日々是楽!(Enjoy it every day!)

アウトドア親父の徒然日記・・・。親父がその平凡な日々の中で楽しい美味しいと思ったものを気ままにメモ。
By だいりん

さくら島美人 と さくら蔵の神!

2012-05-31 23:17:48 | 焼酎
2011年3月に山陽・九州新幹線の全線開業を記念して販売された特別限定品のさくらシリーズを愛飲中。

今宵は「さくら島美人」と「さくら蔵の神」を飲み比べ!

ご存じ島美人は改めてご紹介する必要もない黒霧島と列ぶ超ポピュラー焼酎の1つだが、何の島美人は美味い!特別限定品と言えどもラベルだけで中身は同じと思われるが、やはり島美人は納得の味だ。九州在住時はまさにMy焼酎と言ってよいほどの付き合いだった。安くて美味い!が1番似合う焼酎の鏡的なものだ。

反して蔵の神は実は初賞味。
「蔵それぞれに宿っている蔵付酵母のことを、蔵人達は「蔵の神」と呼んで、大切にしています。甘口蔵付酵母が宿る秘造蔵から、まろやかで上品な口当たり、芋の香りは豊かでコシのある旨口の逸品を造り上げました」
という裏ラベルのコメントが実にいい感じ。
この蔵の神、えらくマイルドというか?さらっと頂ける。実はインパクトがなくてイマイチ味のイメージが薄い・・・でも、これはこれで悪くないかも?
適度な甘さが後をひかないというか?すっきりしているような感じなので、ムシムシと暑い夜に水割りで頂いても悪くない。これはこれでありだ。

玉葱スライスに煮大根、そして魚の摺り身に明太子を混ぜて炙ったものをアテに、美味しく頂きました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「リング」百田 尚樹

2012-05-29 23:39:37 | Book
久しぶりにノンフィクションを読んだ。
百田氏の2010年の作品「リング」だ。

ボクシングにまるで興味のない人にはまるで面白くない話かもしれないが、日本ボクシング界の創世記を語った傑作なので少しでもボクシングが好きという方にはぜひ読んでもらいたい作品だ。かく言う自分は、特別ボクシングが好きという訳でもなく、逆にいえば疎い方かもしれない。時間があればTVの世界戦を観戦するレベルだ。
そんな自分でもホントはまってしまう程だ。

現在は、興行の関係から世界チャンピオンはいったい何人いるのかわからない程存在する。
世界4団体のWBA、WBC、IBF、WBOだけでも合計60人以上もいる状況・・・暫定チャンピオンも数えるともう何だかわからないレベルだ。

そんな中、話は戦前から始まる。
当時世界チャンピオンが8階級の8人しかいない時代の話だ。
ご存じ日本人最初の世界チャンピオンとなった白井義男さんの話から始まり、本作の主人公ともいえるファイティング原田さんの2階級制覇、そして3階級制覇に挑む激しい話だ。
なるほど、最近チャンピオンの数がえらく多いとは?思っていたが、当時は世に8人しかいなかったため、チャンピオンの価値が今とは全然違っていて、世界戦がまさに国民行事でTV視聴率も紅白歌合戦と競う程の大イベントだったんですねぇ~。
そんな国民の期待を一身に背負って闘った原田さんのドキュメントはえらい迫力・・・飲み込まれました。

たまには、こういったスポ根実話に眼を通し、過去の偉人の活躍を再確認するというのも悪くない。
思わず力が入ってしまいました。改めて、白井さん、原田さんってすごい人だったんですねぇ~。更にこの原田さんと堂々とライバル関係としてがんばったあのたこ八郎さんも登場。改めて見直しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

交流戦!ホークス思いっきり借りを返されちゃったぁ~!

