五感で観る

「生き甲斐の心理学」教育普及活動中。五感を通して観えてくるものを書き綴っています。

あっという間の一学期と沙羅双樹

2017年06月27日 | 悔いのない人生とは?

今朝の沙羅双樹「夏椿」

あっという間の一学期と沙羅双樹 2017年6月27日

7月に入ると試験が始まり、あっという間に夏休みに入ります。
保護者の皆様にとっては、普段の生活のリズムが変わる分岐点の時期でもありましょう。

4月からの3ヶ月間程経過すると、新たな環境に慣れ、緊張が解れだし、体調が崩れやすくなることもありそうです。
それに加えて、梅雨の湿気や低気圧によって具合が悪くなることもありますので、自分の体調の変化の傾向を見計らってみることも、この時期意識したいことの一つです。

我が家の沙羅双樹「夏椿」の花は、そろそろお終いの気配ですが、今朝も雨に濡れていくつかの花が開いていました。
数年前までは、7月に被る開花が、気候変動のせいか前倒しになっています。

夏休みに入ると、泊りがけの講座が重なり、表装の作品展のための制作と作品展で一気に終わってしまいそうです。

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰のことわりをあらはす
奢れる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者も遂には滅びぬ
ひとえに風の前の塵に同じ

この季節、平家物語の始まりの章が、頭を巡らします。

乳白色で蝋のような沙羅双樹の花が一夜にして落ちる姿を見ると、祇園精舎の鐘が聴こえてきます。毎朝、そんな妄想、いやいや現実を思い巡らしながら、玄関先に落ちた沙羅双樹の花を掃うのであります。



・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

7月4日 鎌倉腰越講座
7月25日 つつじが丘講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

7月28日15時半~雪谷校
7月28日10時半~たまプラーザ校
7月の東急講座は、第四週金曜日に雪谷講座が変更となっています。ご注意ください。

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思考の傾向

2017年06月26日 | 悔いのない人生とは?


思考の傾向 2017年6月26日

自分の思考の傾向を意識していると、自分の考え方の傾向も同時に見えてくるようです。
例えば、
他者に自分について何か言われた言葉に、自分はどのように反応するのかを意識してみると、相手によりけりではありましょうが、たいていワンパターンな感情があぶり出されます。

自分の傾向について、良くも悪くも「私は、そんなもんだ」と、受け容れることができていると、自分と他者がきっぱりと分けられてくるのです。

自分は自分である。
自分以外は他者である。

自分の肉親と分離できていないことは、それが意識の上ではわかっていても、切り離していない自分に気づくだけでも、そんな自分を受け容れるだけでも、自分の思考の何かが変わるようです。

自分と他者を分けて考えられるようになると、他者を変えるのは難しい事であることに気づきます。

自分の思考の傾向を意識できたら、次は、他者の思考の傾向を好き嫌いの感情に振り回らされないよう見据えてみると、自分自身の相手に対する感情も整理できるかもしれません。

自己の成長を信じたら、次は他者の成長も、ほどほどに信じてゆきたいものです。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

7月4日 鎌倉腰越講座
7月25日 つつじが丘講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

7月28日15時半~雪谷校
7月28日10時半~たまプラーザ校
7月の東急講座は、第四週金曜日に雪谷講座が変更となっています。ご注意ください。

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心地よい話題作り

2017年06月25日 | 第2章 五感と体感

法隆寺


心地よい話題作り 2017年6月25日

母方の祖父が高校の美術教師で、退職後は高円寺の自宅で画塾を開き、とにかく人の出入りの多い家でした。祖父の家に行くと、いつも色々な話題が飛び交っているので、話題作りのできない無口な自分の会話の貧しさを常に思い知っていたことを記憶しています。
興味のある事柄を話題に、いつまでも親しい人と話はできても、関係性の薄い人や、初対面の人との会話に緊張感を持つことで、物凄く会話の内容に気遣う傾向にありましたが、人の話を聞くのが好きだったこともあり、私自身いつしか、話題作りが比較的楽にできるようになっていきました。

