No Room For Squares !

レンズ越しに見えるもの または 見えざるもの

遠野2017③ 僕の遠野

2017-06-14 | 
これも遠野でのカットだ。何故か分からないが、この光景にとても心惹かれた。理想を言えば、斜光が欲しかった。でも曇天下でも画になる。あとで気づいたのだが、森山大道氏の「遠野2014」でも、ここを撮っていた。切り撮り方は、当然僕とは異なる。(当然だけど)明らかに森山氏の写真の方が良かった。でもこれは偽DAIDOを狙って撮った写真ではない。今回の僕の「遠野2017」は、この写真だと思う。


X-PRO2 / XF23mm F1.4R
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠野2014② 偽DAIDO 戸惑う | トップ | 心象の空 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ariari)
2017-06-15 01:07:28
バイクとか自転車は撮りますよね。
なんででしょう、人に近い乗り物だからでしょうか。
あと、乗り手を想像して楽しみやすいというのがあると思います。
森山大道氏いわく、この世はもうみんな撮りつくされている、だからこそ撮るべきだと。
つまり、誰かと比べることは無意味だと思うわけです。
いいんです、6x6さんの遠野を見たいのです。
(ということで、ぼくの遠野もあとちょっとで出てきますが町ではないです)
師匠 (6x6)
2017-06-15 07:03:21
確かに撮りますね。僕は武家屋敷とかに行くと、置いてある下駄も撮るのですが、それも似たような理由かもしれません。

ブログの構成上、森山大道さんの物まねをしに行ったとしていますが、実際はそれを理由に遠野に行きたかっただけです(笑)。ポイント、ポイントで真似したわけですが・・・。
郊外の方とか宮守とかを廻れなかったのが残念です。

師匠の遠野、楽しみにしております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL