フェレット軍団とかあちゃん

現在、フェレットが3本。このチビゴンズと、お世話係の怒涛の毎日のご紹介 合間を縫って、旅とグルメにいそしんでおりまする

あまりにも○○なもので…

2016-06-30 10:39:47 | フェレット

大ちゃん、トイレ外しの迷人、いや迷フェレットで

もう、わざとやってるとしか思えないんだけど

そのうちできるさ、それまでは

と、大きな心(?)で見守ることに

できないので、

予防策として、オネショシートを使うことにした

どうよ? こんだけ広けりゃ、

しっこもうんPも外そうたって、恥ずかしくて外せるもんじゃねえぞ

と言ってるそばから、怪しい動きの大ちゃん

 

そう来たか

目新しいうちは、ダメなのよねえ

かと言って、いつ目新しくなくなるんだろ

はいなぁ 割としっかり

ちなみに、この後、オネショ外しシートの端の方で、

ええ、ええ、トイレシートなんかどこにあるのかしら? っちゅうはるか離れたところで

りっぱなうんPをなさいました…とさ

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ウツボ的教育

2016-06-29 10:42:13 | フェレット

ウツボがやってきた初日に、コテンパンにやられた大ちゃん

それまで、天狗になっていたこの生後4ヶ月のフェレットには衝撃的事件だったらしく、

以後、ストレス性下痢ピーを繰り返し、獣医さんのお世話になること二回

お財布も痛むので、ウツボだけは別に放牧することにした

それでも、いつヤツ(ウツボ)と出くわすかと不信感満々の大ちゃん

なかなか、下痢ピーが治らない、と、Sさんにも心配をかけた

 

ところで、この大天狗、

遊びたい盛りなのに、人間なら60代のナナだけが遊び相手

だけど、優しいナナは、噛まれてもキィキィ抗議するだけ

噛み加減というものは、フェレット同士のバトルで学んでいくものだけれど

きつく噛まれたことがない大ちゃんの噛み方はけっこう痛かった

それが、ウツボとの初日のバトルであっさり治まった

ウツボは、なぜか、遊びの時の甘噛み方を既に習得していたので

この、粗野な大ちゃんの噛み方に腹を立てたらしい

つまり、それならと

思い切り、噛んだったフンッ

大ちゃんは、悲鳴をあげて逃げ、以後ストレス性下痢ピーと…

それまで、しょっちゅうキィキィ言っていたナナの悲鳴も

ほとんど聞こえなくなった

さすがウツボ

かあちゃん、大ちゃんの噛みぐせの矯正には苦労しそうだったけど

助かったよ

実はそれまで、ナナが心配で、同居させるべきかどうか考えていたけど

この二匹、それ以後、実に仲良くなった

というより、大ちゃんが改心したというべきか?

 

そして、どこかへ行くときも、二匹一緒で心配なくなったというのが何より

そろそろ、フィラリアの時期かね~

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

火事のこと

2016-06-27 09:45:43 | 災害

弟の家は、9月に出来上がるそうで

将来、賃貸することも考えて、今度は機能重視

また、以前この家を建てた会社に頼んだとのことで

出た火災保険金額内でおさまるよう、

元の家の柱など、使えるものは使うことにしてくれたという

見に行ってみたら、火元となった裏の家は既に更地になっていて

その家と面していて裏側だけが焦げたというお隣の家は

修理が済んだのか、きれいに塗り直されていた

着工直前の家の写真を見たが

消防隊によって、屋根の真ん中に、チェーンソーで1m四方の穴が開けられていた

類焼被害が最低で済むよう、そこから、ホースで水をどんどん流したとのこと

弟によると

階段が、奥入瀬渓流みたいになっていた

全焼は免れたが、これでは二階に置いてあったものは水浸しになり

使い物にならないと知れた

また、衣類など助かっても、断熱材などが燃えたあとのニオイが取れない

 

祖父母等が写っていた昔のアルバムだけが気にかかっていたが

弟は、二階にあったものはおおよそダメと、人に頼んでほとんど捨てた様子

まあ、アルバムなんて、なくてはならない物でもないが、

家族の歴史を知るには、もうそれしかなかったのだから、やはり寂しいし惜しかった

思えば、数年前から、このアルバム類をUSBに移そうという話をしていたのだが

次回、来た時に、と思っているうちに、今度の火事になってしまったのだった

我が家でも早々にUSBに移して、金庫にでも入れておくか…

 