ネガティブな思いや、批判、悪口を口に出すことは、安易ことなのですが、人を褒めたり、将来に希望を持つような明るい話題を提供することは、経験における知恵が必要なのかもしれません。
社会的な経験が少ないと、話題は自分自身に向きやすくなる傾向にあるようです。
一方、社会を見据え、森羅万象の多様性を意識している人ほど、話題に輝きがあります。

話題作りは、「話題」を関係性を持つ相手に心地よく提供しようという意識が無いとできません。

何らかの要因で自己受容できていない状態だと、相手に楽しい話題を提供する発想が湧きにくいとも言うことができそうです。

話題をスマートに提供することは、大人の嗜み(たしなみ)でもありましょう。
帝王学の一つと捉えても良いでしょう。

提供された話題を聞くことは楽ですが、心地よい話題を提供することは、心地よい時空を意識してこそ叶うものかもしれません。

相手の話題を待って聞くことも大切なマナーですが、心地よい話題を提供して、会話を広げていく感性を磨くことの方が努力と知恵が必要であることも、意識に置いておきたいものです。

正直、楽しい話題が豊富な人といる方が、話題作りに気を遣わず、楽ちんです。
だからこそ、話題作りの上手な人に倣いながら言葉のキャッチボールを楽しむと、人生もっと楽しめそうな気がします。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

7月4日 鎌倉腰越講座
7月25日 つつじが丘講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

7月28日15時半~雪谷校
7月28日10時半~たまプラーザ校
7月の東急講座は、第四週金曜日に雪谷講座が変更となっています。ご注意ください。

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真夏の気配

2017年06月24日 | 第2章 五感と体感

法隆寺

真夏の気配 2017年6月24日

24節気72候では、菖蒲華(あやめはなさく)
の頃です。

今年の夏の長期予報が発表され、8月はスーパー猛暑とのこと。
どのくらいの暑さになるか、想像もつきませんが、程よい雨と程よい暑さを祈りつつ、低気圧の空気の重みを払いたい日が、そろそろ増えそうです。梅雨本番というところでしょうか?

真夏になる前には、京都の祇園祭もあり、後祭が始まってから仕事ついでに鉾巡をするのが恒例となり、今年も巡行は避けて、祭りの空気のなか、町屋をそぞろ歩きするのが楽しみです。

一年の前半の区切りとしての夏越祓(なごしのはらえ)を意識し、森羅万象の諸々を静か捉えて私自身の呼吸を整えながら、冬至までの一年の後半に臨んでゆきたいものです。

暑さと湿気で体調を崩さぬよう、徐々に猛暑の体作りをしてまいりましょうや。。。

春から新しい環境で駆け抜けてきた方々にとっては、慣れと同時に疲れも出ている頃でしょう。夏休みまでもう一頑張りですね。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

7月4日 鎌倉腰越講座
7月25日 つつじが丘講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

7月28日15時半~雪谷校
7月28日10時半~たまプラーザ校
7月の東急講座は、第四週金曜日に雪谷講座が変更となっています。ご注意ください。

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錯乱から自己統合を測る

2017年06月23日 | 第2章 五感と体感


錯乱から自己統合を測る 2017年6月23日

テレビのニュースを見ると、とんでもない錯乱状態の人の場面が私の目と耳に飛び込んできました。
自分の器が整っていないにも関わらず、大きな役割を担うことになり、器が小さく、経験が浅いゆえに、自分が世界を支配する人物だと置き換えられ、それによって、自分を取り巻く人々を自分が支配しているような感覚になっており、どこか違う次元で自己統合をしている故、突発的に現実的な自己統合ではなく、置き換えられた自己統合とのギャップに自己処理ができなくなり、錯乱状態に陥っている。。。
というような、推察をしているうちに、私自身の気分が悪くなりました。吐きそうなくらいの嫌悪感を感じました。

昨日のニュースで話題になったある人が、現実の自己が仮想の自己を真の自己である状態で表現し続けたアドルフヴェルフリの描いた世界と重なって見えるのでした。(先日まで東京ステーションギャラリーで開催されていました)

世の中の政を担う人にとって大事な軸であり正中線は、ラテン系では、自由・平等・博愛、アングロサクソン系では、友愛・救済・真実であり、そのアイデンティティを最も大事にしています。パリの裁判所の前に立つと、自由・平等・博愛と建物に刻まれてある文字がくっきりと可視できます。

はてさて、、、
日本は、いかに?

