ゆうきのスケッチブック

家具職人として日々奮闘!そこで学ぶこと感じることを書いてます。

いわて木の工房展2016ありがとうございます!

2016年11月29日 17時54分13秒 | イベント
こんばんは。


三日間行いました、「いわて木の工房展2016」誠にありがとうございました。








今回は出店者が少ないため1部屋で。



























お越し下さり誠にありがとうございます。


今回ちょっと宣伝が遅くなりましたが、来年は今年色々と分かった所を会員の先輩方と修正していこうということになりました。


一年の締めくくり的な意味合いがいつも僕にはあるこの木の工房展ですが、


羊のメモスタンドが生まれたのもこの工房展からなのです。


そして一緒に出している会員の皆さんとても優しいので僕は有意義にいつも過ごさせて頂いてます。


これからも先輩方に可愛がられるようにしていこう、もとい、頑張りたいと思います~。


僕もこの「いわて木の工房会」は特別と言いますか、力を入れたい会ではあります。


僕がこの仕事を続けていくのに大事なノウハウを教えて頂ける貴重な場所だと思うのです。


ひとりひとり個性的で違った仕事の仕方ですが、目的は一緒だと思うのです。


その目的を確認しつつ、じゃあこうしてみたらどうだ、こうやったらどうだと意見交換が出来ますしね。


目的が一緒な方々と出展するのはとても大事なことだと思います。


去年おととしはなんだかバタバタしてて忙しく終わった感じでしたが、今年は地に足が付いたような気持で充実した時間が過ごせました。


そして、いつも来て下さる方々には本当に感謝です。


ありがとうございます。


これからも陰ながらのご声援よろしくお願いします。



wood works crando


笠原 悠貴





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いわて木の工房展2016今年もやります!

2016年11月25日 14時00分09秒 | イベント
寒いですね~。


皆様風邪はひいてないでしょうか?


今日は寒かったですね~!!


さて、今年も「いわて木の工房展」が盛岡の公会堂で開催されます。



今年の集大成ともいえる展示会ですので皆様よろしくお願いします~。







「いわて木の工房展2016」


場所・岩手県公会堂2階

期間・11/26(土)~28(月)

時間・26(土)11:00~18:00、27(日)10:00~17:00、28(月)10:00~16:00


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

橋本さんの蕎麦ざる。

2016年11月09日 20時40分34秒 | オーダー品
今日は初雪でしたね。


先日念入りにタイヤ交換しておいて良かった。


雪の画像をアップしたら、綺麗だねとイギリスの方からコメントがありました。


冬嫌いじゃないです。




竹細工を生業とする、橋本晶子さんが岩手におります。


とても素晴らしい腕の方で、今回製品の復活に加えて頂くことになりました~。


それがこちら。





蕎麦ざるです。


枠の木部を担当させて頂きました。


左がシュリザクラ、右がホオです。


この竹の編み目を壊さないようにシンプルに。





こちらのチーク、シュリザクラ、ホオと3種類加工させて頂きました。


水に濡れることも考えて、接着はタイトボンド3と言う水に強いボンドです。


今回初めて使いましたが、大丈夫そうです。


釘とか金具を使うのに僕が抵抗があったので額のように角を留めに切って、接着のみです。


竹と木の経年変化が楽しめる作品となりました。



それにしても、橋本さんのお仕事をお手伝いさせて頂けて本当にうれしいです!!


とても仕事が綺麗で頑丈です。


足を引っ張らないように精いっぱいやらせて頂きたいと思います!!







そしてこちらの蕎麦ざるは、11/15(火)まで松屋銀座7階リビングにて「冬暮らしの楽しみ方」に並んであります。


数に限りがございまして、もしかすると無いかもしれませんが、お近くにお越しの際はよろしくお願いします。


ちなみに、僕の「羊のメモスタンド」と「ヤーンボウル」も並んでますので探してみて下さい~。




wood works crando

笠原 悠貴


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木製ヤーンボウル。

2016年11月06日 20時06分28秒 | 家具・作品
連日のブログ更新。


やる気見せてます!ありがとうございます!


