坂の上のピアノ教室

おうちの方にレッスン室の様子、日頃思っている事をお知らせするためのblogです。

似たもの同士

2016-07-19 | レッスン室から

先日、「7月のテーマ」にブルクミュラーの「牧歌」を

弾いていた小学生。

すらすら~~っと弾いていたのですが・・・・

突然  ??!!


「なんか違う!!」

思わず笑っちゃいました。

「牧歌」が だいぶ前に練習してた「人魚のうた」にすり替わってました。




牧歌 ↓    




人魚のうた ↓





今まで 気づかなかった 似たもの同士


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近のいろいろ

2016-07-03 | ピアノの話



先週の土曜日に自分が弾く方の本番が終ったので
ちょっと気持ちに余裕ができました。





今は 発表会の選曲をしたり・・・






↑上の 轟千尋先生の新しいオリジナル作品を少しずつ楽しんで弾いています。
片っ端から弾きとばしたりしてはもったいないような 素敵な作品ばかりです。
だからすこしずつていねいにていねいに弾いています。

楽譜の帯には 「ブルクミュラー程度」と書かれていますが、、、
今、ブルクミュラーをレッスン中の子には難しいのではないかなあ、と
思います。

音符のかげに隠れた宝物や秘密基地を見つけられるような余裕を持って
この曲を弾く事ができるといいなあ。



それで、 ピアノの本番が終わったワタシは 
来週 合唱団のコンサートが終わるまで 爪をのばしてマニキュアしようかなと
思ったり・・・
ピアノの練習はちゃんとしてるけどね。

でも、一週間爪を切らないでいたら、指先にゴミが付いてるみたいで
気持ち悪い~し、重い~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピエロ

2016-06-15 | プロフィール
「ピエロ」というタイトルの曲が気にいって、

「今月のテーマ」にしている小学生。

毎週弾いていたら、上手にもなったけれど

弾き方が 事務的で 「ただ弾いている」だけになってきました。

「弾き慣れすぎて、良くないよ。ピエロってどんなヒト?

メイクを思い浮かべたりして・・・

派手な衣装を考えてみて・・・

ドジな行動をしてお客さんを笑わせる・・・でも実際は 寂しいひとかしらん?」


ピエロに対するイメージは 人によってだいぶ差があります。

収集するほど好きな人

メイクが怖いので ピエロが苦手な子も多い。


むかし、

湯山昭さんの 曲集が大好きなのに
 
表紙の大きなピエロの顔が 怖くて、
楽譜全体にカバーをかけていた子もいました。


さて、
そんな話をしていたのですが


「ピエロの実物って 見たことないよね??
 あんがい 身近にいないキャラクターだよね」

という事になりましたが。。。

私がスマホで ピエロの画像を探し出したら



「これは!マクドナルドに ピエロがいたわ!
無意識に見てるピエロって あんがい いるのかな?」


「せんせ、、、
これはマックのピエロじゃあ あーりません~~

セカオワ の人だよ」


わーーーっ そうでした。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、新人ちゃん 

2016-06-02 | レッスン室から

再現ドラマ?ならぬ 再現画像です








レッスンを始めて ほんの数回しかたっていない新人ちゃんのレッスンは

音符を読むための準備期間という感じですが、

弾きたい気持ちはたくさんたくさんあるので、

譜読みのためのレッスン(譜読みのための曲)と

弾く楽しさを味わうためのレッスンを分けて考えることが多いです。


その「譜読みのための」まるで知らない曲(音の種類は 4~5つくらい)の
レッスンでのこと

新しい曲もらった時  「まだ知らない音符がある! そうだこうしよう」~~」

  楽譜の下の余白に ニョロニョロっと五線を弾きました。

その五線に 曲に出てくる順番に 音符を書き、下に これは「ド」 これは「ミ」と
書いてます。



「おんぷに ドレミを書いてもいい?」 と聞いたり
「おんぷに  色つけて!」と言う生徒は今までにたくさんいたけれど。

楽譜に書きこまないで 余白に 注釈のように書いた子は たぶん初めてでした。
すごい着眼点

これなら 許せるわ~~

音符を書きながら おぼえるしね。 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人ちゃん

2016-05-24 | レッスン室から
もう5月も後半になってしまいましたが、教室には 春や 初夏からレッスンを
始めた新人ちゃんが 何人かいます。


そのうちのひとりちゃん。
まだ数回のレッスンですが、いつもレッスンノートや楽譜に色々なことを
書いてきてくれます。(私がそれを勧めているから)


「ドレミレ」の「レ」にもどるのがむずかしかったです。
「ドシラシ」のところは「シ」にもどるところができなかったです。


「ドレミファ」と弾く方が
「ドシラソ」と弾く方が
簡単なんですよね。


でも、「ここがむずかしかった」と わかったこと
そのことを楽譜に書いてみた

その時点で 問題は半分以上解決してますね。
何がわからなかったのか
どこができないのか

考えられたのです。

だから

レッスンに来た時は どこも間違えないで弾けてましたよ。

これからも こうやって 書いてみること

ずっと続けて欲しいなと 思ってます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加