紙幣の不思議2

NWO=1% 日銀を潰し、造幣局で紙幣の管理が必要。金融奴隷からの脱却!反1%で繋がろう!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛知県感染対策課?嘘つけ!職員マスクしてないじゃん(笑)感染させる対策課の間違いだろ(笑)

2020年09月02日 10時45分23秒 | 政治
8月13日(木)にFBや動画等の呼びかけで、新規の人が7名加わり、総勢13名で愛知県庁に行ってきました。

愛知県感染対策課の田中さんに、「コロナは普通の風邪と変わらない」とうい厚生省の見解を知っていたか聞きに行きましたが、残念ながら田中さんは不在で、他の職員にそれを訪ねようとしましたら、皆、物凄く警戒していて、約10分くらい待たされて、対応に当たる職員は、「それは厚生省に聞いてくれ」の一点張り。

感染対策課の事務所内を除くと、私の顔を見るなり、「あ!やべー!」って感じで、急いでマスクする職員が4~5名程確認できましたが、一番奥に座る職員はマスクもせず、ソーシャルディスタンスもせず、人が密の状態の中、事務を黙々とこなしていた。ここ本当に感染対策課なの?感染させる対策課のまちがいでしょ(笑)

警備員が4名やってきて、「どんなご用件ですか?」と尋ねてきたので、こちらの趣旨を伝えたら、警備員が職員に対応を求めるように掛け合ってくれ
ました。

警備員に、「なんで来たんですか?暴力や暴れまわられるから来てくれと頼まれたんですか?」と尋ねると、「そうです」と返答があったが、インフルエンザとコロナの感染数、死者数の違い、PCR検査の信憑性の低さ、厚生省から各地方自治にコロナ死者水増し指示の事を書類を渡して説明すると、興味津々でこちらの話を聞いてくれました。

警備員もコロナはなんか変だな?と感じているようで、こちらの説明でコロナ詐欺が理解できたようです。警備員の中に、コロナ詐欺を理解している人がいて、「アメリカではコロナと申告すると病院が国から金が出るんですよね」と言ってきました。コロナ詐欺がバレるのも、時間の問題かな(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=KRa4Cu65cxs
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 愛知県感染症対策局へPCR検査... | トップ | 愛知県防災安全局にこちらの... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事