2012-05-27 23:53:52 | Family (旅,スキー等)
毎年1度の交流戦!
待ってましたとばかり鷹派の父子は、昨秋の日本シリーズ第3&5戦以来、約半年ぶりに名古屋ドームへ出陣。

昨秋の崖っぷちの日本シリーズは、我が父子の応援により完全に流れをかえる3タテを実現(勝手にそう思い込んでいる父子です)!それは上機嫌で美酒に酔ったものだ。だから、ナゴヤドームは我らにとって相性抜群だ。
っという感じで意気揚々とビジター席へ。
おやっ、球場内は7割くらいしか埋まっていない?ちょっと寂しい感じ?もちろんビジターは超満員だけど。竜派はやや盛り上がりに欠けているのか?噂では高木監督は地味でどうも人気イマイチ・・・落合監督も低人気だったが負けていないとか?

そういっている間に、いきなり初回にホークス、松田、江川の連続タイムリーで2点先取!
おぉ~早速お祭り騒ぎ!みんなで万歳~!
これで気が緩んだのか?立て続けに景気付けのビールを連続乾杯!美味い~!!ところがあっという間に追いつかれ、その後逆転。あぁ~もうホロ酔いですでに応援疲れ?

ならばここで更に力水としてビールしかない。息子に「さっきの可愛いビールのお姉ちゃん探せ!」と指示。息子曰く「どれも同じビールじゃん?」と聞かれるが、気に入ったお姉ちゃんから買い続けるという父のダンディズムがわからんのか?相手もこちらの気持ち通じ、対応が全然違うのだ。

こんなオヤジが原因だろうか?その後突き放され、いいところナシで完敗。
見事昨秋の日本シリーズの雪辱を許してしまったぁ~。うぅ~悔しい。ぜひ、お互いリーグを征して日本シリーズで再戦してもらいたいものだ。頼んだよぉ~。しかし、流石に杉内、和田、ホールトンそして川崎・・・この穴は大きいねぇ~。うぅ~がんばれホークス!

しかし、勝敗は時の運だが、残念だったのは小久保だ。おいおい、1999本でヘルニアリタイアって・・・。ぜひ2000本達成を眼の前で見たかったなぁ~。残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャズドリーム長島へ!

2012-05-26 22:02:49 | 美食(グルメ)
週末はかみさんのつきあいでジャズドリーム長島へ。

この1週間もバタバタと忙しかったので、週末のショッピングは体力&精神的にもキツイが、たまの家庭サービスだ仕方ない。
っというのも、ショッピングと聞くだけで足腰が痛くなってくるし、すぐに人酔いしてしまう。若い頃からそうだったが最近は増々だ。

予想通り、人気のアウトレットは大混雑。スタート直後は元気いっぱいだったが、ものの1時間半ほどで足取りが芳しくなくなり、3時間もすればほぼギブアップ状態・・・。情けない程の体力なしだ。
元気回復のため、ランチは「CAFE TANAKA」でこれぞっ名古屋めしのピカンを食す。ピカンは名古屋得意のあんスパと鉄板イタリアンのあわせ技メニュー。こちらに来てもう5年・・・あんスパが少し美味く感じてきたから驚きだ。

もちろん、ランチタイムだけでは休憩は足りない。次は、人気の「コールドストーンクリーマリー」のアイスクリーム。娘たちのリクエストで、スタッフ全員で思いっきりアイス混ぜながら合唱のプレゼント。陽気なアイスクリーム店だな~。しかし甘いアイスクリームだ。疲れがとれるどころか、胃がもたれる?

かみさんがブランド品を景気よくゲット、娘たちも父親のものよりも高~い可愛い洋服をこれ又景気よくゲット。
こうなればこちらも勢いだ。短パンを2つ負けずにゲットだ。疲れたけど戦利品があるとちょっと嬉しい・・・・。うん、安くて気に入ったもの見つかって意外とご機嫌?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヨックモック「さくさくキャラメリング」(東京駅限定)

2012-05-25 23:59:00 | 美食(グルメ)
今日は久しぶりに東京出張。
毎回悩むのが、東京みやげ?

忙しいのでどうしても東京駅で探すことになる。でも、東京駅のみやげ店を覗くとどれも東京名物や人気品などとうたってあってどれがいいのか?迷うばかり。
そんな中、東京駅で買うならこれだよ!っと勧められたのが、
青山の洋菓子店のヨックモックの「さくさくキャラメリング」だ。これは東京駅限定品だとか。
めざましTVで紹介されたために、人気急上昇になったのだと聞く。

まぁ~人気店の限定品とくればなるほど人気になるのはわかる。
勧められるがままに12個入りをゲット。しかし、金曜の遅い新幹線は混んでいるし、疲れたサラリーマンだらけで何となく疲れが倍増・・・自分も寂しいオヤジに見られているんだろうなぁ~。

帰宅後早速ファミリーで「さくさくキャラメリング」を賞味。
シュー生地をキャラメリゼしてから香ばしく焼き上げているとのことで、シュークリームをラスクのようにした食感!なるほど、「さくっしゅわっ」の新食感との売り文句通りだ。但し、疲れた親父には少々甘い?かみさんと娘たちにはえらく評判よかったようですが・・・。
しかし、限定とつくだけで何となくゲットしてしまう・・・なるほど自分は典型的な日本人だなぁ~。とりあえず、東京みやげにお勧めです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豚足 と「さくら三岳 と さくら伊佐錦」!

2012-05-23 23:19:28 | 焼酎
今更ですが、九州新幹線開通記念芋焼酎さくらシリーズを飲み比べ。

6本セットのうち、まずはご存じ人気焼酎の三岳と伊佐錦のさくら版だ。
どちらも限定版だ。
何より新幹線さくらにちなんでの、桜柄は綺麗でいい感じ。
うん、三岳は何度飲んでも美味い。驚いたのが伊佐錦だ。こんなに美味かったかなぁ~?サツマイモの新品種の「ハマコマチ」を使用し、まさに柑橘系の爽やかな甘味がえらく美味い。これは水割りかロックに限る。すご~くフルーティでお気に入りだ。

そんなさくら三岳とさくら伊佐錦のあては、豚足!
全国的には豚足ってよく食べられているんですかねぇ?九州在住時に覚えた豚足の味・・・いやぁ~美味い。名古屋のスーパーで購入した豚足は正直言って九州のものに比べるとかなり劣る?何となく臭みがあって癖があると言われても仕方ない。豚足はちょっと・・・?っという方には、ぜひ1度沖縄で食べてみて欲しいものだ。九州全域でも当然OK。やはり都市圏で食べるのとは違うんですよねぇ~。あぁ~懐かしい。
沖縄では、豚足をテビチと呼ぶ。そんな沖縄の美味い豚足の中でも、那覇の東大という店の焼きテビチは最高だった。あぁ~もう1度喰いてぇ~。でも、テビチには泡盛だよなぁ~。あぁ~沖縄久しぶりに帰りたいなぁ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見ましたか? 金環日食!

2012-05-21 23:56:00 | Family (旅,スキー等)
皆さん、金環日食みましたか?

名古屋では平安時代以来となる約932年ぶりの天文ショー。
天気予報ではきついかも?っと言われていましたが、当日の朝は奇蹟的に晴れ渡り、世紀の天文ショーを存分に見ることができファミリーで大喜び!

見れたことは嬉しいのだが、いざっ見終わってしまえば意外にあっけない?
もっと日食の間、暗くなるのかと思えばそうでもないし、何となく鳥たちなどがざわつくのか?っと期待していたが何もおこらず。
もちろん、我が家のバカ犬たちやモモンガたちも全くの無反応。
もう少し何かあっても・・・?

でも、こういったイベントはまだ幼いキッズたちの記憶には残るだろうか?
特に今回は既製品の日食レンズは買わず、長男が学校で作成してきた特製レンズで見たので、何となく手作り感があってより雰囲気よかったのでは?

かく言う自分も、もう何年前だったかなぁ~漠然とハレー彗星の大接近で大フィーバーした記憶は残ってるもんね。確かハレー彗星は76年周期で人生に1度しか見れないなんて話だったはずだ。今回はそれ以上の大イベント・・・かと思ったら名古屋では29年後にまた見れるんだってぇ~?
おいおい、932年間も待ったのに次が29年後って早くない?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにフクモモ話題です!

