坂の上のピアノ教室

おうちの方にレッスン室の様子、日頃思っている事をお知らせするためのblogです。

自立

2017-01-18 | レッスン室から
   


ものすごく久しぶりにレッスンに来た高校生

高校生になっても ピアノを続けているのは頼もしい事だけど
運動もやっているし ホントにたまにしかレッスンに来ません


前回弾いていた曲は流行遅れ(笑  になってしまったので

今、すごく好きな曲を ぷりんと楽譜でコンビニで買って
弾いてきました


レッスンに来始めた小学生の時は 大手の教室で 耳で覚えて弾いていたので
楽譜を読むのが苦手

新しい宿題を出すと

「先生、弾いて!」と言ってました

聴き覚えで弾く・・・から 

知らない曲、新しい曲を始めるのが苦手・・・

そこからなかなか抜け出せないでいました

そんな彼女も 中学を卒業するころには

譜読み苦手のトンネルからも さらっと卒業してました



高校に入ったら ほとんどレッスンには来れないけど

「自分の弾きたい曲を 自分で楽譜を買って 自力で弾く」

↑コレ まさに 私が 体験レッスンに来た人や、

ピアノを始める子供たちのおうちの人に渡すお手紙


に書いている  

「ピアノのレッスンについて私が思っていること。
大切にしていること」です



それが出来る子になっていました


今日は、はやりの曲を 3ページくらい弾いてきて

残りの3ページを最後まで 私と一緒に練習して

帰っていきました




レッスンにはあまり来なくても 練習の途中で ちょっと迷った時に

ちょっとだけ その曲の その楽譜の「使用説明書」になってあげられれば

いいかな

おちびちゃんたちも 将来 こういう風に ピアノ的に自立できるように

育てたいな













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年会をしました。

2017-01-10 | レッスン室から
学校が始まった今日、小学生の生徒たちと新年会をしました。
ピアノを、習っていない兄弟も来ていいよー、の新年会です。

最近はこころおきなく騒げるように近くの会館を借ります。
だからピアノはありません。
そのかわり、多少はピアノ教室らしく、、

音楽記号と数字ミックスのビンゴや



音楽記号を知らない子も出来るように 高学年レベルと、答え付き初心者レベル・その1その2、の音楽カルタ



オヤツは、自分でデコって作りました。



最近の低学年チビッ子は、嫌いな食べ物が微妙に多い子もいるからお腹足りたかな?
逆にイチゴ食べ過ぎてませんか~?お腹大丈夫~?の子も。

ピアノを習っていない子たちも、記号や音符の名前1つくらい刷り込まれたかしらん。

レッスンは先週からボチボチ始まっていますが、
これで新年のスタートです。

しばらくは寒いし、日暮れもまだ早いし、風邪引きも多いし、
おうちにいる時間の長い冬ですね。
地道な基礎練習たくさんやりましょ✨



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みんながみんな良い曲に

2017-01-01 | 伝えたいこと

あけましておめでとうございます。

夜中にピアノの部屋に掃除機をかけて、新年を迎えました。


今年も、(いつもそうですが)

たくさんの有名な曲も 生徒のみんなが知らない曲も

私が知らなかった曲も 

色々な曲を自分でも弾きたいし

生徒みんなにも弾いてほしい と思います



好きな感じの曲~


嫌いな感じの曲~


それぞれ好みはあるにしても

それを つまらない曲と感じるようなレッスンはしないようにしたいです

知りつくされた ありふれたと思われがちな曲にも

新鮮さを 感じる事ができるはず 

それを見つけて あげるのが ピアノの先生の仕事


遊び で終わってしまいそうな テレビの曲にも

勉強のための小ネタを見つける 

それがピアノの先生の仕事

色んな引き出しに 駄菓子も 

パティシェの作ったスイーツも 

つめておこう











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんでも早けりゃ良いってわけじゃない

2016-12-23 | 伝えたいこと



ひとそれぞれ ピアノの曲を1つ練習するにも 個性があらわれます。

ゆっくりゆっくり 弾けるようになる子

さっさっと さほど非の打ちどころもなく弾いてきてしまう子

新しい曲をどんどん練習して ○マルを早くもらって 進度の早い子の方が

「優秀・ゆうしゅう」なように思われます、それは間違ってはいない?かとも
思うけれど、

果たして そうかな?


