北野進の活動日記

珠洲市議としての活動報告。志賀原発の廃炉に向けた取り組みや珠洲の情報、ときにはうちの庭の様子も紹介。

北アルプス国際芸術祭視察報告2 ~あれっ!サポーターーは?~

2017-07-24 | 奥能登国際芸術祭
    「なに、これっ?」     「これもなにっ??」 という感想は置いておき、今回は受付について。 作品の展示場所には受付があるところ、ないところがある。 受付のあるところでは、パスポートを提示して受付の人にスタンプを押してもらう。     受付のない所は自由に作品鑑賞ができる。 スタンプは置いてあるので観ましたよ!ということで自分で押して、スタンプラリーに応募できる。 場所によっ . . . 本文を読む
コメント

北アルプス国際芸術祭視察報告1 ~類似点・相違点~

2017-07-23 | 奥能登国際芸術祭
    7月19日から21日まで大町市で開催されている北アルプス国際芸術祭を視察。 3日もかけて?と思われるかもしれないが、珠洲から大町市は実に遠い。 金沢駅からJRで行くと早くても3時間42分(たぶん)。 糸魚川と南小谷での乗り継ぎがうまくいかなければ4~5時間は普通にかかる。 金沢まで出る時間を考えると1日仕事である。 大町市内の移動も多いので自家用車で行くことにする。 車で片道約5時間。 . . . 本文を読む
コメント

猛暑の中、原告団街宣行動

2017-07-22 | 志賀原発廃炉訴訟
猛暑の中、今日は「志賀原発を廃炉に!訴訟」原告団、金沢市内で街宣行動。 武蔵が辻でも・・・ 香林坊でも・・・裁判の状況を報告し、早期の結審を訴える。 副団長の盛本県議は原発に依存しない社会は十分可能と訴える。 同じく副団長の浅田さん。先般、福島へ一時帰宅し、避難指示が解除となっている自宅の放射線量が帰還困難区域の中にある知人の住居と同じレベルであることなど、生々しく福島 . . . 本文を読む
コメント

下界はあちぃ~

2017-07-21 | 活動報告
北アルプス国際芸術祭視察3日目。 昨日は実行委員会や市議、市民団体の方から様々な話を伺い、今日は見逃した作品会場を訪れ、帰路につく。 芸術祭の舞台である大町市は、市街地が標高約700m。 作品は市街地だけではなく、山間部や河川の上流部にも点在する。 写真は信濃川水系の源流の一つ鹿島川。 市街地から400mも坂道を登ったところにも作品が。 木崎湖周辺も涼しげ。 大いう . . . 本文を読む
コメント

北アルプス国際芸術祭視察

2017-07-19 | 活動報告
    6月4日から7月30日までの会期で開催されてる北アルプス国際芸術祭の視察で大町市へ。 こちらも奥能登国際芸術祭同様、北川フラム氏がディレクターを務める。 明日は地元の方から説明を受ける予定にしているので、前もって少し作品や会場の様子を見ておこうと市内を走り回る。 作品は市内34か所に点在しているので一度には見れない。 湖畔や山間部を中心に時間が許す限り走り回ったが、スタートが遅かったこ . . . 本文を読む
コメント

いつもの夏・・・の有難み

2017-07-18 | 我が家の周りの自然
先日、剪定してもらってすっきりした杜仲の木の並びにピンクと白のムクゲが咲き始めた。 青空にムクゲの花が一段と映える。 と思っていたらにわか雨。 でもすぐにまた晴れたぁ~ と思ってたらまたにわか雨。 困ったもんだと思ってたら、東京ではなんと木をなぎ倒すとんでもない暴風雨+ヒョウまで降ったそうな。 被災地福岡もまた豪雨。 新潟も静岡も大変。 青空のムクゲが幸運に思えてくる。 . . . 本文を読む
コメント

プレゼント感謝!

2017-07-17 | 雑感
一晩だけのホームステイはあっという間に終了。 前日は能登学舎(旧小泊小学校)のグランドでのテント宿泊で、おまけに明け方の大雨で起こされて寝不足のはずだが、夜の12時過ぎまで話しが弾む。 今年で4回目となる能登合宿のホームステイ受け入れだが、どういう配慮か知らないがうちに宿泊する学生さんはどうも平均的な金大生というよりは、なかなかのしっかり者のようだ(成績優秀というだけでなく)。 だいだい大 . . . 本文を読む
コメント

薪割り女子

2017-07-16 | 雑感
今年も金沢大学地域「超」体験プログラム(山崎学長と行く能登合宿)でホームステイを2名受け入れ。 うちの働き手として期待して受け入れているわけではないが、今年は本当に大助かり。 例年、私の割った薪の片付けのついでに薪割りもやってみる?という程度だったが、今年は「ぜひやりたい!」とのこと。 怪我をしないよう要領を説明し、少しやってみせて(私はまだ軽くしかできない)斧をバトンタッチ。 二人と . . . 本文を読む
コメント

やっていいこと、悪いこと

2017-07-14 | 雑感
私も何度か連合石川の役員の皆さんと一緒に街頭で導入反対を訴えてきた。 今回の方針急転換に私は怒っているが、私以上に地方組織や構成組織の皆さんの怒りと戸惑いはいかばかりか。 . . . 本文を読む
コメント

焦りの一手

2017-07-13 | 輪島産廃問題
         (北國新聞 7月13日) 輪島の産廃問題が今週、急転回した。 梶文秋輪島市長は昨日(7月12日)、門前クリーンパークと「急遽」生活環境保全協定を締結した。 産廃処分場は県知事が設置許可権を持つ。 協定締結は県の条例・指導要綱に定められた産廃処分場設置の事前手続きの最終段階で、輪島市としての地元同意を意味する。          (北國新聞 7月11日) 住民投票での対応を見 . . . 本文を読む
コメント

外交の敗北

2017-07-12 | 雑感
北國新聞 7月11日 日本の主権的権利が認められてる排他的経済水域内での暴挙である。 水産庁、海上保安庁、外務省、そして何より国政に携わる国会議員の迅速かつ強力な動きが期待される。 国際情勢に大きく影響を受け、ときには翻弄されてきた小木の漁業だが、今回の動きは1984年の第36八千代丸銃撃事件以来の屈辱であり、危機ではないか。 第36八千代丸銃撃事件とは、1984年7月27日、小木漁協所属の . . . 本文を読む
コメント

早期結審を求め意見陳述

2017-07-10 | 志賀原発廃炉訴訟
    志賀原発を廃炉に!訴訟の第23回口頭弁論。 4月に裁判長はじめ3人の裁判官全員が交代して初めての弁論である。 冒頭、私が原告意見陳述をおこない(陳述原稿は後掲)、続いて弁護団(宮本弁護士、岩淵弁護団長)から弁論の更新(この間の審議はこういうことだから、そこを踏まえてこれからの審議を!という弁論)がおこなわれる。 その後、被告北陸電力の弁護団からも今後の訴訟進行についての弁論が珍しく長々 . . . 本文を読む
コメント

最終日に間に合った「池田学展」

2017-07-09 | 雑感
21世紀美術館で4月8日からスタートした「池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー」。 そのうち行けるだろうと思っていたらまったく機会を恵まれず、最終日の今日、ようやく観ることができた。 写真はクリアファイルから。 実物の迫力にはとても迫れない。 21世紀美術館のHPから引用すると、 極めて細いペン先から壮大な世界を描き出すアーティスト、池田学(1973-)。1日に握りこぶしほどの面積 . . . 本文を読む
コメント

AIが浮かばない一手で逆転勝ち

2017-07-08 | 雑感
今晩のNHKスペシャル「徹底解剖 藤井聡太~“進化”する14歳~」、途中から見たがなかなか見ごたえがあった。 20連勝を決めた澤田真吾六段との対局は千日手で指し直しとなり、指し直しの1局もプロの目から見れば勝ち目なしの局面まで追い詰められた。 そこで勝負手として指した王手の桂馬、王が逃げるか、桂馬をとるか、持ち時間がなくなった澤田六段に二択を迫る。 王が逃げれば藤井四段は10手後に負ける。 . . . 本文を読む
コメント

交代の理由がない

2017-07-07 | 国政
問題発言連発で大臣の資質が問われ続ける稲田防衛大臣。 都議選での違憲・違法発言で、ついに安倍総理も切る決断をしたともささやかれている。 すぐに更迭しては本人の経歴にも傷がつく。 なにより安倍総理の任命責任が問われてくる。 そこで来月にも予定されているという内閣改造で交代というのがもっぱら既定路線のようだ。 ケシカラン話だが、そんな流れかと思って眺めていたが、たまたま見た今日の「ひるおび!」でコ . . . 本文を読む
コメント