茨城から発信しますⅡ

旅が好きです。
見て 聞いた 茨城を紹介します。
昔の写真から旅の思い出を紹介します。

 茨城から発信します 第48回常陸てまり作品展

2017-03-21 07:00:00 | 茨城紹介

偕楽園の好文亭 

日本の手まりの起源は盛唐の中国に由来する。

(唐の三百年間の詩の歴史は、初唐・盛唐・中唐・晩唐の

四期に分けられのが通説となっている)

 

遣唐使が手まりを日本に持ち帰り、貴族階級から庶民まで普及した。

日本では何代もの伝承者の努力で高級な工芸品に発展した。

 

日本には「まり」と呼ばれるものが2つある。

ひとつは蹴鞠で、これは2枚の鹿の皮を縫い合わせて作り、

主に男子の貴族が楽しむスポーツまたは神事として行われた。

もう一つが手まりで、女児の遊びであるが、

江戸時代には男児も一緒に楽しむことがあった。

歌人としても知られる越後の禅僧・良寛は

子供たちとよく手まりで遊んだ。

 

手まりは女児のおもちゃで、江戸から明治期には、

正月の遊びとされるが、現在では通年の遊びとなっている。

偕楽園公園センターの催しとして「常陸てまり作品展」が

二川良子と仲間達で催されていた。

日本の伝統工芸の一つと言われる常陸てまりは

技術の向上で作品が優雅になり、800点豪華な展示会だった。

 常陸てまり作品展・二川良子と仲間達については

 以下にリンク記載しました。

 茨城より発信します Ⅱ 常陸てまり作品展・二川良子と仲間達

茨城から発信します  偕楽園公園センターの常陸手まり展

茨城から発信します 二川良子と仲間達 Part 2

茨城から発信します  常陸てまり作品展 二川良子と仲間達

 

 

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

庭の花と認知症

2017-03-17 07:00:00 | 日記

今は庭の花も少ないが、咲いている花を紹介します。

ラッパ水仙が盛りを迎えています。

ムスカリは日当たりの良い場所でよく育ちます。

 

午前中は日が当たり、午後から明るい日陰に

なるような場所でも充分育ちます。

ホトケノ座の花期は 3 - 6月で上部の葉脇に長さ2cmほどの

紫で唇形状の花をつけ、上唇はかぶと状で短毛がびっしり生え、

下唇は二裂し濃い紅色の斑点があります。

パンジー(ポーランドの国花)は今見ごろを迎えています。

現在、体調の関係で遠出ができず庭の花を紹介しました。

クリスマスローズ 

日本経済新聞  

今話題になっている”認知症”ブログを続けることは

極めて有効らしいので粗末な庭の花にも参加して貰いました。

 

 

コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

水戸の梅まつり 偕楽園から弘道館へ

2017-03-13 07:00:00 | 茨城紹介

正門(重要文化財)

「水戸の梅まつり」で偕楽園を訪れたら、合わせて訪れるのが

水戸藩の藩校・弘道館である。

 

偕楽園は“楽しむ場所”、弘道館は”文武を学ぶ場所”として、

セットで作られたものだからである。

弘道館は水戸第九代藩主徳川斉昭が1841年に

藩士とその子弟の教育のために設立した藩校である。

敷地内には正庁・至善堂の他に分館・武館・医学館・

天文台・八卦堂・鹿島神社・孔子廟などが建てられた。

馬場・調練場なども整備され、文武両道の総合的施設だった。

正門・正庁・至善堂は、国の重要文化財に指定され、

復元された八卦堂・孔子廟などを含む弘道館公園は

旧弘道館として特別史跡に指定されている。

 

コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

 茨城から発信します 水戸の梅まつり

2017-03-03 07:00:00 | 茨城紹介

第121回水戸の梅まつりが始まった。

混雑も少なく意外に駐車場が早く使えて助かった。

偕楽園の門前はお祭りにふさわしく大道芸人や出店が多かった。

猿廻しの巧みな口上に魅せられて暫く見物した。

「いかきや煮いか」イカちゃんはここでも大人気で大繁盛だった。

梅の開花は六分咲程度だが奇麗に咲いていた。

ライトアップの準備をしていたが夜遊びは無理だろう。

梅大使にも会うことができなくて残念だった。

好文亭からの眺めや内部の豪華な襖絵は以前紹介したので省略。

久しぶりに良く歩くことができた。

コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

 故郷と父の思い出 

2017-02-27 07:00:00 | 日記

非常に昔のことだが父が還暦を迎えた頃、故郷の町で発刊している

広報誌の長寿者番付表に父の名が前頭に付け出されているのを見せてもらった。

golfunは両親のいる故郷・日田市大山町(大分県)に時々帰っていた。

父はいつも広報誌の長寿者番付表を見せながら

上位陣が段々減っていくことを寂しそうに語る。

それから数年後、父はついに三役入りを果たしていた。

上位陣が次第に消えていき、父の順番が近づいて不安になった。

父に「長寿者番付表なんか見ないほうが良いよ、

自分の順番が来ると思うと心細くなるんじゃないの?」

「これまで生きてきたのだから全然気にならないよ。

どこまで上位進出ができるのかを楽しみにしているだけだよ」

医師の父に対して釈迦に説法だが

「運動不足にならぬようにゲートボールでもしてはどう?」

父は「ゲートボール・・・あんな爺臭いものをやりたくないよ」

 

 それから喜寿、さらに米寿が過ぎてgolfunの方が定年を迎える事を

報告に帰ると、父は例の広報誌を見せながら

「やっと張出横綱になれたよ」と非常に嬉しそうだった。

 

父は内科医で開業してからすでに六十年を超えている。

 

「医師の長期開業番付表があればお父さんは三役間違いなし」と冷やかした。

父は「収入の少ない点では横綱だろう」と応じた。

父は喜寿を迎えるまでに医師を止める予定だったが

多くの人達に 継続を懇願され廃業の機会を失ったようだ。

 患者は父の老齢を気にしてか「先生、風邪をひいて熱があるので

 注射しいて熱さましをください」

「先生、塩梅が悪いので血圧を測ってくれませんか?」

父は「最近の患者は自分で診断していろいろ注文をするようになったよ。

 しかし来るのは何時も食事時や土・日で本当に気遣っているか怪しいもんだ」

 やがて卒寿を迎える父だがgolfunも還暦を迎えることになった。

 父の横綱土俵入りに露払いか太刀持ちの資格を有したが 茨城に永住することになり、

広報誌の番付表に父と広報 付け出される機会をなくした。

 

(文学同人誌・水戸評論1994・夏号に掲載したのを用いた)

 

コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加