日本人のアイデンティティの一つに、「恥」という項目があることを勉強したことがあります。
「私に恥をかかせたことによる錯乱」が、エントロピーの法則のように加速していく様子を拝見し、「恥」による自己統合の抑制が未成熟のままの状態であり、あの方の中にある生育史による思考の傾向は、明らかに政に関わる以前の生育史上に培われた傾向が露呈し、自己愛の自己受容と自己コントロールの修練が積まれていないと、推察しました。


私たちが勉強した日本人のアイデンティティの6つの要素をここに記しておきます。

1恥の文化
2けがれとみそぎ(穢れと禊)
3幽玄美
4甘えの構造
5もののあはれ
6侘び・寂

・・・、
確かに、話題になっているニュースを見て、「恥ずかしい・あさましい」という言葉が私自身から漏れました。

とはいえ、恥の度合いは、一人一人の生育の仕方による思考形成と感情の出方が違うので、同じ「恥」でも、あの方と同じであるとは思いたくありません。

今、世間で騒がれている事柄が、
未成熟な民主主義から
成熟を目指す民主主義への
転換期であることを、信じたい心境です。

自由・平等・博愛
そして、「和」と「謙遜」「尊む」ことを加えながら、
それらのことを心にとめながら、日々、精進したいものです。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

7月4日 鎌倉腰越講座
7月25日 つつじが丘講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

7月28日15時半~雪谷校
7月28日10時半~たまプラーザ校
7月の東急講座は、第四週金曜日に雪谷講座が変更となっています。ご注意ください。

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏至

2017年06月21日 | 第2章 五感と体感


夏至 2017年6月21日

今日は夏至です。
一年で一番日が長い日です。

夏至の日が晴天である確率が低く、今年も雨。
旭日を拝み、夕日を拝みたいところですが、それは叶いそうもありません。

日本には四季があり、太陽の動きよりも季節の移り変わりに気を取られがちです。
お茶を嗜む人であれば、節気を意識したお茶時を愉しまれていらっしゃることでしょう。

我が家は家を建てる時に和室を作りませんでした。
表装をしているのに和室を省いたのは、大きな誤りで、今になって畳と床の間が欲しいと指をくわえています。家を飾るのであれば、床の間で充分であることに、年を重ねてきて真に思うようになりました。。

せめて二畳と半間幅の床の間があれば充分なのですが、家は二度建てるべき、という教えは、もっともなことだ、と、築20年の我が家を見渡し思うのです。

本日の夏至は、表装作業を進めます。
手漉きの宇陀紙から漂う吉野の土の香りは、湿度の高さで一層強まります。持統天皇の宮滝詣を思いながら、私も山人の知恵を授かる夏至を大切に過ごしたいものです。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

7月4日 鎌倉腰越講座
7月25日 つつじが丘講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

7月28日15時半~雪谷校
7月28日10時半~たまプラーザ校
7月の東急講座は、第四週金曜日に雪谷講座が変更となっています。ご注意ください。

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片付け

2017年06月20日 | 第2章 五感と体感


片付け 2017年6月20日

脳の働きが鈍くなってくると、物事の整理力も鈍くなってくるようです。
ましてや、自分が苦手としているものについては、避けて通りたいものであり、結局はお手上げ状態になることも自然な脳の働きであるように思います。

だんだんと私自身が年を重ねるごとに、そのような状況を身近な人に関し、目の当たりにすることが確実に増えてきました。

体力や気力があればあるほど、体力と気力が失せてきた人の状態を理解するのはなかなか難しいことかもしれません。
そんな中でも、こうしたい、ああしたい、という強い願望があれば、それは、諸々を削いだその人の正中線により近いものだということも、私自身見えてきたような気もしています。

