狐の日記帳

倉敷美観地区内の陶芸店の店員が店内の生け花の写真をUpしたりしなかったりするブログ

秋の有隣荘特別公開がはじまっています。

2016年10月15日 14時44分36秒 | 案内、告知、宣伝




 毎年、春と秋に公開される大原家別邸・有隣荘(通称緑御殿)。
 今年の秋の公開は始まっていますね。

 今回は画家・齋藤芽生さんの作品を展示しています。
 10月23日まで。
 会期中は無休です。
 時間は、10時から16時30分(入場は16時まで)。
 料金は、一般が1000円、大学生から小学生が500円。
 大原美術館とのパスポートチケットだと、一般1800円、学生が1000円となります。

 大原家別邸の有隣荘は、1928年(昭和3年)に大原孫三郎が病弱な妻の為に建設した建物です。
 設計は、大原美術館や中国銀行の設計を手がけた薬師寺主計と明治神宮や築地本願寺の造営で知られる伊藤忠太。
 内外装デザインは、児島虎次郎。
 庭園は、京都植冶の七代目小川治兵衞によるもの。
 緑色の瓦屋根が綺麗な建物です。
 1947年(昭和22年)には昭和天皇の宿泊所として使用されるなど大原家別邸の後は来賓館として使用されて多くの貴賓客をお迎えされていたそうです。

 よろしかったら覗いてみては如何でしょうか? 
 楽しめると思いますよ。


『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 至上の処世術は妥協する事な... | トップ | 『OZ』第1巻/樹なつみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL