フェレット軍団とかあちゃん

現在、フェレットが3本。このチビゴンズと、お世話係の怒涛の毎日のご紹介 合間を縫って、旅とグルメにいそしんでおりまする

災害女、未だ健在・゜・(ノД`)・゜・(その2)

2017-11-07 13:46:39 | 災害

後から考えても、天気に恵まれたのは、納骨の日だけで

あとは活躍したくない災害女が大活躍

大なり大大なりで雨がひどくなっていった

それでも、一大行事が終了したことでホッとした

生前、母を連れて墓参に来る度、墓の前でいつまでも泣いていた母である

やっとまた父と一緒になれたはず(死後の世界はわからない)

ここまで頑張ったんだから、子供たちも少しゆっくりしてから帰ろう

と思っていたのに、宿の外には出る気になれない雨、雨、雨っちゅう

 

最終日は堺の駅の近くに泊まった

クマさんは、近くの魚市場に行ってみたかったらしいが

それも雨で「行く気になれん」と中止になった

弟は、帰りも東京に寄るとのことで、一足先に出発していった

さて、われわれ

さすがに、飛行機の時間まで余裕はあったけど

雨も霧も深くなってきて、果たして飛ぶのか、だんだん不安になってきた

で、少し早いけど、空港に行ってみることにした

なんとなれば、どこかにもう一泊という手段を取らねばならぬ

けど、空港に向かうべく堺駅に着いたら、

人身事故のため、ただいま全線不通

だそうで…

は|д゚)? へ(゜∀。)??

Mヤン曰く

なにもそんなとこで災害女の才能を発揮せんでも

はぃ~

しかし、さすがにそんなこと、想定外だったので、他にどう行けばいいのか見当もつかず

仕方なくタクシーを利用

後からわかったのだけれど、

今回利用した某LCCは、ターミナルが別で、かなり遠くにあり

その分、タクシー代がぁ という状況だった

↑ 運転手さんも、空港にてほかのタクシー運転手さんに訊く始末(;´Д`)

でも、あれだけ心配したのに、

土砂降の中、飛行機はあっさりと飛び(かなり揺れたけど)、

成田空港からずっと降っていたしょぼしょぼ雨は

我々が家に着いた途端、バケツをひっくり返したような勢いになり

結果的に台風を引っ張ってきたが追いかけてきた格好に…

夜は台風が吹き荒れて……去った!

あ~あ、今回も、雷様のストーカーはやまなかったのう

 

ところで、 

弟が出発後、隣駅にある有名なアナゴ寿司を売る店(テイクアウト専門)まで出かけた

その頃はもう土砂降りになっていたけど、やはり買いに行かねばならぬ

この店は、クマさんがあらかじめ調べておいた店だったけど

やはやは、買いに行った甲斐があったってもんで、空港でランチとして食べたけど、うまかったわ^^

↑ 弟よ ごめん 早く出発したからのう^^;

 

さあ、これからは、マメに年に一度は墓参に行くことにしようと思う

生前の母と墓参に行っていた時は、母が高齢で認知症もあったこともあり、

ほとんど、行って帰ってくるだけという日程で、大忙しだった

その母もお墓に落ち着いたし

墓参と旅行を兼ねてゆっくり行くのもいいかもしれない^^

↑ えっ、また来るの?(by MヤンとMさん)

(終わり)

 

  

よかったら、ポチッとお願いします

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

災害女、未だ健在・゜・(ノД`)・゜・(その1)

2017-11-06 13:42:56 | 災害

今回、母の納骨のため、26日から関西に行ったのだけど

一週間前に大きな台風が関西を通過した

やっぱり来たかとは思ったけど

行く直前になって、性懲りもなく季節はずれの台風がまたしても来やがって

気分はもう、アンビリーバボー

関西在住のMヤンからは 台風、また来とるで(お怒りモード)

Mさんからは、やっぱりね(諦観モード)

との感想をいただいた

こうなると、みんなの恨みを買って(?)我々も大変かもよ

と、恐る恐る出かけたら

自ら招いた人災、天災、バラエティに富む旅となった

 

北海道に行く時は、やっぱり安価なLCCを愛するわれわれだが

今回、初めて関西方面に行くのに利用した某LCC

LCCだから、成田空港の出発は当然第3ターミナルと思っていたのに

着いてみたらなくて…

その航空会社だけ第1ターミナルと知らされガ~ン

あわてて、バスで移動

早めに出たから良かったものの、最初から焦りまくった

 

一日目は大阪泊

弟とはホテルで合流

 

雨は降ったけど、移動中で傘をささずに済んだ

翌日は、母の納骨

雲一つない、いい天気になった

晴れ男二人のおかげか^^

最寄りの駅まで電車、そこからはレンタカーで墓地まで行った

納骨なんて、自分が責任者で執り行うのは初めて

管理事務所で訊いてみたら

埋葬許可証は必要だけど

現在、墓の使用者が母になっていて、その母が亡くなったので

継承者の手続きもしなければならないとのこと

知らんかった!

今回は、次期継承者となる弟が主役とはいえ

あちこちの金融機関や公的機関に行ったり来たりしている戸籍抄本に印鑑証明の出番がまたしても

今度は、お墓の管理事務所と市役所に送付せねばならぬ

弟だけで済むかと思ったら、私の同意書も必要だとか

いつまでも終わらないものだわ

(その1 終わり)

 

よかったら、ポチッとお願いしますm(_ _)m

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

またまた何が起きた?(´Д` )

2016-11-03 00:11:54 | 災害

数日前から、洗濯機を使ったあと、床が水で濡れているのに気がついていた

排水口のホースが外れたんかな

洗濯機の底を見ないとどうなってるやらわからない

クマさんに手伝ってもらっているうちに気がついた

洗濯機の問題じゃなくて、自動カランからの水漏れだった!?

まぁた水かよ

こんな水漏れなら、ちょっとコーキングしておけば大丈夫

いや、見てもらいたかったのは洗濯機!

お願いだから、水周りには触らないでくれい

と言いたかったが、彼は早速カランの元栓を締め始めた

いいの? 外の大元の水栓は締めなくていいの?

ちょっと前の大騒動を思い出して、かあちゃんは言ってみた

大丈夫でしょ

ふうむ……

 

お湯の方のカランは問題なかったけれど

問題のある水の方も専用の道具がないと手に負えないとわかった

それじゃ、交換工事に来てもらうまで、

お湯のカランだけでも使えるとありがたいんだけど

わかった

と、彼がまたてこてこやり始めた途端

蛇口から水が吹き出し、辺り一帯が水浸しになった

何か言いたいことある? あるよね 大いに

かあちゃんは、黙って雑巾を総動員して壁も床も拭いて回った

おかげでキレイになったよ

とってもキレイになったよ~~

 

何が原因か、追求はしないでおこう

けど、もう二度と、水関係の修理はしてくれるな クマさんよ

さあて、修理屋さんを呼ばないと

なに? 5日まで来られないって?? バーロー

コインランドリー、使ったことないんだけど、行かねばなるめえ

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

火事のこと

2016-06-27 09:45:43 | 災害

弟の家は、9月に出来上がるそうで

将来、賃貸することも考えて、今度は機能重視

また、以前この家を建てた会社に頼んだとのことで

出た火災保険金額内でおさまるよう、

元の家の柱など、使えるものは使うことにしてくれたという

見に行ってみたら、火元となった裏の家は既に更地になっていて

その家と面していて裏側だけが焦げたというお隣の家は

修理が済んだのか、きれいに塗り直されていた

着工直前の家の写真を見たが

消防隊によって、屋根の真ん中に、チェーンソーで1m四方の穴が開けられていた

類焼被害が最低で済むよう、そこから、ホースで水をどんどん流したとのこと

弟によると

階段が、奥入瀬渓流みたいになっていた

全焼は免れたが、これでは二階に置いてあったものは水浸しになり

使い物にならないと知れた

また、衣類など助かっても、断熱材などが燃えたあとのニオイが取れない

 

祖父母等が写っていた昔のアルバムだけが気にかかっていたが

弟は、二階にあったものはおおよそダメと、人に頼んでほとんど捨てた様子

まあ、アルバムなんて、なくてはならない物でもないが、

家族の歴史を知るには、もうそれしかなかったのだから、やはり寂しいし惜しかった

思えば、数年前から、このアルバム類をUSBに移そうという話をしていたのだが

次回、来た時に、と思っているうちに、今度の火事になってしまったのだった

我が家でも早々にUSBに移して、金庫にでも入れておくか…

 

意外なことに、二階にあって、助かったものもあった

専用のビニール袋に入れて空気を抜いておいた布団である

水からも、ニオイからも守ってくれたのだ

火事を想定してそんな処理をしていたわけではないのだが、幸運だった

我が家でも、大きな地震には数回遭って、それ用の対策はしていたけれど

火事の対策はあまり考えてなかった

 

親の時代からあったものに囲まれて過ごしていた弟

必要だった物、思い出のある物、なんとなくあった物、みんなほとんどなくなって

心機一転するしかなくなったが

なんとなく、さばさばしているように思えた

確かに、考えても詮無い話ではある

 

火事に備えて、布団や衣類は圧縮袋に入れておこう!?

金庫を活用しよう?

そして、何より、お互いに、火の用心、火の用心…

けど

ほんとに、自分の責任じゃないのに、家も家財も思い出も失うって、腹が立つなあ

(警察からは、放火か、漏電か、まだわからないと言われているらしいが、

空家なのに漏電? といぶかるかあちゃんなのでした)

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

熊本のこと

2016-04-18 22:10:06 | 災害

熊本だけではなく、九州に身内や知り合いのおられる方は、

さぞかしご心配のことと思う

かくいうかあちゃん達も、

南阿蘇村にお気に入りのペンションがあって

あちら方面に出かけるときは、必ずそこに泊まると決めているが

その南阿蘇村に被害がでたと知って仰天した

慌ててそこのご主人のブログを見たら、幸い無事とのことだったが

電気は止まっているらしい

物資を送るのも、立て込んでいるときは混乱を招くだけなので、

さてどうしようかと思っている

まだまだ余震が続く九州

いや、関東地方だって油断ならない

水、食料、点検点検

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加