できることなら、所有物を少なく、簡素に暮らしたいと願うのですが、どうもそういうわけにはいかないようです。
ただ、体力と気力が湧き出してこなくなる時に、どのくらい片付いているかが分岐点であるということも、分かってきました。
急遽、片付け隊出動依頼が発令され(笑)、富士山の麓に赴き、
兎にも角にも片付け終え、青空にくっきり聳え立つ富士山の姿を眺めると、そこには何も無駄なもののない清々しさだけが心に残るのでした。

めでたしめでたし。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一言主ひとことぬし

2017年06月16日 | 第2章 五感と体感


一言主(ひとことぬし) 2017年6月16日

強い口調で「~である。」言い切られると、返す言葉が見つかりません。
それ以上の言葉を使わないで、言い切る手法は、相手をふさぎ込むための一つのテクニックでありましょう。
良い言葉を使うなら、何か不安を持つ人に対して安心感を持っていただくための「大丈夫」と言い切る魔法の言葉でもあるようです。

一言「大丈夫」、と言われると、「ああ,大丈夫なんだ。。。」と、根拠のない安心感が芽生えてくるから不思議です。

相手にエンドレスの不安な言葉を出させないためには、相手の設問に答える事よりも、自分の答えを言い切ることに限ります。

「これは本当の事です」
と、強い口調で言い切られると、大抵、返す言葉が見つからないか、それで納得してしまう心が働きます。

「嘘を真に置き換える」「真を嘘に置き換える」
いずれにせよ、「真を真」、「嘘を嘘」と表現しない限り、人間の本能的な直感が、モヤモヤ感を引き立てていくのです。
つまり、
違和感を覚えます。

その違和感をどう表現するかが、難しいのです。
言葉にできない違和感を立証するためには、事実確認が必要になります。

でも、その事実確認を相手に否定されると、また振出しに戻ります。

あってもなかったことにしている事は、私たちの日常の中で、頻繁に行われている事なのですが、本人が気づかないで「なかったことになっている」事のほうがもしかしたら多いのかもしれません。

他者の事は見えても、自分の真偽については、案外無意識の解釈で通り過ぎていることで、生き延びていることも、生きる力の人間に備わっている上等な特質であるかもしれない、と、
思ったり。。。
人間の脳の機能をすべて使い切る能力があったとしたら、嘘や真を問い質すという人間関係は、脳の機能の使い道としては、初歩の事に過ぎない気がします。

「言い切る」手法をここ数日垣間見つつ、
奈良・葛城の一言主の神様「一言主神社ひとことぬし」を思い出しています。

願い事は、一言だけで、よろしく!
という神様です。

出来る事なら、心の底から湧き出す真の一言を願いたいものです。
でなければ、嘘か真かがよ~く見えている神様にスルーされますね。きっと。





・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

知恵を育む

2017年06月15日 | 第2章 五感と体感

写真:神奈川県箱根の外輪山・大雄山最乗寺の天狗 この山の近くに矢倉沢の関所があります。箱根の関所よりも東北に位置しています。西の比叡山、東の大雄山、という印象を持つ修験道の山です。

知恵を育む 2017年6月15日

夏の作品展に向けて、家に居る日は、ひたすら作業をする日が当分続きそうです。
運よく昨日は、作業を始めるころには雨が上がり、湿度が下がっていきました。
切り継ぎと中裏打ちという作業の日は、ほどほどの湿度があったほうが、糊の付きが良く、和紙もごわごわしないので、作業を進めやすいのです。
湿度が高いと手漉きの美濃紙の香りが強くなり、里山の匂いが広がります。

一昨日のサッカーの試合を観、忠実さが自由な動きを阻んでしまうことで、突破口の応用力と瞬時の動きがなかなか進化しないことに、日本の民主主義の未成熟さとどうしても繋がってしまうのでした。

縄文から弥生、そして唐で学んできた者が倣い、律令国家としての機能を作りあげ、奈良時代からそれが開化してきます。
知恵と学問を知るものと、知らずに暮らしてゆく人々が隔てられ、深い溝が千年以上続いている、という表現が合っているか否か、難しい問題ですが、私自身は、奈良時代から育まれた日本人のアイデンティティが普遍的な日本人のアイデンティティとなっているように思うのです。
知を継承する者
司りを継承する者
農業を継承する者
技能を継承する者
昔は、決められた道を歩み生涯を送ることが当たり前でした。
でも、
決められたレールばかりを歩まなくても生きていかれる現代、却って生き抜く力を自ら養うことのほうが、もしかしたら難しい事なのかもしれません。

人それぞれ生き抜く力の度合いが違いますが、日本で今に生きる私たちは、民主主義を素地として生活をしています。
自分の道を歩む自由さの度合いは、生き抜くために持ち備えているエネルギーと同化しているように思います。
知恵を育むことと民主主義の成熟にベクトルが向いていくメンタリティが日本人に分化するには、まだまだ時間がかかりそうです。たかだか100年ぐらいでは、変化が見られないかもしれません。生物学的には、2,300年ぐらいのスパンで経過観察してゆく必要がありそうです。私も時系列に中に生きる一人の人間であることを思い知らされています。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空海の風景

2017年06月14日 | 第2章 五感と体感


空海の風景 2017年6月14日

司馬遼太郎の書いた「空海の風景」を読み直しています。
37年ぶりに真面目に読み返しているのですが、改めて司馬遼太郎の取材力と想像を繋げる力の凄さに感心しながら読んでいます。19歳の自分も夢中になって読んでいたはずなのですが、知識も経験も薄すぎたようです。
ようやくこの小説と正面きっての対面をしています。
私の今までの学びが、案外蓄積されていることに、小さな喜びも感じながらの読書です。

讃岐佐伯氏である空海こと、真魚は、母方の叔父阿刀(あと)の大足や、佐伯今毛人を後ろ盾にして学問の道に入ります。
真魚の奇才は幼いころから発揮されていたようですが、学問をすればするほど、宗教学的、哲学的な宇宙の世界に焦がれてゆく真魚の様子が司馬遼太郎の言葉でひしひしと伝わってきます。
かつて「空海の風景」を読んでいた頃の自分と真魚の行動を、ようやくこの年になって俯瞰できるようになっていることに気づき、小説の面白さに呑み込まれています。

しかも、讃岐の善通寺の場所で生まれた真魚が、国を出て学びを得た教授が、同郷讃岐の岡田牛養(うしかい)です。
私の父方の姓が岡田を支配していた岡田であり、ドンピシャな附合に、今更ながら驚きつつ、小説の中では、岡田という地名は今は無いと書かれていますが、琴平線の駅に岡田という駅が残っている事だけが唯一の祖先の証であることは身内から確認しています。

奈良東大寺の学び舎で学び、段々と衰退する奈良の都。長岡京を造った桓武天皇、そして乙訓寺に入る空海の履歴を辿ってきた私自身、東大寺講堂跡から二月堂を結ぶ小路を歩くと、自分が小僧になった気分になり、わくわくと魂が震える感覚になるのは、やはり、祖先の魂の記憶が身体に宿っている証拠であることが確信的に思えるのです。

奇才が故に、求めることを形にしていこうとしていった空海の業は、枠にはまらない壮大なものであったわけで、それを高野山で成したことは、改めて日本人のアイデンティティの素なっていることは、間違いなさそうです。

ただ今「横浜そごう美術館」にて「司馬遼太郎展」が開催されています。
歴史の深い場所に行くときには、軽く「街道をゆく」シリーズに目を通したりします。
司馬遼太郎の記したものも、日本の宝物の一つでありましょう。
歴史好きにはタマラナイ展覧会。
歴史好きとご一緒しないと、怪しい独り言のおばさんになりそうです(笑)


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

濃くなる緑と夏至の頃

2017年06月13日 | 第2章 五感と体感


濃くなる緑と夏至の頃 2017年6月13日

ここ数日で庭の草木の緑色が一層濃くなってきました。
日の暮れる時間が一番遅い時期に入り、昨日は19時半過ぎに空を見上げると、西の彼方にまだ陽の明るさが見えました。
九州あたりですと、20時頃まで夕方の空なのでありましょう。
日が長くなると、得したような気分になり、西の空を暫く眺めていました。
浄土が西の彼方にあることと、日出ずる方角の東の印象は、まさに「日が沈む」「日が出ずる」であり、単純そのものです。

