昔が良かった。

古き良き時代というけれど。クルマ好きにとって、60年代、70年代は希望があった。

ヘッドライト交換、ヘッドライト配線修理。

2017-07-25 18:54:23 | ALFAROMEO

なかなかヘッドライトの白内障を画像で表現しづらいのですが。

ストロボなしで、これで少しは解るとは思います。

左、外目、ロービーム以外の反射板のメッキが、白くなっていて、洗車してレンズが曇ったなどという大嘘とは、ちがい、ヘッドライト交換しか手がありません。
ましてこの車、外目は、法律違反の反対側通行用を、そのまま使っています。
擦れ違いビームということで、左端下むき、あさって方向に調整して、検査ラインだけ騙して通すやりかたです。

安全に夜間走行可能にするためにも、日本の道路状況にあった、ヘッドライトに交換する以外に、方法はありません。

当方の場合、この時代の116系の車は、ディーラーで、車検対策ホモロゲーションチームにいたこともありますし、新車納車対策整備の経験もあります。
丸目4灯のヘッドライトは、既定の寸法のヘッドライト故、ヘッドライト取付け用の対策のオカマも、自分用として、まだに在庫も持っていたので、それをこの友人用の車に使いました。


一応この車は、ボッシュのリレーキットを装着はしてありましたが、暗さで有名な、キャレロの下向き専用擦れ違いビームで、しかも反対側通航用のロービームでは、夜間走行に耐えるヘッドライトの明るさはありません。
日本の都会の道路では、ロービーム走行が、主であり、よほど対向車のいない田舎道に行かない限り、ハイビームの使用はない。
だから、レンズカットのしっかりした、ロービームで、対向車に迷惑をかけない、明るいヘッドライトが、要求される。
国産の小糸等の、日本の交通事情をよく理解した、メーカーのヘッドライトは、安全にも寄与する。
間違っても、純正だからと、反対側通航のヘッドライトを平気で使う、のはいかがなものかと思う。

   


とりあえずロービームだけ替えただけでも、目元がパッチリ。
ロービームは、シビエのH4の切り替えタイプ。

続いて、HIビームの交換作業に入ったが、シビエのこのタイプのセットでは、Hiビーム専用の内側ヘットライトは、H1球のタイプであり、もともとついていたキャレロのHiビーム専用のヘットライトと、配線上は何の、不具合もなく作動するはずだったのだが、4灯つけて、上下切り替えがうまくいかない。

ボッシュのリレーキットを取り付けてあるこの車、ヘットライト一式が、純正の右側通行用(日本では反対落ちで使用禁止の品)が付けられていて、当方の手元に入ったが、よくよく考えてみれば、本来のヨーロッパ仕様そのままのヘッドライトなら、基本的に、リレーキットなど不要のはず。ロービームは、ロービーム専用で、つきっぱなしでいいので、ダブルの上下切り替え用のリレーを入れる必要などない。
おかしいなと思って、ボッシュのリレー配線を、もう一度点検しなおしたら、解ったことは、この車は、ボッシュのリレーを入れた時点で、車検対応の外側ヘッドライトも、上下切り替え式のものがつけられていた証拠があった。
ヨーロッパ式の外目付きっぱなしロービームの車を、車検対応のH4式ヘッドライトで切り替え式にするための、リレー配線のコントロール入力線の組み換えがしてあったのだ。
それをなぜ、まともに路面を照らすことのできない、反対落ちの、下目専用ヘッドライトを、このリレーキットを介して、付けてあったのか??

どうやら前の持ち主が、売るにあたって、もともとの純正ヘッドライトを適当につけたのか、販売店が、私に売るにあたって、どうにでもするだろうということで、そこらに落ちていた腐った白目をむいたヘッドライトをつけたのかどちらかだろう。

かなり真剣に、ヘッドライト配線と、ヘッドライトの交換をしたので、今後はヘッドライトに関しては、問題はないだろう。もっとも自分の車の場合は、右ヘッドライトと、左ヘッドライトは、別リレー回路にして、完全独立の安全回路とするのだが、今回は同タイプのボッシュのリレーキットが、もはや手に入らないので、元もと付けてあったリレーキットを使い、一般的な配線で、一つのリレーから、右左のヘッドライトに分岐させる簡易方式のままとした。

 
お目目パッチリ。   ボッシュリレーも、配線だけ入れなおして、何事もなかったごとく元の位置に。

 ヘッドライト交換するだけで、車の印象は随分と変わります。
確かにキャレロのオリジナルヘッドライトは、反射板がきれいなうちは、好印象なのですが、日本とヨーロッパでは、通行区分が違います。
使ってはいけないものは使っちゃだめなんです。危険だから。(自分よりも対向車に対して)
どうしてもキャレロでないといけないというなら、ちゃんと左側通行用を手に入れて、装着しましょう。 

