坂の上のピアノ教室

おうちの方にレッスン室の様子、日頃思っている事をお知らせするためのblogです。

2割増

2017-06-08 | レッスン室から




とうとう梅雨になってしまいましたが、
うっとうしい梅雨の楽しみの1つは きれいなアジサイを探すこと。

私の家の庭のアジサイは スカイブルー







買い物に行って 2割引き、3割引き なんていうのは嬉しいですが

レッスンでは 2割増し、3割増し、、になるように工夫します

あまり才能がないので ついつい市販のワークなどに頼ってしまいますが

これも書いてある通りに終わらせるだけではもったいないです


↓ 同じ丸を 線で結ぶだけ??ではなく  

「ト音記号やヘ音記号」 を 書き足して ドレミを書いてもらいます。







↓ ただ 「まる」を書けばいいらしいんだけど それじゃすぐ出来ちゃうね

段ごとに 「全音符」「二分音符」「四分音符」にしてもらえば 棒の向きを考えることも
できるし






↓ 男子なんかは あまり書くことを好まない子もいるので 

問題通りに簡単にやったあと 音の名前を全部言ってもらって どんどんマル○付けました

 






↓ みんなで使っている リズムの本も 1つずつ リズム打ちして終わりじゃ あーりません

「5と6をつなげて打ったり」「5、6、7、8 全部つなげて打ったり」そのあとを

1小節遅れで先生が追っかけたり  いろいろ使えます






1冊をいろいろ使いまわして・・・楽譜屋さん ごめんなさい!











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなたはどちら?

2017-05-22 | 日々
 だいぶ以前のこと

大きな病院の待合で 私より年上のご婦人二人の会話


「献立のメインが ステーキやハンバーグのような洋食だったら

副菜も洋食よねー。

サラダに、スープやシチューよねー」・・・・と言うような会話でした。

私が日ごろ母から言われている事と反対だわーと思って聞いていましたが。。。

母は 健康のためのバランスを気にする人なので 私が洋食メインのおかずに

濃い味のサラダやスープをつけたりすると 「ちょっとしつこい。。」と

言われました。

若い頃は 母の助言もムシして しつこいオカズばかりならべていましたが。。。

最近はすっかり和食も洋食も中華もめちゃくちゃに献立に並びます。

和食屋さんでも、 洋食屋さんでも 中華料理店でもなく 定食屋さん


先日も シラス丼が食べたかったのですが

それにお味噌汁では あまりに老人食だから((笑 おつゆ類はクリームシチューにしました。

逆に トンカツや から揚げだったら お味噌汁に もずく


でも、 ピアノの曲を選曲するときは 全く反対のこだわりがあって

何の脈絡もない曲を組み合わせたり

春なのに 秋冬ものを弾かせたり 弾いたり は出来ないですー
(春に秋冬もの 弾くのだったら 最後にはちゃんと春がくるように 何かくっつけちゃう)


同じ作曲家の曲でまとめるとか 季節感を持たせるとか 書くまでもないですけれど


違う時代の 作曲家でも 犬の曲と 猫の曲  だとか・・・

ストーリー性をもたせて アンサーソングを探したり

同名異曲 なんていうのを探すのも 楽しいです











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

電源のない音楽

2017-05-07 | 日々




先月の終わりから 続けてコンサートに行く機会がありました。



私が歌いに行っている合唱団のピアニスト亜子先生ご夫妻のコンサート
作曲家が 天から降りてきて そばにいるかのような・・・



母が歌っている合唱団の同指揮者の合同のおおがかりなコンサート



中田喜直先生のご命日に先生を偲んでおこなわれた水芭蕉コンサート
日本語を大切に 歌をたくさん作った中田先生・・・・



たくさんの高校生と若いソリスト、若いオケのみずみずしいメサイアの全曲演奏会





音楽だけでなく 芸ごと・・・・美術・・・・なんでも一般に

歳を重ねてこそ、

「歳をとっていて良かったよー」という事の方が多いのです


母がずっと歌っているおばあさんコーラスも 

「何年間も 何十年間も  ずっと一緒に毎週毎週 練習をして
 時には亡くなったお仲間もいて それでも 一緒に歌っていた」人達にしか出せないものが
たくさん醸し出されていました




