goo

思いつかないことだってある


算数の問題の解説を書いているとき、はたと止まる時があります。

「これは、どうするんだ?」

長年、算数の問題を解いていますが、しかし、時として、できない問題がある。そうなると気持ちが悪い。ずーっと考えている場合もありますが、他にやらなければいけないこともあるので、しばらくほったらかしにすることもあります。

でも頭の中には残っていることになるので、お風呂に入っているときとか、またつらつらと考える。大方その辺で解決がつくのですが、当然のことながら入試の時間では間に合っていないわけです。

思いつけば実は、簡単、という場合も少なくないが、着想が出てこない、というのは十分にあり得るのです。また、こうすれば解ける、というのはわかるが、それが小学生らしい解き方ではない、と思うこともあります。

これは別の道がわかる分、こう解くべきという道筋が見えてない、ということでもあるわけです。

だから、小学生が入試という独特の時間で、着想できない、ということは当然のようにあるわけです。たとえどんなに成績の良い子であったとしても。

その中で、他の問題に移ってそこそこ点数をまとめられるから、合格するだけの話。

でもそれでいいのです。

難しい問題は後から考えればいい。でも考えるだけ考えた方がやはり力にはなるので、試験時間に関係なく考え続けてください。

=============================================================
今日の田中貴.com

第215回 詰め込む
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

志木高
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ラストスパート 親の心構え »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。