フェレット軍団とかあちゃん

現在、フェレットが3本。このチビゴンズと、お世話係の怒涛の毎日のご紹介 合間を縫って、旅とグルメにいそしんでおりまする

そうそう甘くなかった

2013-12-31 21:09:18 | フェレット

弟が来た

母は、翌日の30日から1月4日までショートステイだったから

ちょうど会えて良かった

翌朝、母は、弟に手を振りながら、デイからの迎えのバスに乗っていった

実は、3週間という入院生活で

いつも看護師さんや同室の患者さんに囲まれている暮らしに慣れて

自分の部屋に一人でいると怖いと言い出したところだったので

色々な意味で、ちょうど良かったかもしれない

 

かあちゃんは、かあちゃんで

いつもはやらないあちこちの掃除で、

ぎっくり腰の「ぎ」状態が良くなったり悪くなったり

一階の母の部屋や廊下の大掃除を含むワックスがけは

全部弟にやってもらい、

腰に負担をかけないように、おそるおそる歩いている

 

さて、年に1、2回ではあるが、弟がやってきて大喜びなのが

チビゴンズ

 

大いなる勘違いが勘違いを呼んだけれど

さすが、以前は犬を飼っていた経験のある弟

 

みなさま、今年も遊びに来ていただき、ありがとうございました

来年も、引き続きよろしゅうお願いいたします

どうぞ、よいお年をお迎えくださいませ

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

母、退院

2013-12-28 00:19:53 | 介護

14時に、ナースステーションで、ということで27日、14時ちょっと前に到着

デイサービス先のケアマネさんが、お医者さんからの説明に同席したいとのことだったが

その説明が、ケアマネさんの到着前に始まってしまった

といっても、ほんの数分

要約すると、

症状が軽かったので、しばらく点滴で様子を見ていたが、良好

だけど、高齢のこともあるし、

念の為に、もう一週間入院してもらったが、もう、完璧に大丈夫

とのこと

なにより、食欲の落ちなかったことが良かったらしい

(母曰く、「ここの食事は美味しかった」)

いつでも退院できるが、どうしますかと尋ねられ、

帰宅のための用意もしてきたので、

今からでも^^と答えた

何より、退屈し切っていた母

退院できると聞いたとたんにそわそわそわそわ

14時にやってきて、仰天したのがケアマネさん

これからもデイサービスに通えるかどうかという見極めに

いろいろ聞いておくことがあったらしい

けれど、3週間も入院していた割に、

母は元気で、入院前と変わらず、立ち上がることもできた

入院をきっかけに寝たきり状態になるのを心配していたケアマネさんも

一安心されたようで

いっときは無理かと思われたショートステイにも

30日から行けることになり、我々もほっとした

 

帰宅して、自分の部屋に落ち着いた母

何よりほっとしたのは母だと思う

お出迎えのヒメチャ

なんたって、ナナちは、

かあちゃん以外には噛むという悪癖があるからなあ

母よ

お願いだから、暖かくして過ごしておくれ

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

反論できないところが…

2013-12-27 10:19:53 | 介護

母が退院できそうかも、と言われたので、

母の部屋の掃除ついでに、床にワックスをかけることにした

んで、気づいた

床にご飯粒がつぶれてくっついている箇所が結構ある

母が、朝、ご飯粒をこぼしながら食べて、

そのままお尻を引きずりつつ移動したってことが見え見え

手が震えるから仕方ないんだけどね

いいかげんな普通の拭き掃除じゃ取れなかったらしい

床にカチンカチンの状態でくっついているけど、まあ、そこはご飯粒

まずは霧吹きでご飯粒をふやかし、その後拭き取る作戦に出た

ところが、こいつら、なかなかしぶとく

最終的には、床に這いつくばって

割り箸の先で、いちいちこそげとる羽目に陥った

こうなると、あちこち気になりだし(←これ、良くない癖)

絨毯にも這いつくばり掃除

気がついたらハイ状態で30分

あ、あれ? 

この間の畑で、ぎっくり腰の「ぎ」状態だったの忘れてたよ

起き直ってみたら、

再び、ちょっと、湿布が必要かも 状態に

クマさん曰く

掃除慣れないこと、いっぺんにするからだ

ヴ~~~(図星)

(ちなみに、「明日できることは今日するな」が、クマさんのモットー?)

結果、寝室の大掃除は完了

居間は、半分で断念

どうせ、ソファとかどかすの無理だったし…

台所は、百%、まだ

(↑ もともと使ってないからあまり汚れてないけど)

あとは、年末にやってくる弟に任せよう

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

母、退院決定?

2013-12-25 17:52:43 | 介護

入院というものに慣れていないので

母の病室に行っても、何をすればいいのやら?

母は軽い肺炎だと聞いていたし、日に日に元気だし

看護師さん達も忙しそうだし、

退院やら、お金やらの話は、別途連絡が来ると聞いていたから

特にあれこれはしなかった

けど、いったい、いつまで入院するんだろ

と、思っていたところに、連絡が来た

退院できそうなので、

27日の2時に病室まで来て、医者と話をするようにとのこと

その時に退院できるのかどうかはよくわからないが、

なんとか、年内には帰宅できそう

やれやれだけど

状態によっては、すぐにデイサービスに復帰というわけにはいかないようだ

約3週間の入院だったから、

足も弱っているのじゃないかと、いろいろ心配

 

母は、自分の部屋にいると、

この寒いのに、ドアを開け放したまま忘れたりする

せっかくストーブをつけても、消したりする

それが心配なので、ちっと、対応策検討中

寒さで、また肺炎再発なんて、洒落にもならない

それもあったし、

去年、入浴させるのに懲りたので、

この年末年始はショートステイしてもらう予定だったけど

どうなるやら

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

災害女健在(*_*)?

2013-12-24 16:23:56 | フェレット

世の中が休みになろうとすると、何か起こるのは何故なんだ

今年もあと一週間

世の中、クリスマスだ、天皇誕生日だ、大掃除だと、大騒ぎ

仕事納めもそろそろだっちゅうのに

なぜにこのタイミングで、

給湯器の調子が急降下

まあ、そろそろ10年目

寿命といえば寿命なんだけど

壊れるんなら、せめて十一月とか、一月とかっさぁ

お風呂もちょっとぬるい気がするけど、

なにしろシャワーの温度が上がらない

ということは、早晩、やヴぁいじゃん

最近、給湯器交換したというご近所さんによると

20万円くらいかかったとのこと(当然、給湯器にもよるけど)

この間、クマさんのインプラントでお金がかかったところなのに

なんなんだ いったい

が、背に腹は代えられない

給湯器の写真を撮って、ネットで見積もりを二件、お願いした

 

で、唐突だけど、畑に行った

野沢菜を収穫するためなのだけど、変な姿勢でやってしまったらしい

帰宅する頃から、腰が痛い

ぎっくり腰の「ぎ」段階

やヴぁいの2乗…

 

そういや、数年前も、押し迫ってから急性の蓄膿炎にかかったし

だいぶ前の12月にも、腸閉塞っぽい症状で救急車を呼んだっけ

いや、もう勘弁願いたい

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加