台風被害のフイリッピン

2013-11-30 06:59:18 | Weblog
    支援待つ旧激戦地住民   日本兵慰霊碑立つ比レイテ島

 タクロバン(フィリピン中部)台風30号に襲われたフィリピン中部レイテ島には、第二次世界大戦中に戦死した日本兵を弔う数々の慰霊碑が立っており、碑は地元の住民たちが守ってきた。しかし、台風30号は数々の慰霊碑にも被害を及ぼし、碑を守ってきた住民の多くは自宅を失っている。かつての激戦地では、活動を本格化させた自衛隊の支援を心待ちにしている。

 レイテ島ビリヤバの日本兵の慰霊碑前に座り込む地区住民の女性=24日

 「慰霊碑の後ろには、ポールが立っていたが、強風で壊れてしまった」

 レイテ島の中心都市タクロバン近郊パロの町役場。敷地内の慰霊碑を前に町職員が声を落とした。隣には、米、豪、フィリピンの慰霊碑もあり同じ状態だ。

 レイテ島に隣接するセブ島の日本人会によると、レイテ島には遺族会が建てた慰霊碑が約30カ所にあり、島北部のビリヤバにも5つの慰霊碑がある。

 地区の長老の女性エンガルナシオン・ビリアレンテさん(81)は「戦争中、銃撃戦が続き怖かったが、食料をくれるよい日本兵もたくさんいた」と話し、自衛隊の被災者支援については「とてもうれしい。ここの住宅再建も助けてほしい」と訴える。

 セブ島日本人会によると、慰霊碑を建てた各地の遺族会は旧日本兵や遺族の他界と高齢化で機能不全に陥っているケースが多い。日本人会は3年前から手弁当で慰霊碑周辺の住民に心付けのお金を渡し、管理をお願いしてきたという。石田武司会長は「修復の予算はなく、復旧のめどは立っていない」と話している。

 

レイテ島パロの町役場に立つ日本や米国の慰霊碑。台風30号によって周囲はがれきが散乱し、ポールは折れたままだ

 

コメント

嫌韓

2013-11-30 06:10:50 | Weblog

   、

   フィリッピン台風 韓国の支援金額が曖昧な訳 http://youtu.be/E4afHJLr2_4 支払う気が無いから?

   韓国経済 日本を追い抜いた経常黒字のカラクリ http://youtu.be/j0aQR0GoXbo

  韓国崩壊最新情報 韓国マスコミの壊滅報道体質の反日新聞さえドン引きhttp://youtu.be/NtZ19PExnwg

   韓国国旗のみ除外のフィリッピン台風支援感謝のポスター http://youtu.be/eQ40gcqC99U

韓国経済破綻 道路から出勤するサラリーマン http://youtu.be/V9J_7YWOOMw 日本も同じと思う・ホームレスの人を多々見うける 寒い季節がきて 来春まで生きていけるかな 

コメント

11月29日検索

2013-11-30 05:17:36 | Weblog

 

    訪問者  153

 閲覧数  350

 

           順位 9,607/1,958,216

コメント

米 B52爆撃機で中国けん制

2013-11-29 10:23:04 | Weblog

 

    http://youtu.be/SeYRzD3q7dA

 

  http://youtu.be/PbleuR8GXwY

 

  http://youtu.be/3owOnDNa6_U

コメント

米 B52爆撃機で中国けん制

2013-11-29 10:23:04 | Weblog

 

    http://youtu.be/SeYRzD3q7dA

 

  http://youtu.be/PbleuR8GXwY

 

  http://youtu.be/3owOnDNa6_U

コメント

日本を後押しする東南アジア

2013-11-29 08:59:17 | Weblog

 

 

 

 

 

 筆者は1年ほど前、フィリピンのアルバート・デルロサリオ外相の執務室にいた。(当時、日本の首相の座を目指していた)安倍晋三氏が平和憲法を改正するという公約を実行に移して「再軍備」したら、フィリピン政府はどう言うかと聞いてみた(実際には、日本は既に完全に軍備しているが、憲法は自衛以外の目的での武器使用を禁じている)。

