ちょっと頭に浮かぶ

はてさて、あれこれ考えているのは本当に私? それとも私ではない別の何かかしら? だったら、それはいったいどんな存在。!?

見えていること、見えていないこと

2016年12月07日 17時46分46秒 | 随想
気の遣い方というのは人によりけりというだけで、気を遣っていない人というのはいないのではないか。

AさんとBさんの気の遣いどころが違えば、Aさんから見てBさんは気が利かない人であり、Bさんから見てAさんはやはり気が利かない人である。
AさんとBさんの気を遣う守備範囲が違うと言ったらいいか。自分の守備範囲の外側で気を遣われても気がつかないということである。

守備範囲が違うというのは見えている範囲が違うということでもある。そしてそれは人には死角があるということでもある。

自分の見えていることで判断しないことである。見えていることだけで判断しては間違う。それは人に対してだけでなく、あらゆる事象に対しても同様である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真心 | トップ | 贅沢な食事 »

コメントを投稿

随想」カテゴリの最新記事