I’ll be dis-ABSOLUTER

ほぼ休止状態の不定期更新雑記
日々のつぶやきや情報などはTwitter ID:air_dmzilにて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Tiny Love

2008-04-27 23:51:39 | Anime(アニメ・コミック)


■「ちょこっとヒメ」(4)<カザマアヤミ> ×4
□関連記事:ちょこっとこんぷりーと。(2006-09-01)ちょこっとこんぷりーと。(おかわり(2007-04-30 )
ころころころり。(2007-10-22)Over the Rainbow(2007-11-11)


「ちょこっとヒメ」4巻発売記念フェア開催!!

来る6月には単独でのドラマCD発売を控える「ちょこっとヒメ」、その最新コミックス4巻です。
それを何故に4冊も購入しているのか---なんてツッコミは今更なので受け流すとして(ぇ
今回のペーパー配布店舗は、お馴染みの「アニメイト」「(アニブロ)ゲーマーズ」「とらのあな」に、新たに埼玉・千葉・神奈川に店舗展開をしている「ダイセイコー」を加えた4店舗という、実にコミックス1巻の際に匹敵するものとなっています。



お馴染みの3店舗分は池袋 or 秋葉原で一気に購入すれば良いとして、問題は残る「ダイセイコー」に関して。
扱い的にはコミックス1巻の際の「ご当地ペーパー」に近い印象ですが、ともあれマグマニのブロマイドならば兎も角、描き下ろしのペーパーを逃す訳にはいかないので、もっとも近傍(それでもそれなりに遠方ですが)の南浦和店を選択し、早速に行って来ましたよ。
店舗の場所に関しては、南浦和駅の西口を降りて直ぐですし、まず分からない事は無いと思われ。
果たして手早く目当てのモノを購入したものの…なにやら陳列場所に“サイン本入荷に関するお知らせ”が。
どうやら「ちょこっとヒメ」の原作者:カザマアヤミさんのサイン本を購入出来るらしいのですけど、入荷自体は発売日(4月26日)から数日遅れるとの事で、本日昼頃の時点では、残念ながら未入荷でした。
此処で予約を入れる手もありましたが、個人的には月末から暫く、ちょっと諸々の予定が詰まっていて、本当に後日に引き取りに来られるかどうかが判らなかったので、ちょっと惜しい気はしつつも、今回は見送りましたわ;

なお、このコミックス4巻発売に併せて、「ダイセイコー」では複製原画展も開催中との事。
南浦和店にて展示されていたものは、(ちょっと記憶があやふやですが;)51匹め「ざっしにおうぼ」より6~7枚だったはず。
来店された際は、併せてどうぞ。



アニメイト:兄ちゃん&ヒメ
ゲーマーズ:陽太&しろこ
とらのあな:双子&くっきー
ダイセイコー:三匹


今回のペーパーの共通テーマは、それ自体にも書かれている通り、コミックス2巻のカバー下の漫画が元ネタ。
コミックス3巻には、ヒメたち→人間・飼い主→ペットという様に立場が逆転した「ちょこっとヒメ裏(リバース)」(※コミックス1巻カバー下漫画が元ネタ)が収録されていましたけど、それとはまた異なり、どちらも人間であるという設定の(御本人曰く)“少女マンガ風”な雰囲気が。
これはこれで更なる展開があっても面白い気がしますけど、流石に本筋に持ち込む事が出来ないからこそのカバー下であり、ペーパーでの展開なのでしょうけどねw
ちなみに最新コミックス4巻のカバー下では、今度は性別逆転ネタが登場…これは次巻のペーパーへの布石と考えても(

兎にも角にも既に購入済だった3店舗分も合わせて、ペーパー系4種はコンプしましたとさ。
残すはマグマニのブロマイドのみですけど、流石に其処までは手が回らないかな…此方の方が更に遠方ですし、とりあえず、ペーパーだけで打ち止めにするのは今回に限った事ではありませんしね。
という訳で会長、アトはお願いします(丸投げ(マテ

【ちょっとしたことニュース】ちょこっとヒメ4巻初回限定版(ねんどろいどぷち付き)を入手したぞ【ネタ】
ちょっとしたこと


---とか書き込んでいる間に、NFK会長:mirvさんが、此方の期待を遥かに上回るアクションをw
毎回毎度お疲れ様です、加えてその発想力と技術力、そして作品への愛情の深さに拍手を。
それにしても今回のお題が「ねんぷち」とは…とあるゲームの特典にも付属するそうですし、これは案外“ネタ”というより、場合によっては“先取り”になってもおかしくないかも?(マテ
とりあえず、シクレは46匹め「きせかえをしよう(後編)」のゴスロリしろこで(



大切なものは、しまっておかなくちゃ。

さて、話題をコミックス自体に移して。
やはり今巻の見所は、各巻1話のペースで送り出されている“4コマ枠より外れた短編”---50匹め「しろこのかこ」ではないかと。
コミックス3巻の際にも、同じく短編である「くっきーのかこ」に不意打ちじみた一撃を受けましたが、やはり今回も良く似た温かな気持ちにとらわれましたね。
また、それとは全く逆のベクトルとして今巻では、飼い主たちの親バカっぷりが、これまで以上に大暴走しているのが面白くw
特に撮影会での暴走っぷりと言ったら…いや、でもこの気持ちは解らないでも(マテ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Re:START UP! | トップ | AKIHAB@RA COMPLEX »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事