All you need is love

自由に感じたままに綴っていけたらいいなぁと思います
ありのまま。。。

娘3歳半

2017-06-25 12:43:11 | 家族のこと
自分でチョキチョキ、

お目目描いて、

お鼻グリグリ、

お口はにっこり(^^)

なんて可愛い…、これ何だ⁈



ウサギ、だそうです(笑)

大好きなじいちゃん、ばあちゃんに、

プレゼントするそうです。。。


大きくなったね。

娘、3歳半。


cocchiy
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

望むこと

2017-06-16 20:44:15 | 仕事のこと
うちの会社、とても良い会社だと思います。
従業員は400人強。本部と15の支店で成り立っている。

社長の考え方がとても幅広いもので、
その考え方そのものがやりがいに繋がるものだと思います。

問題は役員、会社の幹部。

お客様満足度を上げろと言うが、
あなたたちが私たちに笑顔をくれることがあるか。

役員の姿は会社を映し出す鏡。

あなたたちの姿はあなたたちの考えが浅いことを教えてくれている。

「こないだアレを買ってあげたでしょ、
勉強しなさい」と言って子供に嫌われている親のようなあなたたち。

確かにいろいろな形で恩恵を受けている。

でもね、心が満たされないのよ。

なぜだと思う?
あなたたちに問いたい。

私たちを人として見ていないからよ。
1人の人として必要とされていないからよ。

上手くいかないことがあると、何故上手くいかないかの根源を考えようともせず、次回からは違う方法でしよう、って言うからよ。

手を煩わせるなら、やめよう、と言うからよ。
目的がはっきりしてるなら、
「手を煩わせるが、目的のためにできるか?」とたずねてほしい。

面倒でも、時間がかかっても、
やるべきことはやる。

誰と仕事してるんだ、あなたたち。


笑顔

挨拶

アイコンタクト

声かけ



全て新人研修で習うことだろ。

あなたたちがそんなんで、それが会社に浸透してるから、配属された新入社員は心痛めて会社に行きたくなくなるんだ。

役員のあなたたち。

我が社の企業理念を思い出せ、復唱しろ!

この企業理念に惚れて入社してくる学生たちに恥じぬ振る舞いを。

笑顔

挨拶

アイコンタクト

声かけ



お客様でも社内でも、一緒。


お願いします、お願いします。
気づいてください。




cocchiy





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悲しいこと

2017-06-14 18:38:16 | 大切な人へ
あの日、朝から上司がそわそわしていて、
私にたずねた。

こういう人を知らないか。
もしくはうちの会社の女性でこの人とお付き合いしている人はいるか。

メモには男性の名前が書かれていた。

知らない人だった。

その人は意識不明の重体。
朝、事故に巻き込まれたそうだ。

危篤状態。
この人の彼女がうちの会社にいるらしい。
その彼女は私と同じ市に住んでいるという情報。
心あたりがなかった。

私が席を外して、戻ると、
とても親しくしている後輩が表情をなくしていた。私は彼女を支える形で横に立つことになった。

私の彼です。そう言った。

彼女は私と同じ市に住んでいないし、
嘘。まさか。
いつも聞く彼の話。愛称だったから…。

事故の現場は彼の出張先と一致している。
彼の会社に確認。
信じたくない情報が現実に…

一刻も早く彼に会わなければいけない、
一刻も早く。
同僚の運転で彼の搬送先の病院へと急ぐ。

彼は生きていた。
傷だらけの彼に触れたと話してくれた。
医師の診断は「脳死」
意識は戻ることはないことも。

彼が息を引き取るまでの2週間。
早退許可を受け、毎日病院へ行く。


あのねぇ、傷が治ってくるんですよ。
生きてるんですよね、彼。


医師はね、感情からくるものじゃないって言うの、でも彼の涙は何かを意味してるものだと思うんですよね。


いつ目覚めてもおかしくないと思うんです。


すごく頑張ってるでしょ、
生きようとして頑張っているみたいで。


こないだね、彼、誕生日だったんです。
次に会った時にお祝いしようって、
話してたんですよ。




そして彼が亡くなりました。

とてもとてもとても辛い話です。
結婚しようかなぁ、と話していました。
あまりに辛い話です。

彼の出張は彼の主の仕事ではなく、
サポートで急に行くことになった。
運転していたのは先輩で無事だった。
彼は頭を強く打ち、脳死となり、
2週間後に亡くなった。


こんな現実、ある?


毎日毎日起きる交通事故。
車は私たちにとって必要不可欠なもの。
でも命を奪うことがあるんです。
そんなこと分かってる。
分かっているけど、こんな現実、ある?


彼が亡くなってからの彼女、
以前より明るくなった気がしています。
よく笑い、よく怒ってます。
こんなに悲しいことがあったことを、
忘れそうになります。

あれからもうすぐ1年。

彼女なりに、今を生きている。
そう思います。

私は彼女を美しく思います。




cocchiy



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の会社

2017-06-10 12:53:22 | 仕事のこと
あれこれ会社の嫌なこと書いちゃえ!
って思ってたけど、

見上げた夜空、美しい満月。
たまたま見たネットには、
「ストロベリームーン」と言って、
年に一度、恋を叶えてくれるお月さん(^^)


癒されるぅ〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お伊勢さん 脱、パターン化!

2017-05-28 07:24:49 | できごと
先日、県外のお友だちと行ったお伊勢参り。

いつもは家族と行っていて、考えてみると、
まずは参拝。そして決まった店、食べ歩き。
チェックするお土産屋さんも決まってる。
いつも同じパターンで終わり!
もちろん、それで満足(^^)
変えようと思ったこともなかった。

でも、今回は私が彼女を楽しませたい、
満足して欲しい。そんなナビゲートがしたい、
と思ってました。

結局、計画は立てれなくて、彼女に相談しながら歩くおはらい町、おかげ横丁。

まず…
ランチはおかげ横丁の洋館『はいからさん』で
松阪牛のカレー

お店の人のコスチュームもはいからさん。
かわいいメイド服。


お次は五十鈴茶屋での一服。
店内からの風景。窓際に座る。


私は冷たいお抹茶と和菓子のセット。


何ということでしょう。
素敵な時間を過ごすことができました。



実は両方、初めてのお店。

いつもと違うお伊勢さん。

とても新鮮☆ とてもGOOD☆

…だったよね(^^)!


気づかぬうちにパターン化されていることって案外多いかもしれない。
いつもと違う歩き方をしてみれば、新たな発見ができるかもしれない(^^)


cocchiy

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お伊勢さん

2017-05-21 06:31:51 | できごと
先日、お伊勢参りにいってきました。
神聖な場所。


おみくじがない伊勢神宮。
参れただけで 大吉 の意味があるそうです。

本当にそう。
エネルギーチャージ。


参れただけで 大吉。


感謝。



cocchiy
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幸せ。

2017-05-02 18:13:58 | 心動くとき
今日は娘と一緒に公園に出かけました。
高いところもでこぼこお山も1人で立ち向かう娘、3歳半。

アスレチックで鎖で吊り下げてあるタイヤに私も座ってみました。

両端の鎖を握りしめて漕ぎ出すと、この緑。


私が大好きなこの緑。

なかなか出会えない光景。
満たされていく。


日日是好日。


cocchiy
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

眠れないなぁ

2017-04-19 03:10:43 | できごと
本当に久しぶりに眠れない。

眠たい、あぁ眠たい ときを逃してしまって、

仕事が忙しいときだから、

しっかり寝ておきたいのに…。

そしたら、

気になっていることが気になってしまって。

推測して、悲しくなっている。

推測なんて意味がないもの、やめなよ、私。

夜中に考え事なんて、いいこと一つもないわ。

少し胃が痛い。

カレーを食べると胃が痛くなる。

カレー、大好きなのに。


気になっているけど、

気にしないで、寝る。。。

気になって、眠れない(笑)



cocchiy

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここが好き

2017-04-18 00:10:25 | 心動くとき
この風景。

どの季節でも、心が動く。

私の住まいから実家へ向かうバイパスからの風景である。

いつも通り、キレイ。


不動のものであると、思っている。

愛しくなる。


そして、

3.11 東日本大震災を思う。

目を閉じたその奥が痛む。


そして、より一層この風景に
心奪われるのです。



cocchiy






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅田真央

2017-04-15 21:22:50 | 心動くとき
浅田真央、薄いピンクのコスチューム。

くるみ割り人形。

幼さがまだ残る少女の笑み。
しなやかな身体、可憐な舞い、跳ねるようなステップ。

初めて浅田真央を見たときのことを覚えている。


氷上を支配し、オーディエンスを魅了した。
誰からも愛されるアスリートである。

愛される理由は彼女の笑顔にある。
そして、偽りのない言葉にある。
そして、美しくしなやか人を惹きつけるスケートに、また苦しい挑戦に真っ向勝負。
それは、彼女の信念そのものが本物であることを証明している。

彼女の笑顔を見るとこちらも笑顔になり、
彼女が泣くとこちらも泣けてくる。
そして、彼女の笑顔がみたいと思うのだ。
そして、祈りながらテレビにかじりつく。
彼女が納得のいく滑りができますように。


引退。
やっぱり寂しいけれど、
お疲れさま、と言いたいです。


cocchiy



コメント
この記事をはてなブックマークに追加