せいこのつぶやき

大阪のCitronのせいこの日記です。
みなさま、よろしくおねがいします。

2012年7月末日

2012年07月31日 17時35分42秒 | Weblog
はい月末です。

はい〆日です。

はいまだ足りてません。






お願いします!

この記事をはてなブックマークに追加

1Q84の感想文

2012年07月31日 14時53分39秒 | Weblog
久しぶりに読んだ村上春樹の大作。

ハードカバーで3冊でしたが(僕が読んだのは単行本6冊)でしたが、けっこうサクサク読めてしまう筆力はすごい。


今僕らが住んでいる世界と何かが違う世界で起こる・・・・ラブストーリーでいいかなぁ、表現は。



主人公は予備校講師の天吾(♂)とフィットネスインストラクターの青豆(♀)という小学校の同級生だった二人。
二人は女子高生の書いた摩訶不思議な小説「空気さなぎ」によって、今ある世界とは違う世界「1Q84」(そうです1984ではなく、ほんのちょっと違うね)で事件に否応なしに巻き込まれていくという、村上春樹的ワンダーランドのお話。


ネタバラシ的になりますが、天吾と青豆が再び出会うまでのお話なんですが、そこには数々の仕掛けがあってビックリ!


これはある読んだ方と共通の見解だったんですが、上前篇(単行本でいうとこの1冊目ね)のこの巻だけだけが読むのに若干時間がかかる。
世界が変わっていることに読者も戸惑うからだと。
後はジャンジャンいけますよ!

目に見えるものは全く同じはずなのに、何かがちょっとづつ違う世界。
小学校5年生以来逢うことも無かった二人が「空気さなぎ」によって吸い寄せられるていく。


空気さなぎの謎、リトルピープルとは?
何処かの分岐点が今の世界とは違う世界で起こる冒険物語。


村上春樹ということもあって文章の読みやすさは抜群です。
いつもそうなんですが、村上春樹の小説を読むと無性に小説を書きたくなる。
美味しいクッキーを食べた後に作りたくなるようなそんな気持ち。

読みやすいこそ難しいことに気づかせない、そんな文章です。
ストーリーはファンタジーでもない、リアリティーがそこかしらにありながらどこか不思議な物語。
働くということや、セックス、お腹がすくこと。
それらもちゃんと描写されながらも、空気さなぎが紡がれるシーンはとてもファンタスティックで幻想的、それでいてどこか不気味。


「ノルウェイの森」はどこか今の世界に馴染めない人達とのどこか悲しい物語だった。

鼠が出てくる「羊をめぐる冒険」、「ダンスダンスダンス」は今回と同様今と同じでありながら何かが違う世界の物語。


世界観や文章は共通しながらも今回は純愛を描いているところが新鮮。
春樹流ラブストーリーなんだぁ、って思った。

この記事をはてなブックマークに追加

体操男子団体 銀は想定内よね

2012年07月31日 03時18分11秒 | Weblog
最近の団体って三人で演技するってことになってからスペシャリストみたいな選手が選ばれるけど、これがまた日本は見事なくらい活躍しない。


おおおお!
すごい!一種目だけどメダル!?


っていうのが本来のあり方なんですが、日本はこれがない。


今回も16点台が期待されたって選手が・・・。
選手は一生懸命だとは思いますが、だからこそ事前に騒がれすぎるのもよくない。


金金金!
って、オリンピックには魔物が棲んでいる。


北島が5位だってある意味当然だと思う。
オリンピックの水泳競技で3連覇なんて、超人超えている。
なのに、国民は押し付けてしまう。

そっとしといてあげたらいいのに。



事前に騒ぐのではなく、結果を出した選手をもっとバックアップしてあげられたらいいのに。

女子サッカーってオリンピック3回目だっけ?
今までテレビ放映もなかったんだから。

ソフトボールで浮かれているときに、女子サッカーは3位決定戦を戦っていたんだから。


今回はアーチェリー女子団体が銅メダル。

でも高校でアーチェリー部いったいどれくらいある?
中学では?


日本ってほんとうプロ野球だけだからね。

この記事をはてなブックマークに追加

ほう!

2012年07月30日 22時46分01秒 | Weblog
1Q84完読!
ほう!

この記事をはてなブックマークに追加

誕生日プレゼントの続き

2012年07月30日 12時43分47秒 | Weblog
ここで問題です。
これはいったい何でしょう?

この記事をはてなブックマークに追加

昨日の差し入れ

2012年07月30日 12時42分29秒 | Weblog

紅マンゴー!
凄い、メチャうま。
汁たっぷり、果実甘!

この記事をはてなブックマークに追加

メモなんですが

2012年07月30日 12時03分28秒 | Weblog
宅間伸と並んで歩く僕。
すれ違う人並みの中に賀来千賀子を発見。
「あっ」
振り返る僕に対して宅間伸は一瞬気づかないような顔をしながら襟を直すと、すぐに後ろ向きに方向を変えて賀来千賀子を追いかける。
一言二言会話をしているよう。
僕は気にせず歩いていると、ほどななく宅間伸が戻ってきて、
「大丈夫やったん?(戻ってきて、もっと話すことあったんじゃないの的ニュアンスを込めて)」
「大丈夫だ。(わざわざ声をかけてくれて)ありがとうとか言っていた」

「世間ではなんて言っている?」
(離婚について)
「ん~?あくまでも喧嘩両成敗だけれども」

細い廊下を曲がったところで洋服の業者らしき男女がレールハンガーに服をたくさんかけて移動している。ベラベラ話しながら。
「そうそうそれで西川きよしが」
「うん」
「内緒なんだけどのりおと」



目が覚めた。



急いでパソコンを開ける。
夢を書き留める。

この記事をはてなブックマークに追加

ん~、トレビアアーン

2012年07月29日 19時18分02秒 | Weblog
パルメジャーノチーズのリゾット!
----

この記事をはてなブックマークに追加

キレイキレイでした

2012年07月29日 15時59分02秒 | Weblog
無事浴衣祭り終わりました。

たくさんの方に来ていただきました。

ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加

本日シトロン夏祭りです

2012年07月28日 12時14分05秒 | Weblog



例年とおりお化けたちはもちろんのこと、今年はたい焼きパーリーだぜ!

この記事をはてなブックマークに追加