goo

受験校の下見


もうすでに何回も行っているから、大丈夫、と思える学校でも、本番は何が起こるかわかりません。

例えば本来乗るはずだった電車を間違えて、最寄りの駅に止まらない電車に乗ってしまった、ということもあります。あるいは、人身事故で電車が止まってしまう場合もあるでしょう。最近のデータで見ていると概ね30分程度で復旧することは多いものの、事故によってはそう簡単でないかもしれません。

また、雪によって電車が止まる場合もある。

なので、やはりその学校まで行く経路を複数考えておく必要があるでしょう。最近は乗り換え案内が充実しているから、いろいろな行き方を教えてくれる一方、しかし、乗ったこともない電車に乗る、ということもあるかもしれないので、下見をかねて、違う行き方をしてみてもいいでしょう。

別に子どもたちをつれていく必要はありません。

入試はあんまり早く着きすぎると外で待たなければいけなくなる。これは子どもたちにとってはしんどいことです。ですから、あまり待ちすぎない時間でちょうどに到着する手を考えていきたい。

とすると学校のある最寄り駅で降りて、少し休憩してからでかける、という手もあるでしょうが、では朝早くどこが空いているか、を知っておくのも大事でしょう。

一度子どもたちを送ったら、また迎えに出るのが良いと思いますが、家まで往復する時間的な余裕がなければ、お父さん、お母さんが時間をつぶす場所も必要でしょう。そういうのはスケジュールとともに考えておいた方が良いことなのです。

子どもに勉強しなさい、と言い続けるよりも、そんな下見をした方が、精神衛生上良いかもしれません。

=============================================================
今日の田中貴.com

第167回 もうすぐ入試
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

一次合格、二次棄権
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
«  湿度に気をつけて »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。