先日も ピアノの先生仲間の友達と話をして

「譜読みの早い 進度の早い子は あまりこまごま説明したり 補足しないで
次の曲に入ってしまうので のちのち 思わぬオチが見つかったり。

曲が長くなったり 難しくなって 今までのように どんどん進めなくなった時に
急にやる気がなくなってしまうおそれが・・・」


と言うような話になりました。




私は 基本的に 「どんなに上手に 間違えずに弾いていても 一週間でマルはつけないよ。」と言うルールで

レッスンしています。

「1回しか遊ばなかった子より 何回も遊んだ子の方が
その子の事を良くわかるようになるし、仲良しにもなれる」からです。

(譜読みの練習のために 簡単な曲を次から次へと弾かせることもあります。
そういう時は 多少きずだらけでも とっとと先に~です)


でも、1、2週で ささっと小器用に弾いてマルになった場合より

少し日にちをかけて弾いていた場合の方が その曲を練習する意図 弾く事の意図が定着するように
思います。
(「いい加減に マルになるように練習しておいで~~!」と言われてたような曲は
マルになったあとも、いつまでも暗譜で弾いていたりしてます。



だからと言って おうちでちっとも練習しないで いつまでも同じ曲をやってる事
を推奨しているわけではありませんけれど!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



普段、グランドピアノで練習しているから アップライトだと物足りなく思いますけれど
↓こんなアップライトだったら 素敵だな~~








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チームワーク

2016-12-16 | お知らせ


↑毎年 恒例 山手西洋館の クリスマス~ブラジル




この前の日曜日、地元のケアプラザのクリスマスコンサートに行き

小中学生生徒9人と 妹ちゃんひとり お母様がた3人で

トーンチャイム演奏をさせていただきました。



ピアノの発表会の時も 必ずチャイムのアンサンブルを演奏していますが

私の中で

《ピアノ教室の ピアノの発表会 ピアノを弾く事をちゃんと指導するのが
一番でしょ》 というこだわりがあるので チャイムはちょっとしたお楽しみ・・・
という位置づけでしかありません。

でも昔々 友人たちと ボランティア活動のために 買い集めたトーンチャイムを
端に発した 恐ろしいほどの数のチャイム。。。。(手元にあるのは ほとんど私の私物)


この素敵な音をもっと活用できないか、もっと色々な人に聴いてほしいな~と
思っていたので、今年は良い機会に恵まれ 生徒ちゃんやお母様方の協力にも
恵まれて 無事に演奏することができました。

発表会でも 歌って 振った *ビリーヴ(たとえば 君が きずついて・・・)

*We wish you A Merry Christmas

*たきび 

の3曲です。


発表会が終って 私が オバケ顔病になったりしたのもあり

レッスンの最後に10分くらい個々に練習したのが 多い人で3回
少ない子は1回

前日の土曜日に 全員集まっていただき 3,40分練習して
かなり完成ww

でも、「1、2、3!」や「ドレミ」で歌いながらでないとなかなか進めませんでした。

当日は チャイムの音色を邪魔しないようにと、グロッケンと トライアングルで

小さく「号令?」をかけようと思いましたが

当日の ホールのリハーサル1回

待ち時間の控室で 遠足気分で1,2回 練習するうちにどんどん上手になって
本番はトライアングルの「号令(笑」全く無しで 上手にできました。

子供たちも お母様方もすばらしい。

練習時間も 演奏時間も 短いプチ本番の経験でしたが

その時間を過ごした事がなかなか楽しかったです。

ケアプラザに聴きにきてくださる方は ほとんどがシニアの方たち

知っている歌などは 自然に一緒に口ずさんでくださいます。

それがわかっていたので 今回は(小学生は ほとんど!知らなかった)「たきび」の曲は
一緒に歌っていただきました。
何の違和感もなく チャイムと歌のアンサンブルになった事はみんなの心にも残ったでしょう。


今回はスケジュールが合わなくて 参加できなかった小中学生もたくさんいたので
また機会があったら みんなの負担にならない程度にこのような形での音楽の関わりも
考えたいなと思いました。



↓ ブラジルの 陽気なクリスマス飾り




 
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加