久々にブログ書いたら、やっぱり書きやすい。


というのも、パソコンでいつもブログを書いてるのでブラインドタッチの方が書きやすいですね。


ずっとそうしてきたからなんでしょうけども。


考えながら文字を打ちやすい。



実は一年ほど前から考えていた、というか問い合わせが来てまして、制作依頼を頂いておりました。


それがこちらの「ヤーンボウル」なのです。





ヤーンボウルとは、編み物をするときに糸玉が転がらないように使う器のことです。


なので糸を出す穴が開いてます。



こちらのろくろ加工は僕には出来ず、ずっとろくろ加工を担当してくれる職人さんを探していました。


すると、矢巾に木地屋さんがいるよという情報を手に入れて、相談したところ、


快く引き受けれくれました~!!!





木地師さんの作業場。


山中の訓練校で旋盤技術を学んだ方であって素晴らしい仕上がりです!





そこから穴を開けて、





木目に合わせて彫り込みを入れていきます。


それをペーパーで磨いていきます。



こちらの大きさ直径14センチ、高さ8センチです。


材料はサクラ材。



実はインスタに載せた際、有難いことにすべて完売いたしました!


ありがとうございます!


現在、新たに制作中ですので、もし気になる方は気軽にご連絡いただけましたらと思います。


ツイッターとインスタで経過を載せてますので、そちらもご覧になってみてください。


よろしくお願いします。



wood works crando


笠原 悠貴



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イギリスへ行った小さいネコ。

2016年11月05日 20時33分52秒 | オーダー品
本日二つ目。


特注で制作したネコちゃんです。





今回は体をセン、頭としっぽをチーク、足をそれぞれ、ケヤキ、パドック、ナラ、ミズキで仕上げました。











実はこちらのネコちゃんは、イギリスの方からプレゼントにしたいとのことでご依頼を頂きました。


友達にお子さんが出来たのでそのお祝いにとのこと。


その友達がなんとイギリス在住の日本人の方なんです!


そんな大事なプレゼントに選んで下さって本当に嬉しいです!!


つたない英語のメッセージも添えさせて頂きました。字が汚く、申し訳ないです・・・


無事に届いたとの連絡を頂きましたのでこちらで紹介させて頂きます!



イギリスの方には以前にリスを買って頂いてました。


日本語を勉強されてたようでローマ字ではありますが日本語でご連絡を頂きました。


僕の作る動物を送りたいが子どもの名前から連想できないか?とのことでした。


しかしお子さんの名前には動物に関係する文字がなく、それならば足をカラフルにしたネコはどうか?と伝えたところ、


それは面白いね!とのことでした。


大事な所は英語で書かれてましたがとても丁寧なメールでとても嬉しかったです。


ですので、世界に一匹しかいないネコちゃんを制作させて頂きました。


プレゼント制作は選んで下さったことがまず嬉しいですね。


そしてそれをプレゼントされた側にも喜んでもらえるものでないとならないので、緊張は毎度します。


それに僕にとって羊のメモスタンドは毎回10~20匹ずつ作りますが、お客様からしたらどれも一匹なので、そこは常に意識して製作しています。


今回は改めてその気持ちを大事にせねば!と改めて思いました。


海を渡り、海外に作品が届くのは本当に不思議で、でも嬉しいし、刺激的で楽しいですね~。


向こうの方からはどういう見方をされるのだろうかと。


きっとこっちが想像していることとは違った見方があるんでしょう。




この度はご依頼誠にありがとうございます。





こちらのネコちゃんのオリジナルは、仙台のAntique Show(アンティークショー)に並んであります。


クリックして頂けたら分かると思いますが、トップ画面に使って下さってますCAT。


こちらはアンティークショーからのみ販売しておりますのでよろしくお願いします!





wood works crando


笠原 悠貴


コメント
この記事をはてなブックマークに追加