ぼ~ざん工房
ぼ~ざんのBLOGです。いろいろ体験・書籍等紹介します!

 TOPICS  『ぼ〜ざん工房』は望山(水野敦之)の個人のBLOGです。


「気づき」と「できる」から始めるフレームワークを活用した自閉症支援—すぐに使えるワークシート用CD‐ROM付
クリエーター情報なし
エンパワメント研究所

 
  【2013年度 自閉症教育・支援フレームワークセミナー予定(随時更新予定)】
  ☆ プロフィール講演・セミナー等の依頼について ☆ RSS readerをご活用ください!

  ※ このBLOG『ぼ〜ざん工房』はリンク・フリーです。
    ご紹介いただき、たくさんの方に読んでいただいたら幸いです。  



災害時の自閉症児・者の支援について書いてます。

緊急時に、そのような余裕がないことも承知ですが、

周囲の人に少しイメージを作っていただきたいので書いています。

繰り返しますが、本人の理解にあわない視覚支援は(紙に書いて見せるなど)、こちらからの要望だけが伝わり、内容がわからないので押しつけだったり、恐怖だったりします。

緊急時に、あるもので視覚支援をするのは大切ですが、

・紙文字に書いてみる
・紙に絵に描いてみる
(・デジカメや端末:電源の問題があるので難しい場合があります)
・物を並べる

もっと重要なことは具体的な活動の設定と習慣づくりです。

緊急時だからこそ、より具体的な提示が必要です。

しかも、できる部分でです。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




« まずは環境です 具体的な活動... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。