2012-05-20 23:39:19 | フクロモモンガ
久しぶりにフクモモの話題です。

グングン成長しているフクロモモンガのももちゃんとひめちゃん!
もうもも太郎は我が家に来た頃に比べて身体は思いっきり倍増。ホント大きくなりました。ひめちゃんは、ようやくベビー容姿から卒業し、見た感じ随分と大人っぽくなってきました。う~ん、2匹とも可愛さも倍増だ。

今日は休日ということで、娘たちが月一の大掃除を実施。
もちろん毎日敷いている新聞紙交換、週一でゲージの水洗い掃除はしているが、今日はゲージの上下を含め全てを綺麗に洗ってあげる大掃除の日なのだ。その間、ももとひめは段ボールで仲良く添い寝タイム。

話はかわるが、最近毎日少しずつもも&ひめはご対面タイムをもらっていて、特に♂のももはひめちゃんにぞっこん。どうやら良い関係になりそうだ。今日も暗い段ボールの中で、2匹一緒に丸まっていて、ももの長い尾っぽでひめちゃんを優しくくるんでやっていたようだ。中々気の利いたエスコートをしていたようでもも太郎えらいぞ!

小動物だろうが、犬だろうが、やはり世話は面倒だ。
ふくももの担当は、娘たちで今日はちょっといい加減だったので自分に怒られていたが、まぁ~ここまでは基本的には合格点でよくがんばっている。
特に、毎朝の新聞紙交換等は、早く起きてがんばっているようだ。がんばれば、不思議とペットたちもわかるようで、世話してくれる人に1番なつく。随分とわんぱく&おてんばなフクモモに成長したが、これからもがんばってね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ソロモンの犬」道尾秀介

2012-05-19 23:00:31 | Book
直木賞作家の道尾氏の2007年の作品の「ソロモンの犬」。

まずは、カバーのデザインが何となく爽やかで気に入っていたし、表題も何となく気に入っていた作品だったのだが、中々手にする機会がなくずーっと本棚の中となっていたのだがようやく読み終える。
暗~い作品の多い道尾作品の中では明るい方?・・・とは言え子供が犬の暴走で死に至るという影のある内容ではあるが。
でも、どうもはっきりしない?
何か無理がある設定というか?特にラストというか犯人をこうしちゃったの?っと自分的には少々がっかり。もっと犬からみの何かしかけが欲しかったというのが本音。初期作だから仕方ないと言ってあげたいが、何となくイマイチ。
特に買い手としては帯のコメントって大きいが、えっ全然違うじゃん?
少し辛口になるが、謎解きとかミステリーというレベルではないような気がする。偶然とかたまたまなんていうレベルでは思いっきりどんでん返しとか期待して読んでいたものとはしては少々悲しい。まっ、カバー買いってリスクがあるよっという典型かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芋焼酎「日は昇る」

2012-05-18 23:15:47 | 焼酎
一般流通されていない限定品の芋焼酎「日は昇る」。

えらく派手な赤金ラベル・・・個人的には嫌いではない。
それにネーミングも嫌いじゃない。

「焼酎造りの中でも重要な役割を担う麹。古くから行われている、もろ蓋(ぶた)による手造り麹づくり。機械に頼らない手作業で、非常に細かな調整が必要なため、たくさん造るのには向きませんが、少量高品質の焼酎造りには欠かせません。」

ともろ蓋手作り黒麹がウリの日は昇る。その甘さとコク、香り・・・いいねぇ~。美味い。
何かこういう馬鹿みたいにこだわった焼酎って、やはりより美味く感じるものだ。中々入手しずらいというのが難点だが、もう1度飲みたい焼酎だ。

今宵のアテは、安くて美味いお魚ステーキ!単なる薩摩揚げっぽいものなのだが、ネーミングはお魚ステーキ。うん、何であろうと美味いから好きだ。そしてパリパリサラダ。
これだけで十分だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加