yoyo独り言

日常の思いつくままを、
心の整理場所として・・

セネガル便り-133-

2009年09月30日 | セネガル便り
NDIOKHP 村 紹介



ジョホップ村に行く為には
こういう草原?原野を超えます。
道路?それはどこを通っても良いです。



村の近くになると
自然の風で出来た丘のような場所なので
砂地の上り坂になっています。



見えてきました。
これが ジョホップ村の外観です。
おおよそ 100M×50M 四方に密集しています。
後ろに有る林は、防風林で その向こうは海です。



村の中心部から周りを撮った風景です。
比較的近代的です。
藁の家を撮ったのは
ここが村の中心だからです。

まだ写真は続きますが 次回に。
質問等ありましたら セネガル便りで。
          
           エンドー




コメント

三重(菰野・御在所) ぶらぶら-5-

2009年09月29日 | 旅日記


帰りのロープウエィもスリル満点でした。
急降下、谷間に飛び込んでいく感じ・・
高所恐怖症?
でも観覧車は好きなんだけど・・・・
無事着地、
お昼は国道沿いの
"丸亀製麺"
最近のお気に入り?
2人でおなかいっぱいになっても
千園ちょっとですから お財布も安心?

四日市市は、小学生4年生の時 父の転勤で1年間住んでいました。
すっかり様変わりですね。
港近くです。(煤煙地帯・のちに公害訴訟になった地域です)
その頃にも 急に眼がチカチカ する事がありました。


桑名に出て、
Weed様お勧めの
六華苑
に行ったのですが 祝日明けの休日になっていました! 
残念!



最後に大型スーパー内にあるマクドナルドで
シェークを飲んで
帰路につきました。楽しい一日でした。
次回は紅葉見物、どこが良いかなぁ?
コメント (2)

三重(菰野・御在所) ぶらぶら-4-

2009年09月28日 | 旅日記


写真右の山頂がリフト終着駅です。その右側がスキー場、
スリル満点のロープウエィで山上公園駅に着きました。
ここからリフトに乗り換えて山頂に到着するのですが、
今回はここでストップしました。リフトもかなりの距離です。
冬はスキー場で賑わう所です。

 

快晴、見通しが良ければ アルプス・富士山も見渡せるようですが 
生憎の空模様、かすかにアルプス連峰?が・・
代わりにブログ専属モデルの登場です  


コメント (4)

三重(菰野・御在所) ぶらぶら-3-

2009年09月27日 | 旅日記
美術館内は 多くの鑑賞者で賑わっていました。ここはお庭も散策できます。雑木林の雰囲気ですがよく手入れされていて、あちこちに休憩場所がありました。白いマンジュシャゲが清楚に咲いていました。ドライブ途中では赤いマンジュシャゲ(彼岸花?)の群生を見る事が出来ました。

お昼にはまだ時間があるので、御在所ロープウエィ に乗ることにしました。





標高1212Mの御在所山頂までロープウエィとリフトで登ることが出来ます。
まずロープウエィに乗ります。
小型のゴンドラです。
湯の山温泉駅から 山頂ロープウエィ駅まで 全長2161M
高低差 780M (途中耳が痛くなりました)
所要時間12分 かなり長時間でした。
空中散歩 スリルあります。
高所が苦手な人にはお勧めできません。
(ほんと こわかった!)
38台のゴンドラが 1分毎に発車しています。

コメント (2)