意外なことに、二階にあって、助かったものもあった

専用のビニール袋に入れて空気を抜いておいた布団である

水からも、ニオイからも守ってくれたのだ

火事を想定してそんな処理をしていたわけではないのだが、幸運だった

我が家でも、大きな地震には数回遭って、それ用の対策はしていたけれど

火事の対策はあまり考えてなかった

 

親の時代からあったものに囲まれて過ごしていた弟

必要だった物、思い出のある物、なんとなくあった物、みんなほとんどなくなって

心機一転するしかなくなったが

なんとなく、さばさばしているように思えた

確かに、考えても詮無い話ではある

 

火事に備えて、布団や衣類は圧縮袋に入れておこう!?

金庫を活用しよう?

そして、何より、お互いに、火の用心、火の用心…

けど

ほんとに、自分の責任じゃないのに、家も家財も思い出も失うって、腹が立つなあ

(警察からは、放火か、漏電か、まだわからないと言われているらしいが、

空家なのに漏電? といぶかるかあちゃんなのでした)

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ウツボも帰宅

2016-06-26 15:16:19 | フェレット

大ナナコンビに遅れること数日

ケージ道具一式と、ウツボを迎えに車でSさんちに行ってきた(運転手:クマさん)

ずっと3本にヒィ~ヒィ言わされていたSさんだったけど

毎日、マークが多かったにも関わらず、

秘かに久々のイタチまみれ生活を楽しんでいただけたみたいで、

まずは何より何より

特に、ウツボは、えれえこったのうつ坊だったけど

大ちゃんみたいにすぐウンPがピーの繊細じゃない

ひたすら能天気で、ひたすら明るい生後4ヶ月の赤ちゃん

多分、我が家では、チャメ以来のすんげえヤツ

Sさん一番のお気にり

それだけに、ホテル終了後の、Sさん

もしかして、ウツボロス症候群になるんじゃ?

Sさん

絶対、なる!

そうで

 

そして、これからの我が家での心配事

一足先に帰宅した大ちゃんは、ウツボがいないのをいいことに

クッククックとご機嫌さんだったけど

今日からはそうはいかない

またケージ越しに、ウツボと顔を会わせる度に下痢ピー になったら…

さてさて、どーなるんでやしょ

 

で、クマさんが

しばらく見ないうちに、ウツボがでかくなったみたい

というので、

体重を計ってみたら

大ちゃん 1150g

(来たときは1200だったから、あと50gで元に戻る)

ナナ 940g(変わらず絶好調)

ウツボ 1100g(ホテル直前は950だったから、150g増)

うほほ^^

 

Sさん、長いあいだ、ありがとうございました

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

大ナナコンビの帰宅報告 と 動画

2016-06-24 08:09:35 | 家庭菜園

you tubeの方は、まだまだ大ちゃんが来た頃のもので^^:

いや、なんたって、編集、構想が大変なんで、これでも

お楽しみくだされ

https://www.youtube.com/watch?v=hcbHDgAJqt8

 

23日に、ナナと大ちゃんだけ、先に帰宅しました

この2匹だけならまだしも

絶好調!! モード全開のウツボに大ちゃんが着いてゆけず

ケージ越しにウツボと顔を会わせても

大ちゃん、下痢ピー

また、ウツボの三次元制覇意欲も盛んで、腕の筋力増大中

てなわけで

Sさんからの報告メールには、毎回、マークがたっくさん

ほんとは、週末まで預かってもらおうと思っていたけれど、

Sさんが痩せてしまいそうなので(?)、

帰宅翌日の夜に、慌てて2匹だけでもと引き揚げたわけです

ところが、

今まで飼っていたフェレットが優秀だったせいもあるのか、Sさん叱り慣れしてなくて

(Sさんとこのシナちゃんは、「言いきかせればわかる」子だったんです

大ちゃん、叱られないのをいいことに、ちょっと付け上がり気味

帰りの電車の中で、珍しく指にきつく噛み付いたため、

首の後ろをきつく掴んで、お仕置きとしつけぃ!

以後、きつく噛むことはなくなりました

まだまだ赤ちゃんだからね

油断禁物

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加