紙幣の不思議2

NWO=1% 日銀を潰し、造幣局で紙幣の管理が必要。金融奴隷からの脱却!反1%で繋がろう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宿泊組が2名、日帰り組が3名の計5名で、シェルター&集いの場の見学に行ってきました。

2019年10月08日 09時28分19秒 | その他

宿泊組が2名、日帰り組が3名の計5名で、シェルター&集いの場の見学に行ってきました。参加された皆さん、お疲れ様でした。



立派な古民家で、蔵もあるような広い家でした。離れに宴会用のゲストルーム?があり、酒盛りするのに最高の部屋もありました。所々、手直しが必要ですが、家を見た瞬間5名とも「おお~!いい家だね~」と歓声が上がりました。

家の前に田んぼがあり、家の横に畑があり、最高の立地でした。





友人夫婦がキャンプ場を営んでいるので、村の人達とは友人夫婦を挟んで、上手くやっていける感じです。





高齢者が殆どで、40~50代は若者扱いで、私達が行けば何かと重宝されるだろう、という事でした。





家主が居なかったので、家賃とかの具体的な金額とかは聞けませんでしたが、この物件を紹介してくれた友人に頼めば聞けるので、そんなに焦る必要もないかなって感じです。





空き家が結構ある感じなので、ある程度見学してから、皆と相談しながら決めようと思います。

年会費で家賃を負担するのか、NPOを立ち上げ、行政を巻き込んで進めるか、ある程度通って、自分達の出来る村の困りごとを自分達がお手伝いし、村に溶け込んでからシェルター&集いの場を作るかは、今後の課題です。





キャンプ場に近藤さんと、夕方には友人2名も加わり、計4名で夜な夜な酒を酌み交わしながら、面白い話で盛り上がりました。





キャンプ場の近くに星空が見える広場があり、プラネタリウムか!てくらいの星空も見る事が出来、リフレッシュにもなりました。

地元、名古屋市守山区にも良い物件があるという事なので、その場所も見学しながら、皆の条件がなるべく揃う様な場所で決めたいなと考えています。





コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 地位協定改定の請願所を愛知... | トップ | 自民党県議連地位協定改定に... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事