      「再軍備を大いに歓迎する」

 ところが、そんなことは全くないと外相は言った。「我々は再軍備を大いに歓迎する。我々は地域で均衡を保つ要因を探しており、日本は重要な均衡要因になり得る」

 今週、中国と日本が東シナ海に浮かぶ島々を巡り危険なにらみ合いを繰り広げるなかで、インドネシア外相も同意を示したこの発言が筆者の頭をよぎった。中国は先週末、日本で尖閣諸島、中国で釣魚島として知られる島々を含む防空識別圏(ADIZ)の設定を発表し、多くの人を驚かせた。こうした防空識別圏の設定は珍しいことではない。日本と米国も含め、多くの国が設定している。

 だが、中国の動きは挑発的だ。中国の防空圏は日本のそれと重なっているからだ。今後、この空域に入る航空機は中国政府当局に通告しなければならず、さもなければ詳細不明の「防御的緊急措置」に直面すると中国政府はいう。

 安倍首相はこの動きを非難し、中国の防空圏設定には正当性がないと述べた。米国政府も強く抗議し、米国の不満を強調するために中国政府に事前通告せずにB52爆撃機2機を送り込み、防空圏内を飛行させた。日本の大手民間航空会社2社は当初、中国の要請に従ったが、日本政府からの圧力を受け、27日から再び、中国当局に通告せずに防空圏内を飛行開始した。

 中国の狙いは、地上の現実(この場合は空の現実か)を変えることのようだ。中国が新たに設定した防空圏は、昔から続く、日本による尖閣諸島の実効支配に挑戦するものだ。日本はこれらの島々を1895年に領土に組み込んだが、中国はそれが違法だとしている。

 

 短期的には、中国政府は島しょの主権が係争中だということを日本に認めさせたい(日本は領土問題があると認めるのを拒んでいる)。より長期的には、中国は日本と米国の間にくさびを打ち込もうとするかもしれない。米国政府は島々の主権については立場を取らないが、尖閣諸島は日米安保条約の適用対象だと述べる。これは、尖閣諸島が攻撃された場合、米国が日本の救助に出動することを意味する。

 だが、米国政府が本当に、いくつかの不毛の岩礁を守るために米国人の命を危険にさらすかどうか疑うのは中国だけではないはずだ。

■米のピボットを望むアジア諸国

 表面的には、中国にとって売りがいのあるケンカだ。日本に対する圧力を強め、地域的な野心を宣伝する方法として、まさに同じことをするよう中国に助言する人もいるだろう。結局、日本は地域で好かれておらず、日本の戦時中の残虐行為の多くについてへ理屈をこねる修正主義者と見なされている安倍首相の下では特にそうだと言うこともできるかもしれない。

 米国政府は、日本と韓国がうまく付き合うことを切に望んでいる。ところが両国はほとんど口も利かない仲だ。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、安倍首相が日本の歴史について「より誠実」な態度を示すようになるまで会談を拒んでいる。そして盛大な中国訪問を行った。

 領有権の主張について中国が強引さを増すなか、フィリピン、ベトナム、インドを含む多くのアジア諸国は、台頭する中国への警戒心を強めている。これらの国は米国に働きかけ、アジアに戻る「ピボット」を促した。

 さらに、多くの国は外交的にも、自国経済に対する重要な(場合によっては最も重要な)投資家である日本に近づいた。安倍首相は前例のない微笑攻勢で、就任1年目に東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟10カ国すべてを訪問した。

 日本企業は政府の支援を受け、インドネシア、フィリピン、ミャンマーでの存在感を一気に高めている。最近まで中国の勢力圏にしっかりと入っていたミャンマーは、西側諸国に国を開放し、中国の外交的支配から抜け出した。

 

         地域的足跡の増大は当然

 中国に対するヘッジは、商業的なものだけではない。フィリピン、ベトナムを含む多くのアジア諸国は米国との軍事協力を拡大している。日本はフィリピン政府に、中国と領有権を争う海域を警備するための巡視船を提供しており、同じことをするためベトナム政府と協議中だ。韓国でさえ、中国の新たな防空識別圏に強く抗議した。

