今日も元気に行ってみようか!

だらけた生活のど~でも良さそうな日常を書いてます♪

わんこ行方不明3日目・・・ついに発見される

2017-11-15 12:02:35 | DOGS
先週の土曜日、実家にわんこ2号を連れて行った際、玄関からいつの間にか抜け出したわんこ2号が行方不明に。ワンコ2号は全く土地勘もなく、自力で戻ってくることは出来ないだろうと思った。3日後無事手元に戻ってくることが出来た。行方不明時の状況を時系列に整理してみた。

【わんこ2号失踪3日目】

朝7時、仕事のため、捜索に参加出来ないHusに見送られて車で再び実家へ。

実家で探偵さんと合流。

私達が送った目撃情報を基に更にエリアを広げてポスティングや張り紙をしてくれて、河原の茂みまで探してくれた探偵さん

捜索契約は3日間で、既に2日分の捜索が終わったのだが「初日以外の目撃情報がなかなか出ないので、更に1日無料でやらせてください」と言ってくれた。

そして、私が日中やるポスティングの範囲を打ち合わせして、探偵さんはまた別の捜索へ。

私は、土日に連絡が出来なかった市役所、保健所、清掃局に迷子の届け出の電話をした。市役所は近隣4市に念のため連絡。

この日は、もう体力も気力も限界に近付いていた私を心配して、妹たちが合流してくれることになった。

到着まで、私はポスティングを続け、目撃情報のあった住宅街の隣接にある小学校と中学校に行って、生徒さんたちが登下校や遊んでいる時に目撃されるかもしれないと思って、掲示をお願いすることに。

快く受け取ってくれて、中学校は教頭先生が自ら対応してくれた。本当に有難かった。

そして、人身事故で到着が遅れていた妹たちが到着するというので、車で駅に迎えに向かった。

時間短縮で車の中で妹たちが買ってきてくれたサンドイッチを食べて、ポスター掲示のお願いのため、室内フットサル場にお願いして、この日のポスティング予定のエリアに向かっていたところ、探偵さんから着信。

運転中だったので、妹が代わりに対応。

すると、保護している方から探偵さんに連絡があったと

すぐに停車して電話を代わって事情を聞いたら、2日目にポスティングして、目撃情報が出ていたあの住宅地の方だった。

そのお宅もチワワを飼っているけど、犬の登録ステッカーは貼っていなかったのと、エリアの端でポスティング対象から少しズレていたのだ。

まさかの展開に慌てて、菓子折りを買い、保護されているお宅へ。

お宅の前にはご主人に抱かれたワンコ2号の姿が~~~

事情と聞くと、目撃情報3のご婦人が目撃した時に保護したそうだ。

更に聞くと、交通量が多い県道を車が行きかうのをお構いなしに、物凄い勢いで走って来る2号を車から目撃。

あまりに異常な走りにこれは捕まえないと!と、車をUターンさせて追跡。

でも、2号は住宅街をあちこちに逃げ回り、暫く追いかけて、ようやく目撃情報3の路地へ追い込んで対向車が来たので、一緒に車の下に入り込んだ2号を傘などを使って車の外へだし、首輪を掴んで捕獲。

その時に、嚙まれたそうで、本当に申し訳ございません。。。

恐らく失踪から1時間くらいのうちに捕獲されていたようだ。

それから土曜日、日曜日にそのお宅で好待遇受けていた2号。

日曜日にワンコのお散歩仲間が、2号のチラシの話をしているのを聞いて、「あれ?うちに居るチワワ?」と思って、チラシが無かったので、お散歩友達に連絡を取ってもらうように頼んだそうだが、どうも連携がうまく行っていなかったようで、月曜日にチラシを持っている人に連絡先を聞いて探偵さんに連絡が行ったそうだ。

もしかしたら、連携が取れていたら、日曜日には戻ってきたのかもしれないが、高齢の方だったので、連携がうまく行かなかったようだ。

そして、無事、行方不明だったわんこ2号が戻って来た。

この件を振り返って感じたことは・・・・

どこかのお宅に保護されていても、警察に届けようと思う人ばかりではなく、どこに連絡しようかと思っているうちに数日が経過するっていうことも多々あるということが分かった。特に高齢の方は「迷子犬=警察」にはならないという話には聞いていた、本当にその通りだった。

あと、ポスティング、犬のお友達のネットワークも有効なんだなぁ~とつくづく感じた今回の行方不明事件でした。。。

とにかく、全ては飼い主の不注意で、色々な方々が心配してくださって、協力してくださって、感謝の言葉しかありません。。。

電柱のポスターは、探偵さんが全て剥がしてくれて、私たちは掲示をお願いしたお店や病院、学校などへ連絡して、発見の報告をしてポスターを処分してもらうようにお願いした。

実家の近場で掲示してくれたところには、発見当日伺いポスターを回収。

偶然にも、ケガもなく無事2号が戻って来た13日は、1号の月命日だった。。。

とにかく、行方不明のペットを探されている方は、絶対に諦めないで欲しいと思います。

ペット探偵に頼んだからと、すぐに見つかるとは限らないとは思いますが、我が家の場合は色々と助けられました。チラシを作るにしても、メンタルがやられて弱っている状況で冷静に作成するのに数日かかったと思うので、数時間で作ってくれたことは大きく、精神的に支えらました。また、ポスターには自分の連絡先ではなく探偵社の24時間フリーダイヤルが書かれていたため、いたずら電話や誤った目撃情報に躍らされることがありませんでした。




『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わんこ行方不明2日目・・・... | トップ | 久々にソファベッド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DOGS」カテゴリの最新記事