ところで


コンサート三昧の最後は 若い若いメサイアの公演でした

歳をとった人には やろうとしても絶対に戻れない空気

出そうとしても 絶対に出せない若い跳ね上がるような歌声

オケも ソリストも 学校を出て間もない でも 実力のある素晴らしいものでした


久しぶりに たくさんの 色々な生の音楽にふれた数日でした


ピアノの生徒のみんなにも もっと生の音楽を聴いて

言葉にしなくても良いから 何かを感じて欲しいなあと思いました

電源のない 

スイッチ ON OFF の ない 音を 音楽を です












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のはなし

2017-04-23 | ただいま勉強中



今日は、近所のケアプラザでコンサートでした。

地元中心のクラシック演奏をする人のグループで、

コンサートホールにわざわざ出かけなくてもクラシックが
聴けるように

だからといって、気軽な曲中心でもなく 少ーしだけグレードの高い演奏を
お届けできるように

と立ち上げた会です





私は ソロ2曲と 会場の皆さんと歌う歌の伴奏数曲と  6手連弾2曲


知っている顔が多い演奏の場

会場は フラットで すぐ背中にお客様の視線が・・・・


ピアノは寄付されたアップライトピアノ


悪条件ぞろいで すごーーーーく緊張しました

無事に弾き終わって ホッとしました


会場に ずいぶん会っていなかった大きくなった元生徒を見つけた時

懐かしくてとてもとても嬉しかったです

遠くに勉強しにいったり 旅したり なかなか会えない、もの静かで熱い子です



迷惑じゃないかなあ、と思いながらも

お母さんにコンサートのお知らせをして本当に良かった


以前も どこかに書きましたが

ピアノを教えていて嬉しい事、は たくさんあるのですが、

レッスンを卒業していったピアノの生徒との そのあとの出会いや

交流はとても嬉しいものです

レッスンに来ていた頃より たくさんの会話がはずみます

うんと遠くで家庭を持って  毎年一回、年賀状だけで 近況を知らせてくれる子


そういえば、先日も 近所の新築の建築現場のそば を歩いていたら

ずっとずっーーと長く 三姉妹で ピアノを習いにきていた生徒達の真ん中の子が
そこにいました

「こんな近所に越してくるのーーー?」なんだか嬉しくなってしまいました

しかも 3か月の女の子を抱っこしてました。

「この子が大きくなったら、ピアノ教えてください~~」

といわれました。

もちろんです!喜んで!

この赤ちゃんが5才になるまで・・・元気で現役で、70歳までピアノの先生していないとね!


  






 




  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月もなかばに

2017-04-16 | レッスン室から



春先が寒くて  なかなか出会えあなかった桜に会えた、と思ったら

もう花吹雪が舞っています







公園や 家の庭は あっという間に チューリップの花盛り






外が 色とりどりだとレッスンしていても イメージを伝えやすいなーと
思います


ちょっと元気のない演奏に


「帰りに外をよーく見回してね! 色んな色の花が咲いてるよ。

今日は 夏みたいに暖かいし(暑いし) お日さまも キラキラ。

そんな外に出た時の気持ちで弾いてみてごらん」


ん、、、すこーし色がついてきたかな



新学期、 小学校1年になった4人の子たち

やってくるなり 「つかれたーーー」と言う子もいれば

たんたんと ゆっくりペースで でも たくさんお話して帰る子も

初めて食べる学校の給食はカレーだったのね

「お母さんのと どっちが美味しかった?」などという

 最低の愚問を発した私・・・・

「そんなの 比べられるわけないよね。どっちもすごく美味しいよね」

とあわてて フォローしましたmm



 


中学1年になった5人の女子たち

レッスンの時間も遅くなって

部活も 始まって これからが しばらくは ヘトヘト ボケボケのはじまり?

どんな事でも 必ず慣れる日が来るので  それまではすこーし大目にみて

のんびりペースでやりましょう   と、思っていても

そんな事 微塵も関係なく ササッと 慣れてしまう子も



数人の方々に 協力していただき レッスンの時間の移動を
お願いして 今年の春も 無事にレッスンのスケジュールが組めました
ありがとうございます!


短く 簡単な曲をたくさんこなしたり

難しい曲 長い曲に うんと時間をかける事で得られる成果も知っていきましょう















コメント
この記事をはてなブックマークに追加