 台風30号「ハイエン(海燕)」がフィリピンを襲った後の数日間では、中国のソフトパワーの欠如が目立った。米国は空母ジョージ・ワシントンを派遣し、日本は1000人の自衛隊員と多額のお金を送り込んだ。たった10万ドルという中国の当初の支援金は、ケチで狭量だと広く非難された。

 中国経済が成長するに従い、常に近隣諸国が気に入るとは限らない形で中国の地域的足跡も大きくなるのは至極当然だと言えるかもしれない。何しろ古くは1823年の「モンロー・ドクトリン」で、米国は中南米に対する欧州諸国の干渉を許さないと宣言したのだ。中国の行動は、安倍首相が日本が自らに課した集団的自衛の禁止を解除したり、いずれ平和憲法を捨てたりすることを容易にするかもしれない。

 安倍首相の国家主義的な心情を好きかどうかにかかわらず、地域の指導者たちの多くは首相がひるまないことを願うだろう。

 
 
 

有料プランなら
アプリで紙面が読めます

今すぐ申し込む

<申し込み月無料!>

閉じる

 

 
コメント

11月28日検索

2013-11-29 06:42:40 | Weblog

 

  訪問者  152

 閲覧数  397

 

                      順位 7,944/1,957,813

コメント

日韓問題

2013-11-28 21:25:28 | Weblog

 

  韓国メディアすら苦言 ttp://youtu.be/33jS_JlNCPY

コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2013-11-28 09:07:34 | Weblog

   

   中国防空圏認めぬ…米国が見せた「本気」

              爆撃機飛行、駆け引き激しく

コメント

命を守る森づくり

2013-11-28 08:45:10 | Weblog

 

                               http://youtu.be/1VQyN-cMrvE

  命を守る森の防波堤をつくろう        http://youtu.be/QwthtqBe1dw

  命を守る森の防波堤 生命の塊 椿島 ① ttp://youtu.be/aH89QhVQuvA

                           ② http://youtu.be/knjVBkQU_3U

  鎮守の森が地球を救う              http://youtu.be/U_-7hx0ts9c

コメント

隠ん房

2013-11-28 06:27:31 | Weblog

隠れ房

<noscript></noscript><noscript></noscript>
<noscript></noscript>

<iframe id="oauth2relay622501785" style="height: 1px; position: absolute; top: -100px; width: 1px;" name="oauth2relay622501785" src="https://accounts.google.com/o/oauth2/postmessageRelay?parent=http%3A%2F%2Fr.gnavi.co.jp#rpctoken=145888605&forcesecure=1"></iframe>

  昨夕、鵜沢に誘われて 今日昼 行くことに  楽しいひと時になるでしょう

コメント

11月27日検索

2013-11-28 04:14:54 | Weblog

 

            訪問者  163

     閲覧数  359

 

           順位 7,507/1,957,404

コメント

ぼったくり

2013-11-27 15:31:33 | Weblog

「ぼったくり大国・韓国」タクシー2キロで3万円、

「観光警察」で封じ込め図る当局…

日本人去り中国人に襲いかかる「法外料金」の実態

 

敬礼する韓国の観光警察の隊員=2013年10月16日、ソウル(AP)

敬礼する韓国の観光警察の隊員

 韓流ブームなどに乗って観光大国を目指している韓国で、外国人に法外な料金を請求するタクシーや土産物店などの「ぼったくり行為」が後を絶たない。政治的な摩擦などから激減している日本からの観光客に代わって増えている中国や東南アジアからの観光客らも被害に遭っている。韓国警察庁は首都ソウルで外国人観光客らを狙った違法行為を取り締まる「観光警察」を発足させるなど、汚名返上に躍起となっている。 

2キロで3万円

 韓国を訪れる観光客で最も注意が必要なのが、「コールバン」と呼ばれる貨物営業車両を使ったぼったくりだ。

 韓国メディアによると、ソウル警察庁が今年9月にコールバンのドライバーら16人を摘発したケースでは、仁川国際空港や南大門、明洞などの繁華街で客待ちして、乗車させた外国人観光客に通常の5~10倍の料金をふっかけていた。