伊勢湾台風

2009年09月26日 | 日記
半世紀前の今夜、丁度今頃 yoyoは大変な経験をしました。 
父の勤め先(海運会社)の社宅(名古屋市港区・・・)に住んでおりました。小学生でした。台風26号の襲来、情報はラジオのみ、親子3人家の中にいたのですが・・・外から人声がする・・・玄関に出た時、急に水が・・畳が浮きました。父と母の叫ぶ声・・yoyoは意外と冷静でしたよ??? 記憶があいまいなところもありますが・・ 社宅は平屋です。父は近くの2階屋に避難しようと思ったのでしょう 玄関を開けた途端 水が襲ってきました。道路は2^3段下がります。狭い路地なのですが すでに丸太の材木が密集していました。父が丸太の上に引き上げてくれました。二件先の二階屋に着くまで何が起きたのかあまり記憶がありません。もし材木の下になっていたら・・ 今のyoyoは存在していなかったでしょう。 二階屋にはすでに20~30人の人がいました。暴風雨で揺れるたびに 悲鳴が・・・
その家は倒れずに済みました。一夜開けて 窓から外を見たら・・快晴 (多分翌日は運動会の予定だったような・・・) 町内は水面下になっていました。なんか変な記憶だけが残っているのですが・・・男性は窓から放尿・・女性は・・階段の水辺で・・yoyoも我慢できず・・階段で・・・したのを鮮明に覚えています。翌日水の中を家に・・道路より少し高めの家ですが・・床下ぎりぎり迄水が・・満潮と共に床上に・・父は海抜0メートルの冠水を理解したようで・・家族3人 母の実家の神宮前に行くことに決めました。胸までつかる 水の中を歩きながら 母が 「何も見ちゃだめ!」と叫んで 覆われるように歩きました。堤防沿いの道は 運河に停留している船が乗り上げて見上げるような大きい船低をさらしていました。偶然出会った会社の人?の車で 母の実家に・・実家も床上浸水でしたが すぐに水が引いていて寝るところもあったので しばらく避難していました。 yoyoは学校にも行かずのんびりと過ごしていましたが・・母は毎日 水に浸かった家に通い 家具の整理をしていたのだと思います。父も会社(多分港の近くにあったのでしょうからかなり被害があったのでしょうね。)に通っていたのでは・・? ちょっと思い出せません・・両親が元気な頃に聞いておけばよかったと思います。2か月弱だったと思います。やっと水が排出されて 家に帰りました。・・でも町全体がどぶくさいのです。学校が再開されたのですが 転校したまま戻ってこない人もいました。亡くなった人もいたのだと思います。文房具の配布や慰問も多くありました。
父はもうここには住めないと・・新学期を待って 高台の鳴海(有松・緑区)に引っ越しをしました。最近の地元の新聞で 「濁流の記憶」 として いろいろな経験者の証言や写真が載ります。忘れてはいけない災害だと思います。そして同じことが繰り返されない為にも 対策を強化して、皆の心の中にも残しておかねばと思っています。
コメント (4)

三重(菰野・御在所) ぶらぶら -2-

2009年09月25日 | 旅日記
お目当ては 9月30日迄開催されている「アンコールワット展」 です。 丁度このブログを始めた 2005年の10月に   と ”ベトナム&アンコールワットの旅" に行きました。50肩の痛みが酷く、ケァマネ試験・クルーソー と大変な時期でしたが、本当に楽しい旅でした。それ以後、ペルー・チベット へと続いていくのですが・・・
アンコールワットとその周辺の遺跡は回りましたが、発掘された仏像・遺品は首都プノンペンの博物館に所蔵・展示しているとのこと。機会があればぜひ見たいと思っていました。
どの仏像も 伏目像で穏やかな御顔立ちでした。エンマ像にはユーモァを感ずる姿どれも見ごたえのあるものでした。
アンコールワットの朝焼けは荘厳でした。必死に登ったアンコールワットの遺跡・・今では遺跡保存の為、登れないとか??? 懐かしい思い出です。
コメント (4)