人生の始まりであったり、人生の終焉であったり、事の始まりや終わり、それらに準(なぞ)えて、自ずと旭日と夕日に手を合わせることは、人の持つデジデリウム(見神欲)の証でもありましょう。

どんな状況にあろうと、毎朝、同じことが繰り返される自然現象は、私たちのアイデンティティの共通した普遍性に繋がるのです。
地球で生きる私たちに平等に与えられた条件でもあり、どんなに悲しくても、どんなに嬉しくても、朝がきて夜がきて、また朝がくることには何ら変わりがありません。

庭の草木の濃くなる緑も然り。
梅雨時になると、一層緑が濃くなり、光合成の息吹が聴こえてきます。
巡回するお決まりの現象に、旭日と夕日を重ね合わせると、生きて過ごす一日一日の尊さが見えてくるのです。

夏至と夏越の祓
冬至と大晦日
いずれも、心身糺す好機でもありましょうし、何かの区切りの機会にもなりましょう。
梅雨の時期、お天道さまの姿はいっそう尊いものになります。恵みの雨も陽の光も大事にしたいものです。
・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏椿咲く

2017年06月12日 | 第2章 五感と体感


夏椿咲く 2017年6月12日

夏椿が咲き出しました。我が家の夏椿の開花に気づき、自宅最寄り駅前の大きな夏椿の木を確認しましたら、うちの夏椿の倍の大きさの花が咲いていました。
夏椿は、別名沙羅双樹と云います。

夏の季節に、椿のような花を咲かせるのですが、花弁は白蝋色で柔らか。
花が咲くと、一日で落ちてしまうので、椿の花よりも繊細さを感じます。

我が家の庭は、和花が中心なので、色とりどりではありませんが、季節の変化とともに何かしらの花が咲いています。
ドクダミの花が終わりに近づき、リレーのバトンを渡されたように咲いた夏椿。

古来から日本人が季節ごとに愛でてきた草花の風情と万葉集の歌の数々を読み合わせてみても古さを感じないのが日本文化の良さであるように思います。

古(いにしえ)を懐かしむというよりも、古を知り、言葉に出すことで、今に活かされてゆくことこそが日本の文化そのものであるようにも思います。

一年のわずかな一寸の時に咲く夏椿ですが、だからこそ毎年の出合いが待ち遠しいのです。
待ち遠しい年に一度の夏椿の花をしばらく愉しむといたします。

・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表も裏も

2017年06月11日 | 第2章 五感と体感


裏も表も 2017年6月11日

裏も表も、外も中も、ぜんぶお天道さまがお見通し。
されど、お天道さまが、手を伸ばして助けてくれるわけでもなく、
ただ、自分が選んで歩んでいる道を共に歩んでくださっていて、
「お天道さまがお見通し」だと、思っていると、自分の内から軌道修正する力や選択する情動が湧き上がってきて、結果、「悔いなし悔いなし」と、胸に刻むことが、人生を歩いているうちに、段々と安易に感じられるようになってきたようにも思います。

自分が一番。
自分の言いなりに。
自分の思うとおりに。
自分の決めたとおりに。

それらは、自分が生きてゆくために、とても大事な心持ちでありましょう。
でも、
自分のやっていること、思っている事、目指していることは、すべてお天道さまがお見通し、だと思うと、自我の中に二人の自分が現れて、自問自答できる時空が表れます。

表と裏の淀みのない人は、体の浸透圧に澱んだものが感ぜられません。
そんなことを体感として感じます。
淀みの違和感を感ずると、なんとはなしに、防衛機制が見えてくるからあら不思議。。。

防衛機制ともいえる自分のフィルターに自分自身が気づいていると、フィルターに引っかかっている異物を感じるのは、きっと異物が自分の表と裏のバランスを堰き止めている何かなのかもしれません。

自問自答する時間を持ち、堰き止めている異物がポロンと落ちたような体感が、ちょっと今までとは違う感覚です。

人間は、人間の外側の身体、つまり覆われている皮膚と中身は、まさに表と裏の浸透圧で活かし合っていると思うのであります。

梅雨空でもお天道さまはお見通し、、、。
人生の曼陀羅は、宇宙の曼陀羅に一直線であることをしみじみ思う日曜日の朝です。



・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入り

2017年06月08日 | 第2章 五感と体感

シテ島のカモメ

梅雨入り 2017年6月8日

梅雨に入りました。これからの一か月と少しは、湿度との付き合いを上手にしたいものです。
昔は、空調設備が整っていなかったので、室内での不快感は最たるものでした。
混んでいる電車や、学校の講堂など、人の多く集まる場所に入ると、のぼせたり、蕁麻疹になったり、皮膚が腫れたり、鼻が詰まったり、、、
私自身、アレルギー気味でしたので、20代ぐらいまでは、寒暖の差や季節の変わり目の空気の変化に大変敏感でした。苦労した割には、病院にもいかず、大人になってからアレルギーだったことに気づき、今では考えられないことです。呑気なものです。
一度だけ、耳鼻科に行き、鼻中隔湾曲症だから手術しないと治らない、と診断され、通うのは止めました。時代によって、診断される病名には流行り?があるらしく、その当時、鼻の手術をする人が多かったように思います。
いくつかの病院に行って診断してもらうこと(セカンドオピニオン)の風潮が無かった時代の話です(笑)
そんな経験から、空気や気圧の変化によって、自分の体調を測ることが常識となり、今に至っているわけです。

ここ数年は、衣服の工夫が成され、息をしているような生地が開発され、とても助かっています。
湿度100パーセントに近くなる梅雨の時期。
服装や、部屋の湿度管理に気を配りつつ、自分の体調管理を上手にしたいものです。

雨だれを愉しむためには、自分なりの一工夫が梅雨を過ごすコツであるかもしれません。


・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平安感

2017年06月07日 | 第2章 五感と体感


平安感 2017年6月7日

やるべきことは多かれど、ここ数か月は、心身の平安感を維持しながら過ごしています。
多少の疲れや、問題解決のための思案は当然日常茶飯事の事ですが、基本的には、平安感の状態で感情や体感が身体から出たり入ったりしていることを感じています。

きっと、通常の暮らしを乱す何かが起これば、自分の状態は変化するのでしょうが、自分の平安な暮らしを乱す何かに、今から不安感を持つのは勿体ないことなので、平安な時は体感している平安を存分に体感しながら過ごしています。

理想と現実のギャップによって、あらゆる種類の不安感を感じます。
たとえば、自分が決めて、実行したことについての結果が、不安を呼び起こすとしたら、
自分が決めた時の時点に戻り、なぜその選択をしたかを冷静に思い返してみると、その選択がベストであると思ったからこその選択だったことに気づいたりします。

ああすればよかった。。。
選択した結果の現状が気に喰わない。。。
選択したことを後悔する。。。
「~たら、~れば、でも~、」という思いばかりに囚われていると、現実を打破する思いが芽生えてきません。
腹を括って、現状を良き方向にすることは、問題に立ち向かう本人の問題なのです。

あの時の、この選択は、あの時の自分にとって、ベストな選択だった。。。
という、自己肯定ができると、
いつまでも他者のせい、社会のせい、会社のせいにしていることがバカバカしく思えてくるのです。

平素の自分の平安感を貯金しつつ、心を乱す何かが起こったときに、悔いのない選択を、選択する時点で意識化しておくことは、後々のストレスを軽減して、不満に取り込まれにくくなるコツでもあり、知恵であるようです。

ベストな選択とは、関わる他者のためだけではなく、自分の生活条件を乱さないための自己防衛も大切な選択であることを心に留めておきたいものです。

条件の中で、自分がどれだけ自由に軽やかに過ごすには、後悔先に立たずを意識しつつ、選択する時点の感情をその場で整えておくことが秘訣であるかもしれません。
「受容」というテーマは奥が深いものです。
だからこそ、自己の平安感を大切にしたいものです。



・・・・
2017年公開講座のご案内

ユースフルライフ研究所

6月20日 つつじヶ丘講座
7月4日 鎌倉腰越講座

NPOキュール東急セミナーBE講座

6月16日雪谷校
6月23日たまプラーザ校

(NPOキュール会報もしくは東急セミナーBEのホームページをご覧ください)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加