あぜ道日記

田舎暮らしの中で、自然や季節の花々、時々お出かけを、写真で綴ります。

アンコール遺跡群巡礼記(その15:アートなアンコールワット)

2017年01月25日 | 旅行記

前の記事 アンコール遺跡群巡礼記(その14:アンコールワット第三回廊


アンコールワットの投稿は終わりましたが、早朝や夕暮れ時の写真を撮ってあったので、アートとは程遠いですが、アップしておきます。

観光をしながらの写真撮影は、みんなに遅れないように歩きながら撮ったり、ちょっと離れている間に、説明を聞き逃したりとなかなか大変です。
アンコールワットの夜明けの時だけは、その場所に連れて行ってもらい、時間内で自由に撮影できました。
が、この人だかりで、西洋人が多くて、みんな体が大きいし、自撮り棒で撮っている人もいて、背の低い私は困難を極めました。
ホテルを出たのはまだ暗い時だったのに、みんな何時に出たんだろうと思うほど、前列は占領されていました。







まだ明けきらないアンコールワット。
西から東を見ているので、天気がよければサンライズが見られるはずですが、残念ながら見ることはできませんでした。









モノクロで雰囲気を出してみました。








建物の前の聖池にはハスらしき花が咲いていました。









この写真は日中見学した時のものです。
シンメトリー、写り込みが大好きな私です。









夕暮れもきれいな夕焼けを見ることはできませんでした。





次の記事 アンコール遺跡群巡礼記(その16:アンコールトムの南大門)→
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンコール遺跡群巡礼記(そ... | トップ | 春の足音 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL