ぼ~ざん工房
ぼ~ざんのBLOGです。いろいろ体験・書籍等紹介します!

 TOPICS  『ぼ〜ざん工房』は望山(水野敦之)の個人のBLOGです。


「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援—すぐに使えるワークシート用CD‐ROM付
クリエーター情報なし
エンパワメント研究所

 
  【2013年度 自閉症教育・支援フレームワークセミナー予定(随時更新予定)】
  ☆ プロフィール講演・セミナー等の依頼について ☆ RSS readerをご活用ください!

  ※ このBLOG『ぼ〜ざん工房』はリンク・フリーです。
    ご紹介いただき、たくさんの方に読んでいただいたら幸いです。  



被災者の皆さん、心配しています。何もできず無力です。

今日も、高知で講演で今は自分の仕事を続けるしかありません。

少しずつ被災地で想定される自閉症・発達障害の支援を書きとめます。

被災の現場の経験は少ししかないので、参考程度で工夫してください。


今はどんなに視覚的に伝えても変化が多い時です。

場合によっては、視覚支援が「我慢しなさい」となるかもしれません。


まず必要で最善策を考えるのは以下です(完璧は難しいでも最善策です)。


まず環境の確保です。様々な刺激がすくない方がいいですが。しっかりと本人の場所を教えてください。座布団でも「○○の場所」と書いて境界線をつけてください。

周囲の気持ちの変動を少なくしてください。変化も怖いですが、変化したことで、次々に色々なことが変わるのが怖いのです。だから周囲は冷静に。(すいません、難しいですよね。)

周囲に障害受容を。大事なのは必要な配慮をしてもらうことと、少し距離を保ってもらうことです。

この状況で無茶を言ってます。すいません。

とにかく

変化の連鎖を少なくすること

守られていることを障害特性に考慮して伝えることです。

関連記事です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« 習慣が記憶に... 緊急時の視覚... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。