 07:59:06
撮影禁止で700円の入場料は痛い!

膝も痛い!ww
膝の痛みは? (ミモザ)
2009-12-13 08:13:08
お早うございます~♪
膝の痛みは大分良くなりましたか?

私も松島の陽徳院御廟屋に行ってきます。
参考にさせて頂き有難うございます<m(__)m>
ミモザさんへ (ひー)
2009-12-13 09:35:02
撮影禁止なのですが、腹立たしいのでワンショット。
政宗公を差し置いて、撮影禁止とはけしからんとばかり…
クレームついたら消しますがね。
利益の為じゃなく松島と宮城の発展のために無料で掲載しているわけですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。