伊丹市のレザークラフト初心者から上級者まで

レザークラフトを体験しましょう。カービング・フィギャー
革工芸は小物からバッグまでなんでもオリジナル作品が作れます。

フィギャカービング、かわせみの作品

2010年06月11日 | ⑧ フィギャーの作品

スェーベルカッターの表現力を身に付けよう!。

いちばん多用する必須アイテムがスェーベルカッターです。
REZA-katta-.jpg    REZA-katta-kaeba.jpg

これを使って図柄をカットして叩いて表現します。

古ぼけた枝の先にとまっているかわせみを拡大して
よくご覧になってください、スェーベルカッターで細かく
切り込みを入れて表現しているのが解りますね。



この作品は1999年、いい色合いが出ていますね。

コメント

作品はスェーベルカッターとベベラで決まる!。

2010年06月08日 | ⑧ フィギャーの作品

レザークラフト、フィギャアーカービィング

オードリー・ヘップバーン、
この作品は生徒に挑戦させてやらせたものを、手を加えて修正したものです。
レザークラフトの作品の完成度、出来ばえの良し悪しは、スェーベルカッターの
使い方と、ベベラで滑らかにたたいてきれいなラインをしっかり出すことに尽きる
と言っても過言ではありません。

立体感を出すためには、深く浅くの表現を頭に入れてカッティングしましょう。
ベベラを木槌でたたく場合も強く弱くを使い分けて表現力を磨きましょう!。

   

牛革の作品 「オードリーヘップバーン」 たたき方で革の色合いをだします。

この作品はカレンダーの写真をトレーシングペーパーに描いて、やはり革を湿らした
上に重ねて先が丸い鉄筆で写します。カットを入れる時は、表現する部分によって
深く切り込み入れたり浅くしたり工夫をします。表現方法は工具を使って叩いて革を
へこませます。渇いても元に戻る事はありません。

コメント

フィギャー作品 観音様

2010年06月08日 | ⑧ フィギャーの作品

観音様のお顔の作品。

この作品も、もちろん牛革です。拡大して堀の深さをよく見てください。

厚さ2ミリの革をカッティングしベベラを使ってたたきます。モデラも使っています。



観音様は出来るだけ柔和で穏やかで崇高な顔になるようにしました。

コメント

レザークラフトカービングの見本

2010年06月05日 | ⑨ カービングとその作品

カービング技法のセカンドバッグ

何種類かの刻印を使って作成します。スポンジに水を含ませ革を濡らします。
表現としては湿らすの方が適切かもしれません。次に模様(図案)を写します。

スエーベルカッターで切込みを入れます。カッターの使い方は常に直角に当て
きれいなラインになるようにします。切り込みの深さは表現する箇所によって
深く浅くを心がけます。全体的に浅いと作品の彫りの迫力に欠けます。
刻印をたたく木槌のたたき加減も必要になりますが、大胆にガツンと決めましょう。

   

カービングはカットが命です。ためらわずにそのラインの最後までいっきに
切り込んでいきましょう。 カービング図案集をよくみて学びましょう。

コメント

レザークラフト カービング刻印

2010年06月01日 | ⑬ 工具類の紹介

カービング技法で使い分けます。

レザークラフトに使う工具(刻印)の紹介です。

写真に写っている数はほんの一部かもしれませんが、
これだけあればじゅうぶん色んな物が作れるのです。

下に移っている大理石のような白い台は、上に革を
置いて木槌で叩くときに使うものです。

  

他にも穴をあけたり切ったりする時に使う硬いゴムの
板も必要です。他の材料としては、裏側に使う豚皮や
フチをかがるときのレース紐、色塗りの刷毛や面相筆、
クラフト染料のローパスパチックなどが要ります。

一番右はホックをつけるときの工具一式です。
革に穴を開けたり、取り付けたりする時に使います。
大きさで使い分ける大小の二種類があります。

コメント (4)

世森友の楽しい面白いレザークラフト講座

レザークラフトは牛革でいろいろなものが作れて楽しいですよ!。
伊丹市梅ノ木5丁目6-17 コミュニティカフェ「青い屋根」