 韓国観光公社の公式サイトでは、正規の大型タクシーの料金メーターは、150~170メートルの走行で200ウォン(20円)ずつあがる。しかし、摘発されたコールバンのメーターは60~80メートルごとに600~900ウォンあがるように設定されており、恐ろしいスピードで料金が加算されていく。

 また、日本人女性が被害にあったケースでは、ソウル市内のホテルまでわずか2キロを走っただけだったが、33万ウォン(2万3300円)を請求された。女性が抗議したところ、「払うまで降りられない」と脅された。

タイ人、中国人に10倍…土産物、飲食店でピンハネネ

 

 このほか、タイ人のビジネスマンが、バンコク~仁川間の往復航空券の料金より高い運賃を請求されたり、中国人観光客が正規運賃の10倍以上の料金を支払わされたケースなどが現地メディアに紹介されている。

「日本語可能」

 

 韓国では、白やシルバーの車体の「一般タクシー」と、黒塗りの大型セダンの「模範タクシー」、8人乗りなどの大型ワゴンタイプの「ジャンボタクシー」の3種類のタクシーが一般的で、それぞれ基本料金や追加料金が決まっている。

 これに対して、コールバンは貨物営業車で、重さ20キロ以上、縦・横・高さが40センチ以上の荷物を持った客を搬送する。料金は、荷物の大きさや個数、重さ、移動距離などによって、利用者と運転手が事前交渉して決める仕組みになっている。

 正規のジャンボタクシーと同じワゴンタイプで、車体の色や外装を似せたうえ、本来は使用できない料金メーターを設置するなどして、外国人観光客に法外な料金を請求するケースが横行している。中には、日本人観光客を狙って「日本語可能」や「自動ドア」などの日本語のステッカーを貼る車もある。

 コールバンのほか、車両自体は真正のタクシーだが、資格を持たない偽運転手による違法営業や、「自家用コールタクシー」と呼ばれるレンタカーを使った違法タクシーもある。

ガイドと連携

 韓国では、タクシーだけでなく、土産物店や飲食店などでも外国人観光客に対するぼったくりが盛んだ。

 

 
  土産物店では、客引きをしてきたガイドに支払う紹介料を、観光客が買い物した金額に上乗せするシステムがとられている。また、両替所もガイドと連携、公式の為替レートよりも割高に両替して、利益を折半する詐欺的な行為もある。

 韓国の飲食店では一般的に、キムチやナムルなど、「パンチャン」と呼ばれる小皿料理が無料で提供される。しかし、一部の店では、事情を知らない外国人観光客に料金を請求したりするケースも多い。

中国人にも…

 韓国を訪れる外国人観光客は昨年、1100万人を突破。韓国政府は2017年までに1600万人の達成を目標にしている。

 しかし、韓国法務省などによると、今年1~9月に韓国を訪問した日本人は約204万人で、円安の影響や日韓の政治的な摩擦などで前年同期の4分の3に急減している

 代わって急増しているのが中国からの観光客。今年1~9月に約309万人と前年同期比約1・5倍となり、年間の訪問者数で中国人が日本人を初めて上回る見通しとなっている。

 観光大国を目指す韓国にとって中国人観光客は、日本人に代わる新たな頼みに綱となっているが、中国人観光客に対してもぼったくり行為が横行している。

 最近は美容整形を目的に韓国を訪れる中国人の女性観光客が増えているが、韓国人客に比べて2、3倍の料金を請求するのが当たり前になっているとしている。また、知人の紹介や現金での支払いで割引制度があっても中国人観光客には教えないという。

  また、中国人を対象にしたツアーでも滞在時間の大半が免税店やショッピングセンターでの買い物にあてられ、観光スポットが外されるスケジュールが多くあるといい、中国人観光客からも不評をかっている。

 こうした外国人観光客に対するぼったくり行為に対して、韓国政府はようやく取り締まりに乗り出し、ソウルで今年10月、観光警察を発足させた。

 青紫色のブレザーにベレー帽とングラス姿の男女101人の観光警察官は、明洞や梨泰院などの観光スポットをパトロールして、土産物店や飲食店、タクシーなどでの法外な料金請求に目を光らせるという。

 中国語、日本語、英語などの対応可能な言葉も表示して、「販売スタッフの対応が悪い」「返品を受け付けない」などといった観光客からの苦情を受け付ける。ソウルで効果が得られれば、釜山や仁川、済州などの観光地にも拡大する方針だ。