三重(菰野・御在所) ぶらぶら -1-

2009年09月24日 | 旅日記


暑さも少ししのぎやすくなり "ぶらぶら・・" 再開です。今日は三重県湯の山方面に行ってきました。
弥富から東名阪高速に・・四日市I.C.で降りて(湯の山街道 R477) を約6.5KM   鈴鹿山脈のふもと 静かな住宅街の一角にある パラミタミュージアムに到着しました。
paramita museum
常設展には 池田満寿夫さんの 「般若心経シリーズ」全作品 が展示されています。・・人生の晩年に出会った "陶" の世界、・・・土と火が創造と破壊を繰り返す "陶" の世界に 「輪廻転生」 を感じ・・・「色即是空、空即是色」 の世界だと述べられています。静寂な室内に 大小の作品が並び 般若心経の世界が息づいています。土から生まれた仏顔の表情が 佐藤陽子さん(奥様)のヴァイオリンを弾いているときの表情と通ずるように感じました。
コメント (2)

楽しい語らい

2009年09月23日 | 日記
地元OB? S/D仲間の飲み会でした。
嘉門 
おしゃべりに夢中、写真すっかり忘れています。
何食べたっけ? 記憶は?? まったくございません???
思い出せない! 自信ない!! 危ない!!!
4人揃うのは久しぶりです。
S/Dを離れて別の楽しみを見つけている人、S/Dに残っている人さまざまですが一時期は一緒に踊った仲間です。懐かしい話題も出たり、共通の知人の近況状況・噂話で楽しい語らいの時間は過ぎていきます。
この拾数年いろいろな事があったなぁ・・・
それぞれの道、考えで進んでいるのだけど、こうして絆が繋がれているのは嬉しい事です。
次回を楽しみにしています。
写真は "屋久島のマンゴー" この辺りでは市販されていない貴重な果物です。
ありがとうございました。
 
コメント

かえりたい・・・

2009年09月22日 | 仕事の話
    

秋真っ盛り、今年はあちこちで紅葉を楽しめそうです。
シルバー・ウイークなのですが
月曜日からしっかりとお仕事です。
昨日は朝7:00から夕方6:00(7:00?)
疲れましたね~~。
今日も7:00からでした。
入居者が増えたのに スタッフが辞められ
どうにもならない状態で
繋いでおります。

GHでは入居者ラッシュで、落ち着きがありません。
個性豊かな皆様にスタッフはたじたじとしています。
事前情報がしっかりあると良いのですが・・
なんか "どさくさ入居" が多く・・・
まぁそのうちに落ち着いていかれるかなぁ・・と


玄関の椅子に座ってご家族が迎えに来られるのを
ず~~っと待っている姿に・・
子ども達に連絡してほしい・・・
仕事に行かなくては 迷惑かけるから・・・
お父さんの弁当つくらな・・・
こんな長い事おじゃましていては心苦しい・・・
食事の支払いは・・・
タクシーを呼んでほしい・・・

真剣な表情で スタッフに訴えに来られます。
たぶん
ご家族は入居の説明をきちんとされたのでしょうが
現在の記憶が残りにくいので
きっと
現状把握が出来ず
帰宅願望がどんどん広がっているのでしょう。
心細く、不安がいっぱいだと思います。
安心の気持ちを持ってもらうには?
笑顔で傍にいることぐらいしか出来ないのです。
コメント (2)

C1Party

2009年09月20日 | S/D
昨日に続いて S/Dの1日でした。
"アメー◎ズのC1Party" です。
合宿・アドバンス・C2Party は毎年開かれているのですが "C1Party" は初めてです。 急に決まりましたので、宣伝もいまひとつ、地元の日曜例会も重なり、参加者もどうなんだろうと・・
5セット程集まり ウールコーラーの歯切れのよいコールを楽しみました。例会でC2を踊っているといっても・・テンポが速くなったり、ちょっとひねられると・・たちまちチーズがとろけていくように 崩壊状態・・・踊りこみがもっと必要と感じました。遠方からご参加くださった皆様ありがとうございました。 ウールコーラーさんは 今頃・・・ ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。定着していくと良いですね。スタッフの皆様 お疲れ様でした。楽しまれた事と思います。

世の中、シルバーウィーク でお休みが続いているのだけど、GHは365日24時間営業です。明日から又忙しい一週間になりそう・・がんばるべ~~
コメント (2)