それにしても、反射鏡のいかれたものを平気で、洗車したから曇ったという、ウソつき販売だけはやめてほしいな。

 

この車,なぜか、車内のリレーBOXを、国産のブレードフューズのBOXを二つ付けて、元のヒューズボックスに付いたリレーはそのまま使うという頭のおかしな、改造をしてあったが、その場限りの仕事で、後のことを考えてくれない、手抜きメカニックの仕事のおかげで、クラッチマスター交換の際も仕事がやりにくく、何がどうなっているのかわからないので、フューズボックス関係を、点検しなおさなくては、怖くて納車できない。
実際にリヤに行くランプの配線関係も、点灯しないランプもあるし、改造するなら、後でメンテするメカニックにもわかるように、配線しなければいけないし、取り外しできるところはちゃんと取り外しできるようにしてなければならない。こんな後のことを考えないメカニックの仕事など命を預けれるわけがないだろう。

変に触られたところがすべてダメ。(どんな腕のメカニックやねん)

あと少しで完成、がんばりましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼやきながらの、GTV6の最終修正。

2017-07-22 00:16:49 | ALFAROMEO

あまりに汚らしかったガソリンタンクを、簡単にペイント修正

     
はがれたペイント片を掃除機で吸うと、さらにぼろぼろと。
御覧のように、取付けバンドは、レンチのハンドルなしで簡単に、でネジが緩むほど。
適当にはがした後、錆取タワシで簡単に錆とり。

     
マスキングをして、缶スプレーではありますが、まあまあ見れる程度に。
取付けバンドの下のスポンジも正しく装着して、キッチリと取り付け。
見えないからと、手抜きするのは金儲け主義の販売店だけ。メカニックの工場では、手抜きは、人間としての恥です。内貼りも、止めのボタンぐらい、付けましょう。安いものだし。


ガソリンを入れに行くために、あのクネクネハンドルを外して、手持ちのボスを使って、ハンドルを付け替えてのですが、手持ちのボスでは短すぎて、すぐに神戸のFⅡさんに連絡して、ボスを捜してもらったのですが、(何年ブリだろう、長田さんの元気な声が聞けて嬉しかったです。Fですと言っても、すぐに思い出してもらえなかったほどの久しぶりでした。)
しかし話をしていると、この年式のものが在庫無いようだったので、元のクネクネハンドルを、使える程度綺麗に回るように修正しました。
プレスするのに、専用特殊工具やアダプターがないので、汎用工具を使ってのプレス修正。 スポーク部に、少し傷がついてしまったが、 単品のコラムにつけて回しても違和感がないくらいに、クネクネは修正できた。

  
前にも写真載せた、このクネクネハンドルが、下の写真のように、プレス修正。

     


なんとか、純正の形に戻せました。

この後、今日は、奈良の陸事まで、適当なワインディングロードの裏道を走り、エンジンとハンドルの感触をチェック。
陸事に行った目的は、ナンバーの封印をしていなかったので、封印取付けだけです。

陸事の封印係のオッチャンに、『古い車は、苦労するのう』と、車検証の登録日を見て言われてしまいました。 こちらも、『そのままおさめたら、うちの工場の恥やから、まともに修理してからやないと』ッテ。

帰り道では、少し、荒いステアリング操作と、アクセリングで、さらにチェック。
やっぱり、キッチリとアライメント調整された、ガタのないノンパワーのラックアンドピニオンの、手のひらに伝わる路面の感触は素晴らしい。どんなに優れたパワステでも、決して伝えられない細かいニュアンス、路面との愛のささやきが掌で味わえるのだ。これが好きで、私は116系が好きなのだ。
ハンドル位置の微調整は、ステアリングボスを変えるかどうかにもよるので、オーナーと相談してから。
アクセリングは、エンジンオーバーホールをしたという割には、レスポンスが悪くて引っかかる。異音は出ていないから、CPU関係の最終セッティングをまたもにしていないのかなって感じで、点火時期と、ボッシュのLジェトロチェッカーでフルテストしてみよう。多分アソコだとは思うけど。 まあ、あの割れたデスビキャップと、ローターの状態で、よそのIGコードを、わきから挿しこんだ状態で、平気で、私に持って帰らさせたくらいだから、細かいセッティングをチェックしていないと判断はできる。

ジャンクで安い車ならわかるが、それなりの価格で当方も買っているので、ここまで手抜き、荒らされていると腹が立つものだ。

明日は、あの寝ぼけて曇った恥ずかしいヘッドライトを、まともなドライバーが安全に走れるように、ヘッドライト交換もしなくては。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NHKラジオ第一『心の美容液』という番組聞いたことありますか?

2017-07-21 21:32:39 | ALFAROMEO

私は、基本的に野球やサッカーという、連れもって応援するというパターンのスポーツが嫌いなので、NHKのラジオ、第1放送をかけながら、仕事をしている。
NHKとて、野球放送の時もあるが、その時は、民放の野球放送していない曲を選曲している。

しかしながら、金曜日の夜9時台だけは、NHK第一放送は、この放送はやめてほしいものだ。

香山リカのココロの美容液(かやまリカの ココロのびようえき)は、2012年4月6日より、 原則として毎週金曜21:30 - 21:55に生放送されるNHKラジオ第1放送とNHKワールド・ ラジオ日本のトーク番組である。 

しかし、バックグランドミュージックとして、ラジオ放送を聞いていると、勝手にこの薄暗い精神科医というか、精神病医師の女性の鬱の世界にようこそというような内容の番組だ。

なぜ、NHKが、公共電波で、鬱の世界に一般人を引っ張っていくような精神病院の医者のトーク放送を流すのか知らないが、いつの間にかこの放送が始まっているとともに、私の仕事の手が進まなくなる。

話を聞いている気はなくても聞こえているだけで、スピードラーニングよろしく、其の世界に引きずり込まれていくようだ。

まるで、悪い宗教の勧誘医者のようだ。

 

今の日本、かなりの鬱傾向の精神病の入り口にいる人間が問題となっているようだが、この放送がバックグラウンドでなっていると、そりゃ、人間うつにもなるわなと思う。

なぜこのようなくらい声の女性の放送が、NHKで流されるのか不思議だが、この女医の声を聴いていると、社会党の福島瑞穂の幼稚園的、喋りとか、枕営業防衛大臣の言い訳話とかとの共通性を感じる。 今はやりなのかな? この手の重たい話方の地獄女の声が。

こんな奴に医師免与えるな。  

普通の人間が精神病に引き込まれる。  こんな奴がいるから、、、、、、、、、。

 

せっかく、陽気なイタリア娘のメンテをしているのに、この精神病医者のせいで手が止まる。

 

あ、ヤット番組が終わった。気を取り直して、イタリア娘のメンテしようか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、渚のシンドバッド  怒り? あきらめ?

2017-07-19 23:04:32 | ALFAROMEO

GTV6がセクシーな車であるのは疑いもないことですが。

それにしてもまともな車を扱ってほしいものですね。

 

ここかと思えばまたまたアチラ~~~~~


いい加減な修理痕ばかりです。

前のオーナーよくこんなので乗っていたものだ。

いや手放す前に、後足で砂かけて平気な人だったのかと疑いたくなる。

 

本日、ヤット、仮試運転兼ねてのガソリンスタンドへ。
当方の工場に引き取ってきたときに、エンプティランプが付いたり消えたりしていたのですが。

工場で、チョコ動かししたり、燃料ポンプ前後の配管ホースのでたらめ仕事の補修をしていたりしたら、完全に点灯しっぱなしに。

最近のガススタンドは、セルフになって、補助タンクに入れてもらえなくなったので、普段乗りの軽四から、10リッターほど携行缶にぬいて、予備ガソリンとしてトランクに積んで、万が一でも大丈夫なようにして、ガス給油に。

以前に、GTV6のタンクを下した時に、その後の満タンで、ほぼ70リッター入ったので、今回のエンプティランプ完全点灯で、どのくらい入るのか確かめたかったのと、GTV6のガソリンタンクのネックのゴムホースの劣化で、ガソリン漏れするという話をよく効くので、そのあたりの点検も兼ねて、フル満タンにしたかったのだ。

GTV6のガソリンタンクは、リヤシートの背中にあるのだが、トランクの内貼りで、見えないようにしてあるのが、今回の車は、その内貼りの止めのクリップが全く着いてなかった。
こういうところは、以前にタンクでも触ってない限り、クリップを外して、パンツの中身を見ることはない。

 
怪しい病気持ちかもしれないなと、気にしていたのだが、ガソリンスタンドで、ガス漏れの点検のため、パンツもとい、タンクカバーを脱がしたら、案の定アソコがただれてた。
いや、タンクの外側がさびていた。(普通はあり得ない話だが)
まあ、ガス漏れはなかったのだが、この錆びたタンクは、なぜだろう。
なんかおかしいと思ったら、右のタンク固定バンドがゆるゆるだった。

普通ではありえない。

誰かがどこかで以前に触って、中古タンクに載せ替えたのだろう。
別にそれは構わないが、さびたままの外観をホッタラカシニする程度の低い人間の仕事は、ガソリンタンクの固定もしていないという危険な仕事だった。
多分、以前のもとのタンクの内部がさびていたとか、フューエルポンプやフィルターを変えたとか、あの危険でへたくそ丸出しの、フーエルポンプのところのゴムホースのアホ処理など、この車にだずさわった過去のメカニック、販売店の仕事は、なんとも、、、、、。。。

   
ホースは、ひっかける可能性があるほど、長く床板の下側でブラブラしているわ、そのくせ、ボディのヒレの部分に、ジャッキをかけてゆがめてしまっているわ。情けないしごと。
左端の画像のアルミのUパイプを内部に仕込めば、ちゃんとゴムホースが折れずに済むだろうに。その程度の幼稚園児の発想ができないのだろうか?
使っているゴムもやけにふやけているのは、ガソリン用のホースではないのでは??

 
曲げてしまっていたヒレも真っ直ぐ直して。
ジャッキポイントぐらいちゃんと理解しろ。

  
電磁ポンプもフィルターも、位置を調整して、本来の位置に。

 
本来、ホースは、このように、収まるところに収まっている。
純正の型モノのU字型のホースがないなら、頭使え。
チンポと頭は使いようだと、昔の車屋はよく言ったものだが、今のメカニックは、頭を使わないようだ。

 

ブレーキマスターは新品に換えたが、クラッチマスターはそのままだった。
機能的にはまだ問題ないが、何か気になるので、取り外して分解。

   
取付け部の、アルミの腐食を見ると、以前にクラッチオイルが漏れていたようだ。
クラッチマスター単体で、分解すると漏れはない。
となると、このマスターを変えたメカニックは、マスターASSYを替えるのに、以前のオイル漏れの処理もしないで、新たな新品マスターをつけたようだ。
お前はアダルトビデオの、3P4P連続ナマ中出し男か??
綺麗にしてから次のを。。。。。。  卑猥表現、失礼しました。

せっかくブレーキマスターがきれいな新品になったのに、クラッチマスターが中途半端なのは嫌なので、こちらも新品をおごった。

ただし、無印なので、内部点検はしておいた。
  

   
当然、インレットのホースもさらに交換しました。
それにしても、ヘンに、フューズBOXをいじっているので、普通なら移動できるBOXが邪魔して、ペダルの室内側の仕事が最悪。

電気屋の仕事なのか、自分のことしか考えない最低な輩だ。
セミクラッシックいじる資格なし。

  
クルマ受け取った時から、何で、一部だけウルトラのコードにしているのかなって思っていたけど。

この汚い仕事の意味が分かった。
その場しのぎのやっつけ仕事。
どうせ、売る車だから今が良ければそれでいいと書いてあるようだ。
 
もちろん、中でコッツンして、壊れていたのは。コードを替えたときにメカニックなら解っていたはず。 ドシロートでも解ることなのに。
デスキャップもローターも、手持ち品と交換した。
こんなのバレルに決まっているのに、どんな神経構造なのかな??


この写真も、渡す前に洗車したら、ヘッドライトが曇ってしまったと、夕暮れの時に言われたら、これも最初っから中が白目むいているのを知っていたの言い訳だった。
友人用の車なので、安全のためにシビエのヘッドランプの交換すると約束した。

 
ハンドルが、クネクネなのは、多分プーラーを使わずに外したのだろうが、この車もとはシートも、レカロが付いていたようだし当然ハンドルも変えていたはず、私のところに売るにあたって、そこらに落ちていたものをつけたのだろうか?
普通では考えられないハンドルの曲りよう。
センターのナットもドツイタ跡があるから、その程度の店の仕事だと言っているようなものだ。
   
たまたま、中古のこの年式用のボスを持っていたので、試運転の安全のために、ハンドルを替えた。
お気に入りの、グリッティだ。

ガソリンスタンドまでの試運転の後、バッテリーをよく見たら、本来の向きじゃない方向についていた。 おまけに、タスキのステーもつけていない。

適当にバッテリーをほりこんだだけのようだ。舐められまくりですね。
  
端子の向きが逆なので、少々無理しているけど、私はタスキ側に、電極向けるほどの馬鹿ではないので。
何とか蓋も着くので、これで我慢しよう。

客のところに行くほど車が良くなるという、あのブログの言葉は、なるほどと納得した。

 

最後に、笑えるハンドルクネクネ。  ユリ・ゲラーハンドル

   

こんなハンドルを客に着けるか??

それとも私に対する嫌がらせなのかな??

帰り道でこれが解らなかった私も反省しなければ。

 

今回のこの車の仕入れは大損だった

このブログの、この車に対する記事を見ればどれほど時間を無駄にしたか。


良い車が入ってくるからとの言葉を信じていた私が甘かった。
これが友人用のクルマで、万が一の時は私が乗ってもいいとのことで仕入れた車だからまだ、たっぷり時間かけても悔いはないが、販売店がこの状態で私にわたすというのは、、、、、。

 

クルマを受け取りながら、長期に待たせてしまっている、お客様申し訳ありません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒアリ、ヒアリと、騒いでいるけど、とっくに定着してるのでは?

2017-07-04 19:40:33 | ALFAROMEO

今はヒアリというけれど。

セアカゴケグモは、どうした??

何年前だったろうか?

大阪でセアカゴケグモの最初のニュースを見たのは。

 

私が最初のニュースを見たのは、堺市の小学校で発見されて、消毒したというニュースだった。

大阪の南港の貯木場だったか、泉大津の泉北港の貯木場から、国内に上陸したらしいとのこと。

小学生が挿されては大変と、隣の小学校は、消毒したらしいが、コンクリート塀一枚隔てた、隣の広い庭に、うっそうと茂る木々や、雑草に埋もれた我が家には、消毒の話も、何もなかった。

そのニュース以前に、納屋のわきのコンクリートブロックや、縁側の下のコンクリートブロック片や、花壇の淵のブロックの穴の中には、良く似たクモが最近いるなと、笑って話していたものだった。

そう、誰かが発見した時には、生物というのは、もはや、そこに住み着いていると考えるのが正解だ。

だからこそ、あっちでもこっちでも。

コンテナの保税倉庫や、貯木場など、紙の上では、税関前の場所と、日本国内の一般の場所と区別はされていることになっているが、紙の上の話だ。

すぐそこに貯木場があり、網でできた塀の向こうが、保税倉庫で、コンテナがそのままで、無防備に置かれていて、アリや、クモや、昆虫が、保税のラインを守るとでも、紙の上で仕事している税関の人は考えているのだろうか?

外国から、物を輸入するということはそうなのだ。

ガラパゴス諸島に入る前の、一人一人の全身清掃くらいのことを、しなければ、昆虫等の進入は防げない。
まして、海外から、ワシントン条約がどうのというような、希少な生物、ペットを輸入するときは、本気で何年も足止めして、問題がないことを確かめてから、上陸させなければならない。

実際のところどうなのか?
書類審査さえ通れば、生物の上陸は許すわ、材木などは、内部に、虫が、巣を作っているか、卵を産み付けているかどうかも検査しない。 ほぼフリーパスなのだ。

世の、グローバル化とは、そういうものだ。
グローバル化の負の部分を考えている人間は、グローバル化などとは決して言わない。


そうそう、その昔、アメリカから、750ジュリエッタのレース仕様車のベースを輸入して、その車を伊丹の空港まで、トラック引き取りに行き、許可が下りるまでは空港の外で待たされ、2~3時間待たされて、やっと許可がおりたら、埃で汚れたボディカバーに包まれたまま、載せて行けと言われて、引き取ってきたが、以前の摂津工場で、板金屋のTさんが、仕事にかかるまでそのままおいていて、しばらくしてから、板金作業にかかってくれたが、その時に、フェンダー内から、見たこともない黒い足の長いクモが出てきて、板金のゼンさん曰く、『毒グモや』と言って、手にしたアセチレン土地で焼き殺していたが、あれはどう考えても、アメリカからやってきたものだったんだろう。仕事にかかって初めて、そういう生物が付いてきたというのがわかる。

古い電柱置き場で、狸の親子が見つかることもよくあるが、田舎で使っていて交換したあと、しばらく、田舎の電柱置き場に置いてあるうちに、中の空洞の穴に、タヌキが住み着き、そのまま、タヌキが隠れたまま、都会の電柱置き場までやってきたらしいというのがニュースになっていた。
生物って、そんなものなんです。

紙の上で、偉そうに判断する人間が一番悪いんです。
彼らのハンコひとつで、毒グモも、毒アリも、何とかミバエも、簡単に入ってくるんです。

見つけたときはもう遅い。

だからあっちでもこっちでも。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加