 

コメント

米 中国の要求一蹴

2013-11-27 10:18:05 | Weblog

    中国防空識別圏 

 米、中国の要求一蹴 「経路通報など措置取らぬ」 

 

 

 

 米国防総省のウォレン報道部長は25日、中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に設定した防空識別圏を認めず、中国側の要求には応じないとの方針を強調した。譲歩すれば、尖閣諸島などへの中国空軍の浸透を許すことになるためだ。米国内では、厳しい対中政策を求める論調も出ている。

 ウォレン氏は中国側が、米軍などの航空機が飛行する際、経路の通報など4点を要求していると指摘した。そのうえで「われわれは識別圏を飛行する際、(中国に)飛行計画を提出せず、無線周波数などを認識させることもしない。米軍機は(中国が求める)措置を一切取ることなく飛行できる」と強調した。

 さらに「米軍は(日本などの)同盟国との軍事行動も含め、行動を変更するつもりはない。われわれは常に自衛能力を保持している」と警告した。

 一方、アーネスト米大統領副報道官も大統領専用機内で記者団に、防空識別圏の設定は「不必要に挑発的なものだ」と重ねて批判した。そのうえで「地域での争いは外交的に解決されなくてはならない」と、中国に自制を求めた。

 

 23日にはケリー国務長官らが、中国を批判する声明を出している。だが、国務省の中国担当だったジョン・カシック氏は、ケリー長官が中国の新たな措置に対し、「反対する」ではなく「支持しない」としたことを「穏やかな非難で、中国はこの反応を(米国の)『弱さ』だと受け止めるだろう」と批判している。

 米軍事専門紙「ディフェンス・ニュース」のウェンデル・ミニック記者は「中国は、米国が友好的なときに新たな措置を実施する傾向がある。防空識別圏の設定は米国の気の緩みを、明らかに計算してのことだ」との見解を示している。

 一方、防空識別圏の設定は、安倍晋三政権にとり、防衛力を強化する上では「追い風」になるとの見方も出ている。

コメント

米軍爆撃機

2013-11-27 09:59:38 | Weblog
です

 

米軍爆撃機、中国の防空識別圏を飛行…妨害なし
 

 米国防総省は26日、米軍のB52戦略爆撃機2機が米東部時間の25日夜(日本時間26日午前)、中国が東シナ海に設定した防空識別圏内を飛行したことを明らかにした。

 
 米メディアによると、中国が要求している事前通報はしなかった。米国が中国による防空識別圏の設定を認めず、無視する姿勢を示したものだ。

 国防総省によると、訓練飛行を行ったB52は、米領グアム島のアンダーセン空軍基地を出発し、尖閣諸島周辺の空域を飛行し、同基地に戻った。中国側の妨害はなかった。

 中国政府は事前通報のない航空機などが防空識別圏に入ってきた場合、軍用機が緊急発進して対応する方針を示している。

 ヘーゲル国防長官は23日の声明で「中国の今回の発表によって、米国の地域での軍事作戦のあり方が変わることは全くない」と中国の要求に応じない考えを表明しており、今回のB52による訓練飛行は、長官の声明を米軍が行動で示した形だ。

 同省関係者は26日、「訓練飛行はこの地域に戦略爆撃機が継続的にいるものだ

 

<iframe style="display: none;" name="popIniframe" src="http://api.popin.cc/retarget/uid.html?ac=getuid" width="1" height="1"></iframe>

 

<iframe style="height: 1px; display: none; width: 1px;" src="http://checkurl.popin.cc/?url=http%3A%2F%2Fwww.yomiuri.co.jp%2Fworld%2Fnews%2F20131127-OYT1T00228.htm"></iframe><iframe id="ComScorePingFile" style="height: 0px; display: none; width: 0px;" name="ComScorePingFile" src="http://leadback.advertising.com/cs.ashx?site=778342" width="0" height="0"></iframe><iframe id="google_osd_static_frame_5789732998354" style="height: 0px; display: none; width: 0px;" name="google_osd_static_frame"></iframe>

コメント